日本最大級の
総合ゲーム情報サイト

プレイレポート

見知らぬ誰かの生殺与奪の権を握ってみませんか? 木村良平さん演じる“彼”の鼓動とボイスを堪能できる「シンゾウアプリ」プレイレポート

アプリのダウンロードと冒頭のエピソードは無料だが,すべてのシナリオをプレイするには1800円でのアンロックが必要だ
画像(002)見知らぬ誰かの生殺与奪の権を握ってみませんか? 木村良平さん演じる“彼”の鼓動とボイスを堪能できる「シンゾウアプリ」プレイレポート
 さまざまなイケメンが登場するタイトルを遊ぶ人であれば,1度くらい「このイケメンの生殺与奪の権を握ってみたい」と思ったことはないだろうか? 

 そんな仄暗い欲求を抱いたことがあるのなら,125が2019年2月1日にリリースした声と鼓動のインタラクティブノベル「シンゾウアプリ」iOS / Android)に注目してみてほしい。

「シンゾウアプリ」ダウンロードページ

「シンゾウアプリ」ダウンロードページ


 「その昔,罪人の心臓を切り抜き晒す『心ノ臓ノ晒シ刑』という惨たらしい呪いの刑罰があった。その刑罰を現代のテクノロジーで再現した」と謳う本作。アプリを起動して真っ赤なトップ画面に続いて現れるのは,謎のメッセージ“now downloading SHINZO”という文字だ。そしてノイズにまみれた画面には脈打つ「心臓」が浮かび上がり,どこからともなく“彼”の声が聞こえてくる……というのが,物語の始まりとなっている。

 物語の中心人物である彼は,どうやら呪いによって心臓を切り抜かれてしまい,それがどういうわけかプレイヤーが開いているこのアプリにある,ということらしい。突拍子もない出来事に思わず混乱しそうになるが,それは自分の命ともいうべき心臓が他人の手に渡ってしまった“彼”も同じこと。こちらの声を直接届けられない,コミュニケーションの手段が限られた状況で,どこの誰とも分からない“彼”と少しずつ対話を重ねていくことになる。

画像(003)見知らぬ誰かの生殺与奪の権を握ってみませんか? 木村良平さん演じる“彼”の鼓動とボイスを堪能できる「シンゾウアプリ」プレイレポート
“彼”を演じるのは声優の木村良平さんだ。アプリを立ち上げると,なぜか健康にまつわるちょっとした一言(ケンコウナレッジ)が流れる。理由はよく分からないが,木村さんの声で気遣われるのはちょっと嬉しい
画像(004)見知らぬ誰かの生殺与奪の権を握ってみませんか? 木村良平さん演じる“彼”の鼓動とボイスを堪能できる「シンゾウアプリ」プレイレポート
プレイ中は主にノイズだらけの画面が表示されているのだが,スクリーンショットだけでは「シンゾウアプリ」らしさがなかなか伝えにくい。どのあたりが心臓っぽいのかは,本作を目と耳と手を使って感じ取ってほしい

 アプリによって“彼”の心臓とつながっているということで,プレイ中の画面では心臓が脈打つさまを確認でき,脈動に合わせた心音が聞こえ,スマホを握る手からは端末のかすかな振動を感じられる。この鼓動が見えない“彼”の生きている証なのだと耳を澄ませていると,もし止まってしまったら……止めることができてしまったら……という,ちょっと危険な衝動にかられるかもしれない。

 “彼”の話す言葉に耳を傾けることが主となるので,感覚としてはドラマCDやシチュエーションCDに近い。焦ったり,緊張したりといった感情が声音だけでなく鼓動の速さからも伝わってくるため,より臨場感たっぷりに楽しめる。

 プレイ中は,時折“彼”が何らかの問いかけを行ってくることがあるので,指を縦にスライドさせて「YES」,横にスライドさせて「NO」の意思表示をしよう。どちらの反応を返したかによって“彼”から投げかけられる言葉も変わるので,色々と試してみたくなるだろう。

画面下部の「Skip」と「Rewind」でフレーズを1つずつ進めたり戻したりでき,画面を軽くタップすると“彼”の話した言葉が浮かび上がる。ただし「タップ=心臓に触れる」なので,あまり強く連打すると……
画像(013)見知らぬ誰かの生殺与奪の権を握ってみませんか? 木村良平さん演じる“彼”の鼓動とボイスを堪能できる「シンゾウアプリ」プレイレポート 画像(012)見知らぬ誰かの生殺与奪の権を握ってみませんか? 木村良平さん演じる“彼”の鼓動とボイスを堪能できる「シンゾウアプリ」プレイレポート
画面上部の左,中央,右をタップすると,画面に表示される“彼”の言葉がそれぞれ英語,簡体字,繁体字で表示される
画像(009)見知らぬ誰かの生殺与奪の権を握ってみませんか? 木村良平さん演じる“彼”の鼓動とボイスを堪能できる「シンゾウアプリ」プレイレポート 画像(010)見知らぬ誰かの生殺与奪の権を握ってみませんか? 木村良平さん演じる“彼”の鼓動とボイスを堪能できる「シンゾウアプリ」プレイレポート 画像(011)見知らぬ誰かの生殺与奪の権を握ってみませんか? 木村良平さん演じる“彼”の鼓動とボイスを堪能できる「シンゾウアプリ」プレイレポート

 そしてもう1つ,彼からの問いかけに応える際に「太陽のマーク」「月のマーク」が現れることがある。どちらを選ぶのもプレイヤー次第だが,これは6人存在する“彼”との出会いに関係してくる。どのような流れでどんな“彼”と出会い,結末を迎えることになるのかは……ぜひ自分の目と耳で確かめてほしい。

画像(005)見知らぬ誰かの生殺与奪の権を握ってみませんか? 木村良平さん演じる“彼”の鼓動とボイスを堪能できる「シンゾウアプリ」プレイレポート
なぜ複数人いるのかも気になるところだが,これもシナリオを読み進めていくと「そういうことか」と納得できる。このほかにも展開によって少し変わった操作を求められることもあり,どれも内容と演出がマッチしていて非常に楽しめた
画像(006)見知らぬ誰かの生殺与奪の権を握ってみませんか? 木村良平さん演じる“彼”の鼓動とボイスを堪能できる「シンゾウアプリ」プレイレポート
セリフが聞こえている間にハートの「Bookmark」をタップすれば,好みのフレーズを保存できる。あとで好きな部分を好きなだけ聞き直せるのは嬉しいところ


※以下では,どのようなタイプの彼と出会うかなどネタバレとなる部分があります。ネタバレを気にする方は,クリア後のチェックをオススメします。

木村さん演じる“彼”のボイスをたっぷり堪能


 さて,本作の大きな特徴となるのが,木村さんによる“彼”の演技だ。木村さんといえば,女性向けゲームという枠組みの中だけでも真っ直ぐで初々しい少年や,クセが強く何を考えているのか分からない青年まで,さまざまなタイプを演じ分けている。これまでさまざまな木村さんの演技を見聞きしてきたつもりだったが,本作では女性向けタイトルでは出会えないようなタイプも登場する。その理由は実際にプレイしてもらえれば察してもらえると思うが,ここではどんなタイプがいるのかをザックリと紹介していこう。

最初に出会う“彼”は典型的な俺様気質で,この状況に陥るまで「心ノ臓ノ晒シ刑」の呪いも信じていなかった。ここからどう変わっていくのかは,プレイしてのお楽しみだ
画像(014)見知らぬ誰かの生殺与奪の権を握ってみませんか? 木村良平さん演じる“彼”の鼓動とボイスを堪能できる「シンゾウアプリ」プレイレポート
 まず出会うのは,いわゆる俺様系タイプ。急に心臓を切り抜かれてしまい,かなり焦燥しているのは分かるが,とにかく命令してくるし高圧的だ。とはいえ“彼”の心臓を手にしているのは自分であり,なんと言われようが命を握っていると思えば愉悦を覚えこそすれ,これといって腹立たしい気持ちは起きなかった。
 それに女性向けタイトルをたくさん遊んできたプレイヤーなら,このタイプにもう1つの面があるとなんとなく察することができるはずだ。こちらに信頼を寄せてきた際のギャップには,思わず菩薩のような顔になってしまうだろう。

 続いては女癖が悪そうなチャラ男タイプ。女性向けタイトルに出てくるチャラ男タイプは可愛げがあり,軽めの言動にも何か深い理由があるなど,プレイボーイな一面だけでは終わらないキャラクター性を持つことが多い。
 だが,ここで登場するのは悪さのあるチャラ男だ。だからこそ,あまり女性向けタイトルでは見られないセリフや演技が飛び出してくるので,その新鮮さから結末までじっくり楽しめた(なんともいえない微笑を浮かべながら)。冒頭で述べたように,生殺与奪の権を握る感覚を楽しみたいプレイヤーにマッチしたタイプだろう。

 もう1人,チャラ男っぽいタイプがいるのだが,こちらは端的にいえば「人でなし」の一言に尽きる。怒りや悲しみなど,聞き手の負の感情を揺さぶる展開ゆえに,人によっては途中で聞くのをやめたくなってしまうかもしれない。
 しかし「これバグってない!?」と,アプリの挙動を疑ってしまうユニークな演出が入るため,気になってつい最後まで聞いてしまった。個人的にはなかなか楽しかったので,寛大な心で最後まで付き合ってみてほしい。

中断した場合は「続きから」から再開でき,1度クリアしたルートはそれぞれの“彼”に出会うところからまた始められる。ちなみに,エンディングを迎えると「文豪とアルケミスト」などでも知られるノイジークロークの坂本英城氏が手がけた楽曲が流れる。心に染み入る美しいストリングスの音色だった
画像(007)見知らぬ誰かの生殺与奪の権を握ってみませんか? 木村良平さん演じる“彼”の鼓動とボイスを堪能できる「シンゾウアプリ」プレイレポート 画像(008)見知らぬ誰かの生殺与奪の権を握ってみませんか? 木村良平さん演じる“彼”の鼓動とボイスを堪能できる「シンゾウアプリ」プレイレポート

 一方,女性向けゲームに登場しても不思議ではないタイプも存在する。あえて名付けるならワンコ系といったところで,こちらの反応を気にして垂れ下がる耳や振り切れそうな尻尾が見えてくる気がした。
 とはいえ,本作にキャラクタービジュアルは一切登場しない。だが,木村さんの声を聞いているだけで見えないはずのイケメンの姿が脳裏に浮かび,さらにあるはずのない耳や尻尾が見えてしまう,幻覚に幻覚が重なるという体験をした。聞こえてくるのは心臓の音と声だけなのに,どんな表情で,どんな感情を抱いて話しているのかがありありと浮かぶのは,さすがといったところ。

 もう1人,こちらも比較的登場しそうなタイプがいる。一言でいうなら「包容力」といったイメージで,少し気の抜けたところもあるが,どこまでも自分を守ってくれそうな優しさに満ちている……そんな男性像がすぐに浮かんだ。こちらはシナリオや演出がほかのタイプと異なり,SFミステリーのような印象を受けた。エンディングの迎え方も一味違うので,お楽しみに。

 最後の1人は,あえて詳細は伏せるが,乙女ゲームなどにもいるといえばいるし,人気のタイプといえば人気だと思う。いろいろな意味で“振り切れた演技”のせいか背筋に嫌な汗がつたったし,思わず「これはゲームなんだ,アプリなんだ」と自分に言い聞かせてしまうほどだった。好きな人はとことん好きなタイプだと思うので,ぜひこのうっすら感じた寒気を味わってほしい。

 あなたは「シンゾウアプリ」で,どんな“彼”に出会うだろうか――?


「シンゾウアプリ シナリオブック」にも注目

画像(001)見知らぬ誰かの生殺与奪の権を握ってみませんか? 木村良平さん演じる“彼”の鼓動とボイスを堪能できる「シンゾウアプリ」プレイレポート
 「ボイスだけじゃなく,きちんとテキストでも確認したい!」というプレイヤーにうれしい別売りの「シンゾウアプリ シナリオブック」(価格は500円)も用意されている。シナリオブックには,選択肢による分岐を含む全ストーリーのほか,アプリ起動時に聞けるケンコウナレッジが収録されている。シナリオの分岐点を確認して既読率100%を目指したり,気に入ったセリフをブックマークしたりするのに活用しよう(アプリクリア後の購入を推奨)

「シンゾウアプリ シナリオブック」ダウンロードページ(Apple Books)

「シンゾウアプリ シナリオブック」ダウンロードページ(Google Play ブックス)

Kindleストアで購入


「125」公式サイト

「シンゾウアプリ」ダウンロードページ

「シンゾウアプリ」ダウンロードページ

注目の記事

1
★★★★★★★
2
★★★★★
3
★★★★★
4
★★★★★
5
★★★★
6
★★★★
7
★★★★
8
★★★★
9
★★★★
パッケージ
シンゾウアプリ 6人の彼 -R-
  • 125
  • 発売日:2019/02/01
  • 価格:ダウンロード無料(Story - Full Unlock 1800円 / Bookmark - Full Unlock 600円)
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/声優

タイトル/ワード名(記事数)

全件表示する
最近記事を読んだタイトル/声優

タイトル/ワード名(記事数)

全件表示する