オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
劇場版「機動戦士ガンダムSEED FREEDOM」の最速配信が6月8日にNetflixとPrime Videoで開始。応援上映の第4弾を5月30日から実施
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2024/05/24 13:11

ニュース

劇場版「機動戦士ガンダムSEED FREEDOM」の最速配信が6月8日にNetflixとPrime Videoで開始。応援上映の第4弾を5月30日から実施

 2024年1月26日から全国ロードショーされていた劇場版「機動戦士ガンダムSEED FREEDOM」最速配信が,6月8日0:00にNetflixとPrime Videoで開始されることが明らかになった。

画像集 No.001のサムネイル画像 / 劇場版「機動戦士ガンダムSEED FREEDOM」の最速配信が6月8日にNetflixとPrime Videoで開始。応援上映の第4弾を5月30日から実施

 本作は,2002年に放送されたTVアニメ「機動戦士ガンダムSEED」とその続編「機動戦士ガンダム SEED DESTINY」に続く最新作。「デスティニープラン」消滅後の世界を舞台に,新たな脅威に立ち向かうキラやラクスらの姿が描かれる。
 5月23日をもって全国規模での上映を終了している本作は,1982年公開の「機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編」の興行収入23億円を超えて,ガンダムシリーズ劇場公開作品の中で歴代1位の興行収入を更新。興行収入48.2億円,観客動員288万人(5月22日時点)を記録している。話題となった本作を,早くも自宅で鑑賞できるわけだ。




 また,発声可能の応援上映(自動制御ペンライト演出付き)の第4弾が5月30日より実施される。チケットは5月26日0:00以降,順次販売される予定だ。価格は劇場の通常料金となる。対象となる劇場は,以下のリリース文で確認してほしい。

劇場版「機動戦士ガンダムSEED FREEDOM」公式サイト


私の中にあなたはいます。あなたの中に私はいますか?
C.E.75『ガンダムSEED』の新たな物語――。
ガンダムシリーズ歴代No.1の大ヒット!
「ガンダムSEEDシリーズ」最新作
『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』
6/8(土)よりNetflix・Prime Videoにて
見放題最速配信スタート!

1月26日(金)より公開された「SEEDシリーズ」最新作『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』は、1982年公開の『機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編』(23億円)を超えて、ガンダムシリーズ劇場公開作品の中でNo.1の興行収入を更新し、興行収入48.2億円、観客動員288万人(5/22(水)時点)を記録した本作が、6月8日(土)0:00より、「Netflix」「Prime Video」にて、見放題最速配信開始となることが決定いたしました。

画像集 No.002のサムネイル画像 / 劇場版「機動戦士ガンダムSEED FREEDOM」の最速配信が6月8日にNetflixとPrime Videoで開始。応援上映の第4弾を5月30日から実施

6/8(土)0:00〜Netflix・Prime Video にて見放題最速配信スタート!

『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』の見放題最速配信が6月8日0:00よりスタート。劇場に足を運んだ方もそうでない方も、この機会にぜひ本作の魅力に触れてみてください!

配信開始
2024年6月8日(土)0:00
※販売開始日程は配信サービスによって異なる場合があります。
詳しくは取扱いの配信サービスにてご確認ください。

配信サービス
・Netflix
https://www.netflix.com/jp/

・Prime Video
https://www.amazon.co.jp/gp/video/storefront

第4弾 『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』自動制御ペンライト演出付き 発声可能応援上映の実施が決定!

ご好評につき、発声可能応援上映(自動制御ペンライト演出付き)の第4弾の実施が決定いたしました!皆さんの溢れる気持ちを声に出しながらの鑑賞もOKとなります。初めての方もおかわりの方も、配信開始前の是非、この機会に是非ご参加下さい!

実施日時
5/30(木) 夕方以降
※上映時間は、決定次第劇場ホームページに掲載いたします。

チケット販売スケジュール&料金
チケット販売スケジュール:
5/26(日)00:00(=5/25(土)24:00)以降順次販売
販売料金:劇場通常料金
※招待券等無料など、無料になるサービスの利用不可。
※豪華席などで別途鑑賞料金がかかる場合がございます。
※販売スケジュールは、各劇場ホームページにてご確認ください。

実施劇場

北海道:札幌シネマフロンティア
東京:新宿ピカデリー
大阪: なんばパークスシネマ
愛知:ミッドランドスクエア シネマ
福岡:T・ジョイ博多
※詳細につきましては公式ホームページをご覧ください。
※「自動制御ペンライト演出付応援上映について」「本応援上映劇場限定販売の自動制御ペンライトについて」「応援上映に関する注意事項」などの詳細は『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』公式サイトNEWSページをご確認ください。

STORY

C.E.75、戦いはまだ続いていた。
デュランダル議長の死により、デスティニープランは消滅したが、同時に大戦終結後の世界を安定させる指標は失われた。
各地で独立運動が起こり、ブルーコスモスによる侵攻はくり返され、人々はさらなる戦乱と不安の最中にあった。
事態を沈静化するべく、ラクスを初代総裁とする世界平和監視機構・コンパスが創設され、キラたちはその一員として、各地の戦闘に介入する。
そんな折、ユーラシア連邦からの独立を果たした国・ファウンデーション王国から要請があった。ブルーコスモス本拠地へのコンパス出動を求めるものだ。
要請を受け、キラたちはラクスを伴い、ファウンデーション王国へ向かう。

CAST

キラ・ヤマト:保志総一朗 / ラクス・クライン:田中理恵 /アスラン・ザラ:石田 彰 / カガリ・ユラ・アスハ:森なな子 / シン・アスカ:鈴村健一 / ルナマリア・ホーク:坂本真綾 / メイリン・ホーク:折笠富美子 /マリュー・ラミアス:三石琴乃 / ムウ・ラ・フラガ:子安武人 /イザーク・ジュール:関 智一 / ディアッカ・エルスマン:笹沼 晃 /アグネス・ギーベンラート:桑島法子 / トーヤ・マシマ:佐倉綾音 / アレクセイ・コノエ:大塚芳忠 / アルバート・ハインライン:福山 潤 / ヒルダ・ハーケン:根谷美智子 / ヘルベルト・フォン・ラインハルト:楠 大典 / マーズ・シメオン:諏訪部順一 /アウラ・マハ・ハイバル:田村ゆかり / オルフェ・ラム・タオ:下野 紘 / シュラ・サーペンタイン:中村悠一 /イングリット・トラドール:上坂すみれ /リデラード・トラドール:福圓美里 / ダニエル・ハルパー:松岡禎丞 / リュー・シェンチアン:利根健太朗 / グリフィン・アルバレスト:森崎ウィン / ギルバート・デュランダル:池田秀一

STAFF

企画・制作:サンライズ / 原作:矢立 肇、富野由悠季 /
監督:福田己津央 / 脚本:両澤千晶、後藤リウ、福田己津央 / キャラクターデザイン:平井久司 /メカニカルデザイン:大河原邦男、山根公利、宮武一貴、阿久津潤一、新谷 学、禅芝、射尾卓弥、大河広行 /メカニカルアニメーションディレクター:重田 智 / 色彩設計:長尾朱美 / 美術監督:池田繁美、丸山由紀子 /CGディレクター:佐藤光裕、櫛田健介、藤江智洋 / モニターワークス:田村あず紗、影山慈郎 / 撮影監督:葛山剛士、豊岡茂紀 / 編集:野尻由紀子 / 音響監督:藤野貞義 / 音楽:佐橋俊彦
主題歌:西川貴教 with t.komuro 「FREEDOM」 / エンディングテーマ:See-Saw 「去り際のロマンティクス」
製作:バンダイナムコフィルムワークス / 配給:バンダイナムコフィルムワークス、松竹

公式サイト:https://www.gundam-seed.net/freedom/
公式SNS:https://twitter.com/SEED_HDRP
  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月14日〜06月15日