オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ヴァイスシュヴァルツ ポータブル公式サイトへ
読者の評価
62
投稿数:2
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

ヴァイスシュヴァルツ ポータブル

ヴァイスシュヴァルツ ポータブル
公式サイト http://ws-psp.channel.or.jp/
発売元 バンダイナムコエンターテインメント
開発元
発売日 2011/11/23
価格 通常版:6800円(税込),限定版:1万480円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
62
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • どちらに主眼を置いても中途半端 75
    • 投稿者:Itsuki(男性/30代)
    • 投稿日:2011/12/05
    良い点
    【カードゲームパート】
    ●バランスが取れている
    ・禁止カードの収録見送りなど。
    ・初期デッキがそれなりに強く、またゲームの仕様上一方的になることが少ない。

    ●カードの入手が楽
    ・通常の購入も安め、条件次第で指定したカードを入手できるシステムもあり。

    ●カードゲーム部分のテンポが良い
    ・マッチ終盤で多少考慮時間があるが、COMの思考時間が少なくスピード感がある

    ●カードに声やムービーがつく
    ・キャラカードを出したり攻撃させたりした時に、そのキャラが喋る。
    ・一部のクライマックスカードはムービーシーンつき、その他も声が出るなど。

    ●限定版の「2ターン目」は、原作キャラと対戦ができる
    ・原作キャラはもちろん喋る。

    ●オリジナルカードがある
    ・God EaterやTales of Abyssなどナムコ関係のゲームのキャラのオリジナルカードが収録。

    【恋愛パート】
    良い点無し
    悪い点
    【カードゲームパート】
    ●収録カード数が少ない
    ・1000枚オーバーと非常に多いように聞こえるが、リアルカードの枚数からいえば半数にも満たない。

    ●コンピュータのAIがお粗末
    ・どんなに不利になろうが起動能力は必ず起動する。チェンジ先がいないチェンジ、Lv3クロック6の状態で、1クロックコストを支払う、など。
    ・ある程度コストがあれば、右側から順番に強さ無視でアンコールする。
    ・クロック3以降はクロックを置かない

    ●できることをすべて訊いてくるため、操作ミスが多発。
    ・圧殺時やチェンジ時、手札アンコール時に3コストアンコールするか聞いてくる。決定ボタンで早送りしていると、無駄なコストを払ったりも。

    ●一部のカードに声がついてない、ムービーに違和感がある
    ・原作でモブキャラ扱いのカードなどは声がない。
    ・一部のクライマックスカードは、フラッシュムービー並のお粗末さ

    ●処理タイミングがおかしい
    ・起動能力でダメージを与えてLv4にしても即勝利にはならず、隣のキャラを動かした瞬間になぜか勝利判定になったり。

    ●パートナーの「おねがい」が理不尽
    ・パートナーなのにルールも知らないのか、絶対無理なお願いや運任せすぎるお願い、相当不利になるような行動を取らされることも。
    ・お願いをかなえることでアイテムや親愛度を稼げるため、「AIがダメな分、むちゃなお願いをきくことでバランス調整している」としか思えない。

    【恋愛パート】
    ●ヒロインがテンプレート
    ・それほど恋愛ゲームをやったことがない自分ですら、飽き飽きしている見た目や性格、反応がほぼ予測できるような選択肢。

    ●ストーキングほぼ必須
    ・グッドエンドを迎えるためにはほぼ毎回ヒロインを追いかけることになる(「お願い」次第で多少手を抜いてもOK)。他のキャラのイベントが楽しめない。
    ・その割に、イベント数が少なく、すぐ同じイベントが発生する。


    【総合】
    ●ロードが長い
    ・所持カード情報が必要な場面になる前に、20秒〜40秒のロードが発生。
    ・サムネイル画像を読み込むスピードが遅すぎるため、デッキ構築に時間がかかる。


    総評
    まず、「悪い点」に書いたように、リアルカードの練習という目的では決して満足できない出来である。一部の作品はほぼカードが収録されているので、一人回しの相手くらいにはなるが…

    カードゲームをメインとして見るなら、ゲーム部分の色々なところで手を抜いて、無駄な恋愛パートとシステムがついているように見えるし、
    アドベンチャー物として見ても、特に変わり映えはなく、ミニゲーム部分のゲームが難解な上にロードが長いという。

    もともと原作ありきのカードゲームなので、オリジナルのヒロイン云々よりは、次元を旅して原作キャラとの対戦で勝ちあがっていく、みたいな物の方がよかったのではないだろうか。

    どちらを主眼に置いても、何か足りない、ひと工夫ほしかった、そう思わせる内容だった。

    ヴァイスシュヴァルツをかじった程度の自分には、千早と対戦できて、「I Want」のムービーが流れただけで十分であるのだが。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 3 2 2 4
  • 色々とイライラする感じが・・・ 50
    • 投稿者:とも(男性/20代)
    • 投稿日:2011/12/03
    良い点
    ・デッキ構築のシミュレーションが出来る
    ・キャラが個性的で可愛い
    ・クライマックスが動く
    ・大戦中のシステムボイスやスキン、プレイマットなどが色々と選べる
    ・PRのカードが収録されている
    悪い点
    ・ロード時間が長い
    ・意味不明なバージョン違い
    ・収録作品が少ない
    ・AIが頭悪すぎる
    ・デッキ構築が面倒(特に、実際のカードゲームで触ったことがない作品)
    ・積み込みかと思えるほどのキャンセル率
    ・お願いシステム(意味不明なお願いが多すぎる)
    総評
    デッキ構築のシミュレーションができるので、色々と試せるのは良いと思いました。
    実際にシングルで買おうとすると数千円するようなカードも入れ放題ですし。
    PRのカードも収録されていたのは驚きでした。
    しかし、収録作品が少ないのは残念です。パッと見多いですが、なのは3種類はほぼ同じ扱いなので、見た目ほどは多くないです。

    キャラはそれぞれ個性的で可愛いです。声優さんの演技もいい感じです。
    ただ、フルボイスでないのは少し残念。まぁ、ただでさえ長いロードがもっと長くなりそうな気もしますが。^^;

    対戦中はクライマックス発動時に演出が入ったり、システムボイスを書く作品のキャラが担当してくれたりして、楽しいです。アイマスのボイスの多さには笑いました。
    また、プレイマットなども好みに応じて購入できるので、自分好みのフィールドを作ることができます。


    悪い点なのですが、上記の良い点をすべてかっさらっていってくれるような気がしなくもないです。

    いろいろな所で言われていますが、メディアインストールをしてもロードが致命的に長いです。
    はかってみたところ、平均40秒程度でした。
    しかも、移動のたびにロードが入るので、ロードの頻度も高く、非情にストレスがたまります。(自室→校内マップ→購買部→自室:これだけでもロードだけで2分ほどかかります)

    これまた多く言われていますが、AIが頭悪すぎます。
    チェンジ要件を満たしていないのにチェンジして無駄にコストだけ支払ったり、パワーが負けていればほぼサイドアタックしてきたり、応援キャラを絶対に前に出さなかったりと、ひどいものです。
    AIとの練習目的で購入をお考えの方には正直オススメできません。

    ・AIのキャンセル率が高すぎる
     試合中のAIのキャンセル率が異常です。ソウル3以上の攻撃はほぼ確実にキャンセルされます。ごくたまに6点通ったりしますが、ソウル+2のクライマックスを出して攻撃しても全て防がれる、という状況がほぼ毎試合おこります。
    ソウル1の攻撃ですら、連続3回防がれたりします。
    私の最高記録はリフレッシュ後含め、連続11回キャンセルだったと思います。
    レベル3,クロック5から4ターン引っ張られました。

    こちらはあまり言われていませんが、個人的に悪いと思ったのが「おねがいシステム」です。
    パートナーキャラが試合中に色々とお願いを出してきて、それを達成するたびに報酬がもらえたり、信頼度が変化したりする、というものなのですが、実際にプレイしているコレが非常に鬱陶しい。
    どのような感じかというと

    ・後1点通せば勝ち、という場面で「クライマックスを置く」
    ・完全運任せの「攻撃をキャンセルされない」
    ・手札にレベルの高いキャラしかいない状況での「マリガンしない」
    ・完全にこちらのパワーが勝っている状況での「フロントアタックしない」
    ・レベル2のキャラを展開済みで、手札にレベル0のキャラしかいない時の「何かキャラを置く」

    などなど、無茶苦茶な要求が多いです。
    自由に戦略を組めないのがこれほどまでに辛いとは思いませんでした。
    無視することも出来ますが、無視すると報酬はもらえませんし、信頼度も上がらないので、聖櫃の間でカードを貰うこともできません。そのため、お願いを聞くのはほぼ必須といってもいいだけに、非情にストレスが溜まります。

    システム面
    システム面も非常にあらが目立ちます
    手札アンコールを行った後、何故かコスト3アンコールをするか聞かれます。
    ルールに則っているとはいえ、ありえないことを聞かれても、という感じです。
    しかも、アンコールするかの最終確認もないため、必要のないキャラをアンコールしてしまうことも多々あります。
    なのに、手札にクライマックスや助太刀がないのにクライマックスフェイズやカウンターステップを手動で飛ばさなければいけなかったりするので、面倒です。


    と、どうしても悪い点が目立ってしまいます。
    ロード時間の長さはプレイのテンポを落としますし、頻繁に行き来したい購買部と自室の間も2分程度かかるとなると、いらいらするのも当然かと思います。

    ゲームとしては面白い試みだと思うので、次回作では、悪い点を克服してくれることを願うばかりです。

    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 2 1 3 3
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月14日〜11月15日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月