日本最大級の
総合ゲーム情報サイト

リリース

PostPetの生みの親,八谷和彦氏が東京都現代美術館で新作披露

PostPetDS 夢見るモモと不思議のペン
配信元 マーベラスエンターテイメント 配信日 2010/02/01

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

「PostPet」開発者、八谷和彦氏の新作が
2月2日より東京都現代美術館で開催の「サイバーアーツジャパン」に出品
新たなコミュニケーションツール
『PostPetNow(仮称)』がアートな表現でお披露目!

画像集#001のサムネイル/PostPetの生みの親,八谷和彦氏が東京都現代美術館で新作披露

ピンクのテディベア「モモ」でおなじみの「PostPet(ポストペット)」開発者であるメディア・アーティスト・八谷和彦氏が、明日2月2日より東京都現代美術館で開催される、文化庁メディア芸術祭協賛事業「サイバーアーツジャパン―アルスエレクトロニカの30年」にて、「PostPet」関連の展示を行うことになりました。会場には、観客が一緒に撮影可能なモモ兄、「PostPetV3」の展示デモとともに、現在、株式会社ペットワークスが開発中の『PostPetNow(仮称)』デモ映像やテストバージョンが展示される予定です。

『PostPetNow(仮称)』は、ソネットエンタテインメント株式会社(サービス名称So-net)が発売した愛玩電子メールソフト「PostPetV3」を大幅に改訂し、twitterクライアントとして新たに開発された新しいコミュニケーションツールソフトです。

<八谷和彦氏プロフィール>
メディア・アーティスト。ペットワークス代表。
作品には、《視聴覚交換マシン》 や《ポストペット》などの特殊コミュニケ ーション・ツール・シリーズ、ジェット・エンジン付きスケート・ボード 《エアボード》やパーソナルフライトシステム《オープンスカイ》など、機能をもった装置が多い。


「サイバーアーツジャパン―アルスエレクトロニカの30年」展示概要

「サイバーアーツジャパン―アルスエレクトロニカの30年」とは、メディアアートの世界的祭典「アルスエレクトロニカ」(オーストリア・リンツ市)の30周年を記念した、日本のアート&テクノロジー、メディア芸術領域の特集展です。八谷氏は、アルスエレクトロニカで1996年、97年、98年と3回受賞しており、「PostPet」は1998年にネット部門で準グランプリを受賞しました。

■ 展示期間 : 2010年2月2日(火) 〜 3月22日(月)
■ 会場 : 東京都現代美術館(東京都・江東区)
http://www.mot-art-museum.jp/
■ 展示場所 : 地下2階フロア

『PostPetNow(仮称)』 とは
自分やフォローした人たちがパペット(人形)となって、ペットと一緒に暮らしていく、新しいタイプのtwitterクライアントです。フォローや被フォロー、メンション(@つき発言)、リスト機能など、初心者には少しわかりにくいtwitterの機能を楽しく使えるようになっています。なおソフトウェアの開発進行にあわせて展示内容も徐々にアップデートされる予定です。『PostPetNow(仮称)』は、5月頃のパブリックベータ版の公開を目指して、鋭意開発中です。

注目の記事

1
★★★★★★★★★★★★
2
★★★★
3
★★★★
4
★★★
5
★★★
6
★★★
7
★★★
8
★★
9
★★
お気に入りタイトル/声優

タイトル/ワード名(記事数)

全件表示する
最近記事を読んだタイトル/声優

タイトル/ワード名(記事数)

全件表示する