オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ARMORED CORE V公式サイトへ
読者の評価
48
投稿数:57
レビューを投稿する
海外での評価
66
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

ARMORED CORE V

ARMORED CORE V
公式サイト http://www.armoredcore.net/acv
発売元 フロム・ソフトウェア
開発元
発売日 2012/01/26
価格 7800円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
48
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 言われているほど酷いゲームではなくなってきているが自己中心的な人は苦痛を伴う 75
    • 投稿者:U025798(男性/30代)
    • 投稿日:2012/12/02
    良い点
    自機を自分好みにカスタマイズすることができる。悩める

    チームに入ることで他のプレイヤーと協力・連携・雑談等を楽しむことができる
    (ボイスチャットがあればより一層ゲームを楽しめると思います)

    全てのミッションで協力プレイを行うことができる

    領地を賭けた戦いやポイント制のランクマッチでは慣れるまではスリルと興奮を味わうことができる

    フリー対戦、領地戦ともに終わりのない戦いである(飽きるか過疎が末期になるまで)

    ロボットゲームが好きな方にはお勧めできます(動かすのが非常に楽しい)が
     俺TUEEEEや無双状態のようなことはあまりできません。基本マゾいです

    脚部パーツごとに違った感覚で楽しむことができる(シリーズ恒例)

    一応一人チームでのプレイでも領地戦は可能(傭兵を雇うことができる)
    ただしPSNのメッセージ程度でしか情報伝達ができないため孤独感等の苦痛を伴う

    機体構成の相性次第では初心者(少しは慣れが必要)の方でも中級者程度なら勝つことができる

    戦闘コンピュータ(ナビ)が喋ってくれる。音声パターンも数タイプ用意されている

    領地ミッションではリザルト画面で全体の流れを確認することができる

    エンブレムやデカールは自由度が高いため自分の機体に特徴を持たせることができる

    フロムはまだアップデート等対応をしてくれている
    悪い点
    新規の方が非常に入りづらい。(武器育成システム・強パーツを覚える等)
    慣れと根気があれば解決しますので気の短い方はやめたほうがいいでしょう

    機体の相性が悪いとあっという間に倒されてしまうため
    チーム戦の場合は待ち時間がかなり長いため苦痛である
    ピンチの時に流れるBGM「♪おっさんのテーマ」は
    プレイヤーの脳をどうにかしてしまうほど危険である

    チーム戦で割と頻繁にフリーズする。もはやお約束ですらある。
    この程度でクソゲーと言って投げてしまうプレイヤーは辛抱が足りないというより話にならない

    シングルプレイモードのストーリーミッション、オーダーミッションは
    チュートリアルでありあくまでおまけ程度である
    オンライン環境がなければ3日もあれば十分に終わってしまうゲームです

    有効的なパーツがかなり限定される(強弱が激しい)ため使わないパーツが7−8割程度あり
    非常に残念である(カテゴリー別に2−3個程度)
    それでも使い手によって様々なACを見ますので対戦してたりすると面白かったりします

    パーツショップの人気パーツのシステムが機能していない

    頑張った人が領地を多く所有することができない残念な領地システムである
    (領地取得の可能性のある決戦ミッションを行えるかどうかが運次第である)
    総評
    一言でいうなれば人によっては面白いが好き嫌いが分かれる内容のため
    他人に勧めにくい作品です。

    シリーズ初チーム戦に挑戦した今作は色々問題は山積みではありますが
    決して一言でクソゲーと言えるような作品ではないと思います
    過去作品からみたら変わりすぎているのでシリーズのファンの方からみると
    何か違う異質な作品に映ってしまったのだと思います

    一人ではできることが少ないですが。チームでは割と色々遊べます
    あとオンライン主体のゲームですので環境のない方はあまり期待をしないほうがいいでしょう

    チーム制ということで自分に合う人もいれば合わない人もでてきます
    ゲームでまでわざわざ人付き合いというのは非常に面倒ではありますが
    チームメンバーを募集しているチームはありますので色々なチームを転々としていれば
    いいチームが見つかるはず(・・・・たぶん)
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 4 4 4
  • ユーザーは怒っています。 20
    • 投稿者:あきよ(男性/30代)
    • 投稿日:2012/08/20
    良い点
    領土取り合い。

    悪い点
    1.シナリオ:起承転結になっていない。断片まみれで始めた瞬間から単調なことばかり。つまらない。続けていても同じことの連続で眠くなる
    2.ミッション:1と同じ。単調。まったく面白くない。オーダーミッションはただ敵を倒すだけ。前作のメールでのやりとりなどちょっとしたやりとりもまったくない。相手からの一方通行。そして自分がストーリでどの位置なのか意味不明。
    3.操作性:ブーストのトグルシステムが意味不明。地上限定オバブともいえる「グライド」、4、FAからの「ハイブースト」、壁を蹴り上げて移動する「ドライブ」これを入れても直線的な機動なばかりでつまらない。3SLのようなブースタとOBと通常移動で繰り出す滑らかな機動はどこにいったのか。。。。4から始まったこのシステムは機動を単調にさせ退化させた。
    4.メカデザイン:もはや等身が激変し、ヴァンツァーにしか見えない。そして、グラも大して綺麗でもない。
    5.音、BGM:シリーズを重ねるたび退化する効果音。しょぼすぎてやる気がなくなる。そしてBGMも単調。理由は公式HPのアーカイブで平然と「コプセントとか来る前に音やBGMを作ってすぐに出します」と平然と言いぬける始末。
      音って見た目と同等クラスに重要なところを平然と検討違いなものをアウトプットし、ドヤ顔で説明する態度。企業人としてどうかと疑いたい。
    6.システム:通信途絶が多発、マッチングできない。読み込みもものすごく重い。そして表示も見づらい。チームから個人、そしてワールドマップ、ガレージなどの移行がスムーズできない。
      あとは領土の取り合いで「チーム」にしたのが問題。一人では何もできない。傭兵もできるが。飾り。上位クラスの傭兵は別手段で通信し、チームお抱え。これは傭兵でないだろと。別手段で通信されては真面目にするのも馬鹿らしくなる。
      こんなザルシステムでよく金取ろうとするな。。。。
      武器のバランスの取り方も意味不明。「強すぎる」という意見に惑わされて弱体化。典型的な日本人体質。出るところは叩かれる。よって特徴なく、つまらなくなり、武器の魅力もなくなる。どうして底上げを図らないのか意味不明。
      そして産廃武器の多さ。結局アセンブルが固定化。
      そして実際のプレイ画面の画面表示がとても見づらい。慣れのレベルではない。すぐに見て把握できるレイアウトではない。見やすいどころかVで更に悪化した。
      また、HP、スマフォの連携が微妙、無くていい。必要ない。あるだけ邪魔。回線も細い。
    7.このゲームを評価するユーザー:個人的にはこれが一番問題かなと思う。つい最近ちやほやする輩の「フロム脳」とか4、FAから出てきた「ぽっと出」の口だけ四脚使い。気持ち悪い。反吐が出る。このユーザーありでこのゲームっていうのがよく分かる。そりゃ、私含めて過去作品ユーザーは4、4FAからAC見限るよ。こんな迷惑かけてばかりでは。
    総評
    最初期からプレイしていますのでかなり厳しく点数をつけます。
    点数をつけたくない!
    4、FAから単調、退屈が相変らず。
    ACと名乗らないでほしい。商品すら呼べない品質。修正したからという理由では済まされない。
    コンテンツとして、企業として、ユーザーに迷惑をかけないのは最低限のことをできていないのに更に言い訳を言う。企業人として失格。
    こんな企業が飯食ってける時点で、日本のゲーム業界は海外に勝つことは到底無理。
    そして簡単に延期できる体質。うらやましいよ。
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    1 1 1 1 1
  • シリーズ史上最悪のバランス 25
    • 投稿者:annzu285(男性/20代)
    • 投稿日:2012/04/07
    良い点
    新機軸のチーム戦
    機体コンセプト
    悪い点
    安定性能という、攻撃・移動・防御全てに関係するパラメーターが、異様に高い逆関節脚部がバランスを著しく損なっている


    即死・瞬殺できる武装ばかりの為、重装甲であるタンクが実質餌でしかない

    マッチングの数十分の待ち時間が当たり前、なのに上記の為決着は一瞬、これではストレスが溜まるばかり

    傭兵ランクが一度低ランクに落ちると一切挽回が効かない為、大赤字を見続けモチベーションがかなり低下する

    OWという逆転要素を謳っているものは、何のリスクもなしに使え喰らえば実質即死の為面白味も無い。
    総評
    チーム戦という方向性は評価します。
    ですが、属性を突かれるとほぼ即死などというのは、本来ならばリスポン可能な大規模戦闘でやるべきで、このようなやられたら終わりな少人数戦でやるべきものでは断じて無い。

    加えて今作では重装甲という恩恵が一切なく、ただ足が遅いだけではまだしも即死要素が多すぎて製作者側の良識を疑う。

    もはやACブランドは地に落ちて腐り果てたとしか言えない。
    もう調整や次回作にも期待しません。
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 2 1 1 1
  • とある国産TPSロボットアクションゲームよりはマシ、という程度。 20
    • 投稿者:シール(男性/20代)
    • 投稿日:2012/03/26
    良い点
    ACのグラフィックスや挙動が作りこまれている。
    各種EXミッションのボスも、普通ここまで作らないだろうというところまで作ってある。(兵士モードだとよく観察出来ます)
    アクション要素の出来も良い。
    悪い点
    まずオフラインのボリュームは、私がプレイしたことのあるACFAやACLRよりも少ない。
    オーダーミッションに至っては作業ゲーの雰囲気すら漂う。正直、オーダーミッションは途中で投げ出した(難しくて詰まったわけでもなく、単純に面倒になっていく)
    ストーリーミッションはそこそこ面白いと思う。ただ、短いと感じる。
    オンラインに至っては酷いとしか言えない。
    まず領地戦は根本的な部分から作り直すべき。パッチで修正出来るとは思えない。
    侵攻すれば、日時によってはACと良く当たる。その時は確かに楽しい。
    しかし大抵は無人の領地に攻め込むことになる。正直、何が悲しくて無人のところに行かなければならないのかが分からない。オーダーミッション同様、作業感が漂う。
    決戦ミッションは下手をすると一時間待っても対戦出来ないことすらある。対戦時間よりも待ち時間の方が多いというのはどう考えてもおかしい。
    パーツのバランスも酷い。
    まず、アンプの存在意義が分からない。
    現時点だとTE武器の中でもパルスマシンガンが猛威を振るっているが、その原因の大部分はアンプの存在である。
    調整前のパルスガンも、アンプが無ければ調整が入るような武器では無かったとさえ思うことがある。
    アンプは消費ENの増加と引き換えに、TE武器の消滅距離の延長、威力の強化を行えるが、おかげで一部のTE武器は圧倒的な威力を持つことがある。調整前はパルスガン、調整後はパルスマシンガンだ。
    一応、アンプを使用しなかった場合、調整前のパルスガンは「威力こそ高いが、消滅距離が極端に短く扱い辛い」武器であったし、調整後のパルスマシンガンも「威力は低いが、連射力でそれをカバー出来る。消費ENは低めで消滅距離もそこそこ、TE武器の中では扱い易い部類」である。
    他にも、レールキャノンは完全に産廃である。
    最大チャージしても涙が出るような威力、遅い連射。良いところはひとつも無い。
    パーツごとに特性が偏りすぎ。武器も含め。
    脚部は軽量2脚、中量2脚、重量2脚、軽量逆関節、重量逆間接、4脚、タンクといった区分があるが、これらの区分で既に防御属性の大半が決定する。
    その為特定の防御属性に特化して作ろうとすると、必然的に脚部タイプも決まってしまう。例えばKE特化で作る場合は中量2脚が最も適しており、重量2脚だとどうしてもKEに大きな差が出来る。
    コアパーツに関してはKEが優遇されすぎな気がする。高い耐熱、EN伝達、リコン搭載数、重量の軽さや消費ENの低さ。
    腕に関して言えばKEは軽くて低性能、TEはそこそこの性能と防御と重量、CEは射撃性能が高いといった感じ。
    属性と特性が固定されている為アセンの幅が狭まっている。例えば軽量型を作る場合、必然的にKE型になる。
    総評
    面白いのだが、大事なところに大きな穴が空いている。
    オンライン要素は全てにおいて酷い。
    とりあえず、アンプを消すだけでバランスはかなり変わるはず。
    それと、発売前にあれだけ「属性の相性が重要」と言っていたのだから、各属性の性能バランスを見直そう。
    ついでに武器もカテゴリごと見直したほうが良い。
    領地戦は0から作り直したほうが良い。
    素材はとても良いだけに、非常に残念。
    次回作ではそれらが改善されていることを期待します。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 1 2 1
  • ゲームとしては未完成 10
    • 投稿者:kahota(男性/30代)
    • 投稿日:2012/03/16
    良い点
    ■操作性
     AC4系とはまた違った操作方法で、より操作し易くなったと感じる。
     最初は4の操作方法が良かったと感じたが、慣れると4よりも操作が楽。

    ■チーム戦5vs5
     今回新しいポジションのオペレーターは、ACを操作しない代わりに戦況の把握がで
     き、チームメンバーへの指示が出せるので、戦術を考えるのが楽しい。
     また、簡易リプレイもあるので戦闘の反省が行える。

    ■エンブレム
     4のような図形を重ねていく方法は変わらないが、自由度が増している。
     レイヤーも大幅に増え、より複雑なデザインを描けるようになっている。
    悪い点
    ■世界観
     汚染された世界の限られた地域で生活をし、発掘兵器(AC)を使用している筈だが
     ACのパーツは全てショップに売られているので、世界観が崩壊。
     所持上限が許す限りいくらでも買える。
     折角の発掘品なのだから、拾って来ないと入手困難なパーツが欲しかった。

    ■アセンブリ
     ACシリーズ中最多と思われるほど不要なパーツが多い。
     他人と似た装備になりやすく、同系統のパーツでは雰囲気も似ており、シルエット
     が変わる事は無く差別化はしにくいので、アセンブリの楽しさが無い。
     また、アップデートで更新するにしても、パーツに世代を設けているので下位世代
     は上位世代以上の性能になる事は難しいと思われる。下位世代が不要。

    ■ミッション
     ストーリー以外のミッションは、ほぼ全てが対戦となっており、また使用されるス
     テージはチーム戦の対戦マップと同じ。
     ストーリーミッションはお馴染みとなってしまっている、どうでもいい物語。
     基本を押さえていないストーリー構成はいつもの事だが、いい加減学習して欲しい
     また、ミッション選択方式がかなり不親切。
     ミッション番号は振られているのだが、順番通りに並んでおらず、どの評価でクリ
     アしたかどうかの情報も一々選択しなければ見れない。
     しかも、選択しても得られないクエスト情報もありどれをクリアしたか分からない

    ■領地戦
     チームの領地を奪い合うコンセプトは良いのだが、継続する目標を見出せない。
     また、マッチングもし辛いので"待ッチング"と比喩されるほど。
     そこまでやって得られる領地のメリットはほぼ自己満足と言えるくらい。

    ■サウンド
     BGMは良い出来なのだが、対戦中のBGMが単調なBGMに切り替わってしまうのが
     残念。
     誰か一人、もしくは破壊目標一つでも倒すと、一つのBGMになってしまい、それを
     戦闘終了まで聞く事になる。
     折角ノリノリで始まったBGMも、切り替わってしまうとガッカリ。

    ■フリーズ、バグ
     対戦中に自機が動かせないバグがあり、時として戦況を大きく左右してしまう。
     武器パーツ等のバグは改善される兆しはあるようだが、それでも多い。
     フリーズは頻発しないが、それでも他ゲームよりも多く、モチベーションを下げて
     くれる。

    ■終わり方
     ゲームの始まり方は、システムが起動しているようでかっこ良いのだが、終わり方
     はただ単にPS3の「ゲーム終了」をするだけ。
     もう少し拘りを見せて欲しかった。
    総評
    煮込み方が足りず、ゲームの主軸がブレている感じが受け取れる。
    あれもやりたい、これもやりたいと思って実行してとっ散らかした感がある。
    挙句、収集付かずに中途半端になんとか形になってゲームにしてしまったような。
    惜しい要素は沢山あり、可能性は十分あるのだが、舵取りはしっかりして貰いたかった。

    決して上っ面なプレイをしての評価ではなく、どうにか面白い方法は無いかと模索したが
    見つからず、発売から2ヶ月弱経った今、レビューを投稿。
    10年以上のファンでもあり、前情報やβテストでの期待を裏切る形になったので
    ここは評価を厳しくさせて貰います。
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 2 1 1 1
  • 手探りで作られた未完成品 20
    • 投稿者:幻獣(男性/20代)
    • 投稿日:2012/03/14
    良い点
    1.最大5:5のチーム戦
      コンセプトは良く戦いがいのある良いものです
    2.傭兵システム
      これにより気軽に他者とのプレイが可能
    悪い点
    1.パーツ性能の偏り
      パーツ間の性能調整が甘く武器のカテゴリ(ライフル、ショットガン)内
      または武器カテゴリそのものの有用、無用が
      はっきりしており武器選択の幅がない
    2.マッチングの悪さ
      とにかく対戦時の待ち時間が長い
      海外での販売も予定にあるがこれでは駄目だ
      1度対戦するのに10〜30分も待たされては話にならない
      また上記の性能の偏りで敵と出会って数秒で試合終了もありえる
    総評
    今回のACVでは新たに3つの属性が追加されましたこの属性値が1でも上回ると
    その武器のダメージは激減し、相手にダメージが殆どありません
    プロデューサー曰く、撃つ意味がない まさにその通りです
    この属性自体は良いものだと思います 自分の狙う相手を選んでいく必要があり
    戦闘が楽しくなります
    しかし上記の性能の偏り パーツ選択の幅の狭さから
    「パーツを選んで自分だけの機体を作る」という根幹のコンセプトが機能していません
    対人戦ということになれば強いパーツ、使えるパーツが選ばれるようになるのはよくあることです 
    ここで重要なのは「対人によって狭まる幅がさらに狭くなる」といったことにあります

    プロデューサーは「リアルさを追求した 初めて挑戦する部分もある」とインタビューで述べていましたが まずゲームとして「楽しむ・楽しませる」部分が疎かになっています
    学生が卒業制作で作るんじゃないんだからそこのところはしっかり分別を持って携わっていただきたかったです
    根元が楽しく続けられるから不満点も沸き上がり文句が出てくるのです
    中には性能が調整前の状態に戻り無双の強さになるといった致命的な問題もありますが
    フロムソフトウェアは現在出てきている問題に対しては沈黙を続けています
    4月まで、いや4月以内に山積みの問題に対してなんらかの反応がないようであれば
    もう今後のフロムには期待できません
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 1 2 3
  • 良くも悪くも、正式ナンバリングだという実感。だが、これも長く遊べる。 85
    • 投稿者:マッスル(男性/30代)
    • 投稿日:2012/03/14
    良い点
    ・傭兵システムがあるから、時間のあわない一人のときも楽しめる
    ・修正パッチで、かなり使える武器が増えた
    ・前作に比べて圧倒的にロード時間が短い
    ・パーツデザインが作品シリーズ中はじめてジャンク風になり、荒廃感が良い
    ・プレイヤー層が広くなったため、動きや強さにバラ気が増した
    ・エンブレム作成が驚異的に進化。みんなのを見るだけで楽しい
    悪い点
    ・中規模のミッションが少なめ
    ・一部エリアでの対人戦集中がある
    ・平日などは日中過疎化することも多い
    ・前作よりも、武器の特色が分かれているため何でも積める訳ではない
    総評
    前回の悪かった点を補正して、今回のゲームバランスにたどり着いてますから、総評としてはかなりよくなっています。操作感がかなり変わったので、前作関係なしに新規でも研究盛んなメンバーは作戦勝ちできます!
    正直、毎日飽きません。
    メンテ等のインターバルから見ても、かなり良心的な対応スピードだと思います。
    ツイッターからフィードバックして誤植直したりしてますしねw
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 5 4 3
  • コンセプトだけは良かった 20
    • 投稿者:Tl02132(男性/20代)
    • 投稿日:2012/03/13
    良い点
    ・エンブレム作成の幅の広さ
     →前作と同じく色々な形を組み合わせて絵を作っていくシステムですが、
      1つのエンブレムに使える絵の枚数がものすごく増えたので基本的に何でも
      作ることができるようになりました。
    悪い点
    ・アセンブル(パーツの組み合わせ)の幅が狭い
     →機体パーツの数自体は多いんですが、各パーツの能力値のバランスが悪く、
      戦える機体を組もうとするとどうしても似たような構成になってしまいます。
      前作でもこういう傾向はありましたが、今作はそれが特に酷いです。
    ・領土戦が機能していない
     →領土を取るメリットがほぼ自己満足しか無く、決戦ミッション(対人戦による
      領土戦)の発生率が極めて低く、
    ・傭兵システムが機能していない
     →傭兵ランクが獲得した金額のみで決まるので、被弾して修理費が増えないよう
      何もせずに逃げ回っている方がランクを上げやすくなってしまっています。
      「金に汚いのが傭兵」という考えを加味したとしても酷過ぎです。
    ・頻繁に起こる接続エラー
     →ブリーフィング画面に移行できないバグは修正されたようですが、それでも
      ミッション開始時にエラーが出ることが少なくありません。
    総評
     発売前の宣伝でコンセプトを聞いた段階ではすごく面白そうだったんですが、
    そのコンセプトを上手くゲームとして形に出来なかったという印象です。
    目玉要素のオンライン領土戦に関わるシステムがほぼ全て機能停止or機能不全に
    陥っているので、オンラインを充実させるために削ったオフライン要素の残念さが
    より際立ってしまっています。

     パーツの能力値バランスは今後の修正で改善していく可能性もありますが、
    領土戦やオフラインのストーリーを期待して買うと間違いなくがっかりすると思います。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 1 2 2
  • 機体を動かすのは楽しい 75
    • 投稿者:HAL(男性/30代)
    • 投稿日:2012/03/13
    良い点
    ・5vs5のチーム戦が非常に面白い。

    ・フリーのチーム戦が気楽に連戦できて楽しい。

    ・壁蹴りや各種ブーストを駆使して様々な地形の中を駆けめぐるのが疾走感があって楽しい。

    ・機体サイズが好み。地形を活かした戦いができて楽しい。

    ・KE,CE,TEという3属性あるのが良い。どんな機体でも弱点をつけば撃破できるし、そうされないようにチームで協力するのが楽しい。

    ・様々な武器や機体でそれぞれ操作感や戦い方が違い、色々な楽しみ方ができるのが楽しい。

    ・攻撃時や動作時の細かいエフェクトや効果音がかっこよい。
    悪い点
    ・領地戦の待ち時間が長すぎてやる気にならない。待ち時間が楽しいわけが無いのだから、ユーザーの貴重な遊ぶ時間を待ち時間で潰すような要素は極力排除して欲しい。

    ・無人の砲台を破壊するだけの侵攻ミッションが全く面白くない。対人戦をしたいのに無人砲台が相手では面白いわけがない。

    ・一人〜二人用のストーリー、オーダーミッションがつまらない。難易度は低いし熱い展開も無く、協力プレイが楽しいわけでもない。雑魚的を見つけて倒すだけでは楽しいわけがない。
    個人的には協力して遊ぶ感じが好きなのでそういうのを期待したのだが、二人で戦うと簡単すぎるし、近くにいる必要が全く無く、協力してる感が味わえないのでつまらない。
    総評
    アクション部分やチーム戦は非常に楽しいのだが、メインコンテンツの領地戦、ストーリー、オーダーミッションがつまらないのが非常に惜しい。

    フリーのチーム戦は楽しいので結構遊べている。
    ただ、現状ではチーム同士のフリー対戦ができないので、チーム同士でランダムにマッチングするモードが欲しい。

    次回作があるのであれば、アクションなどの良いところは活かしつつ、待ち時間無しでユーザーがやりたいことができるルールを用意して欲しい。

    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 1 1 2
  • あまりにひどい 15
    • 投稿者:サジ(男性/20代)
    • 投稿日:2012/03/02
    良い点
    グラフィックがリアリティを持っている。
    あまり確認することはないが雲の動き等は非常に凝っている
    悪い点
    メインコンテンツがつながらず、また内容もひどいものである。
    総評
    メインコンテンツである決戦システムは必勝法に近いものが見つかっており、防衛側があまりに不利な状況です。

    4人でオーバードウェポンを背負い込んでいけば90%以上の確率で勝利することが可能であり、防衛側は守ることが非常に困難となっています。

    さらに、決戦で得るもの事態はゲームにあまり関係するものではなく、メインコンテンツとしても非常に脆いものでもあります。そのため、最近はフリー対戦に大体のプレイヤーはたまってしまっており。メインコンテンツはマッチングすら困難となっている状況です。

    グラフィックだけは非常に評価できるものですが、最近のゲームでは高画質が当たり前になっているため、ほかのゲームと相対すれば特に評価するものではないように思えます。

    よって、オンラインの要素を持ったゲームとして0点
    グラフィックスによって標準的なので+10点とします。
    サウンドも、あまり斬新とは呼べるものではなく、ACらしいBGMとは思えませんでした。
    よって、5点とし。
    ボリュームは、過去作のほうがストーリ性があり、かつ斬新で面白いものであったので
    ACの新作と認めにくい内容です。よって、0点です。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 2 1 1 1
  • 色々と惜しい 50
    • 投稿者:as(男性/20代)
    • 投稿日:2012/03/01
    良い点
    ・迫力がある
    SEが結構良いと思う。少し五月蝿いときもある
    ・地形戦が良い
    空中ではブーストしても上がれないようになっている。地形を活用するという選択肢が増えたのは良い
    ・前作ほど難しくない(と思う
    地形を上手く使えばそこまで動きまわらなくても十分に戦える
    ・ロックオンサイトの復活
    これは好みだが私はあったほうが良いと思う
    悪い点
    ・一部の壊れ性能武器の存在
    流石に1秒で消し飛ばされるのは不快。カメラが切り替わって観戦できればよかったが今回はそれがなく存在意義の分からない人間を操作して時間をつぶすしかない
    ・防御力の傾向が決まっている
    重二が中二より防御力が低いなんて有り得ないと思ったので
    全体で見ると高いが一部が低いのでそこをつかれると中二より簡単に落とされる。その弱点が一律なので問題
    ・パーツ数の水増し
    パーツに世代があり、前世代の性能が下位互換だったりするので実際に使おうと思うとどうしても選択肢に入らないパーツがいくつもある。全部で500種類あるそうだがブースターやFCSはやや数が少ないと感じた。水増しで数を稼ぐはやめてもらいたい
    ・武器の成長
    これは賛否あると思うが私は気に入らなかった。他人が使ってる武器の詳細が見れるわけでもなく、単純に面倒
    ・ストーリーが今一つ
    やや”あざとさ”を感じた。またキャラクターに魅力が少ないのであまりストーリーに入り込めなかった。ミッションで戦う敵ACは数は多いものの、開始時にしかボイスがないので戦っていて面白みがなく、キャラクターとしてあまりに薄い。傭兵が特別なものではなくなったような雰囲気が好きになれなかった。あとサブミッションが面倒臭いので今まで通りで良かったのでは
    総評
    領地戦は殆どやっていないので無視します。予予不評のようですが
    フリー対戦は時間帯によるがそれなりに人が居るので今のうちにゲームバランスを考えなおしてもらいたい。チーム戦ではスタート地点が二択な上に一方的に不利な地形なこともあるので運が絡む。またオペレーターを含めた10人まで部屋に入れるようになっているが設定で変えられるようにして欲しい。オペレーターになると接続を切る人もいるためユーザー側で対処出来るようにした方が良いだろう。

    対戦の評価としては一瞬でやられることがある、ということを除けばそれなりに楽しい。前作のコジマキャノンのようなリスクのある武器でもなく、O・Wのようなイレギュラーな兵器でもないのにやられると萎えることがある。火力のインフレは修正が必要であると思う
    前作に比べると敷居は低くなってると思うので新規でもそこまで躓くこともないのではと思う
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 3 2 3 3
  • コレジャナイAC 20
    • 投稿者:DNA(男性/20代)
    • 投稿日:2012/02/28
    良い点
    ・壁蹴り等の新アクション
    ブーストドライブ、所謂壁蹴りですが非常に爽快感が高い。
    高いビルを蹴り高度をとったり、スパイダーマンの如くビル街を飛び回る。
    ハイブースト(旧QB)やグライドブースト(旧OB)と相まって体感速度的には4シリーズに匹敵する。
    それらが地形と相まって、4系やPS2以前系にはなかった楽しさがある。

    ・領地戦
    賛否両論が多いですが、実際機能すれば楽しい。
    チームメンバーとVCを駆使し、作戦や機体編成を試行錯誤し、対戦相手と戦う。
    時には傭兵と轡を並べ、時には強豪チームにボコボコにされる。
    それを繰り返し、自分たちが強くなっていく快感はあります。

    オペレーターシステムもレーダーが無い仕様と相まって重要で、某ロボットアニメの主人公の偉大さが分かるほど戦局に関与できます。
    戦闘は苦手な人でも“戦える”システムというのは素晴らしい試みだと思います。

    ・ペイント関連
    非常に自由度が高い部類でしょう。
    ペイントやエンブレム、細かいデカールで装飾し、自分の機体を作っていく楽しみは健在です。
    悪い点
    ・UI回りがゴミ
    プレイヤーにストレスしか与えないUIとか、ゲームとして終わってます。
    弾が当たると画面がノイズが走りつづけ、警告や逆光で重要な画面データは見れず、敵に弾が当たっているのか障害物に当たっているだけなのか分かりにくいHITの文字。
    索敵モードと戦闘モードで個別に明るさ設定が出来ない仕様がそれに拍車をかける。

    自分たちの考えた設定を押し付けてプレイヤーの立場に立ってない独りよがりで醜悪なUIと言わざるを得ない。

    3年間待たせたのはいい、βテストとは何だったのか?

    ・3属性防御と弾き
    チーム戦を考慮して、KE/CE/TEの属性ジャンケンにしたのはいいが、
    グーがチョキにもパーにも勝てるというパーツバランスでは意味がない。
    ただでさえパーツやカテゴリーが多いのだからシンプルに実弾とENで分ければ少しはマシになっただろう。

    これが相手の武器の攻撃力を装甲値が上回っていた場合は弾を弾いて威力が3分の1になるというシステムが糞さに拍車をかけた。
    各属性間で強武器というものに対策をした機体は、それ以外の同属性武器に対しほぼ全てに対策を取ったことと同義になってしまい、産廃と言われる使用価値の無い武器を大量に生み出す結果になっている。
    下手をするとカテゴリーごと産廃になっている場合も...
    パッチ前の400ガトリング以外のガトリング、パッチ後のTANSY以外のライフル
    等。

    相手の武器の威力保障距離外で被弾した場合のエフェクトとして弾くだけにしておけばこんなことには為らなかっただろうに...

    ・BGM
    チームメンバーや敵の誰かのAPが少なくなるとBGMが強制的に切り替わる。
    故にステージ毎の音楽を聴くことはなく、ゲーム中の大半は危機的状況に流れるBGMを聴き続けることになる。
    EXVSのようなカスタムサントラはできない為、非常に飽きる。

    もうBGM切って、別の音楽を個人で流すという対策方法が望ましい。

    ・領地戦
    ただでさえ対戦相手とマッチングしずらいシステムの上に、エリアがいっぱいあって更にマッチングしずらくしており、このシステムを考えた人間は他のオンライン対戦系ゲームを3年ほど遊んで来て欲しいと言える。

    挙句、決戦防衛を行おうともブリーフィング画面に入るのに下手すると2時間以上かかる。
    これによって、耐久度が0になった領地が猶予時間を経過し没収されるという意味不明な状態が発売時から続いている。

    ゲームのメインコンテンツとして登場しているが、実態はフライングゲットした一部廃人チームが延々と大量の領地を独占し、発売日に真っ当な手段で購入したプレイヤー達を諦めの境地に立たせた。
    運営がシーズン毎に領地没収等の対策をしないため、今から必至に領地戦を行っても上位には組み込めないだろう。

    さらに手に入れた領地を必至に守り抜いて領地評価を上げて、中位領地に育て上げても低位領地が中位領地や上位領地に成長することは無い。
    ゆえに大型砲台等を設置することは出来ない為、育成による充実感は皆無。
    さらに奪った領地の評価は初期値に戻る為、略奪後の達成感も薄い。
    上位領地に関しては決戦が起こることは稀なのでまず手に入れられない状態にある。

    少し頭があればこんな仕様には為らなかったはずである。
    発売後2月現在、この仕様は変えられていない。

    ・フリー対戦のチームメンバーシャッフルやステージセレクトのランダム
    シャッフルできてない、ランダムがランダムになってない。
    不具合というか、対戦ゲームとしてやってはいけないことであろう。

    3年とはなんだったのか。

    ・薄っぺらい内容のストーリーミッションとオーダーミッション
    フロム脳を勘違いして、中学生が考えた物語の設定資料集の単語を散りばめただけのストーリー。
    只管に代わり映えがなく、作業感が漂う全部で80近いオーダーミッション。
    練られた世界観の中で敢えて多くを語らないからこそプレイヤーが様々な想像をすることがフロム脳なのであって、説明不足にすればいいとは違う。
    ましてや熱狂的なファンというものでもない。
    総評
    買うなら中古で買え。
    一切の期待をするな。


    フロムに金を落とす必要はない。
    フロム、鍋島プロデューサーの信用は失墜した。

    20万本売ったと評価するか、商品未満の製品を売って20万人の被害者を生んだと真摯にとらえるかで今後のフロムソフトウェアの将来が決まるのではないか。
    恐らく、次は無い。

    素早い改善を望む。

    ただ、ゲームとして成立した場合は面白いゲームである。
    イン率とモチベーションが高いチームメンバーを揃えることができれば非常に楽しめる。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 1 1 2 1
  • あまりにも別ゲーになった 25
    • 投稿者:へたりん(男性/60代)
    • 投稿日:2012/02/28
    良い点
    グラ
    壁蹴りが新鮮だった
    リコンが面白い
    悪い点
    私はACシリーズはいままでほとんど遊んできました
    特に初代から4までの(NBを除くw)ほとんどの作品のオフラインで何百時間と遊びました
    N系と言われる爆熱ゲー(熱管理ゲー)でさえNBを除いてかなりやりこみました
    4FAは残念な出来だったのであまりやりませんでしたが4に関してはオンラインも500時間くらいはやりました
    PS3はAC4やる為だけに買いました
    そのくらい好きです

    しかしこの5に関しては20時間もやってません
    原因は爽快感が無くなったことが大きいですかね
    あとシステム周り、管理し切れないうえに見にくいアセン画面とか
    他の問題点は他の方とだいたい同じでほとんどが問題点という問題点・・・悲しい
    どうしてこうなった

    総評
    正直いままでやったACでQBが無いシリーズだと2AAが最高
    4系だとやはり4が最高の出来です
    4はいままで25年くらいやった数々のジャンルのゲームの中でも最強、真の神ゲーです
    逆間接の慣性問題とちょっとパーツ数少ないとかありますけどね
    出来れば4系のシステム、慣性に戻してもらいたい・・・
    悪く言う人もいますが4はなんだかんだでフロムファンを爆発的に増やした最強の名作でしょう
    当時のオンラインの賑わいはロードが長くてもそれはそれはものすごい物でしたよね
    あそこまで賑わった要因はやはりアップデートが出来るようになったからだと思います
    でもオフラインもすごく充実してました
    キャラもすごく良かったし

    4FA、5と連続で裏切られて今作の5は早々に売ってしまおうかと思っています
    次回作には本当に本当に本当に(涙)期待してます
    わたし子ども3人いて生活レベル高くないですけど
    またあの頃に戻るなら買いますよACだけは
    AC命です
    頼みますよフロムさん!!
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 1 1 1
  • 前作の出来の良さが裏目に出たかもしれない 35
    良い点
    ・目を見張るほどに美しくなったグラフィック
    ・武器の切り替えモーションが具体的に表現されてかっこいい
    ・効果音の重厚感が増している
    悪い点
    ・キーコンフィグは出来るが、それ無しでは操作性が悪すぎる
    ・スキャンモード、戦闘モードの切り替えは斬新でカッコいいが面倒くさい
    ・機体アセンブルとショップ画面が解りづらい
    ・ミッションのテンポが索敵の要素が加わってトロくなった
    ・パーツが似たものばかり
    総評
    圧巻のグラフィックと細かな演出に賞賛を・・・と思っていたのに。
    今作は蓋を開けてビックリなほど出来が悪かった。

    特に出来の悪さを感じたのが・・・
    「操作」「パーツバリエーション」「モード切替」の三つ。

    まず、「操作」だが、デフォルト配置だとまともに戦う事が出来なかった。
    なぜならば指をボタンから離す回数が多かったからだ。
    個人的な意見になるが「上達する喜び」と「操作の不便」は違う。

    次に「パーツバリエーション」。
    前作よりも兵器らしいデザインで別なカッコ良さがあると思うが、よくみると
    基本のパーツに別の細かなパーツがついているかいないかの差。
    はっきり言って手抜きであるとしかいえない。
    前作にはそうしたパーツ数稼ぎの手抜きが無かった分マイナス要素として極めて大。
    また、属性という要素が足枷になって「強い機体」は「コレジャナイロボ」になる。

    最後に「モード切替」についてだが、
    はっきり言って面倒くさいの一言だった。
    頭部にアナライズ機能が有無みたいにしてそれをカッコよく表現すればよかったのでは?
    はっきり言って操作が複雑化する要因を一つ増やしただけに過ぎないし、
    押し付けにも程がある。

    出来ることが増えることで操作が複雑になるのは仕方ないにしても
    演出も兼ねてムリに操作に組み込むのは個人的には好ましくないと思い、今回のような評価となった。
    プレイ時間
    5〜10時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 1 1 1
  • とことん詰めが甘く勿体無い作品 55
    • 投稿者:Fremys(男性/20代)
    • 投稿日:2012/02/27
    良い点
    ・機体カスタマイズの楽しさ
    これまでの作品と同様、豊富な組み合わせから1つを選択するのは楽しいです

    ・オンラインをメインとしたゲームコンセプト
    特にこれまでのシリーズで対人戦でよく遊んでいたという方にはオススメ

    ・手軽に凝ったエンブレムが作れるようになった
    エンブレム作成だけで人によっては結構遊べます。
    悪い点
    ・様々な面でバランスが取れていない
    ゲームバランスはアップデートで解消されつつはありますが、
    特にこのゲームの目玉の1つである筈の領地システムに関してはバランスが取れていない以前にシステムとして完成していない気がします。
    それもあってかマッチングもあまりせず、待ち時間ばかり出来てしまいます。
    機体パーツもハッキリとしない性能差の物が多かったり…そもそも「あれ?今回は無いの?」という物がいくつかあります…

    ・終始中途半端なストーリー

    ・全体のレスポンスが悪い
    ロード時間が長いという事はありませんが、事あるごとにサーバアクセスで操作出来なくなるのは多少ストレスです。

    ・多くのシステムが、すぐに満足してしまう作りになっている
    ガレージの容量は最初から十分過ぎるほどありますし、ガレージカスタマイズ用のパーツも最初からショップにほとんど見えており、
    武器パーツの収集もあまり時間が掛からずにリペイント以外はほぼ揃ってしまう。
    (オンラインがメイン故に機体パーツは仕方ないのかも知れませんが…)
    特にガレージ容量は初期状態で拡張要素を潰してしまっているので何故こうしたか甚だ疑問です
    領地ミッションも言ってしまえばそんな気がします。領地を取るだけ取ってその先があまりありませんし。
    総評
    ※前作と、PS2のいくつかのシリーズをプレイしてるユーザです。
    悪い点が目立っていますが、基礎としてはやはり面白く結構遊ばせて貰っているので55点というスコアを付けました。
    ですが、要望は本当に多いです…もっとユーザの意見を聞き、取り入れて欲しいと願います。
    まだアクティブユーザは結構居る気がしますし、早いうちにどんどん改善されて欲しいものです。
    願わくば予想を超える大規模なアップデートがあると良いなとは思いますが…期待しても良いのでしょうか(笑)
    さすがにそれは期待し過ぎかも知れませんが、そう熱望する程度には基礎は出来ている良い作品だとは思いますよ。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 3 1 3 2
  • アーマードコアシリーズ初ですが、ちょっとこれは。。。 20
    • 投稿者:Havenz(男性/30代)
    • 投稿日:2012/02/26
    良い点
    ■特に見当たらず、、、
    悪い点
    ■進行に躍動感が無い。何を楽しんだら良いのか不明。
    ■ストーリーが無いに等しい
    ■パーツが多すぎて(これが良い人もいるかもしれませんが)、パーツの特性を把握しきれない。
    ■音声がチープ
    ■全体的に作りこみが軽く、意味もなく暗い雰囲気
    総評
    本シリーズに対する巷の評判を聞き、期待して購入しましたが、ちょっとこれは久々のつまらないゲームでした。お金を払って損しました、がっかりです。
    プレイ時間
    5時間以下
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 1 1 1 1
  • 開発時間が無かったっぽい 20
    • 投稿者:ぼんやり(男性/40代)
    • 投稿日:2012/02/26
    良い点
    操作性、最初はどうかと思ったけど慣れるとかなりやりやすいですね。
    グラ、ちょっとごちゃごちゃしてるけどかなり綺麗。
    悪い点
    オフゲー部分もオンゲー部分も最低な出来映え。
    私はオフゲーがメインですのでかなり残念。

    オンにしてないとゲームの全体を楽しめないのはどうかと。
    領地取らないと出来ないミッション(しかも楽しそうなの)があるのって、オフしてる人の事は眼中にはなかったって事かな?
    その領地さえほぼ手に入れるのは不可能っぽいけど・・・

    オフゲー部分も、ミッション数だけで言えば確かに過去最大規模かもしれないけど数揃えれば中身無くてもいいわけじゃない。
    おおむね2分もかからないミッションを82個?だったか用意して、メインのミッションは9個って、、、それで過去最大級ってほとんど詐欺の次元だと思う。
    中身も似たようなミッションを同じような画面構成でまったく同じ目的(敵を全滅させよ)で延々とやらされるのは苦痛以外の何者でもない。
    このゲームの最大の売りのはずのアセンブルも上で散々書かれていますがほぼダメな出来映え。
    マップが無いのは方法としてはありかもと思わないでもないけど、マップ表示が無いのをいいことに見つかりにくい所に敵を配置してサブミッションクリアしたければ敵の配置場所全部暗記しろってのは、楽しみたくて遊んでる私としては難易度を簡易に上げるための手抜きのように思えてなりません。
    同じくサブミッションで時間制限が全部のミッションにあるのに、経過時間が表示されないとか(せめてミッション終了後にでもほしい)、オーダーミッションが数多くあるのにそのミッションに画面上番号が打たれてないとか、ユーザーに対して普通出しても問題ないような情報をすべてカットすることで難易度調整してるように思えてならない。

    全体的に見て、なおかつ開発者寄りに好意的に考えると開発時間がなかったのかと。
    たぶん開発した本人も自分が作ったゲームやってないんだろうなと思う。
    もしくは自分が作ったから全部わかってて、何も知らない人がこのゲームをしたらどうか?、とかそういうあたりに心を配る時間がなかったとかかな。

    でも、買った側としては金返してほしいと切に願う内容。
    会社としてはたかが7000円程度!かもしれないけど、買う側としては大きなお金だと言うことを理解してほしいですね。

    まあ、私は勉強代として理解しておきますが。
    総評
    私と同じようにストレス発散!とか軽い気持ちでゲームするプレイヤー層で、買うかどうか悩んでいるのならやめた方がいいです。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 3 1 1 1
  • とりあえず思いついたアイデアを詰め込みました、という印象しか無い駄作 25
    • 投稿者:わいく(男性/30代)
    • 投稿日:2012/02/25
    良い点
    ■場面を崩さない音楽

    ■格段に進歩したグラフィック

    ■相変わらずカッコイイパーツデザイン

    ■アクションゲームとしての操作性
    悪い点
    ■劣悪なUI
    テストプレイしてるんですか?開発してて疑問に思わなかったんですか?

    ■劣悪すぎるフレームレート
    アクションゲームとして論外

    ■根本から破綻している各種システム
    こんなものを3年間開発し続けたとは…
    総評
    アーマードコアは初代からの大ファンです。
    一時期はオフラインで大会・対戦会・交流会を主催したり協力したりもしてました。
    アーマードコアに限らず、フロムソフトウェアのゲームは大好きでした。

    が、ダークソウルに引き続き、ACVもあまりにも酷い。
    デモンズソウルの面白みを大幅に制限し、「ぼくたちのかんがえたまったくあたらしいしすてむ」満載でプレイヤーの遊び幅を制限したダークソウルのほうがマシだったとすら思えてくるくらいに酷い。


    ・こういうのは面白いんじゃないか
    ・こういうのがいいんじゃないか

    という、なんとなくいろんなアイデアが浮かんでそれを全部入れたけど、それらがどんな意味を持ち、どんな影響を及ぼすのかを全く検討してないのではないでしょうか。

    膨大なシステムが実装されていますが、ほぼ全部破綻しており、どれを直せばいい、という状況ですらありません。
    売りだったはずの「チームvsチーム」は、崩壊している以前に形にすらなっていません。


    今作では「ユーザーに快適に遊んでもらおう」という意識が全く見当たりません。
    全てにおいてユーザーに忍耐を強いり、ユーザーに強烈なデメリットを与えて、無理やり動かすようなゲームデザイン。

    アーマードコアは本当に好きなシリーズです。
    自分が遊んできたゲームにおいて、非常に大きなウェイトを占め続けてきました。
    だからこそ、落胆も大きいです。

    グラフィックのこだわり「だけ」は評価します。
    それだけです。そして、本当に力を入れるべきはそこじゃないんです。
    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 1 2 3
  • ゲームの評価をしたいが、ゲームが始まらない 35
    • 投稿者:nequo(男性/30代)
    • 投稿日:2012/02/23
    良い点
    ・チームでの対人戦が楽しい
    高速に動く機体で戦闘しているわりには、ストレスなくネットワーク対戦が出来ています。接続さえできれば。

    ・KE/CE/TEの3属性システム
    全属性に対して完全防御を行うことは出来ず、近距離で弱点を突かれれば数秒で撃破されます。これは、情報と機動の面で連携するチーム戦を前提としたシステムとしては、素晴らしいです。

    ・機体の動きがかっこいい

    ・パーツが多彩
    武器の威力、属性、射程、リロード、ロック性能、肩の補助システム、エネルギー出力の余力、リロード、スキャン性能、移動力…等々、無限に考え甲斐があります。
    大半の腕武器は成長システムにより、単一種でも実質3種類以上の性能を持ちます。武器以外にこの要素がないのが若干残念ですが。
    悪い点
    ・チームで対人戦が全然出来ない
    待機時間ばかりで、いつまでたっても始まりません。
    やっと繋がったと思ったら、置いてある砲台を壊すだけの無人戦闘だったり。

    ・対人戦なのにAC戦闘以外で勝敗がつく
    侵攻側は防衛側のヘリや、砲台を壊せば勝利。両陣営に速攻の手段があれば、それはそれで面白いかと思いますが、防衛側は速攻ができません。防御施設の耐久力を上げれば、今度は防衛有利になるでしょう。
    領地戦という設定は、AC戦をしたい人間にとっては、邪魔なだけのような気がします。

    ・致命的なバグ、フリーズが多い

    ・あってないようなストーリー

    ・領地を持っていないと、巨大兵器との戦闘が出来ない
    何時間もかかるマッチングを何度もこなし、領地を複数得る必要があります。よほど暇な人でないと困難でしょう。傭兵として知らないチームに混ざり、チャットも作戦もなく参戦することは出来ますが…

    ・オンラインゲームとしては、コミュニケーション手段が貧弱
    テキストチャットが履歴なし、数秒で消えてしまう…など。ゲーム起動中は、常時画面に張り付いていることを前提とした構造です。待ち時間の長い仕様と、負の相乗効果を発揮しています。

    ・簡単にエリア外に出る
    警告が聞こえたときにはゲームオーバー。
    総評
    20万人もの購入者がいるらしいのに、延々続く待ち時間を嘆く人ばかり。負荷処理やプログラミングなどの技術面ではなく、明らかに企画・仕様設計のミスです。
    領地戦という根幹部分が問題を抱えているため、多少の修正で解決するのは難しそうに感じます。

    戦闘に入れればとても楽しいので、勿体ない作品です。大ヒット作になるのではないか、という期待があったのですが。
    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 2 1 2 2
  • PvPをやろうと思ったら待ち時間が8割 20
    • 投稿者:ラヴィ(男性/40代)
    • 投稿日:2012/02/21
    良い点
    グラフィックやサウンドとか普通に素晴らしいです。
    AC好き、ロボット好き、SF好きにはたまらない。
    アセンブルとか自分の好きな組み方をしながら画面でニヤニヤできます。
    ストーリーもボリュームは少ないけど、内容は悪くない。
    きっとこれからも追加アップデートで続いていくはず。
    操作性も良いし多少固定化してしまいそうなGearも存在するけど
    それに対するAntiもあるので比較的バランスも良い。
    発売直後は鯖の脆弱さやバグも多かったけど比較的早く解消されたと思う。

    というか

    "領地戦"

    これ以外に殆ど悪いところは無い。
    悪い点
    このゲームをつまらなくしているのが
    全て"領地戦"
    オンラインは領地取得ゲームなのにシステム上、
    領地取得の決戦ミッションが殆ど始まらない。
    1時間待ちとか当たり前で、下手をすれば3時間待ちとかもしばしば。
    というか3時間待って当たったらいいほうじゃないだろうか。
    3時間待ち続けて待つだけでその日のゲームは終わるということに。
    オンラインは死にコンテンツです。


    総評
    領地戦が全てをダメにしています。
    いっそチーム戦のみのランクマッチで良かった。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 1 1 2
  • オフも史上最大のボリューム・・・? 30
    • 投稿者:heihol(男性/20代)
    • 投稿日:2012/02/20
    良い点
    ・オンラインが充実している
     領地争奪戦、フリー対戦、模擬戦、巨大兵器など、オンラインでできることが多い。
    ・エンブレムの自由度が高い
     128枚ものレイヤーを使えるのでそれぞれの人の個性が出る。
    ・ロードが早い
     前作faはロードが長くもどかしい思いをしていたが、近作は全く気にならない。
    悪い点
    ・オフラインのボリュームがかなり少ない
     発売前は史上最大のボリュームだと言っていたが、ミッション数が多いだけで中身が無い。全部で90個近くのミッションがあるが、ストーリーに深く関係するミッションはごく僅かで、ストーリーが浅い。
    ・JUNK品が邪魔
     初期装備なのは仕方ないが、JUNK品を必要としなくなったときにアセンを組もうとするとJUNK品が邪魔で面倒。
    ・パーツ数詐欺
     パーツ数は史上最多と言っていたが、近作のパーツはほとんどが第一世代と第二世代に分かれており、第二世代は第一世代の強化版といえるため、大抵は第二世代に落ち着く。そのため実質半分近くしかパーツが無いといえる。
     
    総評
    オンラインは充実しているが、オフラインのボリュームはとても評価できたものでは無いので、オン環境が無い人やオフでじっくりやりたい人には楽しめないと思われる。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 2 4 1 2
  • だめだろこれ 35
    良い点
    新ことをしようとしたことは認めよう。
    エンブレム作りは楽しい。
    悪い点
    タイトルを5ではなくオンラインにするべきだったのでは?
    そのオンラインもなかなか対戦相手が見つかりません。
    総評
    オンラインがぜんぜんだめでした。
    戦闘は数分で終わるのに人集めて何十分も待たなければいけません。
    数年かけてこのゲームを作ってきたなんて信じられません。
    もうどうしようもないから出したのかぁ・・・。
    これはありえないですよ。
    とりあえずストーリー・オーダーミッションは全部クリアーはしました。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 1 1 1 1
  • 素材はいいが調理方法が残念。 40
    • 投稿者:とも(男性/20代)
    • 投稿日:2012/02/15
    良い点
    ・重量感のあるロボットを操縦できる
    ・練習すればするほどうまく動かせるようになるため、達成感がある
    ・様々なパーツから自由にロボットが組める。
    ・エンブレムの作成がこれまで以上に自由になった
    ・画面の情報表示がかっこいい(ごちゃごちゃした見た目なので好みがわかれますが)
    悪い点
    ・メインコンテンツであるオンラインがほぼ死んでいる。
    ・ストーリーが短めかつ内容がわかりづらい。
    ・強いチームとその他の戦力差がありすぎる。
    総評
    ロボットを動かせる、という点においては素晴らしい出来です。
    操縦していて楽しいですし、アセンブルも色々試せて楽しいです。
    パーツ数が少ないと言われていますが、多すぎても分けがわからなくなるので個人的にはこんなもんかな、という感じですね。
    グラフィック、演出も個人的には好み。(被弾時の画面ブレやごちゃごちゃした情報表示も、ロボット!という感じで好きです。スキャンモード時の解析データ表示は今でもにやけてしまいますね。)

    しかし、良い要素が多いにもかかわらず、メインコンテンツのはずのオンライン関係の環境が劣悪です。
    メインであるはずの領地争奪戦も、強いチームが多くの領地を占有し、その他大勢のチームには回ってきていないのが現状です。侵攻して奪取しようにも、メンバーが少ないチームでは防衛網を突破することも出来ず、新たに領地を得ることは難しいです。
    結果的に、上位チームが領地を独占し、大多数の少数チームは為す術もないのが現状です。
    傭兵を雇うこともできますが、ボイスチャットが聞こえないため、連携も何もあったものではなく、ボイスチャットで完全に連携した防衛側に勝つのは至難の業です。
     また、耐久度が0になった領地は時間経過で没収されてしまうため、時間のある人や大人数チームならともかく、少数チームや時間のない社会人などは領地を保持するのが非情に難しくなっています。

    このように、大多数がゲームのメインコンテンツをまともに楽しめていない現状では、人がいなくなるのも時間の問題でしょう。
    改善を期待したいです。

    また、対戦以外のミッションやパーツ購入でも、常にオンライン状態でなければならないために、非常にテンポが悪いです。パーツひとつ買うのに20秒弱ほど待たされた時はさすがにイラッとしました。
     さらに、オンラインモードとオフラインモードでチームの扱いが違うために、オフラインで育てた後にオンラインへ、ということも難しくなってしまっています。(その時点で所持しているパーツの持ち越しはできますが)

    個人的には対戦システムはもっと簡略化してしまっても良かったと思います。
    今のオンラインを見るかぎり、FPSのような部屋制が手っ取り早くてよかったのではないかと思ってしまいます。
    現状のオンラインではAC対ACの戦闘をまともに楽しめるのはごく限られた人たちのみですし。
    もっとも、フリー対戦はまともに戦えるので楽しいですが、メインコンテンツよりも楽しいというのはいかがなものか・・・。

    素材はいいにもかかわらず、調理方法を間違えたために美味しくない料理ができてしまったなー、というのが正直な感想です。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 1 2 2
  • ACシリーズの転換点 70
    • 投稿者:Gaul(男性/30代)
    • 投稿日:2012/02/15
    良い点
    ・今までのシリーズとは違う「ACを動かせる爽快感」
    ACfAが「他を超越した兵器」なら、ACVは「他の延長線上にある兵器」。
    「何でもアリの化け物」が、「滑空できる装甲車両」程度になった。
    しかし、それだけにその存在感、重量感はかなりのもの。
    細かな動きにもこだわりが感じられる点はすばらしい。
    ブーストドライブやチャージブースト等、
    新たなアクションも「リアルなAC」によく似合っている。
    今までの縦横無尽に空を飛び回るACとは違う、地を駆け回るAC。
    コジマ粒子やVOBのあるACfAの後ではインパクトが薄いようにも感じられるが、
    泥臭いACを泥臭く、格好良く動かすのもまた味がある。

    ・奥深くなった戦闘
    属性が実弾、エネルギー弾の2種類から、KE、CE、TEの3種類へ増加。
    各パーツ毎に属性への強弱が決まっており、
    どれか一つは弱点属性が出てくるので3種類の属性全てが活きてくる。
    新たに盛り込まれたスキャンモードで敵の弱点属性を探り、
    それに合わせた攻撃をしていくという攻防は楽しい。

    ・数多くのやり込み要素
    ミッションに存在するサブクエスト、拘ればキリがないエンブレム、武器育成。
    華を添える要素にも手を抜いていない点は好感触。

    ・「仲間」や「傭兵」の存在
    AC2AAやACfAに存在した、協力プレイがあるのは嬉しいところ。
    一人で戦うもよし、仲間と戦うもよし。
    仲間がいなくても、傭兵を雇うことで協力プレイができるのは良い。

    ・旧作ファンへのサービス
    ストーリーミッション中に旧作を意識した台詞がある。
    初代ACシリーズの頭部COM(ROUGH/DETAILED)で聞き慣れた、
    三石琴乃さんの声がCOMボイスの中にあるのは嬉しい限り。
    欲を言えば田村ゆかりさん(STANDARD)も、と言いたいところだが…。
    悪い点
    ・三属性のバランス
    結論から言えばKE属性が強すぎる状態。
    KE属性は武器種が多く様々な運用ができるのに対し、
    CE属性は限られた数しかなく、バトルライフル以外に選択肢はほとんどない。
    TE属性はENを消費するというリスクが大きく、KE属性ほど気楽には扱えない。
    以上の点に加えて非常に手軽で強力な武器がKE属性に存在するため、
    CE耐性とTE耐性の価値が低くなってしまっている。

    ・脚部の属性耐性
    脚部毎に耐性がほぼ決まっているという点は大きなマイナス。
    しかも、KE耐性が最も高いパーツがよりによって中量二脚。
    「中量」二脚であるからには防御力は「ある程度」止まり。
    「ある程度」以上のKE属性の攻撃を弾くことができるACは存在しないのだ。
    KE耐性特化の重量二脚、タンクがあったとすればKE耐性の上限値も上がり、
    KE属性への抑制力となりえたかもしれないのだが…。
    KE、CE、TEという三属性の発想は面白いだけに、この制限は悔やまれるところ。

    ・「領地戦」
    最大のウリとなっていたハズの「領地戦」が上手く機能していない。
    領地獲得のメリットがほとんどないため、モチベーション維持も難しい。

    ・「決戦防衛」
    ヘリを撃破してしまえば終わりというルール上、
    ヘリを破壊することに特化してしまえば防衛側は為す術もなく負けてしまう。
    詳しい手段は省略するが、その早業は「ACを倒せばいい」と考えさせないほど。
    AC戦を楽しみたいプレイヤーにとって、この仕様は嫌がらせにしかならない。
    総評
    シリーズ初の本格的なオンライン仕様のAC。
    しかし、オンラインは粗が目立つように思います。
    マッチングの問題やサーバーエラー等、プレイ自体が成り立たないことも多々。
    「領地戦」も未だに不満が多く、「やってやろう」という気にはなりづらい。

    反面、ストーリーミッション、オーダーミッションは楽しめました。
    「短い」という感は否めないものの、サブクエストを含めればやり応えは十分。
    印象的な登場人物や記憶に残る(嫌でも残ってしまう)名台詞もあるので、
    ストーリーミッションやオーダーミッションを重視して楽しむのはアリ。
    ただし、「フロム脳」が必要とされる説明不足は健在。
    想像でストーリーを補うことが要求されるので、一般受けはしづらいかと。

    オンラインに大きな期待をせず、「いつものAC」として見れば個人的には良作。
    武器やパーツのバランスが悪いのも、「ACシリーズ」として見れば慣れたこと。
    ある意味、旧作以上にシリーズファン向けの作品なのかもしれません。
    「領地戦」が「あんなもの」と切り捨てられそうな出来であるのは悲しいですが、
    これから先に修正される可能性があるならば…どうなるかは判りませんけどね。

    とりあえず、現状でもミッションとフリー対戦が楽しいことだけは確か。
    そちらを目当てにしている歴戦のレイヴンやリンクスならば、
    ある程度は楽しめると思います。
    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 2 4 3
  • 悪い意味でこれまでと違うAC 40
    • 投稿者:トンヌラ(男性/30代)
    • 投稿日:2012/02/15
    良い点
    ■いつまでも浮遊し続けて敵を画面に収めるだけの作業ではなくなった。
    ■新しい事に挑戦しようという試みは評価できる
    悪い点
    ■画面が見づらい
    やたらとゴチャゴチャしていて訳が分かりません。
    前作からしたら画質が落ちてるように思えます。

    ■マルチプレイに於いてのマッチングが不安定
    一緒にプレイするメンバーを集める事はできても、
    実際にミッションをやる段階まで進めません。

    ■メカデザインの方向性
    好みにも拠ると思いますが、二脚のパーツにがに股しかなく、
    格好つけた見た目がどうにも作れません。

    ■ストーリーの出来具合
    これまで本筋のミッションを一つずつこなしていた所を
    今作ではとりあえず繋げて長くしただけという感じです。
    内容も説明不足に加速が増し、展開についていけません。

    総評
    またやりたいなと思わせない作品に仕上がっています。
    ACシリーズはこれでお終いではないかとさえ思えてきます。
    それほどまでに何かが欠けている作品だと感じました。
    次回作があるならば発売日には購入せず、様子見しようと思います。
    プレイ時間
    5〜10時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 4 1 1 2
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:02月22日〜02月23日