日本最大級の
総合ゲーム情報サイト

イベント

心に残るあたたかい余韻,「スタマイ」の新たな魅力。OVA「スタンドマイヒーローズ WARMTH OF MEMORIES」先行上映会&キャストトークショーレポート

 2023年1月28日,東京・新宿ピカデリーにて,colyのスマホ向けアプリ「スタンドマイヒーローズ」iOS / Android。以下,「スタマイ」)を原作としたOVA「スタンドマイヒーローズ WARMTH OF MEMORIES」先行上映会が開催された。

画像集 No.001のサムネイル画像 / 心に残るあたたかい余韻,「スタマイ」の新たな魅力。OVA「スタンドマイヒーローズ WARMTH OF MEMORIES」先行上映会&キャストトークショーレポート

 今回のイベントでは,2023年夏に配信予定の本作を一足早く上映するとともに,オリジナルボイスドラマの公開と,キャストトークショーが行われた。


アニメ初登場「瀬尾研究室」と
ヒロインが織り成す物語――OVA「スタマイWOM」


 原作アプリ「スタンドマイヒーローズ」で描かれるのは,薬物絡みの未解決事件を扱う独立捜査機関「スタンド」をめぐる物語だ。このたび先行上映されたOVA「スタンドマイヒーローズ WARMTH OF MEMORIES」(以下,「スタマイWOM」)は,「スタンド」に所属するヒロイン・泉 玲が,とあるきっかけで行動心理学の第一人者である大学教授の瀬尾鳴海や,その研究室メンバーたちと一緒に過ごすという日々を中心とした物語だ。原作ファンには,「瀬尾鳴海 キャラクター追加イベント」をベースにしたストーリーだと言えば伝わるだろう。

 2019年に放映されたTVアニメ「スタンドマイヒーローズ PEACE OF TRUTH」と比較すると,「スタマイWOM」は非常に穏やかな場面が多い。だが,本作のメインキャラである瀬尾鳴海が,“人の心を読み操る悪魔――「ダンタリオン」”と呼ばれていることや,彼が抱える“心が揺さぶられるほど失われてしまう”記憶障害が,物語に緊張感を与えている。

 「スタマイ」ファンである筆者の感想だが,本作を観て,原作の持つあの“得も言われぬ余韻”を再び思い出した。1時間という決して長くはない作品ではあるが,観終わった今これを書きながら,瀬尾研究室とヒロインのこれからに思いを馳せている。とはいえ切ないばかりではなく,本作には楽しくほのぼのした場面もたくさんあり,キャラクターのちょっとした仕草,やりとりなどの描写に「そうそう,このキャラクターはこういうところが良いんだよね!」と,また原作を読み返したくなった瞬間も多かった。

 さらにもう1つ個人的な感想としては,2019年のTVアニメと同じくfox capture planが音楽を担当しているのもうれしかった。映像を彩る上質な音楽は,アニメになった「スタマイ」の世界をさらに素晴らしいものにしていると思う。このほかにも「スタマイ」にはまだまだアニメで観てみたいストーリーがたくさんあるので,少し気が早いが,これからの展開にも期待したい。



キャストが語る「スタマイWOM」の魅力とは?


写真左から石谷春貴さん,下野 紘さん,KENNさん,村井美里さん
画像集 No.003のサムネイル画像 / 心に残るあたたかい余韻,「スタマイ」の新たな魅力。OVA「スタンドマイヒーローズ WARMTH OF MEMORIES」先行上映会&キャストトークショーレポート

 上映後に行われたトークショーでは,アニメで新登場(原作では名前のみ登場)のキャラクター・増原太一を演じる石谷春貴さんがMCを務め,下野 紘さん(可愛ひかる役),KENNさん(日向志音役),村井美里さん(泉 玲役)とともに,作品への思いや収録エピソードなどを語った。

 2019年のTVアニメでは,原作に出てくるなかで瀬尾研究室を除くすべてのグループ(マトリ,警視庁,Revel,都築兄弟,九条家)が登場しており,キャスト陣にとっても「スタマイWOM」は念願の作品となった。「スタマイ」のキャラをアニメでは初めて演じることになった下野さんとKENNさんは,ゲームのボイス収録とは感覚が変わり,新鮮な気持ちで演じられたと話す。

 また,村井さんは,これまではマトリや警視庁などの面々が(ヒロインである玲の)周りにいたが,今回は影から見守られていたことに,彼女の成長を感じたと話していた。さらに「スタマイ」初参戦の石谷さんは,本作のPVを観て,あまりにもエモく感じた(石谷さん曰く「エモちらかしてた!」)と言い,ぜひほかのストーリーも読みたくなったそうだ。

 作品に関しては,キャスト一同が「玲と瀬尾鳴海の関係性にグッときた」と口を揃え,KENNさんは「瀬尾さんのことがもっと好きになった」と,下野さんは「泣きそうになった」と熱く語った。ちなみに,村井さんは瀬尾を演じた子安武人さんと2人で収録に臨む機会があったそうだ。研究室のメンバーが寝入ってしまい,玲と瀬尾が2人きりで会話をするシーンは,同じ空間で収録できたからこそ再現できた雰囲気だと話してくれた。

 作品に関してはほかにも,「早乙女郁人(CV:細谷佳正)のヒロインに対する態度の切り替わりがすごい」「インターホンの鳴らし方がやばい」などと盛り上がった。

 トークショー後半では,本作のサブタイトルにちなみ「記憶」を試すミニゲームとして,「スタマイWOM」に関するクイズに挑戦。キャスト陣は観客の拍手の力を借りつつ見事全問正解し,ご褒美として「スタマイ」アニメではお馴染みとなった“リアル店舗のスイーツ”,「パティスリーハヤトヤマダ」のスイーツ(本作「スタマイWOM」に登場)をゲットした。

 また,残念ながら登壇は叶わなかったものの,瀬尾鳴海を演じる子安武人さんからメッセージが届いており,石谷さんによって代読された。子安さんは,「僕にとって瀬尾鳴海は,比較的素直に演じられる貴重な役。収録でも,瀬尾さんが優しく導いてくれるような安心感があった」,そして一緒に収録した村井さんへもすてきなヒロインだったと「バッチグー!」との言葉を贈っていた。

 イベントでは,「スタマイWOM」の後日談となるボイスドラマも特別公開された。この日のために録りおろされたという物語は,瀬尾研究室のメンバーと玲によるほのぼのとした日常のワンシーンだ。「スタマイWOM」の余韻から続くあたたかな雰囲気に,客席からは大きな拍手が送られた。

 そして最後に,キャスト陣からファンに向けてメッセージが届けられた。村井さんは胸がいっぱいになったのか一瞬言葉をつまらせる一幕もあり,キャスト一同も,ぜひまた ファンの皆に会える日を,そしてまたアプリやアニメでキャラクターを演じられるのを楽しみにしていると語り,イベントは終了となった。

アニメ「スタンドマイヒーローズ WARMTH OF MEMORIES」
完成披露上映会イベントストリーミング配信
販売期間:2023年2月5日22:00まで
アーカイブ配信:2023年1月29日00:00〜2月5日23:59

アニメ「スタンドマイヒーローズ WARMTH OF MEMORIES」公式サイト


「スタンドマイヒーローズ」公式サイト

「スタンドマイヒーローズ」ダウンロードページ

「スタンドマイヒーローズ」ダウンロードページ

注目の記事

1
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
2
★★★★
3
★★★
4
★★★
5
★★
6
★★
7
★★
8
★★
9
★★
パッケージ
スタンドマイヒーローズ公式サイトへ
  • coly
  • 発売日:2016/09/05
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/声優

タイトル/ワード名(記事数)

全件表示する
最近記事を読んだタイトル/声優

タイトル/ワード名(記事数)

全件表示する