オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
AKIBA'S TRIP PLUS公式サイトへ
読者の評価
75
投稿数:1
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

AKIBA'S TRIP PLUS

AKIBA'S TRIP PLUS
公式サイト http://akbstrip.jp/
発売元 アクワイア
開発元
発売日 2012/06/14
価格 3990円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
75
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • バカバカしさと快感とが同居 75
    良い点
    ・敵の服を脱がす快感
    「ジャキィィン」という効果音とともに敵の服がスポーンと脱げる、その馬鹿馬鹿しい現象にこのゲームの魅力の大半が詰まっている。
    一周クリア後は衣装の他に自キャラの変更もできる(もちろん声も変る)ようになる為、さらに馬鹿馬鹿しさがパワーアップ。
    グラフィックの関係上、エロさをあまり感じないのは好みが分かれるところか。

    ・秋葉原がリアル
    「秋葉原」に拘っただけのことはあるなぁと思う再現っぷり。
    秋葉原カレーパンのテーマが聞ける駅前の中毒性は異常。
    悪い点
    ・グラフィックが荒い
    無印は未購入なので、無印で酷評されていたモデリングがどの程度改善されているかはわからないが、まぁまぁそれなりに見られるレベル。但し設定画とは全然似ていない。
    ボディラインも立ち姿は安い空気人形のようで、良いか悪いか判断は分かれるが「脱がすゲーム」なのにエロさを感じない。
    イメージとしてはPS1初期ゲーを思い浮かべるとわかりやすい。

    ・アクションの操作性がイマイチ
    格闘アクション並の操作性を期待するとガッカリします。
    カウンターを返すかガード不能技を叩き込むか、基本はその二択。
    ガード不能技は隙が大きい為基本的には後手有利。
    但し敵に囲まれるとガード不能技でタコ殴りにされるケースが多い。

    ・最上級難度が難しすぎる
    序盤のザコ敵にさえ勝てない(彼我のダメージ量が違いすぎる、その為囲まれるとアウト)難度の為投げた。
    最上級難度でないと集められない衣装やモデルがある為、自分にはコンプできない。
    総評
    バカゲー、意欲作、実験作。本作を表すならこの辺りが適当か。
    脱がすことの快感が中心にあって、キャラ変更も衣装変更も吸血鬼の設定も全部その快感のために用意された要素。

    小奇麗にまとまった大作ゲームより、こういうバカゲーのほうがゲームらしくて「遊んでいる」気になれるのは自分だけだろうか。

    グラフィックも操作性もイマイチな部類なので他人にオススメはしにくいが、「面白い」ゲームであることは確か。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 4 2 4 5
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月17日〜01月18日
タイトル評価ランキング
88
84
DEATH STRANDING (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
56
Epic Seven (iPhone)
2019年07月〜2020年01月