オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名

モバイル版4Gamer(β)
※ドコモ旧機種には対応してません
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

米田 聡

このページの最終更新日:2014/04/09 21:00

rss


  • このページのURL:

キーワード

下線

復活したAthlonはゲーマーにとって価値があるのか? 6000円台で買えるデスクトップPC向けAPU「Athlon 5350」を試す

復活したAthlonはゲーマーにとって価値があるのか? 6000円台で買えるデスクトップPC向けAPU「Athlon 5350」を試す

 2014年4月9日21:00,AMDは,デスクトップPC向け「Kabini」を,AthlonおよびSempronプロセッサとして正式に発表した。往年の名CPU名がエントリーモデルとして復活したわけだが,果たしてその実力はいかに。発表時点の最上位モデルにして,6000円台で購入できるAPU「Athlon 5350」のテスト結果をお届けしたい。

[2014/04/09 21:00]

「ドラゴンクエストVIII」は,いかにしてスマートフォン向けに移植されたのか? 最適化からUI設計のポイントまでを開発チームが語る

「ドラゴンクエストVIII」は,いかにしてスマートフォン向けに移植されたのか? 最適化からUI設計のポイントまでを開発チームが語る

 「Unite Japan 2014」では,Unityを使ってPS2版「ドラゴンクエストVIII」をスマートフォンに移植した開発プロジェクトの内幕を語るセッションが開催された。性能や特性が大きく異なるハードとOSに,どうやって人気ゲームを移植したのか。開発チームによって披露された,プログラムからグラフィックス,UI設計までのノウハウをレポートしよう。

[2014/04/09 17:02]

公称消費電力は脅威の500W。AMD,1499ドルのデュアルGPUカード「Radeon R9 295X2」を発表

公称消費電力は脅威の500W。AMD,1499ドルのデュアルGPUカード「Radeon R9 295X2」を発表

 2014年4月8日21:00,AMDから,新しいデュアルGPUカード「Radeon R9 295X2」が発表になった。簡易液冷ユニットを標準採用し,公称典型消費電力500Wというスペックを持つ新製品をAMDは「極めて危険なグラフィックスカード」と位置づけているが,果たしてどんな製品なのか。AMDの担当者が語った内容を基に,その正体に迫ってみたい。

[2014/04/08 21:00]

「MantleはDX12までのつなぎではない」「PS4やXbox Oneにも提供可能」。AMD,Mantle関連の新事実を明らかに

「MantleはDX12までのつなぎではない」「PS4やXbox Oneにも提供可能」。AMD,Mantle関連の新事実を明らかに

 AMD本社でソフトウェアメーカーとの協力体制を築くための部門でシニアディレクターを務めるNeal Robison氏が来日。AMD独自のAPI「Mantle」について,「DirectX 12までのつなぎではなく,進化を続けていく」「PS4とXbox Oneへ提供する用意がある」ことを明らかにした。

[2014/03/28 17:29]

【PR】クリエイティブ製品が「新生FFXIV」Windows版の推奨認定を受けた理由とは? サウンドディレクター祖堅氏に聞くその意義

【PR】クリエイティブ製品が「新生FFXIV」Windows版の推奨認定を受けた理由とは? サウンドディレクター祖堅氏に聞くその意義

 「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」で最近,クリエイティブメディアのサウンド関連製品が大挙して推奨周辺機器認定を受けた。では実際のところ,サウンド関連製品はどういう基準で推奨が与えられているのだろう? サウンドチームを率いる祖堅正慶氏に,音へのこだわりと,推奨のポイントを聞いてきた。

[2014/03/26 12:00]

[GDC 2014]ゲーム開発者の取り込みを狙うIntel,統合型グラフィックス機能の性能を引き出す最適化セッションを実施

[GDC 2014]ゲーム開発者の取り込みを狙うIntel,統合型グラフィックス機能の性能を引き出す最適化セッションを実施

 今回はIntelがGDC 2014で実施したスポンサーセッションの中から,ゲーム開発に関わりの深いグラフィックス関連のセッション3つを取り上げて,Intelが何を訴えていたのかをレポートしたい。トピックは,統合型グラフィックス機能向けの最適化テクニックや,「Iris Pro Graphics 5200」で組み合わされるeDRAMの仕組みなどだ。

[2014/03/25 00:00]

[GDC 2014]フルHD有機ELパネル搭載の最新版Oculus Rift「DK2」登場。いよいよ製品化へ

[GDC 2014]フルHD有機ELパネル搭載の最新版Oculus Rift「DK2」登場。いよいよ製品化へ

 GDC 2014で,Oculus VRは,仮想現実対応ヘッドマウントディスプレイ「Rift」の開発キット第2弾「Development Kit 2」を公開。その製品概要を明らかにした。最大の進化ポイントは,720pの液晶パネルから,1080p有機ELパネルへの変更と,頭の位置をトラッキングするための赤外線センサー採用だ。本稿では進化のポイントをまとめてみたい。

[2014/03/24 15:10]

[GDC 2014]手指や顔認識は新型Kinect並み!? Intelが注力する「RealSense Technology」はここまで進化した

[GDC 2014]手指や顔認識は新型Kinect並み!? Intelが注力する「RealSense Technology」はここまで進化した

 2014年1月に,Intelは3Dカメラモジュール「RealSense 3D camera」と,同カメラを活用する技術「Intel RealSense Technology」を発表した。その活用法を解説するセッションがGDC 2014の3日めに開かれた。Xbox One付属の新型「Kinect」に,部分的には匹敵するのではないかというRealSenseの実力が垣間見えたセッションをレポートしよう。

[2014/03/22 21:32]

[GDC 2014]OpenGL ES 3.1でリーダーシップを取るのはIntel? Bay Trail-Tと開発者向けツールでAndroid向けゲームの取り込みを狙う

[GDC 2014]OpenGL ES 3.1でリーダーシップを取るのはIntel? Bay Trail-Tと開発者向けツールでAndroid向けゲームの取り込みを狙う

 北米時間2014年3月20日,Intelは,GDC 2014に合わせて,Bay Trail-T搭載Android端末に向けたゲーム開発に関する記者説明会を開催した。OpenGL ES 3.1を高く評価するIntelは,これに素早く対応することで,Androidでの存在感を高めることを狙っている。OpenGL ES 3.1に向けた同社の取り組みをレポートしよう。

[2014/03/22 17:12]

[GDC 2014]ゲーム開発者へのアピールを狙うGoogle,2Dゲーム向け物理エンジン「LiquidFun」を公開

[GDC 2014]ゲーム開発者へのアピールを狙うGoogle,2Dゲーム向け物理エンジン「LiquidFun」を公開

 GDC 2014の2日目となる北米時間2014年3月18日,Googleは,開発者向けサブイベント「Google Developer Day」に合わせて,2Dゲーム向けのオープンソース物理エンジン「LiquidFun 1.0」をリリースした。ここではその概要をレポートしつつ,同イベントで説明されたGoogle関連サービスのアップデートについても紹介したい。

[2014/03/21 18:46]

[GDC 2014]Intel,次世代ハイエンドCPU「Haswell-E」の試作チップを披露。All-in-One PCの試作モデル「Project Black Brook」も

[GDC 2014]Intel,次世代ハイエンドCPU「Haswell-E」の試作チップを披露。All-in-One PCの試作モデル「Project Black Brook」も

 北米時間2014年3月19日,Intelは,GDC 2014に合わせて報道関係者向けのイベントを開催し,2014年半ば以降の投入を予定している「Haswell-E」や「Devil’s Canyon」といったデスクトップPC向け新CPUや,All-in-One PCの試作機「Project Black Brook」を披露した。デスクトップPCに向けたIntelの戦略が見えたイベントをレポートしよう。

[2014/03/21 00:00]

[GDC 2014]メガネ型拡張現実HMD「Google Glass」対応ゲームで“やってはいけないこと”。注意すべきポイントをGoogleが解説

[GDC 2014]メガネ型拡張現実HMD「Google Glass」対応ゲームで“やってはいけないこと”。注意すべきポイントをGoogleが解説

 北米時間2014年3月18日,Googleは,毎年恒例となった「Google Developer Day」にて,メガネ型の拡張現実対応HMD「Google Glass」に関する講演「Okay Glass,Play a Game」を行った。Google Glass用アプリケーションを作るときに「やってはいけないこと」が語られ,実用に向けて一歩踏み込んだ内容となっていた,その内容をレポートしたい。

[2014/03/20 17:01]

Intelの新しいPC向けSSD「SSD 730」を試す。データセンター向けSSDをPC向けにチューンしたモデルは,日常的な用途で速かった

Intelの新しいPC向けSSD「SSD 730」を試す。データセンター向けSSDをPC向けにチューンしたモデルは,日常的な用途で速かった

 2014年3月13日11:00,インテルから,2.5インチSSDの新製品「SSD 730」が国内発表となった。第3世代のIntel製SSDコントローラを搭載するデータセンター向けSSDをPC用途向けにチューンした,PC用の新しい最上位モデルと位置づけられている。4Gamerではサンプルを入手できたので,その実力を明らかにしてみたい。

[2014/03/13 11:00]

NVIDIA,ノートPC向けのGeForce 800Mシリーズを正式発表。ゲームプレイ時のバッテリー駆動時間を延ばす「Battery Boost」がキモ

NVIDIA,ノートPC向けのGeForce 800Mシリーズを正式発表。ゲームプレイ時のバッテリー駆動時間を延ばす「Battery Boost」がキモ

 2014年3月13日1:00,NVIDIAは,ノートPC向けGPUの新モデルとなるGeForce GTX 800M&GeForce 800Mシリーズを正式発表した。ハイエンドモデルはKepler,ミドル〜エントリーモデルはMaxwellベース。GTX型番のゲーマー向け製品で,ゲームプレイ時のバッテリー駆動時間を延ばす技術「Battery Boost」を採用するのが大きな特徴だ。

[2014/03/13 01:00]

「いまはピンとこないかもしれないが,AMDの技術が状況を変える」。AMDでアジア太平洋&日本地域の事業を統括するベネット副社長インタビュー

「いまはピンとこないかもしれないが,AMDの技術が状況を変える」。AMDでアジア太平洋&日本地域の事業を統括するベネット副社長インタビュー

 AMDでアジア太平洋および日本における事業展開を指揮するデイビッド・ベネット副社長にインタビューする機会が得られた。AMDにとって日本はどういう国であり,同社は今後,日本で何をしようとしているのか。過去数年にわたってほとんど語られたなかった部分を聞いてきたので,その内容を余すところなくお伝えしたい。

[2014/03/08 00:00]

Intel,Silvermont世代のスマホ向けSoC「Atom Z3400/Z3500」を発表。Snapdragon 800やApple A7をしのぐ性能をアピール

Intel,Silvermont世代のスマホ向けSoC「Atom Z3400/Z3500」を発表。Snapdragon 800やApple A7をしのぐ性能をアピール

 スペイン時間2014年2月24日,Intelは,2014年リリース予定のスマートフォンやタブレット端末向けの新型SoCとして,Silvermontマイクロアーキテクチャを採用する「Atom Z3400」「Atom Z3500」シリーズの2種類と,対応するLTEモデムを発表した。Intelが公開した情報を元に,両シリーズの特徴をレポートしよう。

[2014/02/24 18:00]

Intel,Ivy Bridge-EXこと「Xeon E7v2」ファミリーを発表。CPUコアは最大15基,メモリ容量は最大1.5TBに到達

Intel,Ivy Bridge-EXこと「Xeon E7v2」ファミリーを発表。CPUコアは最大15基,メモリ容量は最大1.5TBに到達

 2014年2月19日午前2:00,Intelは,Ivy Bridge世代のマイクロアーキテクチャを採用するサーバー用CPU「Xeon E7v2」を発表した。最大15基ものCPUコアを内蔵する製品も用意されるという,Xeonのフラッグシップモデルである。ゲーマーが購入するような製品ではないのだが,Xeon E7v2の詳細を簡単にまとめてみたい。

[2014/02/19 02:00]

NVIDIA,「GeForce GTX 750 Ti&GTX 750」発表。新世代GPUアーキテクチャ「Maxwell」第1弾の詳細をまとめてみた

NVIDIA,「GeForce GTX 750 Ti&GTX 750」発表。新世代GPUアーキテクチャ「Maxwell」第1弾の詳細をまとめてみた

 2014年2月18日23:00,NVIDIAから,デスクトップPC向けGPUの新製品「GeForce GTX 750 Ti」「GeForce GTX 750」が発表になった。いずれも,最新GPUアーキテクチャ「Maxwell」を採用した,史上初の製品となる。エントリーミドルクラス市場向けに登場した新世代GPUコアは,従来製品と何が違うのか。その概要をお伝えしたい。

[2014/02/18 23:00]

「Iris Pro Graphics 5200」搭載のGIGABYTE製超小型ベアボーンが持つ性能をKaveriベースのPCと比較してみた

「Iris Pro Graphics 5200」搭載のGIGABYTE製超小型ベアボーンが持つ性能をKaveriベースのPCと比較してみた

 Haswell世代の統合型グラフィックス機能最上位「Iris Pro Graphics 5200」を採用する超小型ベアボーン「BRIX Pro」を,GIGABYTEが準備中だ。4Gamerでは国内発表に先駆けて日本ギガバイトからサンプルを入手できたので,気になるその実力を,AMDの最新APU「A10-7850K」搭載システムと比較してみたいと思う。

[2014/02/10 00:00]

Tegra K1の実動デモが国内初公開。Kepler世代GPUを搭載する次世代SoCの威力をムービーでチェック

Tegra K1の実動デモが国内初公開。Kepler世代GPUを搭載する次世代SoCの威力をムービーでチェック

 2014年1月30日,NVIDIAは都内にて「Tegra K1」に関する報道関係者向け説明会を開催した。説明自体は1月5日の発表時に公表されたことが中心で,目新しい話は少なかったのだが,Tegra K1を搭載したタブレット端末の試作機が披露されたのは,国内では今回が初めてだ。実機のデモと合わせて,説明会の概要をレポートしよう。

[2014/01/31 00:00]

ソニー製ヘッドマウントディスプレイ「HMZ-T3W」「HMZ-T3」徹底検証。ゲームを前にした第3世代HMZの価値を探る

ソニー製ヘッドマウントディスプレイ「HMZ-T3W」「HMZ-T3」徹底検証。ゲームを前にした第3世代HMZの価値を探る

 発売から少し経ってしまったが,720p解像度の有機ELパネルを2枚搭載するソニー製ヘッドマウントディスプレイの第3世代モデル「HMZ-T3W」「HMZ-T3」のレビューをお届けしたい。装着感の向上と,表示遅延の短縮,そして上位モデルにおけるワイヤレス接続対応がトピックだが,ゲーマーにとって,購入を検討する価値はあるだろうか?

[2014/01/27 00:00]

国内発売まであと約1か月のPS4,筐体設計の秘密が明らかに

国内発売まであと約1か月のPS4,筐体設計の秘密が明らかに

 2014年1月中旬に開催された製造技術系イベントに,SCEでPlayStationシリーズのメカニカル設計担当する鳳 康宏氏が登場。国内で2月22日の発売が予定されるPlayStation 4の冷却設計を語ってくれたので,40枚を超えるスライド写真とともに,その概要をお伝えしよう。新世代ゲーム機のハードに興味があるなら必見の内容だ。

[2014/01/21 00:00]

[CES 2014]AMDは正式発表直前のKaveriを強烈アピール。2014年は飛躍の年になるか?

[CES 2014]AMDは正式発表直前のKaveriを強烈アピール。2014年は飛躍の年になるか?

 AMDは2014 International CESに合わせて報道関係者向けイベントを開催し,2014年1月14日の正式発表が目前に迫る次期主力APU「Kaveri」や,2014年前半の市場投入が予定されるAPU「Mullins」「Beema」,そしてノートPC向けRadeon新製品などの概要を明らかにした。一部は速報でお伝え済みだが,あらためてまとめてみよう。

[2014/01/09 14:34]

[CES 2014]【速報】NVIDIAの次世代SoCは「Tegra K1」。Kepler世代のCUDA Coreを192基集積し,CPUは4コアA15もしくは2コアDenverに

[CES 2014]【速報】NVIDIAの次世代SoCは「Tegra K1」。Kepler世代のCUDA Coreを192基集積し,CPUは4コアA15もしくは2コアDenverに

 北米時間2014年1月5日,NVIDIAは2014 International CESの開幕に先立って報道関係者向けイベントを開催し,その場でNVIDIAの総帥たるJen-Hsun Huang氏が,次世代モバイルSoC「Tegra K1」の存在を明らかにした。「Logan」として知られてきたプロセッサは,Kepler世代のCUDA Coreを192基集積するのが最大の特徴だ。

[2014/01/06 13:39]

「SteamOS」がやってきた! 2014年の本格展開を前に初期β版を動かしてみる

「SteamOS」がやってきた! 2014年の本格展開を前に初期β版を動かしてみる

 北米時間2013年12月13日,Valveから予告どおり,初期β版「SteamOS」が公開された。2014年の後半に発売予定となっている“Steam専用PC”こと「Steam Machine」のOSを試せる機会がやってきたのだ。ではこのSteamOS,いったい何ができそうで,完成度はどれほどなのか。いろいろ試してみたのでレポートしたい。

[2013/12/21 00:00]

来たるべき4K時代にGPUは対応できるのか。マルチGPU構成でチェックする,GeForceとRadeonの「4K対応度」

来たるべき4K時代にGPUは対応できるのか。マルチGPU構成でチェックする,GeForceとRadeonの「4K対応度」

 PC用途での4K解像度が現実味を帯びつつある昨今,二大GPUメーカーも4K対応を高らかにアピールしているが,そんななか,NVIDIAが「現行世代のマルチGPU構成における4K対応」の問題点を指摘してきた。いったい問題点とは何のことか。ねちねちとしたフレームレート検証を通じ,現行世代のGPUにおける4K対応の実態に迫ってみよう。

[2013/12/14 00:00]

2020年にはインターネットにつながるデバイスが300億台!? IoT時代を見据えたARMの戦略をレポート

2020年にはインターネットにつながるデバイスが300億台!? IoT時代を見据えたARMの戦略をレポート

 2013年12月5日,ARMは報道関係者向けの事業戦略説明会を開催し,6日に開催される開発者向けイベントに合わせて来日したARM本社の上級副社長らにより,同社のグローバル戦略が説明された。4Gamer読者にはあまり関わりのない話がほとんどだったのだが,ARMが今後の市場をどう捉えているのかが見えてくる話なのでレポートしたい。

[2013/12/05 17:53]

ローンチタイトルの重い使命を負った「KNACK」はいかにして作られたのか? アーティストが語るKNACKのデザインワーク

ローンチタイトルの重い使命を負った「KNACK」はいかにして作られたのか? アーティストが語るKNACKのデザインワーク

 2013年12月2日,オートデスクは都内で「Autodesk 3December 2013」と題する同社製品の関係者向けイベントを開催した。イベントで開催されたテクニカルセッションの中から,本稿では「PS4ローンチタイトル『KNACK(ナック)』におけるアートワーク制作事例」と題されたセッションの概要を紹介してみたい。

[2013/12/05 00:00]

NVIDIA,Tegra 4搭載の7インチAndroidタブレット「Tegra Note 7」を発表。その特徴を写真とムービーでチェックしてみた

NVIDIA,Tegra 4搭載の7インチAndroidタブレット「Tegra Note 7」を発表。その特徴を写真とムービーでチェックしてみた

 2013年12月2日14:00,NVIDIAは,Tegra 4搭載の同社純正タブレットプラットフォーム「Tegra Note 7」を発表した。第1弾製品は2万5800円(税込)で4日に発売予定だ。果たしてタブレットプラットフォームとは何のことで,Tegra Note 7はどんな製品なのか。写真や実機ムービーを交えながら,解説してみたい。

[2013/12/02 14:00]

「PlayStation 4」分解レポート。AMDのカスタムAPUを搭載する新世代マシンは,とてもゲーム機らしいゲーム機だった

「PlayStation 4」分解レポート。AMDのカスタムAPUを搭載する新世代マシンは,とてもゲーム機らしいゲーム機だった

 北米時間2013年11月15日,北米市場において「PlayStation 4」が発売になった。4Gamerが発売日に北米で入手したという話はすでにお伝えしているとおりだが,ようやく持ち帰って来れたので,取り急ぎ分解してみたい。AMDによるセミカスタムAPUを搭載する新世代ゲーム機の中身はどうなっているのだろうか。

[2013/11/25 00:00]

EIZOのFPSゲーマー向けディスプレイ「FORIS FG2421」レビュー。内部240Hz駆動のVAパネル搭載モデルは「買い」だ

EIZOのFPSゲーマー向けディスプレイ「FORIS FG2421」レビュー。内部240Hz駆動のVAパネル搭載モデルは「買い」だ

 ネイティブ120Hz表示に対応するゲーマー向けディスプレイとしては初めてVA方式を採用して高いコントラスト比を確保し,さらに内部240Hz駆動によって高いレベルで残像感を低減してきたというEIZO製ディスプレイ「FORIS FG2421」。本製品をPCやゲーム機とつないでがっつり検証したので,その結果をお届けしたい。結論から述べると,これは買いだ。

[2013/11/18 00:00]

「PlayStation Vita TV」分解レポート。約1万円から買える「据え置き型Vita」は,格好よくスマートなキカイだった

「PlayStation Vita TV」分解レポート。約1万円から買える「据え置き型Vita」は,格好よくスマートなキカイだった

 2013年11月14日にSCEJAから発売となった,PS Vitaベースの据え置き型ゲーム機「PlayStation Vita TV」。その詳細な分解レポートをお届けしたい。PS VitaのSoC自体がHDMI出力に対応していた可能性が垣間見えたり,予想以上にしっかりした内部構造になっていることが判明したりと,小さなハードだが,見どころは少なくない印象だ。

[2013/11/16 00:00]

【速報】PS Vita TV発売。取り急ぎ分解してみた

【速報】PS Vita TV発売。取り急ぎ分解してみた

 2013年11月14日,「PlayStation Vita TV」が発売になった。Vitaベースの小さな据え置き型ゲーム機を,4Gamerではさっそく購入してみたので,取り急ぎ,速報版分解レポートをお届けしてみたい。詳細は追ってお伝えする予定だが,現時点でも興味深い内容を確認できているので,ぜひチェックのほどを。

[2013/11/14 14:49]

EIZO,内部240Hz駆動のFPSゲーマー向けVAディスプレイ「FORIS FG2421」を発売。まずは気になる残像感と遅延をチェックしてみた

EIZO,内部240Hz駆動のFPSゲーマー向けVAディスプレイ「FORIS FG2421」を発売。まずは気になる残像感と遅延をチェックしてみた

 2013年10月30日,EIZOは,同社初のFPSゲーマー向け液晶ディスプレイ「FORIS FG2421」を全世界同時発売した。VAパネルを採用して120Hz駆動させ,さらに内部240Hz駆動とバックライト制御によって残像感の低減を図ってきたのが特徴だ。直販価格は6万4800円(税込)。まずは速報として,残像感と遅延のテスト結果をお届けしたい。

[2013/10/30 15:00]

「Nintendo 2DS」分解レポート。立体視非対応の“廉価版3DS”,その中身は?

「Nintendo 2DS」分解レポート。立体視非対応の“廉価版3DS”,その中身は?

 「ニンテンドー3DS」から立体視機能と折りたたみ機構を省いた廉価版として,北米市場で2013年10月12日に129.99ドルで発売となった新型ポータブルゲーム機「Nintendo 2DS」。4Gamerではその実機を独自に入手したので,取り急ぎ分解レポートをお届けしてみたい。日本市場での発売予定がないハードがどんなものか知りたい人はぜひ一読を。

[2013/10/26 00:00]

AMD,CPUとGPUの深い連携を可能にする新要素「hQ」発表。HSAの姿が見えてきた?

AMD,CPUとGPUの深い連携を可能にする新要素「hQ」発表。HSAの姿が見えてきた?

 次世代APUで,CPUとGPUによる異種混合マルチプロセッシングの実現を目指すAMDが,「hQ」(Heterogeneous Queueing)を発表した。結論から先に述べると,hQは,CPUコアとGPUコアによる緊密な協調動作を可能にする,HSA構想におけるキー的な要素なのだが,今回はその技術的な要点をまとめてお伝えしてみたい。

[2013/10/22 13:01]

「Mad Catz」という会社名は仮称だった!? 社長兼CEOに訊く,Mad Catzのこれまでとこれから

「Mad Catz」という会社名は仮称だった!? 社長兼CEOに訊く,Mad Catzのこれまでとこれから

 日本ではアーケードスティックのメーカーとしてよく知られる一方で,最近はマウスやキーボードなどでも存在感を見せ始めているMad Catz。今回4Gamerでは,Darren Richardson社長兼CEOに,目指している方向性を聞く機会が得られたのでその内容をお届けしたい。「実のところ社名は仮称だった(!)」という衝撃の情報と合わせてどうぞ。

[2013/10/19 00:00]

新型PS Vita「PCH-2000」分解レポート。コストダウンと薄型軽量化に向けた努力の跡が窺える

新型PS Vita「PCH-2000」分解レポート。コストダウンと薄型軽量化に向けた努力の跡が窺える

 2013年10月10日に発売となった新型PS Vita「PCH-2000」。4Gamerでは先に,従来モデルからの最も重要な変更点である液晶パネルの性能をチェックしたが,今回は本体を分解することにより,「なぜ新型PS Vitaは薄く軽くなったのか」を考察してみたい。第2世代モデルで最適化された内部構造は要注目だ。

[2013/10/15 00:00]

新型PS Vita「PCH-2000」の液晶パネルは結局のところアリなのか。従来モデル「PCH-1000」の有機ELパネルと比較レポート

新型PS Vita「PCH-2000」の液晶パネルは結局のところアリなのか。従来モデル「PCH-1000」の有機ELパネルと比較レポート

 2013年10月10日,新型PS Vita「PCH-2000」が発売となった。さっそく入手した4Gamerでは10日のうちに「黒の出方」と「色合い」に絞って速報をお届けしたが,追加で「ゲームにおける画面の見え方の違い」「残像感の違い」もテストできたので,速報の考察ともども,あらためて結果をレポートしたいと思う。

[2013/10/11 00:00]

三菱電機製ディスプレイ「RDT235WX」レビュー。画質と速度の両立を図るWXシリーズの新型は何が変わったのか

三菱電機製ディスプレイ「RDT235WX」レビュー。画質と速度の両立を図るWXシリーズの新型は何が変わったのか

 三菱電機が「マルチメディアモデル」と位置づける液晶ディスプレイの最新作「RDT235WX(BK)」を入手できたので,テスト結果をお届けしたい。超解像技術とオーバードライブ機能,そして低遅延のスルーモードを同時に利用できることで注目を集めたWXシリーズの新型は,果たして何が新しくなったのだろうか。

[2013/10/05 00:00]

[TGS 2013]“Red Team”に入ろう。AMD,新たなプロモーションプログラムを明らかに

[TGS 2013]“Red Team”に入ろう。AMD,新たなプロモーションプログラムを明らかに

 日本AMDは,TGS 2013で初めて会場にブースを構え,ゲーマーにグラフィックスやCPUの技術をアピールする試みを行っている。展示の中でも最も注目されるRadeon Skyを用いた「艦これ」の配信デモについてはすでにお伝えしているが,AMD広報の担当者が同社の新たなプロモーションプログラムを明らかにしてくれたので,その内容をお伝えしたい。

[2013/09/22 15:55]

[TGS 2013]AVerMedia,来春発売予定の「USB接続型1080p/60fps録画対応ビデオキャプチャデバイス」試作機を披露

[TGS 2013]AVerMedia,来春発売予定の「USB接続型1080p/60fps録画対応ビデオキャプチャデバイス」試作機を披露

 台湾AVerMedia Technologiesは,1080p/60fps録画をサポートするUSB 3.0接続型のゲーマー向けビデオキャプチャデバイス試作機を東京ゲームショウで披露した。また,PCレスで録画とカット編集,YouTubeへのアップロードまで可能で,今秋発売予定とされる新製品も展示していたので,合わせてレポートしたい。

[2013/09/22 00:00]

[TGS 2013]Xbox One用のステアリングコントローラに「ドライブシート由来のゲーマー向け椅子」。クルマ関係(?)で注目の大型周辺機器2題

[TGS 2013]Xbox One用のステアリングコントローラに「ドライブシート由来のゲーマー向け椅子」。クルマ関係(?)で注目の大型周辺機器2題

 東京ゲームショウには毎年,何らかのゲーマー向け大型周辺機器が出品されてくるのだが,今年もXbox One向けのステアリングコントローラや,自動車競技用のシートをゲーマー向けチェアに転用した製品と,クルマ関係(?)で,面白そうな大型周辺機器が2つ出てきた。本稿ではまとめてお伝えしてみたい。

[2013/09/21 16:22]

[TGS 2013]SteelSeries,本当に久々のシリーズ完全新作。今秋発売予定のヘッドセット「Siberia Elite」と「9H」をまじまじとチェックしてみた

[TGS 2013]SteelSeries,本当に久々のシリーズ完全新作。今秋発売予定のヘッドセット「Siberia Elite」と「9H」をまじまじとチェックしてみた

 2012年に引き続いてTGSへ出展してきたSteelSeriesの“出し物”は,約4年振りのシリーズ最新作となるヘッドセット「Siberia Elite」と,コアゲーマー向けの新たなフラグシップモデル「9H」だ。10〜11月という発売予定時期が判明し,さらに,発表時点では明らかになっていなかった製品概要が見えてきたので,ここにまとめてお伝えしたい。

[2013/09/21 01:53]

BenQの安価なゲーマー向けディスプレイ「RL2455HM」レビュー。XLの下位モデルは意外な実力派?

BenQの安価なゲーマー向けディスプレイ「RL2455HM」レビュー。XLの下位モデルは意外な実力派?

 BenQのゲーマー向け液晶ディスプレイといえば,垂直リフレッシュレート120Hz対応のXLシリーズが有名だが,実はもう1種,RTSやMOBA向けとされる下位モデル,RLシリーズもある。今回は,RLシリーズの24インチワイド液晶ディスプレイ「RL2455HM」を入手できたので,BenQのエントリーゲーマー向けディスプレイが持つ実力を検証してみよう。

[2013/09/07 00:00]

Haswell世代の統合型グラフィックス機能最上位モデル「Iris Pro Graphics 5200」をG-TuneノートPCで(ちょっと)試してみた

Haswell世代の統合型グラフィックス機能最上位モデル「Iris Pro Graphics 5200」をG-TuneノートPCで(ちょっと)試してみた

 正式発表されながらも,実際に採用するCPUの流通が始まっていなかった,Haswell世代の統合型グラフィックス機能最上位モデル「Intel Iris Pro Graphics 5200」。同機能を採用するCPUが,ついにG-TuneのノートPCに搭載されて登場してきたので,今回は,ちょっと剥いたり動かしてみたりした。今回はその結果をレポートしたい。

[2013/09/05 10:00]

NVIDIAの「SHIELD」分解レポート。299ドルの「ゲーム機型Android端末」にはけっこうコストがかかっていた

NVIDIAの「SHIELD」分解レポート。299ドルの「ゲーム機型Android端末」にはけっこうコストがかかっていた

 2013年1月に発表されて世界中の注目を集めた,NVIDIAの携帯ゲーム機型Androidデバイス「SHIELD」が,ついに北米市場で発売となった。4Gamerではその1台を入手できた……が,国内法の関係で,電源を入れることができないため,分解レポートをお届けしてみたい。299ドルという価格からすると,ハードウェアの完成度は高い印象だ。

[2013/08/26 00:00]

[CEDEC 2013]モバイルゲームのネイティブ化でオンライン技術はどうなる? 現状分析から今後のトレンドを読み解くセッションをレポート

[CEDEC 2013]モバイルゲームのネイティブ化でオンライン技術はどうなる? 現状分析から今後のトレンドを読み解くセッションをレポート

 現在,モバイルソーシャルゲームのトレンドは,スマートフォンのネイティブアプリ化へと移行しつつある。CEDEC 2013においても,こうしたテーマのセッションが複数行われていたが,本稿ではとくにネットワーク技術に注目したセッション「ネイティブ化が進むモバイルソーシャルアプリで求められるオンライン技術」をレポートする。

[2013/08/24 13:55]

[CEDEC 2013]性能はまちまちで挙動も大違い。Androidスマートフォン向けグラフィックスエンジン開発に立ちはだかった難関

[CEDEC 2013]性能はまちまちで挙動も大違い。Androidスマートフォン向けグラフィックスエンジン開発に立ちはだかった難関

 最先端のスマートフォンは,家庭用ゲーム機に迫るグラフィックス性能を持っているが,その性能を引き出したゲーム開発は難しい。「CEDEC 2013」の2日めには,スマートフォン向けグラフィックスエンジン開発の何が難しいのかが,トライエースの研究開発部に所属する3氏により説明された。セッションの概要をレポートしよう。

[2013/08/23 17:44]

[CEDEC 2013]ゲームの開発ノウハウで家電製品をパワーアップ。「ゲームのチカラを家電に」セッションレポート

[CEDEC 2013]ゲームの開発ノウハウで家電製品をパワーアップ。「ゲームのチカラを家電に」セッションレポート

 国内最大のゲーム開発者向けカンファレンス「CEDEC 2013」が,2013年8月21日に開幕した。本稿では初日に行われた「ゲームのチカラを家電に」と題するセッションの模様をレポートする。ゲーム開発で培った力を家電製品に活かそうという内容で,ゲームに直接に関わる話ではないものの,家電は我々にとって身近なだけに興味深いセッションとなった。

[2013/08/22 12:44]
さらに記事を探す

トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月16日〜04月17日