オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2023/12/28 00:00

企画記事

年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る




グラビティゲームアライズ
エグゼクティブ・プロデューサー
神崎喜多

代表作:
・NBA RISE TO STRODOM
・神箱 -Mythology of Cube-
・東京サイコデミック 公安調査庁特別事象科学情報分析室 特殊捜査事件簿


画像集 No.163のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
<質問1>2023年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

ホグワーツ・レガシー

 ハリー・ポッターの小説の世界をゲーム化したということで、世界中のファンを納得させるゲームができるかどうかが難しい課題だったと思います。世界設定やキャラクター設定、ストーリーや生物考証、バトルシステム等々、事前に考えることが非常に多かったはずですが、原作を裏切ることなくきちんと作りこまれていると感じました。
いくら予算と時間があったとしても、この品質にたどり着けたことは本当にすごいと思っております。

<質問2>2023年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

VIVANT (TBSテレビ 日曜劇場)

 政治・テロ・スパイ事件などをテーマにしており、さらに日本を中心とした舞台設定では難しい題材だと感じておりました。特に実写ドラマは、ある程度予算が限られている場合もあるため、海外ドラマ並みの規模や表現は難しいと思っておりました。しかしながら、見事に裏切られましたね。エンタメ性を保持しつつ伝えたい部分である、テロの脅威はきちんと伝えている作品だと思いました。もしまだ見ていない方がいればオススメしたいです。

<質問3>2023年に、個人的に注目した(している)人物

角田 裕毅 F1ドライバー

 昨年は、F1デザイナーのエイドリアン・ニューウェイさんを挙げさせていただきましたが、今年もなんだかんだで、F1に注目していたと思います。その中でも、日本人ドライバーである角田選手に注目していました。
スポーツ選手でいうと、NBAの八村塁選手・渡辺雄太選手も同様に注目はしていましたが、彼らは、今季安定しており、気持ちを落ち着けて応援できました。
角田選手に関しては、純粋に日本人として応援したい気持ちと日本製のホンダエンジンが引き続き実質的に使われているというのがきっかけでした。
今季のF1チームアルファタウリはチーム全体が本当に安定していなかったと思います。マシンの状態、チームメンバーの入れ替わりが激しく、トラブルも多く角田選手にとって大変な1年だった思います。それでも、シーズン中に良い結果をいくつか作り、来季につなげた精神力と成長には、共感というか自身も頑張ろうと思わせてくれました。来季も引き続き応援いたします。

<質問4>2024年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

来年度は、コンシューマータイトル2本リリース、スマートフォンタイトル1本の大型アップデートを予定しています。

「神箱」と「東京サイコデミック」は、グラビティグループとしても初のコンシューマータイトルでのオリジナルIPとなりますので、ぜひご注目いただけたら嬉しいです。

■ワールドクラフトRPG 「神箱 -Mythology of Cube-」

主人公は崩壊した世界を元に戻すために選ばれた「修復者」として、世界の修復と創造の旅にでます。
バラバラになった土地をマナパズルで修復し、豊かになった土地に出現するモンスターを仲間と協力しながらバトルで倒していきます。その後、平和になった土地に畑や村や町などをつくり、世界を豊かにしていきます。また各地方でしか取れない作物やアイテムを交易で広めていくこともできます。

現在、PlayStation 4/5とSteamにて体験版を公開しておりますので遊んでみていただきたいです。

(C) GRAVITY GAME ARISE Co., Ltd.
画像集 No.165のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る

■2D×シネマティック・リアル科学捜査シミュレーションゲーム
「東京サイコデミック 公安調査庁特別事象科学情報分析室 特殊捜査事件簿」


パンデミック後の世界で次々に発生する超常現象的な事件。
あなたは、特殊な事件を解決する探偵となり、あらゆる捜査方法を使い、専門的な技術を持った仲間とともに難事件解決に挑みます。
実写とアニメが融合する「2Dシネマティック表現」を使用し、まるで現実世界で捜査しているような体験ができます。単に謎解きではなく、リアルな事件捜査となっていますので、AVG好きの方のみならず、謎解きやミステリ好きのお客様や友達と一緒に難解事件に挑戦する楽しみ方もしていただけると思っています。
こちらのゲームも現在、PlayStation 4/5とSteamにて体験版を公開しておりますのでぜひ遊んでみてください。

(C) GRAVITY GAME ARISE Co., Ltd.
画像集 No.164のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る

(C) 2023 NBA Properties, Inc. All Rights Reserved. Officially licensed product of the National Basketball Players Association. (C) 2023 GRAVITY GAME ARISE Co., Ltd.
画像集 No.162のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
■NBA公式本格バスケットボールシミュレーションゲーム
「NBA RISE」


スマートフォンゲームとして公開中の「NBA RISE TO STARDOM」が「NBA RISE」として再リリース予定です。
前作から大きくリニューアルされ、よりNBAらしいシミュレーションカードゲームとなっております。
NBAを知っている人はもちろん、NBAを知らない人でも、楽しめるようなゲームに進化します。
またスマートフォンで気軽に遊べるように大きくリニューアル予定ですので、お楽しみに。




グランゼーラ
チーフプロデューサー兼ゲームデザイナー
九条一馬

代表作:R-TYPE FINAL シリーズ、 絶体絶命都市シリーズ、マンガ・カ・ケール、サイドビューゴルフ、巨影都市など

X(旧Twitter):@kazuma_kujo
画像集 No.168のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
<質問1>2023年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

モンスターハンターNow
モンスターハンターをどうやってスマートフォンでプレイできるようにするのかと興味を持ってプレイしてみました。森の中や荒涼とした土地をモンスターを探してさまよう部分はありませんが、敵との戦闘がシンプルな操作で行えるところや、モンスターの挙動がスマートフォンで再現されているところは、よさそうに思いました。気軽に複数人でハンティングできるのもPSPでのプレイを思い出し、いい印象を持ちました。

<質問2>2023年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

薬屋のひとりごと
昔の中華風の世界が舞台で、後宮務めの薬師のアニメ作品を見ています。古代の薬剤師が主人公というところに、どんな題材でも物語になるものなのだととても感心させられました。

<質問3>2023年に、個人的に注目した(している)人物

将棋の藤井聡太八冠です。来年も八冠を維持できるか?他の棋士の方が奮闘して八冠を崩すか?気になって眠れません。

<質問4>2024年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

諸々見直し、あらためて原点に戻ろうと思いました。新しい制作スタジオを立ち上げ、地味ながらも最初に志していたことを実行しようと思っています。
また、2024年は制作している『FZ: Formation Z』と『R-TYPE TACTICS I・II COSMOS』の二つのタイトルが発売になります。よろしくお願いします。

画像集 No.166のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
PS5 「R-TYPE FINAL 3 EVOLVED」
(C)Granzella Inc."R-TYPE" is a trademark and/or copyright of IREM SOFTWARE ENGINEERING INC. 
画像集 No.167のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
「R-TYPE TACTICS I・II COSMOS」
(C)Granzella Inc."R-TYPE" is a trademark and/or copyright of IREM SOFTWARE ENGINEERING INC.
画像集 No.169のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
Nintendo Switch「サイドビューゴルフ」
(C)GZ / GZGS (C)SideViewGolf.com



crim
代表取締役
竹安佐和記

代表作:デビルメイクライ、大神、鉄騎、エルシャダイ スターノートetc

X(旧Twitter):@Sawaki_Takeyasu
画像集 No.171のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
<質問1>2023年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

8番出口 異変を感じたので。

<質問2>2023年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

ロキシーズン2 ワンダビジョン以来毎週末が楽しみになりました。

<質問3>2023年に、個人的に注目した(している)人物

Luca Galante 彼の作ったゲームで時間がずっと溶けているので。

<質問4>2024年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

自社タイトルで2本出します。
2023年2月14日 STARNAUT(steam版)
https://store.steampowered.com/app/2508940/STARNAUT/
2024年4月28日 El Shaddai ASCENSION OF THE METATRON HD Remaster(Switch版)
https://elshaddai.jp/

STARNAUTはローグライク系アクションゲームです。サバイバー系が好きな方是非。同時出現数最大1000体の敵を最大8種類+パンチで薙ぎ払ってください。

STARNAUT
(C)crim
画像集 No.170のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る

エルシャダイは自社エンジンを作ることでPlayStation 3から解像度がフルHDとなり、携帯モードでは60フレームを実現、ロード時間の短縮にも成功しました。クリア後にはゲーム以降のストーリー小説ルシフェルの堕天を付属。限定版パッケージにはルシフェルの堕天(ドラマCD版)を付属、約2年と時間がかかった分豪華な仕様にすることが出来ました。又発売に向けて現在コラボも募集していますのでご興味ある方はこちらまで。info@crim.co.jp

El Shaddai ASCENSION OF THE METATRON HD Remaster
Copyright (C) crim All Rights Reserved.
画像集 No.172のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る



コーエーテクモゲームス
三國志8 Remake 開発プロデューサー、三國志11 リードプランナー、三國志14 プロジェクトマネージャー
石川久嗣

代表作:三國志VII、VIII、IX、11、14、8 Remake

画像集 No.177のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
<質問1>2023年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「Redemption Reapers」です。SRPG好きなので発売前から楽しみにしていましたし、世界観も好きです。ダウンロード版のあと、しばらく経ってからパッケージ版が出ましたが、その間にどこがどう変わかるのか同業者として興味があり、勉強させていただきました。

<質問2>2023年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

最近観たばかりということもあり印象深いのは、12月に公開された映画「ナポレオン」です。8000人のエキストラを動員したという戦闘シーンは迫力がありました。もっとたくさん戦闘シーンがあることを期待していましたが、ジョゼフィーヌとの関係がナポレオンの政治や戦闘の判断に影響するという解釈は、ゲームの題材にも使えそうで面白かったです。

<質問3>2023年に、個人的に注目した(している)人物

新日本プロレスの内藤哲也選手です。武藤敬司選手の引退試合の相手という大任を果たし、G1CLIMAXで6年ぶりの優勝。念願の1.4東京ドーム大会でのデハポン大合唱ができることを、”焦らずに”期待しています。

<質問4>2024年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

「三國志8 Remake」の発売日が「2024年初頭発売予定」から「2024年発売予定」になってしまい、楽しみにしていただいているファンの皆様に改めてお詫び申し上げます。すでに公開している内容からさらに「Remake」している部分も多々あります。どこまで「三國志VIII」の内容が残っているのか、どれくらい「三國志VIII」から変わっているのか。「三國志VIII」をプレイされた方も、最近シリーズのファンになったという方も、是非ご期待ください。

三國志8 Remake
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像集 No.173のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る 画像集 No.174のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
画像集 No.175のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る 画像集 No.176のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る



コーエーテクモゲームス
シブサワ・コウブランド長
伊藤幸紀

代表作:三國志 覇道など

画像集 No.180のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
<質問1>2023年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

『EA SPORTS FC 24』
毎年ですが、どんどん実際のサッカーに近くなっていくところ。

<質問2>2023年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

映画『キングダム 運命の炎』
マンガで読んでいるのに飽きさせず熱のこもった演出でつい見入ってしまいました。

<質問3>2023年に、個人的に注目した(している)人物

サッカー『伊藤敦樹』選手(浦和レッズ)
日本にはあまりいない大型ボランチで、代表にいつか呼ばれると思っていたら今年呼ばれた!
プレイもそうですが、海外に行くのかも含めて注目しています。

<質問4>2024年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

『三國志8 Remake』の延期を発表しましたが、クオリティアップしてリリースしますので、是非ご期待ください!!

『三國志 覇道』
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像集 No.178のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る 画像集 No.179のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る



コーエーテクモゲームス
プロデューサー、シニアマネジメント
越後谷和広

代表作:三國志14、太閤立志伝V DX

画像集 No.181のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
<質問1>2023年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム。とにかくすごい。語彙力なくてごめんなさい。

<質問2>2023年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

アニメ進撃の巨人 完結編。(連載は一昨年完結なのでやや反則か……?) 連載とセリフなど違う部分もあって、何度も見直して楽しめました。

<質問3>2023年に、個人的に注目した(している)人物

菅原千瑛さん。(だけじゃないですが、今年の新規参入メンバーの中でも特に。) Mリーグほぼ毎日おっかけ中。

<質問4>2024年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

『三國志8 Remake』、2024年発売です! コツコツ完成度高めておりますので、今しばらくお待ちください!

太閤立志伝V DX
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像集 No.570のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る 画像集 No.569のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
画像集 No.571のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る 画像集 No.568のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る



コーエーテクモゲームス
ルビーパーティーブランド長
襟川芽衣

代表作:バディミッション BOND

画像集 No.184のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
<質問1>2023年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム」
前作からの期待を越えてくる自由度が高く美しい冒険。子供のころゲームにのめりこんだワクワク感を思い出させてくれる。

<質問2>2023年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「【推しの子】」
主題歌の「アイドル」が秀逸。アイドル×転生×サスペンスという新しいジャンルで、あの可愛い絵柄からは考えられない予想外のストーリーがおもしろい。

<質問3>2023年に、個人的に注目した(している)人物

石丸伸二 安芸高田市長
議会をエンターテイメントにするという新しい試みでガッツリ市民の心を掴んだ。頭も良く実行力もあり見ていて楽しい。

<質問4>2024年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

いつも応援いただきありがとうございます。2024年はネオロマンス30周年記念の年です。様々な企画を準備しているのでお楽しみに!

金色のコルダ スターライトオーケストラ

キャラクターデザイン/高山しのぶ
(C)2021-2022 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像集 No.182のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る 画像集 No.183のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る



コーエーテクモゲームス
常務執行役員、プロデューサー
小笠原賢一

代表作:信長の野望 出陣、信長の野望・新生、討鬼伝など

画像集 No.185のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
<質問1>2023年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

【タイトル】
アバター:フロンティア・オブ・パンドラ
【理由】
多くの人々を魅了したであろう「アバター」の世界“パンドラ”がオープンワールドの舞台としてここまでのクオリティで再現されたことに驚嘆しました。
ゲーム制作のノウハウとテクノロジーの進化に果てはないですね。

<質問2>2023年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

【タイトル】
VIVANT
【理由】
日本におけるドラマ制作のフレームを大きく広げた作品になったと思います。
実力のあるチームが存分に手腕を発揮できるよう、ビジネスの範囲を相応に拡大するトレンドは今後も継続してほしいものです。

<質問3>2023年に、個人的に注目した(している)人物

【人物】
大谷翔平
【理由】
今年の活躍に関しては表現する言葉が見つからないですね!

<質問4>2024年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

昨年「信長の野望」40周年記念作品として『信長の野望 出陣』をリリースしました。
これまでシリーズをご愛顧くださった皆様はもちろん、様々なコンテンツをきっかけに歴史や戦国時代にご興味を持たれたすべての方にお楽しみいただけるような魅力あふれるタイトルとすべく、今後も進化・拡張させていきますので是非ご期待ください!

画像集 No.186のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
信長の野望・新生
(C)2022 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像集 No.187のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
討鬼伝2
(C)2016 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
信長の野望 出陣
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像集 No.578のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る 画像集 No.579のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る



コーエーテクモゲームス
信長の野望 出陣 開発プロデューサー
菊地啓介

代表作:信長の野望 出陣、零シリーズ、影牢シリーズ、よるのないくにシリーズ

画像集 No.190のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
<質問1>2023年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム
クラフトしていると、あっという間に時間が経ってしまいますが、それが楽しかったです。
それぞれのパーツのほどほどの有用さのさじ加減が、試行錯誤するのにちょうどよかったです。
罠のギミックを作りながら、こんな感じの影牢があったら楽しいなと思いました。

<質問2>2023年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

ブラッシュアップライフ
今年は、映画、ドラマ、アニメとも豊作の一年でした。
その中でもドラマ『ブラッシュアップライフ』は、ループする人生の話の構成の巧みさと、登場人物のほどよい緩さに引き込まれて、毎週待ち遠しかったです。

<質問3>2023年に、個人的に注目した(している)人物

佐久間宣行さん
2023年は、たくさん外を歩いて、たくさんのラジオを聞きました。
その中でも佐久間さんのオールナイトニッポンZEROは毎週の楽しみです。
以前からご活躍されていたのですが、ラジオで舞台裏を聞くことで、よりYouTubeやテレビ番組、配信番組など、多方面での活躍された作品を楽しむことができました。

<質問4>2024年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

『信長の野望 出陣』について、まずは2月末の半周年、そして8月の1周年に向けて、楽しさを詰め込んで進化させます。
ゲーム内のイベントの追加や改善、機能の充実と利便性の向上、ご当地要素・地図要素の追加など、実現したいことがたくさんありますので、プレイヤーのみなさんと共に育てていけたらと思います。

信長の野望 出陣
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像集 No.593のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る 画像集 No.594のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る



コーエーテクモゲームス
運営プロデューサー
黒田智広

代表作:信長の野望 覇道

画像集 No.193のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
<質問1>2023年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「スーパーマリオRPG」(リメイク)です。

スーファミ版は何周もしていて思い入れも強く、リメイクが発表された時点で衝撃でした。
小学生の頃はただただ楽しんだだけでしたが、ダンジョンの宝箱(ハテナブロック)をジャンプして獲得するなど、RPGとマリオアクションが自然に融合されていることに随所で気付かされて、改めてプレイしたことで完成度の高さを思い知らされました。

<質問2>2023年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

TBSドラマ「VIVANT」です。

豪華キャスト、考察しがいのある伏線、ハラハラする怒涛な展開など、ドラマ自体とても面白いですが、なにより盛り上げようとする熱量に圧倒されました。
特に、第1話放送前は情報を伏せて興味を引き、第1話で大バズリさせ、以降は視聴者の疑問や考察に公式SNSが積極的に反応して放送以外でも情報をどんどん公開していく、というプロモーションにはイチ視聴者としてとても楽しませていただきました。

<質問3>2023年に、個人的に注目した(している)人物

元サッカー選手「鄭大世(チョンテセ)」さんです。

ABEMAでサッカー解説をされているのですが、とにかく話術に魅了されます。
選手目線の解説はもちろんのこと、漫画やアニメのネタを盛り込んできたり、バズりを狙ってワードを生み出したりと、とても楽しませてくれます。
好きな選手や好きなチームの試合でなくても、彼の解説する試合は追いかけるようになってしまいました。

<質問4>2024年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

『信長の野望 覇道』はおかげさまで2023年12月に1周年を迎えることができました。
とはいえ、「西日本マップ」「忍者」などまだまだ実装していきたいコンテンツはもりだくさんですので、2024年もユーザーの皆様に楽しんでいただけるように引き続き全身全霊で取り組んでいきます。
またこのゲームは、いつ始めても同時期に始めたユーザーさんとと一緒にプレイできますので、まだ遊ばれたことのない方もぜひ遊んでみてください!

信長の野望 覇道
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像集 No.572のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る 画像集 No.573のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
画像集 No.574のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る 画像集 No.575のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る



コーエーテクモゲームス
代表取締役社長
鯉沼久史

代表作:「仁王」シリーズ、「無双」シリーズ、「進撃の巨人」など

画像集 No.196のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
<質問1>2023年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム

1作ごとに大きく変わるこのシリーズでここまで前作からの流れが強いタイトルは初めてだと思うのですが、個人的には遊びやすかったですし、驚きも大きく、非常に楽しめました。
ビジュアルの良さは、プレイしていてダイレクトに先に進めたくなる要因ですし、シリーズ踏襲している謎解きや、ボスの攻略も満足でした。

<質問2>2023年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

翔んで埼玉 〜琵琶湖より愛をこめて〜

こちらも2作目ということでの取り上げですが、いや、まさかの映画の2作目。もともと原作者が好きで漫画を読んでいたわけですが、そもそも1作目の映画化にも度肝を抜かれましたし、あまりの驚きに、封切で見に行った覚えがあるのですが、原作に設定の無い2作目とは本当にびっくり。

<質問3>2023年に、個人的に注目した(している)人物

今年も大谷翔平さんはじめとした、海外で活躍する日本人に注目しています。特に若い世代の日本の方の活躍は嬉しく思いますし、これからも頑張ってほしいです。

<質問4>2024年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

世界にたくさんのタイトルを発信できるゲーム会社としてさらなる成長をして参りたいと思います。一緒に働きたいと思ってくださる方のたくさんのご応募いつもお待ちしております。
あと、自身もクリエイターとしてもう少し頑張っていきたいと考えてます。
改めて、2024年もよろしくお願いします。

画像集 No.194のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
仁王2 Complete Edition
(C)2020-2021 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像集 No.195のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
戦国無双5
(C)2021 コーエーテクモゲームス All rights reserved.



コーエーテクモゲームス
DOAXVV プロデューサー、レスレリアーナのアトリエ 開発プロデューサー
作田泰紀

代表作:DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation、レスレリアーナのアトリエ 〜忘れられた錬金術と極夜の解放者〜

画像集 No.199のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
<質問1>2023年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

事前情報から注目していた『崩壊:スターレイル』は、サービス開始初日にプレイした直後から感じられるクオリティとボリューム感が印象的でした。
(対象期間外のタイトルですが)『ブルーアーカイブ』が3周年を迎えた今、さらに勢いを増していることに刺激を受けました。
開発者とファンのタイトルへの愛の深さと熱量の高さをなくして実現することができなかった結果だと思います。

<質問2>2023年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

『名探偵コナン 黒鉄の魚影』
説明するまでもなく、原作漫画だけでなくマルチメディアで20年以上愛されている国民的IPですが、劇場版最新作である本作が過去最高の興行収入を実現したことにとても刺激を受けました。
製作スタッフの皆さんの情熱はもちろんのこと、ファンの高い熱量なくして実現することができなかった結果ですし、私も長く愛されるエンタテインメントをお届けできるよう頑張りたいと強く感じました。

<質問3>2023年に、個人的に注目した(している)人物

『江口寿史』さんです。
こちらも長きにわたり活躍されている方でいまさらではありますが、この一年は改めて注目しました。
江口さんの描かれる女の子たちから感じられる「それぞれの彼女感」と「いやらしくない色っぽさ」が合わさった普遍的な魅力は、DOAXVVの6年目の重要施策「トゥルーカラーアップデート」の製作において、既存の女の子たちそれぞれの「彼女感」を強化する試みを取り組む中で、目指したい理想形の一つとして参考にさせていただきました。

<質問4>2024年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2023年は『レスレリアーナのアトリエ』のサービス開始や、『DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation』も6周年を迎えるなど、これまで準備してきたチャレンジをお届けすることができた一年でした。
2024年も、さらに皆さんに楽しんでいただけるようなチャレンジに取り組んでいきますので、レスレリ、DOAXVVを遊んでいただきながら、一緒にライブ感を楽しんでいただけますとうれしいです!

画像集 No.197のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る 画像集 No.198のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像集 No.576のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る 画像集 No.577のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
レスレリアーナのアトリエ 〜忘れられた錬金術と極夜の解放者〜
(C)コーエーテクモゲームス/Akatsuki Games Inc.



コーエーテクモゲームス
ゼネラルプロデューサー
シブサワ・コウ

代表作:「信長の野望」シリーズ、「三國志」シリーズ、「仁王」シリーズ

画像集 No.201のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
<質問1>2023年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

FF16
素晴らしい映像表現。インタラクティブな映画という感じでした。

<質問2>2023年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

ブルージャイアント
私はジャズが大好きで、年に何回かライブでベースを弾いています。ジャズのアニメ映画って、なにそれ、大丈夫なの?と思いましたが、見てみたらびっくり仰天、大感動、大感激。バンド仲間にも紹介して、全員ハマりました。

<質問3>2023年に、個人的に注目した(している)人物

「ゴジラ-1.0」は山崎監督だからこそできた映画。実写とCGの融合が見事。伏線の回収は気持ちよく、一致協力と愛の力で進んでいくストーリーも素晴らしい。次回作に注目してます。世界にはばたけ山崎映画!

<質問4>2024年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

昨年、信長の野望40周年を記念してウォークゲーム「信長の野望 出陣」をリリースしました。
歩いて健康になりながら、領地を広げていく面白さに私もハマってしまい、毎日プレーしてます。
是非、一度試して見てください。今年もコーエーテクモは新しい面白さづくりにチャレンジして行きますので、どうかご期待下さい。

画像集 No.202のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
信長の野望 覇道
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像集 No.203のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
信長の野望・新生
(C)2022 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像集 No.567のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
仁王2 Complete Edition
(C)2020-2021 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像集 No.566のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
信長の野望 出陣
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.



コーエーテクモゲームス
執行役員、ω-Forceブランド長
庄 知彦

代表作:真・三國無双2〜5、ドラゴンクエストヒーローズI〜II、ドラゴンクエスト チャンピオンズ、Fate/Samurai Remnant

X(旧Twitter):@koeilau
画像集 No.207のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
<質問1>2023年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム
前作と同じ世界がベースにありつつ、そのときの体験からの想像を大きく超える新体験ができる、物語を楽しめるのが凄いと思いました。また、見ているだけの人も楽しめる様々な「わかりやすさ」が前作同様、個人的には素晴らしいと思っています。

<質問2>2023年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

ゴジラ-1.0
ゴジラは作品ごとにそれぞれの魅力がありますが、本作は自分の思うゴジラらしいストレートな脅威、死生観、そして最新のVFX、音楽などの演出がバッチリギッチリ、それでいてバランスよく詰まっていて、色々な意味で現代だからこそ作れるゴジラ、エンタメだと感じました。今だからこそ作れるゲーム、遊びたいと思っていただけるゲームを作りたいものですね。

<質問3>2023年に、個人的に注目した(している)人物

大谷翔平さん
何か毎年書いている気がしますが(笑)、またまた大谷さんに注目した一年でした。WBCで日本の優勝に貢献したこと、MLB史上初となる記録を打ち立てたこと等々……期待通り、期待以上のご活躍により、本当に多くの人々を楽しく、幸せな気持ちにさせられていて只々感服です。

<質問4>2024年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2024年は、これから先の数年にかけて、皆様に最高のゲームをお届けしていくための大事な一年と捉えています。そして、そういったゲームについて、発表していける年にしたいと考えているので、期待してお待ちいただければと思います。先の話だけでなく2024年は『Fate/Samurai Remnant』のダウンロードコンテンツも続々とリリースされますし、引き続き、ω-Forceにご注目いただければ幸いです!

画像集 No.204のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
Fate/Samurai Remnant
(C)TYPE-MOON/コーエーテクモゲームス All rights reserved. 制作協力 アニプレックス
画像集 No.205のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る 画像集 No.206のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る



コーエーテクモゲームス
プロデューサー
鈴木亮浩

代表作:「真・三國無双」シリーズ

X(旧Twitter):@s_sangokumusou
画像集 No.212のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
<質問1>2023年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム
前作から追加された”工作”は、自由度が高いだけでなく、イイ感じに緩い操作感で楽しく工作できます。
ほかの人の工作を見るのも楽しいです。
そして、この工作がゲームの攻略にしっかりと絡み、相乗効果を生んでいるところに感心しました。

<質問2>2023年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

神血の救世主〜0.00000001%を引き当て最強へ〜
最近は、いろいろな設定で”無双する”系の小説や漫画が非常に多いですが、そんな作品群の中で世界観設定が突出しています。
無双系は、主人公が敵を攻略するたびに、また次の敵がどんどん強くなっていくわけですが、独特の世界観によって想像を超えたバトルが繰り広げられ、ストーリー展開も楽しみな連載作品です。

<質問3>2023年に、個人的に注目した(している)人物

庵野秀明
ここ数年の代表作「シン」シリーズでの、昔の特撮ものを最新の映像技術でリボーンさせる、というコンセプト・手法に注目しています。
また、オリジナルアニメでもたくさんの名作を生みだしてきた方なので、新作アニメにも期待しています。

<質問4>2024年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2023年11月よりネクソン社運営の『真・三國無双M』がサービスを開始し、また、当社のアプリ『真・三國無双』も2024年3月に3周年を迎えます。
スマホでも「真・三國無双」シリーズをお楽しみ頂けますので、是非プレイしてみてください。
2023年は真・三國無双シリーズに関する新情報を出すことができず、大変申し訳なく思っております。
2024年には是非とも皆様へお届けできるよう頑張りますので、引き続き応援よろしくお願いします。

画像集 No.209のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る 画像集 No.208のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
真・三國無双8 Empires
(C)2021 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像集 No.211のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る 画像集 No.210のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
真・三國無双
(C)2021-2022 コーエーテクモゲームス All rights reserved.



コーエーテクモゲームス
取締役副社長、エンタテインメント事業部長
早矢仕洋介

代表作:「仁王」シリーズ、WILD HEARTS,「DEAD OR ALIVE」シリーズ、「ゼルダ無双」シリーズ、「ファイアーエムブレム無双」シリーズ

画像集 No.217のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
<質問1>2023年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

『ゼルダの伝説 ティアーズオブザキングダム』
同じ舞台で新しい遊びを提供しているからこその「遊びの密度」に感銘を受けました。
また要素を「掛け算」する事で、開発側が提供するだけではないプレイヤーが各々遊びを見つけられるという考え方も今の時代を捉えた仕様だと思います。

<質問2>2023年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

『ゴジラ-1.0』
日本の特撮物はどこか「特撮」である事が透けて見えてしまうのものですが本作はそんな違和感がほとんどないクオリティの映像で
リアルに存在するゴジラに恐怖する体験ができる映画で印象に残っています。

<質問3>2023年に、個人的に注目した(している)人物

ベタですが・・・やはり『大谷翔平さん』
ゲームも世界の中の皆様にどれだけ多くの方々に遊んで頂けるかを常に意識する時代ですが圧倒的な結果をもって、世界で活躍されている大谷さんはやはり尊敬します。
彼が歩んだ道にこれからも様々な伝説が生まれると思うので今後の生きざまに注目しています。

<質問4>2024年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

長い開発期間を掛けTeam NINJA総力を挙げた新規タイトル『Rise of the Ronin』が遂に3月22日に発売します!
一人の浪人となって、ぜひ幕末にタイムスリップしたような体験をお楽しみください。

Rise of the Ronin
(C) 2024 コーエーテクモゲームス. Rise of the Ronin is a trademark of KOEI TECMO GAMES CO., LTD. Published by Sony Interactive Entertainment Inc.
画像集 No.214のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る 画像集 No.215のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
画像集 No.213のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
ファイアーエムブレム無双 風花雪月
(C) Nintendo / INTELLIGENT SYSTEMS
(C) コーエーテクモゲームス All rights reserved. Licensed by Nintendo
画像集 No.216のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
WILD HEARTS
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
(C) 2022 Electronic Arts Inc.



コーエーテクモゲームス
プロデューサー/ディレクター
平山正和

代表作:Wo Long: Fallen Dynasty

画像集 No.220のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
<質問1>2023年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「ホグワーツ・レガシー」
「こんなハリーポッターのゲームを遊びたかった」が体現されたタイトルだったと思います。
ナラティブ、美術、演出、細部に至るまで丁寧に作られていて感服しました。
四寮のイメージの落とし込みも素晴らしく、特にセバスチャンの物語が秀逸でした。

<質問2>2023年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「新作歌舞伎 ファイナルファンタジーX」
6時間という長丁場でしたが、最後の最後まで飽きることなく見入りました。
歌舞伎・FF10それぞれの初心者に向けた配慮、ステージアラウンドを活かした現代的な演出、その中で歌舞伎らしい外連味が効いた表現など、多くの人を楽しませるための幾多の工夫に感銘を受けました。
そして、ユウナ役の中村米吉さんに恋に落ちました。

<質問3>2023年に、個人的に注目した(している)人物

眉月じゅん
漫画「九龍ジェネリックロマンス」が、今年一番続きを楽しみにしていた作品でした。
ノスタルジーある世界観で繰り広げられるミステリアスな展開に魅了されています。

<質問4>2024年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

12月12日に「Wo Long: Fallen Dynasty」のダウンロードコンテンツ第3弾を配信しました。
本編から長期に渡り遊んでいただいた皆様ありがとうございます。
義勇兵の旅はこれでひと段落となりますが、TeamNINJAとしては、3月22日に「Rise of the Ronin」が発売となりますので、是非、幕末の世界を楽しんでいただければ幸いです!

Wo Long: Fallen Dynasty
(C)2023 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像集 No.218のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る 画像集 No.219のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る



コーエーテクモゲームス
ガストブランド長
細井順三

代表作:アトリエシリーズ

画像集 No.225のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
<質問1>2023年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「ホグワーツ・レガシー」
ウィザーディングワールドが大好きなので、魔法学校に入学出来て感動しました!
圧倒的な作り込みと世界観演出で、歩いているだけでも何時間も没頭してしまいました。

<質問2>2023年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「薬屋のひとりごと」
「後宮」を舞台にした作品は沢山ありますが、そこに謎解き・ミステリーの要素が掛け合わされているのが新鮮で、どんどん引き込まれました。
薬師の猫猫が自分の知識と考察で事件を解決していく様子は読んでいて爽快です!

<質問3>2023年に、個人的に注目した(している)人物

大谷翔平選手にはずっと注目しています。
唯一無二の選手だと思っていますし、常に高い目標をもって努力する姿に刺激を受けています。

<質問4>2024年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2023年はガストブランドとして新たなチャレンジをした年でした。
リリースした作品について皆さんに多くのお声をいただき、ありがとうございました。
今後もみなさんのご意見に向き合いながら、より楽しんでいただけるような開発・運営をしていきたいと考えています。

来年も作品を通じて驚きや新しい体験をお届けできるように、鋭意開発に励んでおりますので、ぜひご期待ください。

画像集 No.221のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る 画像集 No.222のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
ライザのアトリエ3 〜終わりの錬金術士と秘密の鍵〜
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像集 No.223のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る 画像集 No.224のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
レスレリアーナのアトリエ 〜忘れられた錬金術と極夜の解放者〜
(C)コーエーテクモゲームス / Akatsuki Games Inc.



コーエーテクモゲームス
TeamNINJAブランド長、プロデューサー/ディレクター
安田文彦

代表作:仁王、NINJA GAIDEN

画像集 No.230のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
<質問1>2023年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「ディアブロ IV」
時間を忘れてプレイできる、変わらない面白さがあったと思います。

<質問2>2023年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「天幕のジャードゥーガル」
スケールが大きくハードな設定と画やトーンのミスマッチがじわじわ来て、気づいたらのめり込んでいました。
主人公の下地になっているファーティマ・ハトゥンのゲームを作りたいと思いました。

<質問3>2023年に、個人的に注目した(している)人物

スピッツ
軽やかな名曲「美しい鰭」がとにかく良くて、らしさと新しさを両立できるベテランの切れ味に、30年越しに改めて注目しました。

<質問4>2024年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2024年3月22日に新作アクションRPG「Rise of the Ronin」が発売です。
世界中のプレイヤーの皆さんに、ひとりの浪人としてTeamNINJAの描く幕末を自由に体験して頂きたいと思っています!

画像集 No.227のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
Rise of the Ronin
(C) 2024 コーエーテクモゲームス. Rise of the Ronin is a trademark of KOEI TECMO GAMES CO., LTD. Published by Sony Interactive Entertainment Inc.
画像集 No.228のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る 画像集 No.229のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
仁王2 Complete Edition
(C)2020-2021 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像集 No.226のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る



コーエーテクモゲームス
プロデューサー
山際眞晃

代表作:Wo Long: Fallen Dynasty、Bloodborne、TOKYO JUNGLE、Déraciné

X(旧Twitter):@giwamasa
画像集 No.233のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
<質問1>2023年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム」
続編として最高の作りだと思いました。前作で使用した人物やフィールドが流用ではなく価値となる思い出やナラティブを活かしたゲームデザインは素晴らしいの一言に尽きます。本作発売直前に前作をあらためてプレイしたことも手伝って何気ないひとつひとつが心にしみました。

<質問2>2023年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「VIVANT」
久しぶりにリアルタイムで視聴したドラマでした。考察が人気のひとつになっていましたが、テレビとSNSの相性の良さをあらためて感じるコンテンツでした。テレビ離れというフレーズをよく耳にしますが、こうしたお祭り感は他ではなかなか実現できないので、宣伝なども考える身としては色々と考えさせられます。

<質問3>2023年に、個人的に注目した(している)人物

新しい学校のリーダーズ
オトナブルーのリリースからヒットするまで期間が空いているのが興味深いです。一般的にはリリース前後が話題にしやすく、その後に盛り上がりを作るのは至難の業ですが、オトナブルーやゲームだとスイカゲームなどが口コミをきっかけにピークを作ったのは現代的だと思います。もちろん運もありますが、皆メディア時代ではこれまで以上に発売日だけでなく、その後も含めて考える必要性があると感じました。

<質問4>2024年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

『Wo Long: Fallen Dynasty』のDLC第3弾「荊州の風雲」を2023年12月12日に配信しました。最後のDLCとなりますので、よろしければ年末年始プレイしてみてください。また、『Rise of the Ronin』を2024年3月22日に発売予定です。今後さらに情報を公開していきますので、ぜひチェックしてみてください。

Wo Long: Fallen Dynasty
(C)2023 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像集 No.231のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る 画像集 No.232のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る



コーエーテクモゲームス
プロデューサー
山口英久

代表作:「Winning Post 10」シリーズ、「Winning Post 9」シリーズ、「Winning Post 8」シリーズ

画像集 No.238のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
<質問1>2023年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム

今年は、このゲームのおかげで、他のゲームをプレイする時間がだいぶ削られました。
とにかく圧倒的な自由度の高さがすごいですね。頭を使ってクリアするだけでなく、ゴリ押しでクリアすることもダメじゃない。空・地上・地底がシームレスにつながる広大な世界を自由に動き回れる楽しさがありました。やりこみ要素の豊富さも魅力の一つだと思います(コログとカバンダのせいで、どれだけ寄り道させられたことか・・・)。昨今のリアル追及路線ではなく、ゲームならではのグラフィックの美しさも素晴らしいと思います。

<質問2>2023年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

VIVANT

豪華キャスト陣と半沢直樹をはじめとする日曜劇場のブランド力があってこそではありますが、事前の情報公開を最小限に抑える宣伝手法を、視聴率が需要なテレビ番組で実施して大丈夫なのかと当初は不安に思っていましたが、完全に思惑通りになりましたね。最初からリアルタイム視聴だけでなく、見逃し配信なども含めて考えた戦略だったのだと思います。急展開の連続や、次々出てくる謎もあいまって、先を考察させることで視聴者を巻き込む事にも成功し、尻上がりに視聴率も上がり、結果的には今年最も話題となったドラマになりました。商品力と宣伝手法がしっかりハマった素晴らしいコンテンツだったと思います。

<質問3>2023年に、個人的に注目した(している)人物

大谷翔平

いつもは競馬界の人物を挙げていますが、今年の競馬界は、人ではなく世界最強馬イクイノックスが話題を独占していましたので、違うジャンルから選びました。今更あらためて注目している人として名前を挙げるような人ではないですが、毎年進化し続ける姿に驚かされます。今年はWBCでの大活躍を皮切りに、MLBで史上初二度目の満票でのMVP受賞、更には日本人初のホームラン王。MLBは学生の頃から見てきましたが、日本人がホームラン王を獲る日が来るとは夢にも思いませんでした。もはやプロ野球選手としての偉大さを超えて、日本の誇りと言える人物になってしまいました。来年は名門ドジャースで新たな伝説を見せて頂きたいと思います。

<質問4>2024年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2024年3月28日に、『Winning Post 10 2024』を発売します。サラブレッドの美しさや個性表現、超満員のスタンドに鳴り響く大歓声をよりリアルに表現し、前作以上の迫力のレースシーンを演出しています。本作では、個性豊かなアイドルホースを育成し、自らの手で競馬ブームを巻き起こすことで様々な効果がもたらされ、それらの活用が新たな攻略の鍵となります。他にも、半世紀以上にわたる日本競馬の軌跡を体験できる史実イベントや2024年からスタートする国内ダート3冠や待望の能力エディット搭載など、盛りだくさんの内容でお届けします。楽しみにお待ちください!

Wining Post 10 2024
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像集 No.234のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る 画像集 No.235のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
画像集 No.236のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る 画像集 No.237のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る



コーエーテクモゲームス
開発プロデューサー / ディレクター
劉 迪

代表作:信長の野望・新生 with パワーアップキット、ファイアーエムブレム 風花雪月

画像集 No.239のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
<質問1>2023年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

ストリートファイター6
シリーズ作品は長く続くほど色んな意味で変化させることが難しくなると思いますが、今作は大胆に変化させながらもしっかりと成功させ、本当に素晴らしいなと感じています!
まわりでもストリートファイターデビューした人が多くいて、みんな楽しそうにプレイしていたのが印象的です。
吉田沙保里さんを起用したCMもめちゃくちゃ面白かったですね。こういった遊び心は大好き。プロモーションってこうあるべきですよね。いやこのセンスはズルいってまじで。

<質問2>2023年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

怪物(映画)
予告で気になって特に調べずに観たんですが、
複数の視点で物事を見ないと間違えちゃうよ〜みたいなテーマかと思いきや、そんな話に繋がるの!?となり、色んなテーマを感じました。全然予想してなかった〜。
もう一度見返したらまた違った発見があるかもしれません。
考えさせられるテーマが結構好きなのでとても面白かったです。考えさせられました。怪物は誰なんでしょうね。深いなぁ。
あまりネタバレしたくないので中途半端な感じになってしまいましたが、こんなしょーもないコメントでも気になった方がいたら是非観てほしいです!

<質問3>2023年に、個人的に注目した(している)人物

(回答なし)

<質問4>2024年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

今年2023年にリリースした『信長の野望・新生 with パワーアップキット』は計画を上回るペースで順調にセールスが伸びていまして、好調といえる結果となりました。
これもひとえに応援してくださっている皆様のおかげです。ありがとうございます!
とても面白くなっていますので、シリーズファンはもちろんのこと、プレイしたことがない方も是非プレイしていただけると嬉しいです!
それにしても40年続くシリーズというのはすごいですし、その節目のタイトルに携われたのは本当に光栄なことですね。

さて、2024年からはしばらく水面下で色々な準備をしていると思います、多分。
次に表に出るときは何のタイトルで出るか自分でも予想がついていませんが、とにかく面白いものをお届けできるよう取り組んでいきますので、お楽しみに!

信長の野望・新生 with パワーアップキット
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像集 No.580のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る 画像集 No.581のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
画像集 No.582のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る 画像集 No.583のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る



KONAMI
シニアプロデューサー
岡村憲明

代表作:『桃太郎電鉄ワールド 〜地球は希望でまわってる!〜』、『桃太郎電鉄 〜昭和 平成 令和も定番!〜』、『スーパーボンバーマン R』、『METAL GEAR SOLID: PORTABLE OPS』

画像集 No.243のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
<質問1>2023年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

今年は大作がたくさん出たこともあってなかなか絞るのが難しいのですが、1つあげるならやっぱり「ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム」ですね。前作「ブレス オブ ザ ワイルド」も衝撃を受けた一作でしたが、それを正当進化させるのにこういう方向性があったか、と感心しました。作中の中核アイデア「ウルトラハンド」は、アメリカの大学で工学部の授業の題材に選ばれたということでもニュースになっていましたが、しっかり作りこんだ「キモのアイデア」は、それ自体続編の要になるのだということを改めて実感した一作でした。

<質問2>2023年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

11月に公開された邦画「ゴジラ-1.0」です。個人的には2016年公開の邦画「シン・ゴジラ」がもうこれは生涯超えられないゴジラの最高傑作だと思ってたのですが、早々に更新かかっちゃいました。「なんで戦後を舞台にするのだろう?」とか「シン・ゴジラの後で本当に成功するのか?」とか、観る前は結構否定的だった部分もあるのですが、すみません。僕が完全に間違っていました。「ゴジラ-1.0」最高です。「・・・とはいえ続編はなくてもいいかなー」と今は思っていますが、これもまた謝る日がくることを期待しています。

<質問3>2023年に、個人的に注目した(している)人物

2025年に沖縄にオープンする「JUNGLIA」が先日発表されましたが、「丸亀製麺」のV字回復や「USJ」「西武園ゆうえんち」を成功に導いた、日本一のマーケター「森岡毅」さんを推したいと思います。誰も知らないモノを誰もが知ってるモノに変える天才。しかも「森岡毅」というブランドを使わずにそれを達成する異次元の才能にはいつも脱帽します。

<質問4>2024年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

先日発売させていただいた『桃太郎電鉄ワールド 〜地球は希望でまわってる!〜』をこれからもしっかりとお客様に届けていくことがまず2024年に行うべき一番の課題です。昨年はゲーム制作に携わるものとして特に紆余曲折の多かった一年でしたが、改めて多くのファンの皆様に愛されている作品に携わらせていただいている自分の仕事を見つめなおして、今まで以上に誠実に真摯に向き合っていきたいと思います。

画像集 No.240のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
桃太郎電鉄ワールド 〜地球は希望でまわってる!〜
(C)さくまあきら (C)Konami Digital Entertainment
画像集 No.241のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る 画像集 No.242のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る



KONAMI
「SILENT HILL」シリーズプロデューサー
岡本 基

代表作:SILENT HILL 2、SILENT HILL f

画像集 No.246のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
<質問1>2023年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』
間違いなく2023年に最も遊んだゲームです。前作で実現された、オープンワールドの自由度の高い探索に『作る』遊びが加わり、様々なパーツを組み合わせて乗り物や道具を生み出すのが楽しくてなりません。探索域も天空、地上、地底の3層構造に拡大し、探しても探しても探しつくせない広大さと奥深さを備えています。超大作だった前作をさらに大きく凌駕する、全てを遊びつくせないような超圧倒的なプレイボリュームです。

もともとゼルダの謎解きは、さりげなく隠されたヒントや自然科学的な発想からアイテムの使い道を着想していくものでしたが、本作の場合、パーツを組み合わせて足場や乗り物、仕掛けを作ることを通して、より自由な発想が求められます。夏休みの工作をしているかのようなワクワクする体験です。

前作でやや物足りなかったダンジョンのボス戦も、本作では強化され、巨大なボス敵との戦闘を楽しめます。スクラビルドによる武器強化もあり、戦闘も一段と着想が活きるものになりました。敵も手強くなり、集団の敵は、一体ずつおびき出したり、コンラン花で混乱させたり、と頭を使ってうまく倒していく必要があります。

探索から戦闘に至るまで、かつてなく、着想が活きる創造的なゲームになっており、時間が無限に吸われていきました。まさしく今年のゲームの豊作ぶりを象徴する一本でした。

<質問2>2023年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

『葬送のフリーレン』
原作からのファンですが、非常に品質の高いTVアニメを毎週楽しみに観ています。既に魔王討伐の旅を終えているフリーレンと、初めて旅するフェルンとシュタルク。人生の前半を終えた中高年層からも、若い層からも、両方の視点で共感できる作品だと思います。

質の高さだけでなく、売り方の点でも工夫が多く、注目しています。TVアニメの初回放送を金曜ロードショーでおこなった初めての試みを始め、週刊少年サンデーの表紙で『名探偵コナン』とコラボをしたり、月刊コロコロコミックで『運命の巻戻士』と『ベイブレードX』とコラボをしたり、と、幅広いユーザーに関心を持っていただく話題作りに余念がありません。サンデーの“本気”を感じる施策ばかりで、注目の集め方の良いお手本になっています。

他にも『無職転生』、『薬屋のひとりごと』など、近年、丁寧な作りのアニメ化作品のヒットが続いています。異世界に転生した少女が本づくりをおこなっていく『本好きの下克上』もWIT STUDIOによる第三部「領主の養女」編のアニメ化が発表され、大いに注目しています。原作は今年書籍版が完結して、30巻以上にも及ぶ長大なストーリーが幕を閉じました。平民や貴族の暮らしぶりが細部に至るまで丹念に描写されています。

<質問3>2023年に、個人的に注目した(している)人物

山崎貴監督
『ゴジラ-1.0』、『シン・ゴジラ』以来の邦画ゴジラという事で注目していました。どう仕上げてくるのかと期待半分不安半分で観に行きましたが、幕を開けてみれば、邦画の希望を示すかのような傑作でした。CG技術の水準が大変高く、大迫力のVFXで、邦画もここまでできる、という高みを示した、と思います。

ドラマ部分も怪獣パートとのバランスが取れていて、戦後すぐの人情風景を描き出していました。戦後になっても当事者のなかで戦争が終わってないという主人公の苦しみは、映画に良いスパイスを加えていました。日本でのヒットのみならず、アメリカでも好調な滑り出しなのも頷けます。

<質問4>2024年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

「SILENT HILL」シリーズをゲームとそれ以外の両方で盛り上げていきます。
まず今年は、ゲームではないインタラクティブストリーミングという新しい形式の『SILENT HILL: Ascension』を配信させていただきました。TVドラマ風のストーリーになった「SILENT HILL」をお楽しみいただけます。

そして、2024年はいよいよゲームで盛り上げていきます。まずは新しい続報をお届けしたいと思います。ファンの皆さん、もう少々お待ちください。

SILENT HILL 2
(C)KONAMI DIGITAL ENTERTAINMENT
画像集 No.244のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る 画像集 No.245のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る



KONAMI
プロデューサー
松尾達則

代表作:スーパーボンバーマン R 2

画像集 No.250のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
<質問1>2023年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』の自由度の高さには驚かされました。どれだけの制作物量とチェックコストがかかったのかを考えると恐ろしさすら感じます。

特定のタイトルの話ではないのですが、ソーシャルゲームではバックグラウンドでゲームが動く機能を実装したタイトルが増えた印象を持ちました。面白いゲームは多々ありますが、どうしてもプレー時間がかかってしまうので、私自身新しいゲームに手を伸ばすと今プレーしているゲームをやらなくなるといった状況になっています。現在飽和気味の市場環境への一つの回答なのかな、と感じています。

<質問2>2023年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

厳密には去年ですが、「FIRST SLAM DUNK」「ブルーロック」のムーブメントはすごかったです。
「THE FIRST SLAM DUNK」は、クオリティはもちろんすごいですが、原作を知っていることが前提のタイトルでここまでのヒットを生み出した販売戦略は本当に素晴らしいと感じました。「ブルーロック」はワールドカップ後のサッカー熱に非常にうまく乗っていたと感じます。あの当時、広告を見ない日はありませんでした。
いかにいいコンテンツでもアプローチの仕方によっては埋もれてしまう現状において、マーケティング・プロモーションの重要さを改めて痛感しました。

<質問3>2023年に、個人的に注目した(している)人物

お笑いが好きなのですが、今年は芸人の「きしたかの」に注目していました。YouTubeきっかけですが、今年のコンテンツで一番見たといってもいいくらいハマって見ていました。
ドッキリにかけられるまでの緻密な誘導も好きですが、気づいてからのリアクションが最高です。

<質問4>2024年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

「ボンバーマン」シリーズの最新作、『スーパーボンバーマン R 2』が発売中です。
今作は従来の友達や家族と遊べるパーティーゲーム感は引き続きお楽しみいただけますが、シリーズ初搭載のクラフト要素やオンラインで楽しめる要素を強化したタイトルです。
最大64人で遊べる「バトル64」や、今までありそうでなかったステージを自分で作成できる「ステージエディット」、作成したステージを使って攻寄る敵から宝箱を防衛する「キャッスル」など、これまでにない新しい「ボンバーマン」を体験いただくことができます。

画像集 No.247のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
スーパーボンバーマン R 2
(C)Konami Digital Entertainment
画像集 No.248のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る 画像集 No.249のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る



KONAMI
統括ディレクター
山口 剛

代表作:『eBASEBALLプロ野球スピリッツ2021 グランドスラム』

画像集 No.252のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る
<質問1>2023年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル:ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム
衝撃を受けた「ブレス オブ ザ ワイルド」の続編が発表されたときは純粋に発売日が楽しみでした。それと同時に、すでに完成された本作をどのように進化させ、ファンを楽しませるのか、ゲーム制作者の1人としてもとても興味がありました。
実際にプレーしてみると、プレーヤーの行動に対して何かしらのリアクションがある、というオープンエアーならではの要素はありつつ、NPCのリアクションが豊富になったことで、より世界観への没入感が高まりました。
また、ものづくりの要素が追加され、困った時にとりあえず何か作れば先に進めるようになっており、本当に自由度が高くいくらでもプレーしたくなる素晴らしい作品だと思いました。

<質問2>2023年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

BLUE GIANT(映画)
原作コミックは読んでいましたが、音楽(しかもジャズ)作品の映像化ということで気になっておりました。
実際に劇場で観てみると、原作のライブシーンの迫力が想像以上に表現されていて驚きました。アニメならではの動きのある演出が効果的に入っていて映像作品としても高い完成度だと思いました。
また、劇中のピアノ演奏は世界的なジャズピアニストの上原ひろみさんが担当されており、普段ジャズを聴くことがない方もジャズの世界に興味を持てる素晴らしい作品です。
映画館という環境で観ることができて良かったと思える映画でした。

<質問3>2023年に、個人的に注目した(している)人物

人物:大谷翔平選手
野球に携わる者として大注目せざるを得ない人物です。
話題になった「大谷ルール」は野球ゲームとしても採用しないといけませんので着々と準備しておりますが、これは大谷選手のために作られたと言っても過言ではないルールです。
また、2022年にナ・リーグにも導入されたDH制は、図らずも今回のドジャース移籍の追い風になったのかもしれません。
さて、そんな「世界の大谷選手」ですが、くしくも1994年生まれということで、なんと弊社パワプロと同い年のご縁なんですね。
近い将来、きっとドジャースでもリアル二刀流を見せてくれると期待しています。

<質問4>2024年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

1994年誕生のパワプロと2004年誕生のプロスピが、それぞれ30周年と20周年を迎えます。
この“周年イヤー”だからこそできる新たなチャレンジをしたいと考えています。
なんらかの発表ができるときが来れば、改めてお知らせしたいと思いますので、その時まで今しばらくお待ちください!

eBASEBALLプロ野球スピリッツ2021 グランドスラム
(C)Konami Digital Entertainment
画像集 No.251のサムネイル画像 / 年末恒例企画「ゲーム業界著名人コメント集」。177人が振り返る2023年と,2024年に向けた思いを語る

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月15日〜04月16日