オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
OPERATION FLASHPOINT: RED RIVER公式サイトへ
  • Codemasters
  • 発売日:2011/07/28
  • 価格:7770円(税込)
  • Amazonで買う
読者の評価
60
投稿数:3
レビューを投稿する
海外での評価
67
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

OPERATION FLASHPOINT: RED RIVER

OPERATION FLASHPOINT: RED RIVER
公式サイト http://codemasters.jp/ofprr/
発売元 Codemasters
開発元
発売日 2011/07/28
価格 7770円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
60
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 個人的には前作の方が名作だった 65
    • 投稿者:koneko2000(男性/20代)
    • 投稿日:2012/02/28
    良い点
    ・グラフィックが綺麗

    ・前作よりも戦場の雰囲気作りは上手く、乾燥した空気の感じなどが上手く表現されている

    ・出撃前に装備を選択できるシステム

    ・兵科ごとにLVが存在して装備が増えていくこと

    ・スキルシステムでプレイスタイルに合わせてキャラを作れること

    ・難易度はかなり落ちてカジュアル向けになった
    悪い点
    ・グラフィックが綺麗になったぶん必須環境もあがった

    ・前作「ドラゴンライジング」のPC版にはあったミッションエディターが今作は無いこと

    ・ミッション攻略においての戦略の幅は狭まった気がする

    ・衛生兵じゃなくても回復できてしまう

    ・上官まじ鬼w

    ・前作と比べて敵がずいぶん弱くなった(スポーツ系と比べればまだ難しい部類ですが)

    ・難易度は前作くらいのままが良かった(せっかくのリアル系なのに簡単じゃ意味が無い)
    総評
    オペフラシリーズは3作ともやりましたが
    個人的には2作目「ドラゴンライジング」がゲームとしては一番完成していたと思います。

    1作目は難しすぎてゲームというよりシミュレーターのイメージのが強かったし
    3作目となる今作は簡単すぎてリアル系FPSって感じがしません。

    仲間内でエディターでミッションを作って遊んでいた身としては
    ミッションエディターが無いことも大きいです。
    (エディターがあるだけでプレイ時間(楽しめる時間)が数十倍になります)

    最新作ということでやってみたけれど、
    個人的に満足できずに結局2作目に戻った
    というのが私の現状です。
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 3 2 2
  • 開発者インタビューに騙された感 35
    • 投稿者:静岡葵(男性/30代)
    • 投稿日:2011/11/01
    良い点
    ▼ 成長する兵種
    経験値やレベルが存在して、上げる楽しみがある。

    ▼ 自由度の高い広大なマップ
    街中が戦場でも街の外からスナイプできたり、制圧射撃をしてる背後から回り込める。
    悪い点
    ▼ 自由度の高い広大なマップ
    広大なマップなのでロードが長く、作りこみが甘く、使い回しが多く、ゲーム時間のほとんどは移動です。せっかくの広大なマップなのに移動制限がある。
    そもそも言うほど自由もなく広大でもない。

    ▼ 性能の悪いAI
    使えない部下…指示に従いません。
    車に乗れと言えばあさっての方向へ走っていき、建物を制圧しろと言えば周囲をうろうろして数分後にようやく突入。あっさり撃たれて怪我をする始末。グレネード、地雷など使えるはずもなくヘリすら撃ち落とせない。
    気分の悪い職場…とにかく嫌味と否定をする上官。
    隊員(プレイヤー)には愚痴と文句ばかり言い、当の本人は車移動のみで戦闘では活躍せず。「状況が悪い時は撤退しろ」という助言も、引いて戦うとモタモタするなと怒られる。他の分隊も当てにならず、容易に死んでくれるのでこちらから援護するハメに。

    ▼ バグ
    敵味方ともに障害物にはさまってウロウロするのは日常。
    たまに、味方が宙に浮いてたり自分も浮いて怪我をします。
    スコープで覗いていると平地に突然と沸く敵がいる。

    ▼ その他
    草のオブジェクトすら通れない車。自分で運転しないとノロノロ。
    重力の影響を受けて弾丸は降下するが風吹かれは無い。
    全力で走ると疲れてコントローラーが振動するがデメリットはない。
    弾丸一発で治療しないと死に至るが何度でも治療できる。
    総評
    前作は未プレイです。

    開発者インタビューなどに釣られ、大作が出るまでの暇つぶしと思って購入しました。
    が…FPSが嫌いになったのかと思う出来でした。

    サウンドは、キャンペーン毎の車内ラジオが耳障りかつ日本語セリフが不快で切ってました。ストーリーも翻訳のおかげか、最悪の印象。海兵隊は陸兵を侮辱したり、愚痴ばかり言う最低の部隊としか受け止められませんでした。

    戦場の空気感を綿密に描いた作品らしいですが
    遠くからスナイプして数を減らす、建物にはグレネード、部下を突入させるだけ。唯一の救いは、キャンペーンが終わってもレベル上げFTEという作業が待っていてくれた事でした。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 1 3 1 4
  • カジュアル向け 80
    • 投稿者:デスマー(男性/30代)
    • 投稿日:2011/08/08
    良い点
    ・今までのシリーズよりも難易度が低い為万人受けしやすい
    ・キャラクター性が強い
    ・最近では少ないリアル系FPS
    ・音もグラフィックも良い
    ・兵装の選択可能
    悪い点
    ・難易度低下でシリーズファンによっては好き嫌いが出やすい
    ・自由度低下
    ・ミッションが少ない
    ・装備が少ない
    ・乗り物が車だけ
    ・ロードが長い
    総評
    高難易度で有名なOFPですが、今作は難易度を落としたより万人受けするゲームになっています。その為、今までのOFPをプレイしてきた人には好き嫌いが出ると思いますが、シリーズ初の人ならば、違和感無く没頭できる作りになっています。キャンペーンは一つの道を進んでいくタイプになっており、前作のような広大なMAPを歩き回る事はなくなりました。その為自由度は低くなっています。

    兵装は自由に変えられるようになっており、好きな装備で出撃できるのも嬉しい所。
    敵の命中精度も前作より下がって、体力も上がっているのでおり、自己回復も出来るようになったので、シリーズ特有のシビアさはほとんど無くなりました。
    シリーズファンには不満が出る内容でしょうが、新規や、好きだけど難しくて遊べない人には嬉しい変更点だと思います。

    シリーズ中最もスピーディーな戦闘になっており、接近戦も気軽に仕掛けられるようになったので、戦闘面での自由度は格段に上がっています。

    キャンペーンはヒーロー系になっていますが、仲間AIに頼らないと勝利は難しいでしょう。前半はのんびりしてますが、後半になるにつれて戦闘は激しくなっていきます。良くも悪くも仲間のキャラクター性は非常に強く、ストーリーへの没入感を高めてくれるでしょう。難易度変更で変わるのは画面内情報の有無程度です。1ミッションに30分以上はかかるので、クリアまで最低10時間程度あります。

    今作は協力プレイを重点に置いており、対戦はありません。しかし、途中参加も出来るようになったので便利になりました。ミッションが少ないのは欠点ですね。

    トロフィー条件も簡単で、DLC以外ならオフラインでも簡単にプラチナまでいけると思います。高難易度強制トロフィーが無いので好きな難易度で遊べるのも嬉しい所ですね。

    今作の特徴を上げるとするならば、やはりカジュアル向けになった所ですね。しかしちゃんとOFPらしさは生きています。難易度が低いと言っても、スポーツタイプFPSしか遊んだ事の無い人には難しいと思います。ですが、仲間への指示や、ルートを変えて敵に攻撃をする事で状況を覆す事も出来ます。どうしても無理ならオンラインで助けてもらう手もあります。これらがOFPの醍醐味だと思います。

    よりカジュアルに変身したOFP。初心者から経験者まで楽しめるようになりました、貴重なリアル系FPSを楽しんでみてください。



    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 3 5 4
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
AD(最終更新日:2020/05/02)
OPERATION FLASHPOINT:RED RIVER
Video Games
発売日:2011/07/28
価格:
amazonで買う
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月26日〜07月27日
タイトル評価ランキング
68
48
魔界戦記ディスガイア6 (Nintendo Switch)
2021年01月〜2021年07月