オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
モダンコンバット:ドミネーション公式サイトへ
読者の評価
68
投稿数:3
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

  • 概要
  • ニュース(7)
  • 特集(0)
  • レビュー(0)
  • 体験版(0)
  • ムービー(0)
  • 読者レビュー(3)

モダンコンバット:ドミネーション

モダンコンバット:ドミネーション
公式サイト http://www.jp.playstation.com/software/title/jp0132npjb00102_00moderncsandkey00.html
発売元 ゲームロフト
開発元
発売日 2011/02/15
価格 1000円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
68
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • コールで殺されまくってストレスためてる人にオススメ! 80
    • 投稿者:Tana-Shun(男性/40代)
    • 投稿日:2011/06/20
    良い点
    最初はなんだコレ?って思っちゃうさすが1000円ゲームクオリティです。
    グラフィックはPS2並だしキャラの動きやエイムの曖昧さにガッカリするでしょう。

    しかし、5つのMAPを理解し、特殊部隊・レジスタンス双方のスタート地点やゲーム内容を把握することによってがぜん面白くなってきます。
    特に自分のようにコール大好きだけど殺されまくってる人にとって、勝てる喜びはなんともいえませんw 最初は各マップで、レベルの高いうまそうな人の後についていって立ち回りを覚えるのがいいと思います。CPUはほぼ同じ動きしかしないので、スタート後どこにいれば狩れるのか覚えるのが肝心です。武器はレベルアップごとにアンロックされますが、毎プレイ買わなくてはならず、死ななければそのステージ内はキャリーオーバーできますが死んじゃうとリボーンごとに買いなおさなければならず、キルポイントでしかお金は入手できないので頑張ってCPU狩しないといけません。
    コントローラーの操作はコールと同じなので、FPS経験者には馴れるとすぐ上位になれます。
    ただし、MOVEコントローラー対応なのでMOVEある人ならMOVEがお勧めです。
    MOVEだとかなり直感的なプレイができ、エイムに泣かされることも少なくなります。(個人感想)
    トロフィ集めも簡単で、プレイしてれば自然と集まります。オフラインでも取れるものがほとんどなのでCPU相手に集めることも可能ですが、オンラインでないとレベルが上がらないのでオフラインはもったいないです。プラチナがないのが残念です。
    自分はちょっとやり込んだだけでランキングが1000番台になりました。
    ステージによっては500番台のもあります。
    それだけ世界人口が少ないのかもですが、逆に言えば狙い目なゲームだと思います。
    コールでやられまくった息抜きにはちょうどいいゲームかと思います。
    悪い点
    FPS初心者にはとっつきにくいかも。それはHP制なのでライフが回復してくれない。コールのボーンルールみたいだからかも。
    武器を毎試合買わなくてはいけない。しかもお金はキャリーオーバーできず、全員2400スタートになる。公平と言えば公平だが、マッチの回数や時間制限が短いルールの時なんかはお気に入りの武器が帰る頃にはマッチ終了なんて事が多々ある。
    バグが多い。チームが勝ってるのに敗北のテーマとピティボーナスだったり、逆で負けたのに勝利ファンファーレにボーナスだったりw 画像の乱れやフリーズもあるけど、頻度はコールなんかと変わらないと思う。
    せっかく勝っているのに誰かが途中参加することで負けチームにチームバランスのために移されること。マッチ終了後に調整してほしい。
    総評
    1000円なら文句ないです。ホントもと取れますよ。
    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 3 3 5 3
  • モダンコンバットドミネーション 75
    • 投稿者:色恋(男性/10代)
    • 投稿日:2011/02/18
    良い点
    手軽にプレイできる
    安価
    銃の種類
    現代戦
    悪い点
    動き
    オンライン人数
    サウンド
    戦闘中スコアボード(?)確認時の移動不可能
    キルカメ
    グレネードの致死範囲の広さ
    HP制度および防弾ジャケットの有無
    ロード時間が長い
    総評

    まず、一番良い点は手軽にできるという点。
    これは普段コールオブデューティをプレイしている自分にとっては一番嬉しい点。

    あとは1000円という安価
    1000円にしては良く作り込まれているといった感想
    どれだけ安くても時代背景が古かったりしたら買う気はなかったけど、これはそれも興味をそそった。
    武器も好みの物が多く、良い。

    悪い点は
    HP制度(一定時間経過で回復するほうがいいと思った。)
    敵味方判別しにくいこと
    大体どんなに距離があっても敵がいると分かること
    グレネード範囲が大きいのもBAD

    発売してから日にちが短いせいか人数が少ない(だけどNPCを代わりに配置するなどの工夫はGOOD

    足音なども聞こえる方向がおかしい気がする

    キルカメも工夫が必要だと思う
    戦闘中セレクトボタンを押すと動けないのは…

    手軽にできるだけに試合の間等のロード時間が少し気になる。

    悪い意見が多い気がするけど、それほど主旨は良いということ。

    最後になるけど操作ボタン配置は良し
    (某キルゾネみたいに変な配置ではない)
    プレイ時間
    5時間以下
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 2 3 4 4
  • エンジンはいいのにシステムが悲惨(体験版をプレイしての感想) 50
    • 投稿者:ゆのひと(男性/20代)
    • 投稿日:2011/02/16
    良い点
    ・安価なソフト、無料で対戦
     ソフトそのものがDL販売の1000円という価格で、PSNを使用するので接続料もかからないというリーズナブルな環境。一度1000円支払ってしまえば、相手が見つかる限りはずっと遊び続けることが出来る。

    ・きれいめなグラフィック
     価格と不釣り合いな、いわゆる現代機相応のグラフィックを搭載している。グラフィックがとにかく綺麗じゃないと不満だという人でなければ、ゲームとして充分成立するこのソフトのグラフィックに、価格相応以上のものを感じることだろう。

    ・パッケージ販売のFPSと充分比較できるゲームエンジン
     移動に慣性がかかる。サイトを覗いての射撃が基本。フルオート射撃ばかりだとまともにあたらない。足音で視界外の誰かの移動も程よく察知できる。……今時のFPSがそなえている基本的な動作が、このゲームでもしっかりと行われている。
     価格が安いからといって出来も安っぽいかといえばそうではなかった。ゲームエンジンの出来は、有名な他のFPSにひけをとらないクオリティに仕上がっている。
    悪い点
    ・つきまとう長い待ち時間
     マッチングをするとき、対戦のラウンドが変わるとき、さまざまな区切りの部分で長い待ち時間が発生する。
     マッチングの際の待ち時間は、今何が理由で待たされているのかがわからない。ずっと長い間待たされて、ようやく画面が切り替わったかと思えば「満室です」「通信エラーです」などという簡素な失敗通知が返ってくることも多々ある。
     体験版ではラウンド制の、死ぬと新しいラウンドが始まるまで復活できないタイプのルールでプレイした。このラウンドが切り替わる際にも、1分前後の待ち時間が発生する。

    ・ラウンドの扱いの下手さ
     一般的なFPSではラウンド総数を奇数とし、その過半数をどちらかのチームが勝利した時点で試合の最終的な勝敗を確定し、終了する。しかしこのゲームではなぜか、過半数を取ってもゲームは続行され、ラウンド総数すべてを完了させなければゲーム終了とならない。もちろん、過半数を超えた時点で、負けている側はいくら頑張っても最終的な勝利は得られないことが確定している。
     また、攻守交代もなぜかおこなわれない。全13ラウンドで試合が行われていたのだが、その13ラウンドすべてが同じサイドに固定されたままなのだ。
     開発者達がFPSの対戦をプレイしたことがあるとは思えないような、悲惨なシステムに仕上がってしまっている。

    ・武器購入制のバランスの悪さ
     このゲームではカウンターストライクのような、ラウンドごとに武器を購入するシステムが導入されている。タダでもらえるのは拳銃だけ。あとは初期資金や試合で稼いだお金で、ラウンド開始時にオープンするショップから武器を購入し、戦いに挑むことになる。
     このお金のバランスが悪い。試合中にキルを取るか、もしくはチームが勝つことでお金が手に入る。ラウンドを生存したままであれば装備を引き継ぐことが出来るが、死亡した場合はすべての装備を失い、買い直すことになる。負ければ負けるほど装備を、そしてそれを買うのにお金を失い、場合によっては拳銃を使うしかなくなってしまう。
     倒れた人の装備を拾えるといっても、まず拳銃のみで敵の連射可能な銃に勝つことから始めなければならない。
    そして負けている側は味方の装備の質が落ちることでチームの勝利も得られなくなり、悪循環が発生する。
     クラン同士の試合などであればこういったシステムも活きてくるだろう。だがマッチングシステムはいわゆる野良試合をメインとしている。そのため、この制度はワンサイドゲームを発生させる要因となってしまっている。
    総評
     ゲームエンジンの出来は充分いいのに、それを扱うゲームシステム部が「どうしてこうなった」と聞きたくなるような変なことになっている。他のFPSの対戦モードをプレイしたことがある人間なら真っ先に違和感やストレスを感じる問題点がたっぷりと搭載されていた。
     個人的にはかなり惜しいところまで来ていると感じた。もう少し丁寧な調整をしたり、他のタイトルを研究したりすれば、もっと評価を高くすることが出来るだろう。

     今回は45分間限定で対戦試合を遊べる体験版をプレイしてのレビューを投稿している。体験版とはいっても、この手の体験版の意味は日本のパッケージソフトのような途中で終わるタイプの体験版とは違う。プレイ時間などの制限があり、製品版=「体験版の制限をはずすDLC」という形式のもののようだ。そのため、今回は体験版でのレビューで問題ないとした。ダメなら投稿審査で弾かれるだろう。
    プレイ時間
    5時間以下
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 3 1 2 3
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月21日〜11月22日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
75
DEATH STRANDING (PS4)
74
56
Epic Seven (iPhone)
2019年05月〜2019年11月