オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名

いまから始めるオンラインゲーム
モバイル版4Gamer(β)
※ドコモ旧機種には対応してません
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

米田 聡

このページの最終更新日:2014/07/31 21:43

rss


  • このページのURL:

キーワード

下線

ゲームAIを5日間に分けてみっちり学ぶ「スクウェア・エニックス AIアカデミー」開催

ゲームAIを5日間に分けてみっちり学ぶ「スクウェア・エニックス AIアカデミー」開催

 スクウェア・エニックスは,2014年7月から9月にかけて,ゲームAIを学ぶ「スクウェア・エニックス AIアカデミー」と題するイベントを行っている。同社による学生の啓蒙に向けた活動の一環だが,日本におけるゲームAIの第一人者,三宅陽一郎氏を講師とする初回のイベントの模様をお伝えしてみたい。

[2014/07/31 21:43]

アマゾン ウェブ サービスの最新技術や導入事例が紹介されたイベント,「AWS Summit Tokyo 2014」のセッション「Amazon Androidアプリストアの戦略とこれから」をレポート

アマゾン ウェブ サービスの最新技術や導入事例が紹介されたイベント,「AWS Summit Tokyo 2014」のセッション「Amazon Androidアプリストアの戦略とこれから」をレポート

 アマゾン データ サービス ジャパンが主催するカンファレンス「AWS Summit Tokyo 2014」が,2014年7月17日/18日の2日間にわたり開催された。本稿では,Kindle Fireタブレットをはじめ,Amazon Fire PhoneAmazon Fire TVが紹介されたセッション「Amazon Androidアプリストアの戦略とこれから」をレポートしていこう。

[2014/07/18 20:35]

NVIDIA,GTC Japan 2014を開催。David Kirk氏がNVIDIA GRIDやNVLink,Pascalを語る

NVIDIA,GTC Japan 2014を開催。David Kirk氏がNVIDIA GRIDやNVLink,Pascalを語る

 2014年7月16日,NVIDIAは,GPUコンピューティング開発者イベント「GTC Japan 2014」を開催した。基調講演では米NVIDIAフェローのDavid Kirk氏が登壇し,GPUの今とこれからを熱く語った。本稿では,そんな氏による基調講演,そしてその後の合同インタビューから,4Gamer読者の興味を惹きそうな部分をまとめてお伝えしたい。

[2014/07/17 00:00]

EIZO「FORIS FS2434」レビュー。ゲーマー向けIPS液晶ディスプレイの最新作は何が新しい?

EIZO「FORIS FS2434」レビュー。ゲーマー向けIPS液晶ディスプレイの最新作は何が新しい?

 2014年7月11日,EIZOの23.8インチワイド液晶ディスプレイ「FORIS FS2434」が発売になった。FORIS FSシリーズ2年振りの新作は,狭額縁デザインの採用と,暗部の視認性向上機能強化がトピックだが,実際のところ,ゲーマーにとって意味のある「新しさ」はもたらされているのか。テスト結果をお届けしたい。

[2014/07/11 00:00]

2017年には1台のSSDで容量16TBも!? Samsung,SSD関連の新技術「3D V-NAND」を解説

2017年には1台のSSDで容量16TBも!? Samsung,SSD関連の新技術「3D V-NAND」を解説

 2014年7月1日に発表された,Samsungの新型SSD「SSD 850 PRO」。最大の特徴は新技術「3D V-NAND」の採用だが,果たしてこれは何であって,将来のSSDにとってどのような意味を持つのか。2017年には2.5インチ型で容量16TBのSSDが登場する可能性も示唆されたセッションの内容をまとめてみたい。

[2014/07/03 14:16]

Samsungの新型SSD「SSD 850 PRO」は日本で7月下旬以降に発売。256GBモデルで約200ドル,512GBモデルで約400ドルに

Samsungの新型SSD「SSD 850 PRO」は日本で7月下旬以降に発売。256GBモデルで約200ドル,512GBモデルで約400ドルに

 別途お伝えしているとおり,Samsungから2.5インチ型の新世代SSD「SSD 850 PRO」が発表になった。韓国ソウル市で開催された報道関係者向けイベントでは,国内で7月末から8月上旬に発売予定であることや,米ドルベースのメーカー想定売価が従来製品よりかなり安価な設定となることが分かったので,まとめてお伝えしたい。

[2014/07/01 19:42]

「SSD 850 PRO」レビュー。新世代フラッシュメモリ「3D V-NAND」の採用でSamsungのSSDは何が変わったのか

「SSD 850 PRO」レビュー。新世代フラッシュメモリ「3D V-NAND」の採用でSamsungのSSDは何が変わったのか

 2014年7月1日,Samsungは,「PRO」型番を冠する2.5インチSSDの新製品「SSD 850 PRO」を発表した。新世代SSDは「3D V-NAND」と,従来製品よりも高速なSSDコントローラの採用がトピックだが,そういった刷新によって,果たして何が変わったのか。レビュー用サンプルを入手できたので,その実力に迫ってみたい。

[2014/07/01 11:00]

【PR】いよいよ「Xbox One」の国内発売が迫る。日本マイクロソフトが満を持して送り出す最新ゲーム機に秘められたポテンシャルとは

【PR】いよいよ「Xbox One」の国内発売が迫る。日本マイクロソフトが満を持して送り出す最新ゲーム機に秘められたポテンシャルとは

 来たる2014年9月4日,日本マイクロソフトの最新ゲーム機「Xbox One」の国内発売が開始される。欧米やオセアニア地域では昨年11月に発売されており,すでに累計出荷台数は500万台に達しているが,実際のところ,Xbox Oneで何ができるのだろうか。本体に詰め込まれた最先端のテクノロジーを紹介すると共に,その実力に迫ってみたい。

[2014/06/26 12:00]

64bit版ARMプロセッサと「Tesla K20」を組み合わせたHPC向けシステムの出荷が始まる

64bit版ARMプロセッサと「Tesla K20」を組み合わせたHPC向けシステムの出荷が始まる

 ドイツで現地時間2014年6月22日に開幕するスーパーコンピュータ関連の国際会議「ISC2014」。それに合わせてNVIDIAは,「Tesla K20」と64bit版ARMアーキテクチャに対応するSoCを組み合わせたHPC向けシステムが北米と欧州のベンダーから出荷されると発表した。ゲームとの関連はないが,GPU業界の動向として,ここにまとめておきたい。

[2014/06/23 16:01]

[COMPUTEX]七色に光るCherry MXキースイッチ搭載キーボードは,なぜCorsairから登場するのか。CherryとCorsairの担当者に聞く

[COMPUTEX]七色に光るCherry MXキースイッチ搭載キーボードは,なぜCorsairから登場するのか。CherryとCorsairの担当者に聞く

 新開発のZF Electronics製メカニカルキースイッチ「Cherry MX RGB」と,それを採用するCorsair製キーボード「Vengeance RGB」。果たして,七色に光るメカニカルキーボードはどのようにして誕生したのだろうか。今回4Gamerでは「Cherry MXの歴史」からVengeance RGBの特徴まで聞くことができたので,ここにまとめてみたい。

[2014/06/09 00:00]

[COMPUTEX]1スロット仕様のデュアルR9 290Xカードや27インチのG-SYNC対応液晶ディスプレイに注目。R.O.G.のゲーマー向け製品詳報(後編)

[COMPUTEX]1スロット仕様のデュアルR9 290Xカードや27インチのG-SYNC対応液晶ディスプレイに注目。R.O.G.のゲーマー向け製品詳報(後編)

 ASUSのゲーマー向けブランド「R.O.G.」の新製品詳報。後編では,R9 290X×2を1スロットサイズに収めたグラフィックスカードや,日本では見かけないゲーマー向けマウス,そして27インチサイズで解像度2560×1440ドット,リフレッシュレート144Hzと「G-SYNC」に対応する液晶ディスプレイなど,注目の製品をレポートしよう。

[2014/06/05 14:02]

[COMPUTEX]スリムタイプのゲームPCや新マザーボード3種類をじっくりチェック。R.O.G.のゲーマー向け新製品レポート(前編)

[COMPUTEX]スリムタイプのゲームPCや新マザーボード3種類をじっくりチェック。R.O.G.のゲーマー向け新製品レポート(前編)

 速報でお伝えしたとおり,台湾時間2014年6月3日,ASUS Computerは,ゲーマー向けブランド「R.O.G.」の最新製品多数を一挙に発表した。興味深い製品が多数あったので,前編となる本稿と後編の2回に分けて詳細をレポートする。まず前編では,ゲーマー向けPCとマザーボードをチェックしてみよう。

[2014/06/05 00:00]

AMD,新型APU「Beema」「Mulins」ベースの組み込み機器向けSoC「G-Series」を発表

AMD,新型APU「Beema」「Mulins」ベースの組み込み機器向けSoC「G-Series」を発表

 2014年6月4日13:01,AMDは,組み込み機器向けSoC(System-on-a-Chip)「Embedded G-Series SOC」の新製品として,「Steppe Eagle」と「Crowned Eagle」の2種類,計6製品を発表した。どちらも,第3世代の低消費電力向けAPU「Beema」および「Mullins」をベースとしているのが特徴だ。

[2014/06/04 13:01]

[COMPUTEX]定格4GHzで倍率ロックフリーの「Core i7-4790K」登場。Pentium 20周年モデルともども北米時間6月14日に発売

[COMPUTEX]定格4GHzで倍率ロックフリーの「Core i7-4790K」登場。Pentium 20周年モデルともども北米時間6月14日に発売

 日本時間2014年6月3日15:30,Intelは,Haswell Refresh世代の倍率ロックフリー版CPU「Core i7-4790K」「Core i5-4690K」と,Pentium 20周年記念のCPU「Pentium Anniversary Edition」を正式に発表した。いずれも北米時間6月14日発売予定とされている。同時発表の「399ドルの4Kディスプレイ計画」ともどもお伝えしたい。

[2014/06/03 15:30]

[COMPUTEX]5-in-1の合体ノートPCや4K液晶搭載のハイエンドノートPCが登場。盛りだくさんなASUSプレスカンファレンスレポート

[COMPUTEX]5-in-1の合体ノートPCや4K液晶搭載のハイエンドノートPCが登場。盛りだくさんなASUSプレスカンファレンスレポート

 台湾時間2014年6月2日,ASUSTeK Computerは,COMPUTEX TAIPEI 2014に合わせて報道関係者向けイベントを開催し,「5-in-1」と称する合体ノートPCや4K液晶パネルを搭載したハイエンドノートPCなど,多くの新製品を発表した。同社ならではのユニークな製品が多数披露されたイベントの概要をレポートしよう。

[2014/06/03 00:00]

ASUSの28インチ4Kディスプレイ「PB287Q」を使ってみた。応答速度1msの低価格4K/60Hz液晶はゲームで使えるか

ASUSの28インチ4Kディスプレイ「PB287Q」を使ってみた。応答速度1msの低価格4K/60Hz液晶はゲームで使えるか

 ASUSTeK Computerから,28インチサイズの4K液晶ディスプレイ「PB287Q」が発売になる。直販価格が7万9920円(税込)と,4Kディスプレイのなかでは安価ながら,4K/60Hzに対応し,中間調応答速度が1msというスペックを持ち,「ひょっとしたらゲームで使えるかも……」と思っている人もいるだろう。入手できたので,テストしてみたい。

[2014/05/30 00:00]

AMD,Kaveriベースの組み込み向けプロセッサ第2世代モデル「Embedded R-Series」を発表。国内ではパチンコ・パチスロ市場を狙う

AMD,Kaveriベースの組み込み向けプロセッサ第2世代モデル「Embedded R-Series」を発表。国内ではパチンコ・パチスロ市場を狙う

 2014年5月20日13:01,AMDは,組み込み向けプロセッサ「Embedded R-Series」の第2世代モデルを発表した。Kaveriベースとなる新製品を,日本ではパチンコ・パチスロ市場向けに訴求していくとのことだ。ラインナップと製品概要も明らかになったので,ゲームと直接の関係はないが,簡単にまとめてみよう。

[2014/05/20 13:01]

AMD,2015年にコンシューマ向けARMプロセッサ市場へ参入。x86とのピン互換

AMD,2015年にコンシューマ向けARMプロセッサ市場へ参入。x86とのピン互換

 AMDが,アジア太平洋地域の報道関係者向け電話会議を開催。x86ベースのAPUとARMベースのAPUをピン互換で2015年に市場投入することや,2016年には独自開発のARMコア「K12」搭載のプロセッサを用意していることを明らかにした。来年には,ARMベースのAMD製プロセッサが,コンシューマ市場へやってくるわけだ。

[2014/05/16 19:12]

AMD,次世代モバイル向けAPU「Mullins」と「Beema」の概要を公開。Bay Trailを追撃する切り札となるか?

AMD,次世代モバイル向けAPU「Mullins」と「Beema」の概要を公開。Bay Trailを追撃する切り札となるか?

 日本時間2014年4月29日13:01,AMDは,2014年中の市場投入が予定されている第3世代の低消費電力向けAPU,「Mullins」と「Beema」の詳細を明らかにした。両製品のラインナップに加えて,ベンチマークテストでの性能や注目すべき機能など,多くの情報が披露されている。両製品の特徴をざっくりとまとめてみたい。

[2014/04/30 00:00]

Razer独自の「緑軸」「オレンジ軸」メカニカルキースイッチは買いか? ゲーマー向けキーボード「BlackWidow」の新モデルをテスト

Razer独自の「緑軸」「オレンジ軸」メカニカルキースイッチは買いか? ゲーマー向けキーボード「BlackWidow」の新モデルをテスト

 Razer製ゲーマー向けキーボードの主力シリーズとなるBlackWidowの新世代モデルが,いよいよ2014年4月22日に国内発売となる。Cherry MXスイッチではなく,Razerオリジナルの「緑軸」「オレンジ軸」キースイッチを採用するのが最大の特徴だが,果たして新スイッチ搭載モデルは買いなのか。テスト結果をお伝えしたい。

[2014/04/19 00:00]

復活したAthlonはゲーマーにとって価値があるのか? 6000円台で買えるデスクトップPC向けAPU「Athlon 5350」を試す

復活したAthlonはゲーマーにとって価値があるのか? 6000円台で買えるデスクトップPC向けAPU「Athlon 5350」を試す

 2014年4月9日21:00,AMDは,デスクトップPC向け「Kabini」を,AthlonおよびSempronプロセッサとして正式に発表した。往年の名CPU名がエントリーモデルとして復活したわけだが,果たしてその実力はいかに。発表時点の最上位モデルにして,6000円台で購入できるAPU「Athlon 5350」のテスト結果をお届けしたい。

[2014/04/09 21:00]

「ドラゴンクエストVIII」は,いかにしてスマートフォン向けに移植されたのか? 最適化からUI設計のポイントまでを開発チームが語る

「ドラゴンクエストVIII」は,いかにしてスマートフォン向けに移植されたのか? 最適化からUI設計のポイントまでを開発チームが語る

 「Unite Japan 2014」では,Unityを使ってPS2版「ドラゴンクエストVIII」をスマートフォンに移植した開発プロジェクトの内幕を語るセッションが開催された。性能や特性が大きく異なるハードとOSに,どうやって人気ゲームを移植したのか。開発チームによって披露された,プログラムからグラフィックス,UI設計までのノウハウをレポートしよう。

[2014/04/09 17:02]

公称消費電力は脅威の500W。AMD,1499ドルのデュアルGPUカード「Radeon R9 295X2」を発表

公称消費電力は脅威の500W。AMD,1499ドルのデュアルGPUカード「Radeon R9 295X2」を発表

 2014年4月8日21:00,AMDから,新しいデュアルGPUカード「Radeon R9 295X2」が発表になった。簡易液冷ユニットを標準採用し,公称典型消費電力500Wというスペックを持つ新製品をAMDは「極めて危険なグラフィックスカード」と位置づけているが,果たしてどんな製品なのか。AMDの担当者が語った内容を基に,その正体に迫ってみたい。

[2014/04/08 21:00]

「MantleはDX12までのつなぎではない」「PS4やXbox Oneにも提供可能」。AMD,Mantle関連の新事実を明らかに

「MantleはDX12までのつなぎではない」「PS4やXbox Oneにも提供可能」。AMD,Mantle関連の新事実を明らかに

 AMD本社でソフトウェアメーカーとの協力体制を築くための部門でシニアディレクターを務めるNeal Robison氏が来日。AMD独自のAPI「Mantle」について,「DirectX 12までのつなぎではなく,進化を続けていく」「PS4とXbox Oneへ提供する用意がある」ことを明らかにした。

[2014/03/28 17:29]

【PR】クリエイティブ製品が「新生FFXIV」Windows版の推奨認定を受けた理由とは? サウンドディレクター祖堅氏に聞くその意義

【PR】クリエイティブ製品が「新生FFXIV」Windows版の推奨認定を受けた理由とは? サウンドディレクター祖堅氏に聞くその意義

 「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」で最近,クリエイティブメディアのサウンド関連製品が大挙して推奨周辺機器認定を受けた。では実際のところ,サウンド関連製品はどういう基準で推奨が与えられているのだろう? サウンドチームを率いる祖堅正慶氏に,音へのこだわりと,推奨のポイントを聞いてきた。

[2014/03/26 12:00]

[GDC 2014]ゲーム開発者の取り込みを狙うIntel,統合型グラフィックス機能の性能を引き出す最適化セッションを実施

[GDC 2014]ゲーム開発者の取り込みを狙うIntel,統合型グラフィックス機能の性能を引き出す最適化セッションを実施

 今回はIntelがGDC 2014で実施したスポンサーセッションの中から,ゲーム開発に関わりの深いグラフィックス関連のセッション3つを取り上げて,Intelが何を訴えていたのかをレポートしたい。トピックは,統合型グラフィックス機能向けの最適化テクニックや,「Iris Pro Graphics 5200」で組み合わされるeDRAMの仕組みなどだ。

[2014/03/25 00:00]

[GDC 2014]フルHD有機ELパネル搭載の最新版Oculus Rift「DK2」登場。いよいよ製品化へ

[GDC 2014]フルHD有機ELパネル搭載の最新版Oculus Rift「DK2」登場。いよいよ製品化へ

 GDC 2014で,Oculus VRは,仮想現実対応ヘッドマウントディスプレイ「Rift」の開発キット第2弾「Development Kit 2」を公開。その製品概要を明らかにした。最大の進化ポイントは,720pの液晶パネルから,1080p有機ELパネルへの変更と,頭の位置をトラッキングするための赤外線センサー採用だ。本稿では進化のポイントをまとめてみたい。

[2014/03/24 15:10]

[GDC 2014]手指や顔認識は新型Kinect並み!? Intelが注力する「RealSense Technology」はここまで進化した

[GDC 2014]手指や顔認識は新型Kinect並み!? Intelが注力する「RealSense Technology」はここまで進化した

 2014年1月に,Intelは3Dカメラモジュール「RealSense 3D camera」と,同カメラを活用する技術「Intel RealSense Technology」を発表した。その活用法を解説するセッションがGDC 2014の3日めに開かれた。Xbox One付属の新型「Kinect」に,部分的には匹敵するのではないかというRealSenseの実力が垣間見えたセッションをレポートしよう。

[2014/03/22 21:32]

[GDC 2014]OpenGL ES 3.1でリーダーシップを取るのはIntel? Bay Trail-Tと開発者向けツールでAndroid向けゲームの取り込みを狙う

[GDC 2014]OpenGL ES 3.1でリーダーシップを取るのはIntel? Bay Trail-Tと開発者向けツールでAndroid向けゲームの取り込みを狙う

 北米時間2014年3月20日,Intelは,GDC 2014に合わせて,Bay Trail-T搭載Android端末に向けたゲーム開発に関する記者説明会を開催した。OpenGL ES 3.1を高く評価するIntelは,これに素早く対応することで,Androidでの存在感を高めることを狙っている。OpenGL ES 3.1に向けた同社の取り組みをレポートしよう。

[2014/03/22 17:12]

[GDC 2014]ゲーム開発者へのアピールを狙うGoogle,2Dゲーム向け物理エンジン「LiquidFun」を公開

[GDC 2014]ゲーム開発者へのアピールを狙うGoogle,2Dゲーム向け物理エンジン「LiquidFun」を公開

 GDC 2014の2日目となる北米時間2014年3月18日,Googleは,開発者向けサブイベント「Google Developer Day」に合わせて,2Dゲーム向けのオープンソース物理エンジン「LiquidFun 1.0」をリリースした。ここではその概要をレポートしつつ,同イベントで説明されたGoogle関連サービスのアップデートについても紹介したい。

[2014/03/21 18:46]

[GDC 2014]Intel,次世代ハイエンドCPU「Haswell-E」の試作チップを披露。All-in-One PCの試作モデル「Project Black Brook」も

[GDC 2014]Intel,次世代ハイエンドCPU「Haswell-E」の試作チップを披露。All-in-One PCの試作モデル「Project Black Brook」も

 北米時間2014年3月19日,Intelは,GDC 2014に合わせて報道関係者向けのイベントを開催し,2014年半ば以降の投入を予定している「Haswell-E」や「Devil’s Canyon」といったデスクトップPC向け新CPUや,All-in-One PCの試作機「Project Black Brook」を披露した。デスクトップPCに向けたIntelの戦略が見えたイベントをレポートしよう。

[2014/03/21 00:00]

[GDC 2014]メガネ型拡張現実HMD「Google Glass」対応ゲームで“やってはいけないこと”。注意すべきポイントをGoogleが解説

[GDC 2014]メガネ型拡張現実HMD「Google Glass」対応ゲームで“やってはいけないこと”。注意すべきポイントをGoogleが解説

 北米時間2014年3月18日,Googleは,毎年恒例となった「Google Developer Day」にて,メガネ型の拡張現実対応HMD「Google Glass」に関する講演「Okay Glass,Play a Game」を行った。Google Glass用アプリケーションを作るときに「やってはいけないこと」が語られ,実用に向けて一歩踏み込んだ内容となっていた,その内容をレポートしたい。

[2014/03/20 17:01]

Intelの新しいPC向けSSD「SSD 730」を試す。データセンター向けSSDをPC向けにチューンしたモデルは,日常的な用途で速かった

Intelの新しいPC向けSSD「SSD 730」を試す。データセンター向けSSDをPC向けにチューンしたモデルは,日常的な用途で速かった

 2014年3月13日11:00,インテルから,2.5インチSSDの新製品「SSD 730」が国内発表となった。第3世代のIntel製SSDコントローラを搭載するデータセンター向けSSDをPC用途向けにチューンした,PC用の新しい最上位モデルと位置づけられている。4Gamerではサンプルを入手できたので,その実力を明らかにしてみたい。

[2014/03/13 11:00]

NVIDIA,ノートPC向けのGeForce 800Mシリーズを正式発表。ゲームプレイ時のバッテリー駆動時間を延ばす「Battery Boost」がキモ

NVIDIA,ノートPC向けのGeForce 800Mシリーズを正式発表。ゲームプレイ時のバッテリー駆動時間を延ばす「Battery Boost」がキモ

 2014年3月13日1:00,NVIDIAは,ノートPC向けGPUの新モデルとなるGeForce GTX 800M&GeForce 800Mシリーズを正式発表した。ハイエンドモデルはKepler,ミドル〜エントリーモデルはMaxwellベース。GTX型番のゲーマー向け製品で,ゲームプレイ時のバッテリー駆動時間を延ばす技術「Battery Boost」を採用するのが大きな特徴だ。

[2014/03/13 01:00]

「いまはピンとこないかもしれないが,AMDの技術が状況を変える」。AMDでアジア太平洋&日本地域の事業を統括するベネット副社長インタビュー

「いまはピンとこないかもしれないが,AMDの技術が状況を変える」。AMDでアジア太平洋&日本地域の事業を統括するベネット副社長インタビュー

 AMDでアジア太平洋および日本における事業展開を指揮するデイビッド・ベネット副社長にインタビューする機会が得られた。AMDにとって日本はどういう国であり,同社は今後,日本で何をしようとしているのか。過去数年にわたってほとんど語られたなかった部分を聞いてきたので,その内容を余すところなくお伝えしたい。

[2014/03/08 00:00]

Intel,Silvermont世代のスマホ向けSoC「Atom Z3400/Z3500」を発表。Snapdragon 800やApple A7をしのぐ性能をアピール

Intel,Silvermont世代のスマホ向けSoC「Atom Z3400/Z3500」を発表。Snapdragon 800やApple A7をしのぐ性能をアピール

 スペイン時間2014年2月24日,Intelは,2014年リリース予定のスマートフォンやタブレット端末向けの新型SoCとして,Silvermontマイクロアーキテクチャを採用する「Atom Z3400」「Atom Z3500」シリーズの2種類と,対応するLTEモデムを発表した。Intelが公開した情報を元に,両シリーズの特徴をレポートしよう。

[2014/02/24 18:00]

Intel,Ivy Bridge-EXこと「Xeon E7v2」ファミリーを発表。CPUコアは最大15基,メモリ容量は最大1.5TBに到達

Intel,Ivy Bridge-EXこと「Xeon E7v2」ファミリーを発表。CPUコアは最大15基,メモリ容量は最大1.5TBに到達

 2014年2月19日午前2:00,Intelは,Ivy Bridge世代のマイクロアーキテクチャを採用するサーバー用CPU「Xeon E7v2」を発表した。最大15基ものCPUコアを内蔵する製品も用意されるという,Xeonのフラッグシップモデルである。ゲーマーが購入するような製品ではないのだが,Xeon E7v2の詳細を簡単にまとめてみたい。

[2014/02/19 02:00]

NVIDIA,「GeForce GTX 750 Ti&GTX 750」発表。新世代GPUアーキテクチャ「Maxwell」第1弾の詳細をまとめてみた

NVIDIA,「GeForce GTX 750 Ti&GTX 750」発表。新世代GPUアーキテクチャ「Maxwell」第1弾の詳細をまとめてみた

 2014年2月18日23:00,NVIDIAから,デスクトップPC向けGPUの新製品「GeForce GTX 750 Ti」「GeForce GTX 750」が発表になった。いずれも,最新GPUアーキテクチャ「Maxwell」を採用した,史上初の製品となる。エントリーミドルクラス市場向けに登場した新世代GPUコアは,従来製品と何が違うのか。その概要をお伝えしたい。

[2014/02/18 23:00]

「Iris Pro Graphics 5200」搭載のGIGABYTE製超小型ベアボーンが持つ性能をKaveriベースのPCと比較してみた

「Iris Pro Graphics 5200」搭載のGIGABYTE製超小型ベアボーンが持つ性能をKaveriベースのPCと比較してみた

 Haswell世代の統合型グラフィックス機能最上位「Iris Pro Graphics 5200」を採用する超小型ベアボーン「BRIX Pro」を,GIGABYTEが準備中だ。4Gamerでは国内発表に先駆けて日本ギガバイトからサンプルを入手できたので,気になるその実力を,AMDの最新APU「A10-7850K」搭載システムと比較してみたいと思う。

[2014/02/10 00:00]

Tegra K1の実動デモが国内初公開。Kepler世代GPUを搭載する次世代SoCの威力をムービーでチェック

Tegra K1の実動デモが国内初公開。Kepler世代GPUを搭載する次世代SoCの威力をムービーでチェック

 2014年1月30日,NVIDIAは都内にて「Tegra K1」に関する報道関係者向け説明会を開催した。説明自体は1月5日の発表時に公表されたことが中心で,目新しい話は少なかったのだが,Tegra K1を搭載したタブレット端末の試作機が披露されたのは,国内では今回が初めてだ。実機のデモと合わせて,説明会の概要をレポートしよう。

[2014/01/31 00:00]

ソニー製ヘッドマウントディスプレイ「HMZ-T3W」「HMZ-T3」徹底検証。ゲームを前にした第3世代HMZの価値を探る

ソニー製ヘッドマウントディスプレイ「HMZ-T3W」「HMZ-T3」徹底検証。ゲームを前にした第3世代HMZの価値を探る

 発売から少し経ってしまったが,720p解像度の有機ELパネルを2枚搭載するソニー製ヘッドマウントディスプレイの第3世代モデル「HMZ-T3W」「HMZ-T3」のレビューをお届けしたい。装着感の向上と,表示遅延の短縮,そして上位モデルにおけるワイヤレス接続対応がトピックだが,ゲーマーにとって,購入を検討する価値はあるだろうか?

[2014/01/27 00:00]

国内発売まであと約1か月のPS4,筐体設計の秘密が明らかに

国内発売まであと約1か月のPS4,筐体設計の秘密が明らかに

 2014年1月中旬に開催された製造技術系イベントに,SCEでPlayStationシリーズのメカニカル設計担当する鳳 康宏氏が登場。国内で2月22日の発売が予定されるPlayStation 4の冷却設計を語ってくれたので,40枚を超えるスライド写真とともに,その概要をお伝えしよう。新世代ゲーム機のハードに興味があるなら必見の内容だ。

[2014/01/21 00:00]

[CES 2014]AMDは正式発表直前のKaveriを強烈アピール。2014年は飛躍の年になるか?

[CES 2014]AMDは正式発表直前のKaveriを強烈アピール。2014年は飛躍の年になるか?

 AMDは2014 International CESに合わせて報道関係者向けイベントを開催し,2014年1月14日の正式発表が目前に迫る次期主力APU「Kaveri」や,2014年前半の市場投入が予定されるAPU「Mullins」「Beema」,そしてノートPC向けRadeon新製品などの概要を明らかにした。一部は速報でお伝え済みだが,あらためてまとめてみよう。

[2014/01/09 14:34]

[CES 2014]【速報】NVIDIAの次世代SoCは「Tegra K1」。Kepler世代のCUDA Coreを192基集積し,CPUは4コアA15もしくは2コアDenverに

[CES 2014]【速報】NVIDIAの次世代SoCは「Tegra K1」。Kepler世代のCUDA Coreを192基集積し,CPUは4コアA15もしくは2コアDenverに

 北米時間2014年1月5日,NVIDIAは2014 International CESの開幕に先立って報道関係者向けイベントを開催し,その場でNVIDIAの総帥たるJen-Hsun Huang氏が,次世代モバイルSoC「Tegra K1」の存在を明らかにした。「Logan」として知られてきたプロセッサは,Kepler世代のCUDA Coreを192基集積するのが最大の特徴だ。

[2014/01/06 13:39]

「SteamOS」がやってきた! 2014年の本格展開を前に初期β版を動かしてみる

「SteamOS」がやってきた! 2014年の本格展開を前に初期β版を動かしてみる

 北米時間2013年12月13日,Valveから予告どおり,初期β版「SteamOS」が公開された。2014年の後半に発売予定となっている“Steam専用PC”こと「Steam Machine」のOSを試せる機会がやってきたのだ。ではこのSteamOS,いったい何ができそうで,完成度はどれほどなのか。いろいろ試してみたのでレポートしたい。

[2013/12/21 00:00]

来たるべき4K時代にGPUは対応できるのか。マルチGPU構成でチェックする,GeForceとRadeonの「4K対応度」

来たるべき4K時代にGPUは対応できるのか。マルチGPU構成でチェックする,GeForceとRadeonの「4K対応度」

 PC用途での4K解像度が現実味を帯びつつある昨今,二大GPUメーカーも4K対応を高らかにアピールしているが,そんななか,NVIDIAが「現行世代のマルチGPU構成における4K対応」の問題点を指摘してきた。いったい問題点とは何のことか。ねちねちとしたフレームレート検証を通じ,現行世代のGPUにおける4K対応の実態に迫ってみよう。

[2013/12/14 00:00]

2020年にはインターネットにつながるデバイスが300億台!? IoT時代を見据えたARMの戦略をレポート

2020年にはインターネットにつながるデバイスが300億台!? IoT時代を見据えたARMの戦略をレポート

 2013年12月5日,ARMは報道関係者向けの事業戦略説明会を開催し,6日に開催される開発者向けイベントに合わせて来日したARM本社の上級副社長らにより,同社のグローバル戦略が説明された。4Gamer読者にはあまり関わりのない話がほとんどだったのだが,ARMが今後の市場をどう捉えているのかが見えてくる話なのでレポートしたい。

[2013/12/05 17:53]

ローンチタイトルの重い使命を負った「KNACK」はいかにして作られたのか? アーティストが語るKNACKのデザインワーク

ローンチタイトルの重い使命を負った「KNACK」はいかにして作られたのか? アーティストが語るKNACKのデザインワーク

 2013年12月2日,オートデスクは都内で「Autodesk 3December 2013」と題する同社製品の関係者向けイベントを開催した。イベントで開催されたテクニカルセッションの中から,本稿では「PS4ローンチタイトル『KNACK(ナック)』におけるアートワーク制作事例」と題されたセッションの概要を紹介してみたい。

[2013/12/05 00:00]

NVIDIA,Tegra 4搭載の7インチAndroidタブレット「Tegra Note 7」を発表。その特徴を写真とムービーでチェックしてみた

NVIDIA,Tegra 4搭載の7インチAndroidタブレット「Tegra Note 7」を発表。その特徴を写真とムービーでチェックしてみた

 2013年12月2日14:00,NVIDIAは,Tegra 4搭載の同社純正タブレットプラットフォーム「Tegra Note 7」を発表した。第1弾製品は2万5800円(税込)で4日に発売予定だ。果たしてタブレットプラットフォームとは何のことで,Tegra Note 7はどんな製品なのか。写真や実機ムービーを交えながら,解説してみたい。

[2013/12/02 14:00]

「PlayStation 4」分解レポート。AMDのカスタムAPUを搭載する新世代マシンは,とてもゲーム機らしいゲーム機だった

「PlayStation 4」分解レポート。AMDのカスタムAPUを搭載する新世代マシンは,とてもゲーム機らしいゲーム機だった

 北米時間2013年11月15日,北米市場において「PlayStation 4」が発売になった。4Gamerが発売日に北米で入手したという話はすでにお伝えしているとおりだが,ようやく持ち帰って来れたので,取り急ぎ分解してみたい。AMDによるセミカスタムAPUを搭載する新世代ゲーム機の中身はどうなっているのだろうか。

[2013/11/25 00:00]
さらに記事を探す

トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月30日〜07月31日
タイトル評価ランキング
95
92
Smite (PC)
83
83
81
Banished (PC)
2014年01月〜2014年07月