オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
スーパーマリオ 3Dランド公式サイトへ
  • 任天堂
  • 発売日:2011/11/03
  • 価格:4800円(税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
83
投稿数:7
レビューを投稿する
海外での評価
90
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

スーパーマリオ 3Dランド

スーパーマリオ 3Dランド
公式サイト http://www.nintendo.co.jp/3ds/arej/index.html
発売元 任天堂
開発元
発売日 2011/11/03
価格 4800円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
83
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • さらに動かすことが楽しくなった名作 90
    • 投稿者:B.B(男性/20代)
    • 投稿日:2012/01/30
    良い点
    ・3DSタイトルの中でも3D映像をかなり効果的に使った作品
    ・難易度は高めだが、何回もチャレンジしたいと自然に思わせるところが心憎い
    ・アクションが苦手な人でもしばらく救済処置があるので安心
    ・キャラを動かしていることが素直に楽しいと思える
    ・本体のMii広場にいるMiiからアイテムがもらえたり、すれ違った人の各ステージのクリアタイムが送られてくるシステムは面白かった
    ・テンポがいいのも○
    悪い点
    ・残機増加の条件が甘すぎて緊張感に欠ける
    また、せっかく裏面で難易度を高くしても表面での残機が裏に持ち越されるのでやはり緊張感がないです。(わざと自分で残機を減らせばいいかもしれませんが)
    総評
    全体的に「初心者」と「熟練者」の両方に楽しんでもらおうという感じがあり、良心的なシステムが多々ある今作ですが、少々「初心者」のための救済処置がすぎると思います。

    死にまくることで出現する救済アイテムを裏面でなくしたことはよかったのですが
    残機の持ち越しはやめて欲しかったし、1UPの条件も厳しくして欲しかったです。


    しかし、
    今作は過去シリーズの経験を利用してうまく昇華している作品で、3DSでなければ楽しめない作品として成功していると思います。

    ほかの過去のシリーズ作では味わえない2次元とも3次元とも取れる世界観には魅了されました。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 3 3
  • つまらなくはないけれど 40
    良い点
    高低差のあるコースで3Dをオンにしたときの眺め。
    悪い点
    距離感や位置感覚がイマイチ掴みづらい。
    総評
    2Dマリオのようにとっつきやすく易しい操作性でないにも関わらず、
    ひとつひとつのステージのボリュームは短く物足りないため、従来の3Dマリオほど遊び応えもない。
    つまらないとバッサリ斬ってしまうほどではないけれども、どうにものめり込むことができませんでした。
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 2 2 3
  • そうきたか、と思わされる2.5次元マリオ 80
    • 投稿者:yoshi0(男性/20代)
    • 投稿日:2011/12/01
    良い点
    ・立体視独特の奥行きを使ったステージ構造
    3D立体視は基本、大雑把に見て手前、真ん中、奥の3つの遠近感を強く認識しますが、このマリオは微妙な奥行きをステージの構造にうまく活かしている。

    ・これまでのマリオ集大成といった操作性
    基本的な操作感覚は64マリオに近いが、ステージ設計がやや2D寄りの3Dという不思議な感覚。いろいろできて、適度にシンプルな操作性
    悪い点
    ・視認性
    一部、若干カメラワークの不自由さが気になるところがあるほか、奥行きや位置関係を認識しづらい時がある。ただ、これは個人差がある問題かと
    総評
    最近のマリオはあまり熱心にプレイしていないのですが、この奥行きや錯覚を活用したマリオは3DSの特性にドンピシャで、「なるほど」と思わされました。やはりニンテンドーのハードを最大限に活かせるのは任天堂のソフトだと、Wiiのスカイウォードソードと共に実感。
    プレイ時間
    5〜10時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 3 3 4 3
  • 何度でも遊びたくなる 95
    良い点
    ・アクションゲームが得意じゃなくても、救済要素があって楽しめる
    ・上級者も楽しめる手ごわいステージもあり
    ・とても丁寧に作られていて、遊び心も随所にたくさん
    ・すれ違い通信でメダルゲット出来るのが嬉しかった
    ・公式で「携帯機用に1ステージを短くした」とありましたが、その短さがちょうど良かった
    ・スターメダル探しでプレイに程よい緊張感が出て良かった
    悪い点
    ・3Dオンでプレイしても、奥行きがわかりづらく敵を踏み損ねたりジャンプ後着地しそこねて落下死がとても多かった
    ・スライドパッドでの移動が難しかった
    総評
    とにかく面白いです。
    私はアクションゲームが苦手なので序盤から苦労していますが、萎えずに
    もう一回やってみよう!と前向きに楽しめるゲームです。
    丁寧に作られたマップやマリオの動きが心地よく、
    難易度も「今ミスして死んでしまったけど、もう一度気をつけてプレイすれば
    ステージクリア出来そうだな」と思える絶妙なバランスです。

    また、携帯機と言う事で空いた時間にちょこちょこプレイできるようにと
    1ステージは短めに作られてあるそうですが、
    そのおかげで料理を煮込んでいる間にとか、洗濯機を回している間にとか
    本当にちょこちょこプレイが出来て助かっています。

    裸眼立体視で見ることによって、とてもプレイしやすくなった3Dマリオという印象ですが
    やはり敵の踏みづらさや、着地の地点がわかりづらく落下死などは
    どうしてもあったかなと思います。
    また、スライドパッドに私自身が慣れていないせいか、真っ直ぐ走っているつもりでも
    斜めに入力されていて落下してしまったりという事も多かったです。
    ですが、それらは慣れの部分も大きいかと思いますので
    気になっている方はどんどん触れてみてほしいゲームです。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 4 4
  • 3DSユーザーなら買って損はなし 90
    • 投稿者:hylom(男性/30代)
    • 投稿日:2011/11/27
    良い点
    ・過去にマリオをプレイしたことのある人なら、すぐに楽しめる
    ・定番の「マリオらしさ」をきちんと継承しながら、新要素も導入されている
    ・それなりにやり混み要素がある
    ・理不尽な難しさがない
    ・全般的に難易度は低めだが、歯ごたえのあるコースもある
    悪い点
    ・基本的にコースやワールドは一本道で、ワールドごとのメリハリはない
    ・謎解き・探索要素が少ない
    ・あっとおどろくような新要素は多くない
    ・一部カメラワークなどがプレイを妨げる個所あり

    総評
    任天堂の看板タイトルに恥じない、秀逸なゲームでした。

    コースを縦横に自由に動き回れる3Dマリオですが、3Dマリオをほとんどプレイしていない自分でも2Dマリオとほぼ同じ感覚でプレイできました。初代スーパーマリオブラザーズをオマージュしたステージや、過去のシリーズの音楽をアレンジしたBGM、しっぽマリオなど、過去にマリオシリーズをプレイした人なら懐かしく感じる要素も多くあり楽しめます。

    ステージごとにさまざまに異なるギミックがあり、全8ステージ+クリア後のスペシャルステージ8つ、合わせて100コース近くのコースが用意されていますが、どれも飽きさせないものになっています。多くの人が楽しめる、定番のゲームではないでしょうか。

    【グラフィックス】
    携帯機ということもあり超美麗というわけではないですが、不満はまったく感じません。マリオらしいグラフィックスだと思います。3Dオン時の立体感はそこまでではないですが、そこそこの奥行きは感じられます。

    【サウンド】
    いままでのシリーズの音楽をアレンジしたものなど、懐かしいものも多く含まれていて楽しめました。ただ、似た曲調のものが多くメリハリにやや欠ける気はします。

    【快適さ】
    3Dで立体的に見えるものの、奥行き方向にジャンプして敵を踏んだり、狭い足場をジャンプして渡る、という操作はやや難しいです。3Dの奥行き感だけで正確に奥行き方向の位置を把握するのは困難で、影を頼りにするわけですが、影が見づらい場所もありそこはややストレスが貯まります。

    視点は基本的に固定なのですが、スペシャルステージではわざとプレイしにくい視点にしているんじゃないの? と思われる場所もありました。また、視点が頻繁に変わるステージではダッシュで素早く進んで行くと視点切り替えが追いつかないこともあり、進行の障害になります。パズル・だまし絵的に視点を設定するのは良いと思いますが、アクションの邪魔になるような視点設定はいかがなものかと思います。

    【熱中度/ストーリー】
    ストーリーはいつもどおりのマリオです。クッパは何回ピーチ姫をさらえば気が済むのでしょう(笑)。まぁ、ストーリーはあってないようなものですね。熱中度は非常に高いです。理不尽に死ぬことはほとんどなく、原因は自分の操作ミスや不注意によるものなので、死んでも次こそは、という気分で挑戦できます。

    【ボリューム】
    1つのコースが短いこともあり、クリアだけなら比較的簡単ですが、スターコインを集めようとするとそこそこ時間がかかります。また、表ワールドクリアはアクションゲームに慣れている人なら比較的簡単だと思いますが、クリア後のスペシャルステージはそれなりに難しいです。スペシャルステージ途中での追加要素や、それを使ったやりこみ要素もあります。完全にクリアしようとするとそこそこ時間はかかると思います。


    このようにゲームとしての完成度、楽しさは非常に高いのですが、個人的にはFCのマリオ3のようなステージごとのメリハリ・意外性、SFCのスーパーマリオワールドのような探索要素はやや弱いかな、と思いました。これらと先の視点設定の問題点が解決されれば文句なし100点のゲームだと思いますが、現状でも非常に完成度は高く、3DSを持っているなら買って損はないゲームでしょう。



    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 3 5 4
  • やっぱりマリオは面白い 95
    良い点
    1面が短めでサクサクと遊べる
    3Dを利用した、だまし絵的な仕掛けは凄くいい
    ミスした原因が理解できるから自分が上達していくのを実感できる
    約100面の大量のMAP
    悪い点
    難易度高め、ガンガン死ぬ
    総評
    アクションゲームはこうあるべきってぐらいゲームらしいゲームです。
    1面が3分以内で終わる手軽さは携帯ゲームによく合っています。
    何度も死ぬけどそれだけ自分が上達していくのが実感できるが実感できます、素晴らしい完成度です。
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 5 4
  • バランスが取れた良作 90
    • 投稿者:puuyan(男性/30代)
    • 投稿日:2011/11/08
    良い点
    ・マリオシリーズの基本をしっかり抑えている。
    ・据置機ではなく携帯機として、広すぎない丁度良いステージの広さ。
    ・アクションゲームが苦手な人に配慮されたアシストシステム。
    ・難易度の高い裏面のおかげで、クリア後のほうがやり応えがある。
    ・ファミコン世代の人には懐かしく、DS以降世代の人には新しい絶妙なバランス。
    悪い点
    ・表面と裏面の難易度差が激しすぎる。
    ・ボリュームが若干少なく感じる。
    ・個人差かもしれないが、3D表示の2種類切り替えの違いがわかりにくい。
    ・カメラワークに若干難があるステージがあった。
    ・1UP要因が多すぎてゲームオーバーになる可能性があまりにも低く緊張感がない。
    総評
    マリオシリーズは一通りプレイしてきましたが、その中でもかなりよく出来ていると思います。
    特にファミコン版スーパーマリオ3と64版スーパーマリオ64にはまった私としては、両作品の良いとこ取りのように感じられ、懐かしさもあって楽しめました。

    難易度のバランスはさすがです。
    簡単とはいえ、表面でも一筋縄ではいかないステージもあります。
    そして、アクションゲームに自身のある人への挑戦というべきか、難易度がグッと上がる裏面は頭を使いつつ高いテクニックを必要とし、アクションゲームがヘタな人お断り!と言われそうな難易度です。
    不思議なもので、何回もミスをしても何故か怒りや苛立ちではなく笑いが先に出てきてしまいます。

    惜しむらくは難易度差が激しすぎると言う点。
    あそこまで難しいと、表面でもアシストを何度も使わなければならなかった人はやる気そのものを削がれてしまうのではないでしょうか?
    マリオは最終的にはどんな人にも全要素を楽しめるべきゲームだと個人的には思っていますので、この点だけはちょっと問題だと思います。

    新要素がたくさんあるように見えて、実は中身は古いまま。
    にもかかわらず熱中させられるのはどうしても「昔のゲームのほうがよかった」と考えてしまう、いわゆる懐古厨だからかもしれませんが、移植やリメイクではないゲームで古臭さと新しさが同居できるのはマリオシリーズくらいでしょう。
    今はそんなにゲームをやらなくなった年配の人や、マリオシリーズの経験がない子供達にオススメしたいゲームです。
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 5 5 4
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月20日〜04月21日