オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

米田 聡

このページの最終更新日:2016/11/28 00:00

rss


  • このページのURL:

キーワード

下線

「Xbox One S」分解レポート。内部構造のシンプルさは維持しつつ,カスタムAPUの低消費電力効果を小型化に活かしたマシンだった

「Xbox One S」分解レポート。内部構造のシンプルさは維持しつつ,カスタムAPUの低消費電力効果を小型化に活かしたマシンだった

 2016年11月24日,従来製品比で筐体サイズが4割小さな新型Xbox One「Xbox One S」が国内発売となった。ただ小さくなっただけでなく,4K&HDR出力に対応したのも特徴だが,従来型のXbox Oneと比べて,内部はどのように変わっただろうか。国内製品版を分解して,中身をチェックしてみたい。

[2016/11/28 00:00]

「REALFORCE RGB」レビュー。世界初,「キー入力がオンになる深さを変更できる機能」付きのゲーマー向け静電容量式キーボードは買いなのか

「REALFORCE RGB」レビュー。世界初,「キー入力がオンになる深さを変更できる機能」付きのゲーマー向け静電容量式キーボードは買いなのか

 2016年11月24日,東プレは,ゲーマー向け静電容量キーボード「REALFORCE RGB」を発表した。12月9日に2万8800円(税別)で発売予定だ。キーを押下したときスイッチが反応する位置「アクチュエーションポイント」を3段階に変えられる製品は,ゲームプレイに何をもたらしてくれるのか,テスト結果をお伝えしたい。

[2016/11/24 11:50]

「SSD 960 EVO」レビュー。TLC NANDフラッシュメモリ採用SSDとしては,安定した高性能を誇る

「SSD 960 EVO」レビュー。TLC NANDフラッシュメモリ採用SSDとしては,安定した高性能を誇る

 2016年9月にSamsungが発表した,NVMe接続型SSDである「SSD 960 PRO」と「SSD 960 EVO」。今回は,下位モデルとなるSSD 960 EVOの500GBモデルをテストして,その性能を検証してみた。書き込み速度が遅いTLC NANDフラッシュメモリの弱点を解消するという「Intelligent TurboWrite」技術は,謳い文句どおりの効果を発揮するのだろうか。

[2016/11/16 00:00]

NVIDIAのPascalベーススパコン「DGX-1」を124台使ったシステムが電力当たり処理性能で世界一に

NVIDIAのPascalベーススパコン「DGX-1」を124台使ったシステムが電力当たり処理性能で世界一に

 北米時間2016年11月14日,米国で開催中のスーパーコンピュータ関連イベント「SC16」に合わせてNVIDIAは,HPC分野に関連したいくつかの発表を行った。ゲーマーに直接関わるような話ではないのだが,Pascalアーキテクチャのサーバー向けGPU「Tesla P100」や採用製品の普及具合がうかがえる話題だったので,簡単にレポートしよう。

[2016/11/15 12:00]

「PlayStation 4 Pro」分解レポート。「ソニーが今後もPS4の性能向上を続けていく可能性」に期待できるハードウェア設計だ

「PlayStation 4 Pro」分解レポート。「ソニーが今後もPS4の性能向上を続けていく可能性」に期待できるハードウェア設計だ

2016年11月10日に国内販売が始まった「PlayStation 4 Pro」。標準PS4との100%互換を確保しながら,GPUコアの規模は従来比で2倍になっているという,ゲーム機の歴史上,類を見ないハードだが,その設計はどうなっているのだろうか。分解レポートをお届けしよう。

[2016/11/12 00:00]

Western Digital初のSSD「WD Blue SSD」レビュー。PCMark 8の高負荷テストで真の実力を洗い出してみた

Western Digital初のSSD「WD Blue SSD」レビュー。PCMark 8の高負荷テストで真の実力を洗い出してみた

 Western Digitalが自社ブランドで展開する初のSSD製品であるWD Blue SSDシリーズ。そのファーストインプレッションでは,カタログスペックに見合う性能を有しているのが確認できた。そこでWD Blue SSDの追加レポートとして,PCMark 8による高負荷テストを実施してみたところ,意外な結果が明らかになったのである。

[2016/11/05 00:00]

Futuremark,PCのVR対応力計測ベンチマークソフト「VRMark」をリリース。4Gamerミラーでの公開を開始

Futuremark,PCのVR対応力計測ベンチマークソフト「VRMark」をリリース。4Gamerミラーでの公開を開始

 フィンランド時間2016年11月3日,Futuremarkは,VR対応システム向けベンチマークソフト「VRMark」をリリースした。PCがVR HMDに対応可能な性能を備えているかを調べるテストと,将来のハードウェアを想定した負荷の高いテストの2種類を用意している。4Gamerの公式ミラーサイトで公開を開始したので,興味のある人はぜひ試してみてほしい。

[2016/11/04 11:34]

MSI「GS73VR 6RF Stealth Pro」レビュー。薄型筐体にGTX 1060搭載のノートPC,その性能と発熱をチェックする

MSI「GS73VR 6RF Stealth Pro」レビュー。薄型筐体にGTX 1060搭載のノートPC,その性能と発熱をチェックする

 デスクトップ版とほぼ同等の性能を持つというノートPC向けGeForce GTX 10シリーズだが,今回は,17.3インチで120Hz対応の液晶パネルを持つ薄型筐体に「GeForce GTX 1060」を搭載して,「VR Ready」を謳うMSI製の薄型ゲーマー向けノートPC「GS73VR 6RF Stealth Pro」を評価してみたい。

[2016/10/31 22:05]

「GeForce GTX 1050 Ti」「GeForce GTX 1050」レビュー。上位モデルは「補助電源不要版GTX 960」だ

「GeForce GTX 1050 Ti」「GeForce GTX 1050」レビュー。上位モデルは「補助電源不要版GTX 960」だ

 2016年10月25日22:00,NVIDIAのエントリーミドルクラス市場向けGPU「GeForce GTX 1050 Ti」「GeForce GTX 1050」を搭載するグラフィックスカードが全世界で販売解禁となった。4Gamerではそれに合わせてMSI製カードを入手できたので,補助電源不要なPascalの実力に迫ってみよう。

[2016/10/25 22:00]

Western DigitalのデスクトップPC向けSSD「WD Blue SSD」が国内発売。速報的ファーストインプレッションをレポート

Western DigitalのデスクトップPC向けSSD「WD Blue SSD」が国内発売。速報的ファーストインプレッションをレポート

 2016年10月24日,Western Digitalは,同社が展開するSSD製品である「WD Blue SSD」を,10月下旬に国内発売すると発表した。2.5インチHDDタイプとM.2タイプがあり,容量はそれぞれ1TB,500GB,250GBモデルの3種類,計6製品。発売直前のWD Blue SSDをテストする機会を得たので,簡単なファーストインプレッションをレポートしたい。

[2016/10/24 15:00]

「SSD 960 PRO」レビュー。SamsungのNVMe対応新型ハイエンドSSDの安定した速さに注目せよ

「SSD 960 PRO」レビュー。SamsungのNVMe対応新型ハイエンドSSDの安定した速さに注目せよ

 去る2016年9月21日,Samsungは,NVM Express接続対応の新世代SSD「SSD 960 PRO」を発表した。独自の新型コントローラ採用による高い性能がアピールポイントだ。SSD 960 PROの容量512GBモデルを試用する機会を得たので,謳い文句の高性能を実現できているのか,ストレージベンチマークテストを行って調べてみよう。

[2016/10/19 00:00]

NVIDIA,「GeForce GTX 1050」「GeForce GTX 1050 Ti」を発表。Pascal世代のエントリー市場向けGPU

NVIDIA,「GeForce GTX 1050」「GeForce GTX 1050 Ti」を発表。Pascal世代のエントリー市場向けGPU

 日本時間2016年10月18日22:00,NVIDIAは,Pascalアーキテクチャを採用するエントリー市場向けGPU「GeForce GTX 1050」「GeForce GTX 1050 Ti」を発表した。北米市場におけるメーカー想定売価は順に109ドル,139ドル(いずれも税別)。搭載カードは25日22:00以降に全世界で発売になる予定だ。

[2016/10/18 22:00]

「PlayStation VR」分解レポート。PSプラットフォーム初のVR HMDは,工業製品として美しい

「PlayStation VR」分解レポート。PSプラットフォーム初のVR HMDは,工業製品として美しい

 2016年10月13日に発売日を迎えた,PlayStationプラットフォーム初のVR対応HMD「PlayStation VR」。4Gamerではすでに使用インプレッションなどをお届け済みだが,本稿ではそんなPlayStation VRの分解レポートをお届けしたい。相変わらずSIEらしい,非常に凝った内部構造は必見だ。

[2016/10/15 00:00]

スウェーデン発のゲーマー向け製品ブランド「Mionix」に聞く,その立ち位置と,グローバル企業“らしくなさ”

スウェーデン発のゲーマー向け製品ブランド「Mionix」に聞く,その立ち位置と,グローバル企業“らしくなさ”

 日本のゲーマー向け周辺機器市場へ参入して久しく,日本語公式Twitterアカウントも活動中と,一定の立ち位置を確保しつているにもかかわらず,ある日突然出てきたような印象も強いメーカー,Mionix。今回4Gamerでは,同社のセールス部門トップに,「Mionixとはいかなるブランドなのか」を率直に尋ねてみることにした。

[2016/10/06 00:00]

NVIDIAのジェンスン・フアンCEO,AI分野における日本への期待を熱く語る

NVIDIAのジェンスン・フアンCEO,AI分野における日本への期待を熱く語る

 NVIDIAのGPUコンピューティング開発者向けイベント日本版「GTC Japan 2016」に,Jen-Hsun Huang(ジェンスン・フアン)社長兼CEOが登場し,基調講演を行った。NVIDIAがAIコンピューティングの会社という衣を纏いつつあるこのタイミングで,同社の総帥は日本の開発者に向けて何を語ったのか。

[2016/10/06 00:00]

Samsung,NVMe接続の新型SSD「SSD 960 PRO」「SSD 960 EVO」を発表。逐次読み出し性能は最大3500MB/sに到達

Samsung,NVMe接続の新型SSD「SSD 960 PRO」「SSD 960 EVO」を発表。逐次読み出し性能は最大3500MB/sに到達

 韓国時間2016年9月21日,Samsungは,ソウル市内で開催中の自社イベントで,NVMe接続の新世代SSD「SSD 960 PRO」「SSD 960 EVO」を発表した。ハイエンドモデルとなるSSD 960 PROは,第3世代V-NAND MLCを搭載して,公称逐次読み出し性能は最大3500MB/s,公称ランダム4k読み出し性能は最大440K IOPSに達するという。

[2016/09/21 14:01]

Samsung,NVMe対応のSSD新製品「960 PRO」「960 EVO」をまもなく発表

Samsung,NVMe対応のSSD新製品「960 PRO」「960 EVO」をまもなく発表

 2016年9月21日,Samsung Electronicsは,韓国ソウル市にて,SSD製品やメモリ技術をテーマにした製品発表会「Samsung SSD Global Summit 2016」を開催する。現地で確認した情報によるとNVMeに対応するSSDの新製品「SSD 960 PRO」「SSD 960 EVO」が発表になるようだ。詳細が判明次第,続報をお伝えしたい。

[2016/09/21 13:04]

新型PS4「CUH-2000」分解レポート。カスタムAPUの刷新で生まれた余裕を小型化に振った,順当な進化版を見る

新型PS4「CUH-2000」分解レポート。カスタムAPUの刷新で生まれた余裕を小型化に振った,順当な進化版を見る

 2016年9月15日,小さく薄くなった新型PS4,CUH-2000シリーズが国内発売となった。16nm FinFETプロセスを採用して省電力化を果たした新しいカスタムAPUを採用し,結果として生まれた余裕を小型化に振った,ある意味で順当な進化版と言えるが,その内部構造はどうなっているのだろうか。分解レポートをお届けしたい。

[2016/09/20 00:00]

[TGS 2016]Razerの新スイッチ「メカ・メンブレン」とは一体ナニモノなのか。搭載キーボード「Razer Ornata」にインテルブースで触れてみた

[TGS 2016]Razerの新スイッチ「メカ・メンブレン」とは一体ナニモノなのか。搭載キーボード「Razer Ornata」にインテルブースで触れてみた

 北米時間2016年9月3日に発表されたRazerの新しいゲーマー向けキーボード「Razer Ornata Chroma」が,東京ゲームショウ2016のインテルブースに置かれていた。新開発の「メカ・メンブレン」スイッチを採用するキーボード,その使い勝手はどれほどだろう? 使ってみた2名のインプレッションをまとめてみたい。

[2016/09/17 00:00]

[TGS 2016]Logicool G,新シリーズ「Prodigy」を国内展開。第1弾は新型マウス「G403 Prodigy」とキーボードおよびヘッドセットなど計4製品に

[TGS 2016]Logicool G,新シリーズ「Prodigy」を国内展開。第1弾は新型マウス「G403 Prodigy」とキーボードおよびヘッドセットなど計4製品に

 2016年9月16日,ロジクールは,「Logicool G」の新シリーズである「Prodigy」から計4製品を国内発売すると発表した。ラインナップは,マウスの「G403 Prodigy Wireless」と「G403 Prodigy」計2製品と,キーボードの「G213 Prodigy RGB Gaming Keyboard」,そしてヘッドセット「G231 Prodigy Gaming Headset」となっている。

[2016/09/16 11:45]

[TGS 2016]東プレ製ゲーマー向けキーボード「REALFORCE RGB」,その詳細が明らかに。「年内に税込約2万8000円前後で発売」もほぼ決定

[TGS 2016]東プレ製ゲーマー向けキーボード「REALFORCE RGB」,その詳細が明らかに。「年内に税込約2万8000円前後で発売」もほぼ決定

 東プレが年内の発売に向けて開発中のゲーマー向けキーボード「REALFORCE RGB」。その,ほぼ製品版とされるサンプルが東京ゲームショウ2016に登場し,これまで不明だった数々の特徴が明らかになった。「アクチュエーションポイントを3段階で切り換え可能な,光る静電容量キーボード」を追いかけてきた人は,ぜひチェックしてほしい。

[2016/09/15 21:58]

[TGS 2016]ASUSTeK Computer,最大垂直リフレッシュレート180Hzの液晶ディスプレイ「ROG SWIFT PG248Q」をTGS会場で発表

[TGS 2016]ASUSTeK Computer,最大垂直リフレッシュレート180Hzの液晶ディスプレイ「ROG SWIFT PG248Q」をTGS会場で発表

 2016年9月15日,ASUSは,24インチサイズのゲーマー向け液晶ディスプレイ「ROG SWIFT PG248Q」を9月17日に発売すると,TGS 2016で行ったイベントで発表した。DisplayPort接続での垂直リフレッシュレートが標準時で144Hz,オーバークロックモード時では最大180Hzに対応するのが大きな特徴だ。NVIDIAの「G-SYNC」にも対応している。

[2016/09/15 16:09]

デスクトップGPU市場でシェアを34%にまで回復させたAMDは,年内にGPU関連の「何か」を投入――部門トップが予告

デスクトップGPU市場でシェアを34%にまで回復させたAMDは,年内にGPU関連の「何か」を投入――部門トップが予告

 AMDのGPU部門である「Radeon Technologies Group」(RTG)が立ち上げから1周年を迎え,同部門トップのRaja Koduri氏が振り返りと,若干の新情報開示を行った。それによると,デスクトップPC向けGPU関連の新しい何かを年内に投入するとのことだ。1年を振り返るインフォグラフィックスとセットで,その内容をお届けしたい。

[2016/09/14 22:00]

HPのゲームPC「OMEN by HP」,その実力やいかに? GTX 1080&Skylake搭載のコンパクトデスクトップ「Desktop PC 870」レビュー

HPのゲームPC「OMEN by HP」,その実力やいかに? GTX 1080&Skylake搭載のコンパクトデスクトップ「Desktop PC 870」レビュー

 米国の大手PCメーカーであるHPは,同社が展開するゲーマー向け製品群を,「OMEN by HP」というブランドに集約した。今回取り上げる「OMEN by HP Desktop 870」は,その第1弾となるデスクトップPCだ。「GeForce GTX 1080」と「Core i7-6700K」を搭載する上位モデルで,その特徴や性能をチェックしてみたい。

[2016/09/14 12:30]

ゲーマー向けディスプレイ「S2417DG」レビュー。Dellにとって6年ぶりの新作となるG-SYNC対応モデルは買いなのか

ゲーマー向けディスプレイ「S2417DG」レビュー。Dellにとって6年ぶりの新作となるG-SYNC対応モデルは買いなのか

 6年ぶりの新作となる「S2417DG」を引っさげ,Dellがゲーマー向けディスプレイ市場へ還ってきた。24インチワイドで解像度2560×1440ドット,垂直リフレッシュレート最大165Hz対応,中間調応答速度1msで,さらにG-SYNC対応という,アグレッシブなスペックだが,端的に述べて,これは買いと言えるのか。テスト結果をお伝えしたい。

[2016/09/10 00:00]

AMD,第7世代APU「Bristol Ridge」デスクトップPC向けモデルの出荷開始を発表。ラインナップも明らかに

AMD,第7世代APU「Bristol Ridge」デスクトップPC向けモデルの出荷開始を発表。ラインナップも明らかに

 日本時間2016年9月5日22:00,AMDは,開発コードネーム「Bristol Ridge」こと第7世代APUのデスクトップPC向けモデルの出荷開始を発表した。ついに,デスクトップPC向けの次世代AMDプラットフォームである「AM4」の登場に向けた,カウントダウンが始まるわけだ。明らかになったラインナップの情報ともども,まとめてみたい。

[2016/09/05 22:00]

Razer,「メカニカルタッチなメンブレン」スイッチ採用のゲーマー向けキーボード「Ornata」を世界市場で発表

Razer,「メカニカルタッチなメンブレン」スイッチ採用のゲーマー向けキーボード「Ornata」を世界市場で発表

 北米時間2016年9月3日,Razerは,「メンブレンのソフトタッチと,メカニカルキーボードの爽快なクリック感を両立させた,新しい感覚をもたらす」という「Mecha-Mambrane」スイッチ採用のゲーマー向けキーボード「Ornata」を発表した。北米市場における直販価格は,Chroma機能付きで99.99ドル(税別)となっている。

[2016/09/05 15:22]

[CEDEC 2016]「デレステ」のグラフィックスは多種多様なスマホで60fpsの実現を目指した。開発陣のこだわりが見えた講演レポート

[CEDEC 2016]「デレステ」のグラフィックスは多種多様なスマホで60fpsの実現を目指した。開発陣のこだわりが見えた講演レポート

 CEDEC 2016では,アイドルマスターシリーズに関するセッションがいくつか行われた。本稿ではその1つとして,「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」グラフィックス描画に関するセッションの概要をレポートしよう。多種多様なスマートフォンで60fpsの描画を行いつつ,見栄えのいいグラフィックスを作る工夫が見えてくる。

[2016/08/30 00:00]

[CEDEC 2016]自然言語で対話可能なAI「Watson」をゲームで使うには? IBMのエンジニアが利用法を解説

[CEDEC 2016]自然言語で対話可能なAI「Watson」をゲームで使うには? IBMのエンジニアが利用法を解説

 米国のクイズ番組に登場し,人間のチャンピオンを破って話題となったIBM製の人工知能「Watson」。すでに業務用途での利用実績もあるシステムだが,それの利用方法を解説する講演が,CEDEC 2016で行われた。Watsonの仕組みとAPIを説明することで,ゲーム分野でも利用してもらおうという講演の概要をレポートしよう。

[2016/08/27 13:59]

[CEDEC 2016]一新されたエンジンが描く「龍が如く6」のグラフィックス。PS3時代から最新作までの開発史を開発者が語った

[CEDEC 2016]一新されたエンジンが描く「龍が如く6」のグラフィックス。PS3時代から最新作までの開発史を開発者が語った

 セガゲームスの「龍が如く」シリーズは,ほぼ毎年のように新作が発表されているタイトルだ。CEDEC 2016では,PS3時代初期のタイトルからPS4専用の最新作「龍が如く6 命の詩。」にわたって,シリーズのグラフィックスエンジンがどのように進化してきたかを開発者が語ったので,その概要をお伝えしたい。

[2016/08/26 17:00]

「GeForce 372.54 Driver」にこっそり実装されていたディスプレイ同期技術「Fast Sync」を試してみる

「GeForce 372.54 Driver」にこっそり実装されていたディスプレイ同期技術「Fast Sync」を試してみる

 北米時間2016年8月15日にNVIDIAから公開となった公式最新版グラフィックスドライバ「GeForce 372.54 Driver」では,新しいディスプレイ同期技術「Fast Sync」が,リリースノート未掲載ながら利用できるようになっていた。こっそりと追加された新機能は機能するのか。そして,どういうメリットがあるのか。取り急ぎ試してみた結果をお届けしたい。

[2016/08/23 00:00]

DX12,Vulkan&UWP対応のフレームレート計測ツール「PresentMonLauncher」が登場。さっそく使ってみた

DX12,Vulkan&UWP対応のフレームレート計測ツール「PresentMonLauncher」が登場。さっそく使ってみた

 新世代のグラフィックスAPIであるDirectX 12やVulkanを採用するゲーム,あるいはUWPアプリとして提供されるゲームで,フレームレートを計測するためのツール「PresentMonLauncher」が登場した。果たしてこれは「Fraps」に代わる定番となるのかどうか,ちょっと使ってみた結果をお伝えしたい。

[2016/08/08 00:00]

「NVIDIA TITAN X」の仕様における謎が明らかに。SM 2基分のCUDA Coreを無効化し,8bit整数演算は新命令で実現

「NVIDIA TITAN X」の仕様における謎が明らかに。SM 2基分のCUDA Coreを無効化し,8bit整数演算は新命令で実現

 2016年7月22日に,やや唐突な形で発表された新型グラフィックスカード「NVIDIA TITAN X」。その気になるスペックに関して,アジア太平洋地域の報道関係者から質問を受け付ける電話会議をNVIDIAが開催した。GPCの数や8bit整数演算の謎が明らかになったので,概要をレポートしたい。

[2016/07/26 15:16]

「Razer Blade」2016年モデルをテスト。超薄型のゲーマー向けノートPCは,持ち運べるゲーム環境への期待に応えられるか?

「Razer Blade」2016年モデルをテスト。超薄型のゲーマー向けノートPCは,持ち運べるゲーム環境への期待に応えられるか?

 14インチ,解像度3200×1800ドットの液晶パネルを採用する超薄型ゲーマー向けノートPC「Razer Blade」GTX 970Mを搭載し,外付けグラフィックスボックス「Razer Core」もサポートする2016年モデルを入手したので,テスト結果をお伝えしたい。従来製品は発熱面で大きな問題を抱えていたが,Razerはそれにどう対応してきたのだろうか?

[2016/07/25 00:00]

NVIDIA,Pascal世代の新GPU「TITAN X」を発表。製品名から「GeForce」表記が外れた最上位モデルは,シェーダプロセッサ3584基を集積

NVIDIA,Pascal世代の新GPU「TITAN X」を発表。製品名から「GeForce」表記が外れた最上位モデルは,シェーダプロセッサ3584基を集積

 北米時間2016年7月22日,NVIDIAは,GeForce 10シリーズの新製品となる「NVIDIA TITAN X」を発表した。製品名から「GeForce」が外れた新製品は,120億トランジスタを集積して3584基のシェーダプロセッサを搭載し,理論演算性能値11 TFLOPSとのことだ。現在のところ,価格,発売時期はいずれも明らかになっていない。

[2016/07/22 11:53]

「GeForce GTX 1060」レビュー。249ドルの新世代ミドルクラスGPU,その性能はGTX 980並みで,消費電力はGTX 960並みだった

「GeForce GTX 1060」レビュー。249ドルの新世代ミドルクラスGPU,その性能はGTX 980並みで,消費電力はGTX 960並みだった

 Pascal世代初のミドルクラス市場向けGPU「GeForce GTX 1060」が,2016年7月19日22:00に発売となった。北米市場におけるメーカー想定売価が249ドル(税別)で,GTX 980並みの性能を発揮できるという触れ込みの製品だが,実際にどれだけ期待が持てるだろうか。入手した「Founders Edition」を使って,その実力に迫ってみたい。

[2016/07/19 22:00]

機械学習の分野で「Xeon Phi 7200番台」を武器にNVIDIAと対抗するIntel,その戦略を語る

機械学習の分野で「Xeon Phi 7200番台」を武器にNVIDIAと対抗するIntel,その戦略を語る

 2016年7月14日,Intelが機械学習をテーマとする報道関係者向けラウンドテーブルを実施した。そこでは新世代のHPC向けプロセッサ「Xeon Phi 7200番台」の誠品概要が説明になり,さらにIntelが機械学習の分野で何に取り組もうとしているかが明らかになったので,NVIDIAに挑むIntelの動向をまとめてみたい。

[2016/07/15 19:56]

まだ見ぬRadeon RX 400シリーズのGPUが存在する? AMD,Polaris関連の新情報と,パートナー各社のオリジナルRX 480カードを披露

まだ見ぬRadeon RX 400シリーズのGPUが存在する? AMD,Polaris関連の新情報と,パートナー各社のオリジナルRX 480カードを披露

 2016年7月11日,AMDは都内でRadeon RX 400シリーズに関する報道関係者向け説明会を開催した。そこでは,Radeon RX 480・470・460関連の新情報や,シリーズのさらなる新製品が登場する可能性に関する言及があり,さらにパートナー各社によるオリジナルカードの披露もあったので,ここにまとめてみよう。

[2016/07/12 00:00]

Pascal世代初のミドルクラス市場向けGPU「GeForce GTX 1060」発表。GTX 980の性能を249ドルで

Pascal世代初のミドルクラス市場向けGPU「GeForce GTX 1060」発表。GTX 980の性能を249ドルで

 2016年7月7日22:00,NVIDIAは,Pascal世代初のミドルクラス市場向けGPU「GeForce GTX 1060」を発表した。前世代のハイエンドモデルであるGTX 980並みの性能を249ドル(税別)で得られるというのがコンセプトだ。現在のところアーキテクチャの詳細は明らかになっていないが,まずは判明している限りの情報をまとめてみたい。

[2016/07/07 22:00]

「Core i7-6850K」レビュー。6コア版Broadwell-Eは「ゲーム用途で理想的なハイエンドCPU」か?

「Core i7-6850K」レビュー。6コア版Broadwell-Eは「ゲーム用途で理想的なハイエンドCPU」か?

 2016年5月末に発表となったIntelの新世代ハイエンドCPU「Broadwell-E」。その中で最も動作クロックが高い「上から3番めの選択肢」となる6コア12スレッド対応モデル「Core i7-6850K」を入手したので,テストしてみたい。40レーンのPCIe 3.0を持ち,最大3.8GHzのCPUは,ハイエンド志向のゲーマーにとって理想的な選択肢なのだろうか?

[2016/07/04 00:00]

アナログ入力に対応するREALFORCEキーボードの試作機を,4Gamerライター陣がよってたかってテストしてみた

アナログ入力に対応するREALFORCEキーボードの試作機を,4Gamerライター陣がよってたかってテストしてみた

 2015年の初公開後,2016年5月には「年内発売予定」と予告もされた,東プレの「アナログ入力が可能なREALFORCEキーボード」。その開発途上版サンプルを入手することができたので,4Gamerライター陣で,よってたかってテストしてみた結果をお届けしたい。キーボードでアナログ入力が可能になると,ゲームプレイの何が変わるだろうか。

[2016/06/29 00:00]

Broadwell-E最適化を謳う高級マザーボード「X99A GODLIKE GAMING CARBON」の特徴をチェックしてみた

Broadwell-E最適化を謳う高級マザーボード「X99A GODLIKE GAMING CARBON」の特徴をチェックしてみた

 2016年5月末に発売され,売れ行き好調というハイエンドCPU「Broadwell-E」。そんな新型CPUへの最適化をいち早く打ち出したIntel X99搭載ゲーマー向けマザーボード新製品が,MSIの「X99A GODLIKE GAMING CARBON」である。Broadwell-E,そしてIntel X99プラットフォームが気になる人はぜひチェックしてほしい。

[2016/06/25 00:00]

「HyperX Savage SSD」レビュー。Kingstonのゲーマー向けSATA 6Gbps接続型SSDが持つ性能を新導入のテストで明らかにする

「HyperX Savage SSD」レビュー。Kingstonのゲーマー向けSATA 6Gbps接続型SSDが持つ性能を新導入のテストで明らかにする

 Kingston Technologyのゲーマー向け製品ブランド「HyperX」から登場した,Serial ATA 6Gbps接続のハイスペック版SSD「HyperX Savage SSD」。その容量480GBモデルを入手できたので,今回から新たに採用するテストを使い,実使用環境前提で性能を市場の定番モデルと比較してみよう。

[2016/06/22 00:00]

NVIDIA,PCI Express x16接続版「Tesla P100」を発表。第4四半期に市場投入

NVIDIA,PCI Express x16接続版「Tesla P100」を発表。第4四半期に市場投入

 2016年6月20日15:00,NVIDIAは,Pascal世代のGPU「GP100」を搭載する数値演算アクセラレータ「Tesla P100」のPCI Express x16接続版を発表した。これまでTesla P100はNVIDIA独自インタフェース「NVLink」を採用するものしかなかったが,PCI Express接続版の登場により,既存環境への導入が可能になるというのがトピックだ。

[2016/06/20 15:00]

「Razer BlackWidow X Chroma」英語配列モデルを試す。「X」付きのBlackWidowは,従来モデルと何が違うのか

「Razer BlackWidow X Chroma」英語配列モデルを試す。「X」付きのBlackWidowは,従来モデルと何が違うのか

 メカニカルキースイッチ搭載のゲーマー向けキーボード市場にあって定番の一角を占めるRazer BlackWidowシリーズ。2016年はそこに新しい選択肢が加わったが,今回はそのなかから,「Chroma」仕様を採用する「Razer BlackWidow X Chroma」,英語キー配列モデルを取り上げたい。「X」付きの新型は,これまでと何が違うのだろうか。

[2016/06/11 00:00]

[COMPUTEX]NVIDIAはAIとVR,ゲームの世界で「誰にも作れないもの」を作る。総帥ジェンスン・フアン氏,オンステージ

[COMPUTEX]NVIDIAはAIとVR,ゲームの世界で「誰にも作れないもの」を作る。総帥ジェンスン・フアン氏,オンステージ

 COMPUTEX TAIPEI 2016の開幕前日である2016年5月30日,NVIDIAは台北市内のホテルで報道関係者向けイベントを開催した。イベントのメインは,社長兼CEOであるJen-Hsun Huang氏がNVIDIAの製品戦略を総括するという,興味深いものだ。そこで本稿では,イベントでHuang氏が何を語ったのかを中心に,その概要をレポートしたい。

[2016/06/02 00:00]

【速報】[COMPUTEX]AMD,「Zen」アーキテクチャの新型CPU「Summit Ridge」のパッケージとスペック概要を公開

【速報】[COMPUTEX]AMD,「Zen」アーキテクチャの新型CPU「Summit Ridge」のパッケージとスペック概要を公開

 2016年6月1日,AMDは,新世代マイクロアーキテクチャである「Zen」採用のCPU「Summit Ridge」のCPUパッケージを公開するとともに,スペックの一部を発表した。Summit Ridgeは8基のCPUコアを集積して,16スレッドの同時実行が可能。IPCは,既存のCPUと比べて40%向上しているとのことだ。

[2016/06/01 12:07]

[COMPUTEX]最上位モデル「Core i7-6950X」は10コア20スレッド。Intel,「Broadwell-E」をハイエンドデスクトップPC向けに発表

[COMPUTEX]最上位モデル「Core i7-6950X」は10コア20スレッド。Intel,「Broadwell-E」をハイエンドデスクトップPC向けに発表

 2016年5月31日15:00,Intelは,「Broadwell-E」と呼ばれていたハイエンドデスクトップPC向けCPUを発表した。既存のIntel X99プラットフォームで利用できる新シリーズは,最上位モデル「Core i7-6950X Extreme Edition」が,デスクトップPC向けCPUとして史上初めて10コア20スレッド対応を果たしたのが大きな特徴だ。

[2016/05/31 15:00]

デスクトップPC向け10コア20スレッド対応CPU「Core i7-6950X Extreme Edition」レビュー。Broadwell-Eの可能性を探る

デスクトップPC向け10コア20スレッド対応CPU「Core i7-6950X Extreme Edition」レビュー。Broadwell-Eの可能性を探る

 2016年5月31日15:00,IntelからハイエンドデスクトップPC向けCPU「Broadwell-E」ことCore i7-6900&6800番台が発表となった。4Gamerではそのうち,10コア20スレッド対応の最上位モデル「Core i7-6950X Extreme Edition」を短時間ながらテストできたので,取れた限りのデータをお届けしたい。

[2016/05/31 15:00]

NVIDIA,仮想化ソリューション向け新型GPU「Tesla M10」を発表。カード1枚で最大64ユーザーを処理可能に

NVIDIA,仮想化ソリューション向け新型GPU「Tesla M10」を発表。カード1枚で最大64ユーザーを処理可能に

 2016年5月18日22:00,NVIDIAは,GPU仮想化ソリューション向けのグラフィックスカード「Tesla M10」を発表した。MaxwellアーキテクチャのGPUを4基搭載し,カード1枚あたりの同時利用ユーザー数を,従来比で2倍となる最大64としたのが特徴だ。製品のリリースは8月頃の予定とのこと。

[2016/05/18 22:00]
さらに記事を探す

トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月03日〜12月04日
タイトル評価ランキング
83
ペルソナ5 (PS4)
78
討鬼伝2 (PS Vita)
74
No Man’s Sky (PS4)
2016年06月〜2016年12月