オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「機動戦士ガンダムAGE」のメインスタッフが勢揃い。「LEVEL 5 WORLD 2011」のステージイベントをレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2011/10/18 17:53

イベント

「機動戦士ガンダムAGE」のメインスタッフが勢揃い。「LEVEL 5 WORLD 2011」のステージイベントをレポート

機動戦士ガンダムAGE ユニバースアクセル
 2011年10月16日,東京ビッグサイトで行われた「LEVEL 5 WORLD 2011」で,「機動戦士ガンダムAGE」(以下,AGE)のステージイベントが行われた。ステージには,ストーリー/シリーズ構成を務めるレベルファイブの日野晃博氏,プロデューサーを務めるサンライズの小川正和氏,監督の山口晋氏,メカニックデザインの海老川兼武氏があがり,AGEに関するトークを繰り広げた。

 トークの冒頭で日野氏は,AGEに関わるようになって,ガンダムファンの熱を実感したと感想を述べ,「ガンダムの怖さを知りました」とコメント。そして,自分達が真剣にガンダムを作っているということを知ってほしいと続けた。

ストーリー/シリーズ構成を務める日野晃博氏
左から,プロデューサーの小川正和氏,監督の山口晋氏,メカニックデザインの海老川兼武氏

 海老川氏は,ストーリーが100年という長いスパンで進んでいくため,最初から飛ばし続けるのではなく,先を見据えながら丁寧に作っていきたいと展望を語る。そして,日野氏と山口氏から新しいアイデアがどんどん出てくるものの,それらすべてを取り入れることは時間的に厳しいとのことで,「やりたいことと時間のせめぎ合いです」と,作り手らしいコメントをしていた。

 続いて日野氏は,AGEのネット上での評判が気になっていると話したが,それに対し山口氏は,「これもガンダムだと開き直って,面白い作品を作ることにつきると思います」と述べた。また日野氏は,ファーストガンダムを意識することがあり,「無意識のうちにファーストの“呪縛”に捕らわれる(笑)」と,その苦労を口にしたが,「ファースト世代なのでしょうがない」とほかの登壇者も頷いていた。

 なお,AGEに登場するUE(アンノウン・エネミー)は,山口氏の発案だそうで,「ガンダムで異種格闘技戦をやってみたかった」と述べ,トンデモ系の設定すべてが日野氏によるものではないと話す。これを受け日野氏は,「どっちかっというと,ぼくは(ガンダムの設定を)守る側でした」とコメントしていた。


 また会場で公開された「ガンダムAGE」の最新PVには,アニメ版だけでなく,PSP版「機動戦士ガンダムAGE」の映像も収録されており,日野氏は「発売日はまだ先ですが楽しみにしていてほしい」とコメント。本当は「LEVEL 5 WORLD 2011」にプレイアブル出展したかったそうなのだが,間に合わなかったために1分間の映像出展になったという。

 トークセッションの最後には歌手の栗林みな実さんが登場し,AGEのエンディングテーマ「君の中の英雄」を披露。また,プステージでは,AGEの1話と2話が巨大スクリーンで上映されていた。

機動戦士ガンダムAGE ユニバースアクセル
栗林みな実さん
  • 関連タイトル:

    機動戦士ガンダムAGE ユニバースアクセル

  • 関連タイトル:

    機動戦士ガンダムAGE コズミックドライブ

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月16日〜01月17日