パッケージ
勝利の女神:NIKKE公式サイトへ
読者の評価
62
投稿数:5
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

勝利の女神:NIKKE

勝利の女神:NIKKE
公式サイト https://nikke-jp.com/
発売元・開発元
発売日 2022/11/04
価格 基本プレイ無料+アイテム課金
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
62
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 最新シナリオまで読みたいなら廃課金レベルのPay to Play 40
    • 投稿者:かっこー(男性/30代)
    • 投稿日:2023/01/15
    良い点
    ・個性的でかわいいニケの数々
    SSRばかりとはいえニケの数は多く、個性やデザインも様々。個別シナリオもある。
    自分は序盤から助けてもらっているのでディーゼルやペッパーに愛着が湧いた。

    ・それなりに良く、ボリュームもあるシナリオ
    時折首を傾げるときはあるが、概ね王道を行っている。
    先述の個別シナリオ以外でもイベントでは主に部隊単位でのニケたちの姿を見れる。
    ポストアポカリプスで、それでも青臭い理想で進む主人公が好きならきっと合う。

    ・育成はあまり手間いらず
    基本は放置で育成素材が貯まっていき、それを消費することでレベルを上げていく。

    ・背中で魅せるニケたち
    背中というか尻だが、確かにセクシーな後ろ姿。ただニケによっては、それもSSRほど装飾やロングヘアなどでセクシーさが隠れていることがあり言うほど魅せてくれない。見たいのならばおすすめはやはりラピ。
    悪い点
    ・レベル制限
    一番の問題。少しの課金では到達できるレベル上限では実装シナリオの全てを楽しめない。いくらシナリオが良くても読めなきゃ意味がない。

    ・日課が一部面倒
    主にシミュレーション室のことだが、無駄にスキップ不可の部分が組み込まれているせいで手間が増える。頭からやる必要が減ったので少しはマシに。

    ・〇〇が足りない
    コアダストやバトルデータなどその時々で足りない物があり、足踏みを余儀なくされる。まぁ進行をコントロールしたいソシャゲである以上仕方ないかもしれない。

    ・ニケ間の差が強い/弱いが顕著
    いわゆる”当たり”のニケかどうかはかなりの差がある。ガチャでSSRが来ても喜べないことが多い。バランス調整はしているようなので今後の調整に期待。
    総評
     人権どこ?と言いたくなるような結構エグい世界観やニケのデザイン、設定等は面白い。育成も手軽で、放置しつつ一日に二度くらいログインして素材を集めていれば良い。序盤は育てたニケでドンドンシナリオを進めて楽しめることだろう。それも段々と停滞してくるが、レベル160まではモチベを持って進めると思う。
     問題はその先。よほどの廃課金をしなければニケを2凸したレベル160が上限となるだろうがシナリオではそれ以上の戦力を要求される。

     ポケモンで言えばこちらの手持ちはレベル40が上限なのに敵のトレーナーはレベル60以上のポケモンを使ってくるようなものだ。相性次第では勝てるときもあるが、やがてステータスにすり潰されてその先に進めなくなる時が来る。

     このゲームはレベルシンクロを導入しているので5体育てれば十分だが、逆に言えばレベル上限を突破したニケを5体用意する必要があるということ。SRは2凸までなので先に進むにはSSR3凸のニケが5体必要となる。
     10連で約6000円のガチャを200連すればニケの天井(あるいは限凸アイテムが手に入る)。SSR確率は4%。これで3凸を5体というのは廃課金と言われる額の課金が必要だろう。しかもそれはアリーナで勝つとかではなくメインシナリオを読むため、つまりPay to Playなのだ。

     一応チケットや石をかなり配布したり、モールド(確率の良いガチャチケみたいなもの)が存在しているが焼け石に水。開放というシステムがSSRニケが手に入るようになったが石を使わないと最初の1体分を手に入れるのに2ヶ月かかるのでこれも意味無し。廃課金して一気に揃えるか、半年や年単位かけてのんびりやる人ならばいいが中途半端に課金するならおすすめしない。このサイトでも売上が良いと記事になるが、それは課金誘導がエグいということでもあるのだ。
    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 2 4 4
  • あんまりオススメではない 40
    • 投稿者:放置民(男性/40代)
    • 投稿日:2022/12/30
    良い点
    難しすぎないアクション性があり、素材は面白い
    悪い点
    圧倒的な数のバグとチーター。コレだけで半分は無駄にしてる。そしてもう半分は日課が、スキップ機能が中途半端で無駄にダルい。最初は楽しいかもだけど、回復キャラや蘇生入れれば安定するのでただひたすら面倒くさい日課。他所のゲームなら5秒で終わるようなことを一時間ほどやらされる。そしてどんなに鍛えても緩和されたとはいえ戦力差でステが大幅低下するので全然前に進まない。その進まない中何時間も試行錯誤して前に前に進んだのに、突然の大幅緩和であの苦労何だったんだよと馬鹿らしくなる。ガチャも4%とかで確かにいっぱい出てるんだけど、エピソード17でピルグリム一体だけ。周りの無課金っぽいプレーヤーが全部揃いそうな人もいるのに運悪いとほんと萎える。ていうかホントに抽選してるのかってくらい底レアばかり。最近はチーターの排除も飽きたのかなってくらい指揮官レベル100前後のチーター溢れてるので馬鹿馬鹿しい。バグだらけのゲームさっさとオープンして金稼げればいいやって印象の運営が最悪ですね。覇権覇権と連呼してた人もどこに行ったのやら。
    総評
    めちゃくちゃ好きだけど、1ヶ月もプレイすればただただ面倒くさいだけであまり爽快感とかないです。早くも離脱者が出まくってるのも納得のつまらなさと面倒臭さ。
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 4 1 5 3
  • 野心的で情熱を感じる作品 80
    良い点
    [ストーリー&世界観]
    最近よくみるポストアポカリプスもの(文明崩壊後の近未来)。個人的には評価点とも取れる、追い詰められた側の陰鬱な雰囲気とそれを覆さんとする主人公達の熱気の対比に心を動かされます。

    [キャラクタービジュアル]
    "背中で魅せる"が売り文句であり、キャラクターイラスト等で見る機会があまり多くない美少女達の魅力的な「後ろ姿」がフィーチャーされている。
    なめらかなアニメーションで揺れ動くニケ達の動作と肉感は彼女達の魅力をより一層引き立て、武器である銃のリロードモーションも、装填時に開いたチャンバーから弾丸が露出したりと、SFな世界観の魅力でもあるメカを"魅せる"事にも妥協がありません。

    [翻訳センス]
    前述のストーリー&世界観で評価点とつながる部分であり、抜群のローカライズセンスを誇っています。取っ掛かりを感じない故に自然と読めるせいで、日本人が思わず不快感をあらわにするレベルの陰鬱でキックの利いた言動や皮肉、絶望の現状を打破せんと最前線を戦い続けるニケ、個性的な登場人物との掛け合いは、文字を通して淀み無く伝わってきます。blablaと呼ばれる作品世界内でのSNSサービスでは日本でよく使用されるスラングも飛び交います。(www や (´・ω・`) 等)

    [音関係]
    銃火器の発射やリロードの動作音、ラプチャー(敵キャラクター)の機械系モンスターならではの不気味な駆動音や音楽のレパートリーは非常に色彩豊かでSFな世界観を音で彩ります。前述した翻訳センスもあり、声優さん一人一人の演技や声の魅力が遺憾なく発揮されており、非常に良質で聴き応えがあるサウンドクオリティです。

    [戦略性のある戦闘要素]
    ニケ達の使用する武器によって得意な交戦距離、有効なタイプ相性やスキルバリエーションがあり、敵によって戦うニケを変えたり、シナジーを考え、プレイヤーが直接指揮(手動操作)で特定の場所を狙ったりバーストスキルのタイミングを見極めたりと、シューティングゲームながらアクション要素が強めで、放置しやすいゲームデザインでありつつも、プレイヤーが手にとって操作をするのも楽しい。
    悪い点
    [魅力を殺す都合が生まれてしまった彼女達の"後ろ姿"]
    後ろ姿が魅力と前述しましたが、一部ニケは上着を着込んでいたりコートを羽織っていたり、地面に付きそうなくらいなロングヘアーだったりで後ろ姿が見えないといったことがあります。非常にもったいない。(当ゲームではキャラクターにスキンバリエーションを持たせている為、いずれ改善(?)される可能性あり)

    [不安を覚えるバグの存在と事前対応]
    サービスイン前に、数々の不具合修正をしてきたと運営は仰っていますが、現状進行不能バグこそ減ったものの、まだまだプレイヤーが「?」と感じる不具合は目立ちます。とくに進行に支障を来すような不具合は、実装を遅らせたにも関わらず、コンテンツが開いたと思ったらまともに機能していなかったりと「ほんとに改善した?」と思うような部分がいくつかみられました。時間が解決する問題故に、色々と制作側の「都合」を感じさせます。

    [登場人物たちの言動]
    陰鬱なポストアポカリプス故にか、他人に対して強く当たる言葉が目立ちます。ニケ達の個性的な性格と価値観も、人によってはキツイ冗談や、浮いて出るアクのように見えることがあるかもしれません。(その作品世界内での生まれた価値観や、メタい話制作国の文化的な要素もあるのかもしれないので、一概に悪いとは言えません)

    [アンバランスなバーストスキルと突出した一部ニケの強さ]
    攻略を重視する際、一部ニケの強さが頭一つ抜けており、彼女の存在ありなしで格上に対するゴリ押しやギミック解除等の難易度が大きく揺れ動くことがあります。また全体高倍率攻撃スキルを持つニケが現状強く、支援、防御型ニケの強みを活かすには制限時間が一部戦闘以外では短いのも相まってDPSを強く求められるのが現状です。
    総評
    ここでは特に気になった部分を少しお話します。

    [BGM]
    ゲーム音楽を嗜む人にとっては非常に魅力を感じやすいかもしれません。特にリズムゲームを触っている方。もっというとDJ MAXやBMS、チュウニズムなどを遊んでいる音ゲーマーは「あっ!!!」っとなるコンポーザーを見かけることになると思います。ボス専用BGMや雰囲気がガラッと変わる雪原地帯、中には音ハメ演出もあったりします。知っている、好きなコンポーザーがドンピシャな方にとっては特別な印象を抱くかもしれません。脱線しますが、私はNieNのRODシリーズが大好きなので彼のヘビーロックを此処でたくさん堪能できてもうそれだけで幸せです。
    サウンド面がコンポーザーがディレクションしているということもあり、聴くエンタメのとしての作品の質は今時なセンスを感じられて、高い完成度であると思います。

    [カチャカチャ好きな人]
    何を意味するのかわからないのと思われますが、銃の動作関係の話です。某対人FPSシューター等の銃火器の装填モーションや発射時のハンマーコックやスライドレバーを叩く動きや弾切れ時にチャンバーを一旦確認してからマガジンを抜いたりするあの動きで大好きでモデルガンで真似したりするくらいなのでそれを美少女達が行っている姿を見ているだけでも楽しいしカチャカチャ音やロケランの弾頭をポンポン押し込む音やその動きがとてもなめらかなアニメーションで細かに表現されているビジュアル良い点で既に書いてあることですがマジで素晴らしいんですよ知らなかったって人僕も私も俺も好きだぜって人ちょっと見てくれませんか(早口)

    [性癖をぶっ刺すニケ達]
    制作会社の現在もサービス中の作品でも魅力的な美少女がたくさん存在したことも相まってか、NIKKEにおいてもその良さはしっかりと受け継がれています。
    おっきいのから小さいの、優しい子や面倒見のある人、生意気で素直じゃない子、懐疑的な人、使命を持つ人、様々なニケ達の性格とビジュアルは、きっと、必ず「この子好き!」ってなれるんじゃないかと思います。
    マリアンってニケが大好きなんですけど、魅力を語るにはちょっと此処では割愛させていただきます。あとニケじゃないけどシュエンCEOとか好きです。その腹蹴らせてください。

    [もっと遊ばせて]
    このゲームは放置ゲー要素があり、ニケ達の育成は時間に応じてそれらが溜まっていくもので、メインストーリーや一度攻略したデイリーコンテンツ等は、その後遊べない、報酬がないので遊ぶ必要がないのでやることを終わらせるとゲームそのものをする必要がありません。せっかく魅力的なニケ達が居るのですから、彼女達の活躍を見る機会を増やすために反復要素がほしいと感じます。報酬薄くても無くてもいいので過去クリアしたメインストーリーの戦闘をリプレイしたり、遊びに時間をかけるユーザーの為のコンテンツがあるともっと良いかなと感じます。


    美少女の背中を魅せるというキャッチコピーだけでは語りきれない魅力が詰まったNIKKEという作品。
    スマホゲーは個人的に敬遠していたのもあって、キャラクタービジュアルいいなぁ、でもスマホゲー触ると他のゲーム集中できなくてなぁ、でも手持ち無沙汰なときちょっと触れるものあってもいいよなぁと思う中、人生で初めてクローズドβにも参加した思い入れのあるスマホゲーであります。
    最初は単純に銃×美少女という組み合わせが好きだったんで某なんとか前線も触っていました、ここまでのめり込むようになったきっかけは、やはりゲームというエンタテインメントの出来の良さの面で、「もっと遊びたい」と感じさせてくれるものでありました。
    美少女のココを見せたい!というニッチな所を真摯に向き合う情熱と、ゲームを面白くするための根本の設計と、それを彩る世界観と違和感の無いローカライズ、サウンド。様々な光る要素は、ゲームならではのエンタメ性を表現するものとして、制作陣の「情熱」を感じた作品であります。
    致命的な不具合が見過ごせないレベルなのと、ビルド要素が一部強すぎる構成がある点がマイナス要素です。それを払拭できるレベルかは人それぞれの価値観もありますが、プレイヤーが楽しめるゲームを作ろうとする制作側の熱を覚えた私としては、それを評価したいです。

    美少女ゲームなんか新しいもの触ってみたい。銃ゲーが好き。タイム○ライシスが好き。音ゲー遊んでる。「広告とかテレビでCMやってたけどそういやまだ手出してないな」って方。良かったら触ってみていただけると、いちユーザーではありますが嬉しいです。
    書きたい事もっとあるんですけど、よかったら是非、自分の手で感じて見て聴いてほしいです。
    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 1 4 3
  • 世界観、ゲーム性、尻を高水準でまとめた良ゲー。ただし後半から出来ることが減って放置要素が強くなる 85
    • 投稿者:Beav(男性/20代)
    • 投稿日:2022/11/27
    良い点
    ※メインストーリー13(現時点で7割)程度、毎日プレイ、課金約5万の感想です
    ◆世界観
    ディストピアもの。NieR:automataやドールズフロントに近い雰囲気あり。
    ただし独自の世界観についてしっかりした軸を持っており、メイン・キャラストーリーではそこから外れることなく物語が展開されている。ストーリー道中で得られる記録の断片や期間限定ストーリーであってもその世界に住むキャラクターの感情が見て取れる。
    また、キャラごとの会話パターン(面談)が膨大にあり、サービス開始当初から今までほぼ同じキャラに話しかけているが、まだ被りが発生していない。昨今よくある「手に入れて一日で網羅できるキャラ会話の陳腐なゲーム」の一線を超えている。

    ◆翻訳
    これが一番大きいが、日本語に違和感が少ない。アークナイツを例に挙げるが、会話の中でおかしな日本語を使われると言葉が気になって没入しにくく理解が難しい場面が発生し、冷めやすいことがある。ニケはストーリー重視のゲームで最重要な言語問題をクリアしており、海外元のゲームの中では頭ひとつ抜けていると感じた。

    ◆ゲーム性
    ・基本的に総合戦力とDPSを上げていくことが主であり、分かりやすい。
    ・一方でキャラ毎、武器種ごと、バースト(必殺技)ごとの特性があり、高難易度ミッションでは編成によって対策、戦闘中はスキルの発動タイミングを計ったり敵を処理する順番を考慮したりと、単にDPSが高いキャラ5体を並べれば勝てるわけでもない為、シンプルなUIなのに意外と攻略のしがいがある。

    ◆BGM・SE
    ゲーム内でサウンドトラックを見ることができ、その量がかなりある。
    銃撃音やリロード音に関しても種類が豊富。
    トリガーハッピーな人も満足できるかも。

    ◆サブコンテンツ・イベント
    ・キャラ毎に膨大な会話パート(面談)がある。基地の増設は箱庭要素もあり、ちびキャラが歩き回っており、ホーム画面とはまた違う会話も聞ける。あとかわいい。
    ・戦闘モードもだんだんと敵が強くなっていくタワーモードや、ランダムにバフを選択して進めるシミュレーションモードなど、挑戦できる要素は多い。
    ・期間限定のストーリーモードや、他プレイヤー4人とリアルタイムで協力する協力戦など、まだサービス開始から日がないにも関わらず多彩。
    ・最高レベル5体にリンクさせてレベル共有するシステムがある。キャラを手に入れた後いちいちレベル上げしなくて良いのは大きい。

    ◆グラフィック・2Dモーション
    ・言うまでもない。重量感ある尻もあれば、柔らかすぎてヤベエ!と言うのもある。
    その射撃姿勢なんなん?最高やん!装備が邪魔なんだよ!マント剥げ!などいろいろ多彩。
    解像度・各種設定を最高にしてプレイ推奨。
    ・リロードモーションや待機姿勢、射撃姿勢など、全てにおいて2Dモーションが違和感ない動作。

    銃撃の反動と尻を組み合わせて発想・実現させた人々は神か。

    ◆ガチャとゲーム内アイテム
    オーソドックスな闇鍋タイプ。良い面は、外れてもゲーム内ショップでSSRキャラを60%の確率で手に入れられるアイテムと交換できる為、無駄になりにくい。
    悪い点
    ◆小バグ、通信エラーが少なくない
    直近のアップデートでだいぶ改善されたが、新しいコンテンツや未クリア、未受取時に表示される赤丸アイコンが無駄に表示されるなどUI面、システム面においてまだ改善箇所は多い。
    また、戦闘後リザルトはクリア情報をサーバーでやり取りしたのちにスマホなどに達成記録がされているものと思われるが、サーバー側との通信エラーが発生すると、最悪の場合その戦闘を最初からやり直しにさせられることがある。
    期間限定の協力戦ではリアルタイム通信である事もあり、途中でエラーが発生しまたやり直しと言うこともしばしば。

    ◆後半から放置要素が強い
    メインストーリーの進捗を軸に他のモードが順に解放される為、序盤の実績解放やスタートダッシュ報酬が無くなるタイミングで戦力が上がりにくくなり、挑戦できることが少なくなる。基本的に一度クリアしたステージは反復できない。総合戦力を順調に上げられないと放置報酬待ちになる為、
    戦力を上げられない→メインストーリーが進まない→他コンテンツが解放されない→戦力を上げられない
    の悪循環が発生する。期間限定イベントの報酬は少なくないが、挑戦回数が日毎に決まっている。放置報酬報酬は一日分で2〜3キャラ分レベルを上げられるが、高難易度ステージのみが残る状況では塵も積もれば…な状況となる。
    結果、ある程度キャラが育って行けるところまで進めてしまうと、デイリー消化した後は推奨戦力に上がるまで射撃訓練場ぐらいしか常時挑戦出来るコンテンツがない。

    ◆操作キャラ以外の攻撃対象が指定できない、しにくい
    自爆特攻や高威力レーザーを使う敵などを早めに処理したいが、Autoでは基本的に敵の出現順・照準に近い順で対象が選択されているようで、倒し切るか相手がワープなどで画面から消えないと次の対象を狙ってくれない。一部ステージで破壊不可能な遮蔽物に敵が隠れても対象を変えてくれない。
    キャラを切り替えて操作すれば有効打を与えられるが、思い通りにしようとすると操作が間に合わず疲れる。バースト中は同じ敵を狙ってくれるが、それ以外の間で若干ストレスとなる。

    ◆ベスティのスキル構成が不遇(超個人的)
    バースト発生条件とスキル構成を見直してあげて。全弾ダメージ1は流石にかわいそ過ぎる。

    ◆基地の箱庭要素
    建設できる施設がどれもこじんまりしており、全体的な見た目としてプレイヤー毎の個性は反映されにくい。施設のレベルアップや、それ以外の装飾系がなければ、毎日目にするコンテンツとしてはやや不足気味。

    ◆ガチャ
    ゲーム内アイテムである程度のSSR保証があるとはいえ、10連6000円相当なのは痛い。ピルグリムはピックアップ指定できないので、それを無理やり手に入れようとするとかなりの出費になる。欲しいキャラをある程度指定できるが、期間限定ガチャ・ゲーム内アイテムでは指定できない。
    総評
    世界観を大切にしたメインストーリーは勿論だが、各キャラ毎の膨大な会話パートがそれに大きな説得力を与えている。ディストピアものを受け入れられれば確実にハマると思われる。
    グラフィックに関しては言わずもがな、全キャラ2Dモーションも現時点で高い水準にいることは間違いない。

    一方で小バグやエラーが多い点はこれからの改善次第だが、戦力の底上げ方法が実質放置報酬だけになってくる為、常設で育成アイテムが貰える何らかのモードは必要に感じられる。メインストーリーを進め切った人にも同じことが言える。

    会話パートやメインの進捗で解放されるコンテンツなど、全体的に長期スパンで少しずつ遊ぶゲーム設計の為、焦って重課金してもあまり旨味はない。

    総評として、確実に楽しんで遊べるゲーム。今後の不具合改善と常設の追加要素に期待。

    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 5 4
  • コンテンツ盛り盛りに見えるが・・・ 65
    • 投稿者:菩薩峠(男性/30代)
    • 投稿日:2022/11/12
    良い点
    〇世界観
    謎の機械生命体に地上を奪われ、地下で生きる人類の話。ニケという戦闘兵器を用いて再び地上を奪還しようというハードめなお話。冒頭からいきなり衝撃の展開。非常に先が気になる

    〇動きまくるキャラ
    2Dイラストがこれでもかと動きます。銃のリロードモーションとか凝ってます

    〇BGM良し
    とても良いかと

    〇ケツ
    ケツ!・・・だが
    悪い点
    ●バグがやや多め
    一番気になる所ではサービスインから各コンテンツの更新マークがもはや正常に動作していない。更新されていないコンテンツにずっと更新マークが灯っており、気になる。ローンチから1週間で数度緊急メンテが行われたが、この点に関しては全く治る気配がない。その他スキル効果のダメージ倍率の計算が意図しない物となっており、一部のキャラにおいてかなりの火力を叩き出すなどのバグがあり。
    サービスインから6日目の初のアップデートではメンテナンスの延長、明けた後にエラー頻発、ログイン障害、挙句には実装予定だったコンテンツの延期など、かなりの混迷を極めている。これらは補填が手厚かった為に、個人的には許せたレベルだった。

    ●日課のシミュレーションルームがやや面倒
    戦闘を繰り返して最後に待ち受けるボスを倒すコンテンツだが、少し面倒。部隊の戦力が上がれば上位のレベルをクリアすれば下位レベルはスキップ出来るが、昨今のソーシャルゲームに倣えば一度クリアしたレベルに関してはスキップ出来てもいい気もする。

    ●システム面がややシビア
    このゲームはスタミナ性ではなく、昨今主流の周回ゲームではない。それはいい所でもあるのだが、その代わりにキャラレベルを上げるアイテムの数が非常にシビアで、課金しない限りは比較的にすぐステージ攻略に詰まってやる事がなくなる。幸い石は必要になるものの、いつでもレベルはリセットして資源を戻す事も出来る。また、シンクロシステムがあり、実質5体のキャラを育てればすべてのキャラとレベルを同期する事が可能。
    しかしスキルレベルに関しては初期の現在では資源が限られている上、リセットシステムも無いため、この先ガチャで強いキャラを引けた場合を考えるとなかなかすぐに上げてよい物か迷う所がある。しかしスキルレベルを上げなければ部隊の戦力が上がらないのでステージ攻略が進まない、というなんとも痛し痒しな状況になりがち。装備に関しても同様に強化が存在するが、そちらはほかのキャラと共用出来る為、スキルほど慎重になる必要はない。しかしレア度が低い物を育て過ぎると高レアリティの装備を手に入れた時に資源不足になる為、こちらもこの先を見越した管理が必要なのか見極める必要がある。
    その他親密度を上げる面談というシステムもあるのだが、日に任意の5キャラにしか行う事が出来ないのに、成功と失敗が存在する。親密度もこれまたキャラクターの強化に重要な為、きちんと選択肢を吟味しないと効率面で差が出てしまう。
    この様にシビアなコスト管理に取り返しの付かない要素が少なくない数介在する為、適当にプレイして気持ちよくなれる類のゲームではない。

    ●クエストモード(ロストセクター)のステージ開放の頻度が少ない
    執筆時点で8章最後辺りまでしか来ていないが、フィールドを探索して敵を倒して進んでいくクエストモードのステージが2つしか開放されていない。こちらのコンテンツページには結構ズラっとステージが並んでいるので、もう実装済みストーリーも残りわずかのこのタイミングで2つというのは少ないように思う。各章クリアで一つ開放するくらいでもいいのに。モード自体も一度クリアしたら特に用は無いので、なかなか虚無を感じる。

    ●タワーモード(トライブタワー)の曜日別クエに一部困難なものがある
    どんどん強くなっていく敵を倒して進んでいくタワーモードには、各所属別のニケ限定での攻略が必要な物があるのだが、現状すべてがガチャ産SSR限定のピルグリム所属のモードが一部の廃課金者以外はほぼ攻略不可能である。サービス開始直後時点でピルグリム所属ニケは6体と、1部隊構成に必要な5体ギリギリの数である。このピルグリム所属ニケは闇鍋ガチャの中でも確率が低め設定されており、その代わりに殆どが強力なキャラクターとなっている。これからSRなどの実装が進めば無理のない構成で普通に攻略が可能になっていくのだろうが、現状だと先にも述べた様に闇鍋ガチャを根気よく引きまくって5体(まぁ1体でも挑戦は可能だが・・・)以上集めた人だけが攻略可能なコンテンツになってしまいっている。このタワーモードにはランキングがあるのだが、先行ダッシュでガチャを引きまくった人がこのランキングに参加でき、報酬を得られるので現状ややペイトゥウィンとなっている。と言っても個人的にはあまり気にはならないが

    ●拠点モード(前哨基地)に個性が出ない
    このゲームには拠点を建設して大きくしていくモードがあるのだが、現状非常に薄味な印象のモードである。最初からある施設は部隊強化に必須の機能を備えているが、追加で建設していく事になる施設に関しては、一部施設の進行条件になっている他、週に3回しかこなす事が出来ないキャラとの突発イベントが発生するくらいしか役割がない。建設に関しても必要になるのはストーリーフィールド上で宝探しをして手に入れられる建築用アイテム1個のみで、つまりは誰がやっても順番通りに同様の建物が建っていくだけである。建物そのものにバフ効果があったり、増築していく事が出来る訳でもないので、本当にただ単に飾り物になっている感が強い。ここはアップデートでもう少し遊べる形にしてくれるとよいなと思う


    ●ガチャ
    基本闇鍋で、ピックアップがあるオーソドックスな物。この先どうなるか分からないが、現状だとピックアップは新キャラに対して行われるようで、初期実装キャラに関してはその類の物は今のところ存在していない。つまり前述した強キャラ群の既に実装されているピルグリム所属ニケを引くには過酷な闇鍋を引き続けるしかない。このゲームのガチャにはウィッシュリストという、指定したキャラ以外は排出しなくする事が出来るシステムが備わっているので、ある意味優しさがある闇鍋とも言える。が、なんとピルグリムにはそれが適用されない。1回限定のSSR確定有償石限定ガチャにおいてもピルグリムだけは出ないようになっており、露骨にピルグリム所属ニケに関しては入手手段が絞られている。
    なのでピルグリムでも特に強い2体のキャラどちらかをリセマラで手に入れる事が推奨されているほど。その分強く、手に入った時の嬉しさはひとしおなのだが、単純にキャラ自体が気になっている人にとっては辛い所だろう。
    ただ、ピルグリムのニケの排出率は1体につき0.08%程度となっていて、自分はまだ1万円も課金していない微課金勢だが、無料ガチャ等も併せて既に2体引けているので体感的にはそこまで悪く感じない。ウィッシュリストシステムのおかげでSSRの排出キャラ数を絞る事が出来ているので、そちらが多少なりとも良いように作用しているのか、そこまで厳しい道のりでもない・・・気がする。

    ●ケツ
    「背中で魅せるガンガールRPG」などというキャッチコピーは建前であり、実際我々が注目することなるのは戦闘中ほぼ拝む事になるニケ達のケツであり、それこそが本作の最大の売りでもある。だが、少なくない数のキャラが「極端な長髪」「衣装の外套」などによってそれが拝めないという致命的な不具合を抱えている。この点に関しては追加スキンなどで早急に対処すべき点である
    総評
    今はサービス開始間もなく、ストーリーを追って、ある意味無心で楽しめる状態である。しかしタイトル通り、無数にあるように思えるコンテンツはその一つ一つがやや淡泊であり、周回ゲーでも無いためデイリーミッションとキャラの強化・ストーリーの進行が終わったらあとは手は膝の上、になりがちなので既にチラホラと存在するストーリーミッションを終えてしまった人は現状何をしているのだろうなという感じ。
    無論そういう人たちはランキングなどで上位に行くことを狙っているような人もいると思うので、そうなればいくらでもお金を使ってキャラを強化する遊び方もできる。
    しかしそうでないプレイヤーにとっては、厳しいガチャシステム等により、早々にやる事がなくなる事が予想される。(あっても投資が必要)
    今後どのようにアップデートして行くのかプレイしつつ見守っていきたい。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 2 4 2
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月28日〜01月29日