オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
プロシーンで活躍する格闘ゲーマー55人が振り返る2018年。来年への抱負や展望も
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/12/29 00:10

企画記事

プロシーンで活躍する格闘ゲーマー55人が振り返る2018年。来年への抱負や展望も


ナウマン

所属:Team Godsgarden
主戦タイトル:ストリートファイターV アーケードエディション

Twitterアカウント
画像(034)プロシーンで活躍する格闘ゲーマー55人が振り返る2018年。来年への抱負や展望も
[質問1]2018年の活動内容について

 今年からGGP(Godsgarden Pro)の一員として「Capcom Cup 2018」のアジア大会や「EVO 2018」などの大会に参加し,プロの世界を肌で感じました。また,歴史ある団体であるGodsgardenのメンバーとして,チームの既存のファンに受け入れられるため,また,団体の認知度向上のためにライブ配信を通じて自分を知ってもらえるように努めました。
 参加した大会で満足いく結果を残せなかったことが,今年の反省点であり悔しかった点です。さらなる実力を養うべく日々がんばっています。

[質問2]2018年に触れたゲームやエンターテイメントコンテンツで最も印象深かった作品

ミニスーファミ:
 名作ぞろいのラインナップかつ,HDMI端子付きのモニターさえあれば簡単に遊べるということで,今年かなりお世話になりました。初めて触れるタイトルがたくさんあり,これまでとてももったいないことをしていたなと感じましたね。自分のようにリアルタイムでスーパーファミコンを体験していない年齢層の人に向けてのすばらしいアイテムだと思います。

[質問3]2018年に個人的に注目したeスポーツプレイヤー

GGP|かずのこ:
 同じチームの先輩であり,いちファンとしても注目していました。以前からさまざまな格闘ゲームに挑戦していましたが,EVO 2018ではメインタイトル4種目に出場し,そのうち2種目で壇上に残るという結果に尊敬の念をあらためて抱きました。一緒に行動することも多かったので,やはり自然と注目してしまいます。

[質問4]2019年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

 来年こそは「ストリートファイターV アーケードエディション」の大会でいい成績を収めたいです。そのために質のいい練習,意識の高い取り組みを心がけます! 2019年も皆様よろしくお願い致します!


ネモ

所属:Team Liquid / 勤務先:スクウェア・エニックス / 事務所:アミューズ
主戦タイトル:ストリートファイターV アーケードエディション

Twitterアカウント
AMUSE公式サイト
画像(035)プロシーンで活躍する格闘ゲーマー55人が振り返る2018年。来年への抱負や展望も
[質問1]2018年の活動内容について

 未経験で慣れないことが多かった年でした。プロゲーマー活動に理解ある職場+海外のeスポーツチームに所属して1年目の年だったので張り切り過ぎたなーって感じです。年間15回海外大会に参加出来たのはプレイヤーとしては良かったんですけど,健康管理は最悪でしたので酷く体調を崩さなくて本当に良かったです。もっと余裕のあるスケジュールで仕事とゲームを両立していきたいですね!

[質問2]2018年に触れたゲームやエンターテイメントコンテンツで最も印象深かった作品

OCTOPATH TRAVELER:
 8人のストーリーがよく出来ていて,キャラクターの魅力が充分伝わりました。また,戦闘のテンポがよく,1章が大体1時間程度で終わるので,さくさく進めることができ,海外の移動時間ではとても役立ちました!
 2Dのドット絵も昔ながらのロールプレイングといった感じで,懐かしい気分でゲームを楽しめました。

[質問3]2018年に個人的に注目したeスポーツプレイヤー

竹内ジョン選手(ストリートファイターV アーケードエディション):
 「EVO Japan 2018」で準優勝したことが評価され,一緒にTeam Liquidに所属することになりました。まだ20歳の若手ですが,自分の意見をしっかり持っている子なのでこれからの成長も楽しみにしています。今年はあと一歩のところで,「Capcom Cup」に出場できませんでしたが,来年こそは本戦に出場してほしいですね!

[質問4]2019年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

 2019年は大規模大会で大会で優勝したいですね。ゲームを真剣にプレイしている姿をもっと多くの方に見ていただきたい考えているので,負けた報告よりも,勝った報告をきちんとしたいです(笑)。来年も応援よろしくお願いします!


ノビ

所属:TeamYAMASA(山佐)
主戦タイトル:鉄拳7

Twitterアカウント
画像(036)プロシーンで活躍する格闘ゲーマー55人が振り返る2018年。来年への抱負や展望も
[質問1]2018年の活動内容について

 長年eスポーツ業界で仕事をしてきましたが,2018年は最もeスポーツが活性化した年でした。ゲームの認知度が一気にあがって,仕事も増えましたし,なにより活動しやすくなったことがとてもありがたいですね。ただ,大会結果をあまり残せなかったことに悔いが残っています。世界タイトルは2015年に獲得したきりで,以降獲得できていないので,焦りを感じてます。

[質問2]2018年に触れたゲームやエンターテイメントコンテンツで最も印象深かった作品

 YOSHIKIチャンネルに出演させていただいたことです。自分はX JAPAN世代ではないんですが,YOSHIKIさんが本当に神すぎてイベント後にすべての曲を聞きました。

[質問3]2018年に個人的に注目したeスポーツプレイヤー

 鉄拳ではKnee選手が出場するすべての大会で結果を出しているので,注目し参考にしていました。

[質問4]2019年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

 2019年はもう一度世界王者になるので,皆様応援よろしくお願い致します!


ノロマ

所属:COOASGAMES
主戦タイトル:鉄拳7

Twitterアカウント
画像(037)プロシーンで活躍する格闘ゲーマー55人が振り返る2018年。来年への抱負や展望も
[質問1]2018年の活動内容について

 「鉄拳7」において,「Tekken World Tour」,「EVO 2018」などの海外大会や国内大会に参加。地元,長崎では,eスポーツを広めるために,講演会や対戦会を開催していました。

[質問2]2018年に触れたゲームやエンターテイメントコンテンツで最も印象深かった作品

 鉄拳7ですね。season2へのバージョンアップで,新キャラクターの追加やメインキャラクターであるジャック7の調整など,さまざまな変更点が施されました。個人的に修正する面がたくさんあると感じていますね。

[質問3]2018年に個人的に注目したeスポーツプレイヤー

 鉄拳シリーズのKnee選手ですかね。Tekken World Tourの予選成績がとてつもないことになっていて,参加するとだいたい優勝という結果を残していました。抜群の安定感を見て,自分もどうやったら安定して勝てるのかな? と考えさせられました。

[質問4]2019年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

 これからも鉄拳シリーズを軸にがんばっていきますので,応援お願いします。


ハーケン

所属:Walker Gaming
主戦タイトル:GUILTY GEAR Xrd REV 2

画像(038)プロシーンで活躍する格闘ゲーマー55人が振り返る2018年。来年への抱負や展望も
[質問1]2018年の活動内容について

 「EVO Japan 2018」,「KSB 2018」,「ARCREVO Japan」と,大型大会でいい結果を残せず,不甲斐ない1年だったと思います。しかし,チーム戦で開催された「F1カップ」の優勝や,来年行われる「闘神祭」本戦へのエリア予選を突破できたのはとてもうれしいことです。チームの一員としてきちんと活躍できていたということですから。
 ただ家庭用を使用したシングル大会でももっとがんばりたいですね。パフォーマンスを落とさず対戦できるよう改善していきたいです。
 また,Walker Gamingで行われていた月1の対戦会,初級者対戦会などに参加して,さまざまなプレイヤーと交流できたのは自分にとってもいい経験となりました(拠点は今年移転してしまいましたが)。対戦もそうですが,会話の中で自分の知識を伝えたり,知らないことを共有できたりと,とてもすばらしい時間だったと思います。参加したプレイヤーの方々が,これからもっと楽しんでゲームを遊んでくれることを願っています。

[質問2]2018年に触れたゲームやエンターテイメントコンテンツで最も印象深かった作品

「Detroit: Become Human」:
 まるで映画のようなゲームで,主要キャラ3人のストーリーが面白すぎて,止めどきが分からなくなりました。エンディングの種類が豊富にあり,プレイヤーが選んだ選択肢に沿った結末を見られるのも大きなポイントです。難点をあげるとしたら,映像が綺麗すぎるため,ムービーと自分で操作するパートの区別が付きにくいところでしょうか。

「Dead by Daylight」:
 1(キラー)対4(サバイバー)のオンライン鬼ごっこ。キラー側はサバイバーを見つけて処刑すること,サバイバー側はキラーに見つからずに,マップ内にある発電機を直して脱出することを目的とするゲームです。キラーの種類や特性,サバイバーのスキル(パーク),スキンが豊富で,プレイヤーによって個性が出せる点が面白いです。ゲームの序盤でサクッとやられてしまっても,すぐにまたマッチングできるのもいいですね。

[質問3]2018年に個人的に注目したeスポーツプレイヤー

GUILTY GEARプレイヤーの「マルケン」:
 闘神祭のチームメイトなんですが,数年ぶりに表舞台に引っ張り出せました。個人的にも注目はしてるんですが,それ以上に皆さんにこのプレイヤーの強さを知ってもらいたいです。

[質問4]2019年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

 来年も楽しくゲームをすることです。大会の目標は闘神祭ですね。今はそれにつきます。仕事の関係もあり,遠方に行くことがなかなかできませんが,国内や関東の大会にはできる限り出場し,もっと皆さんに知ってもらえるようにプレイしていきたいと思います。がんばります!


ハイタニ

所属:Fudoh
主戦タイトル:ストリートファイターV アーケードエディション

Twitterアカウント
画像(039)プロシーンで活躍する格闘ゲーマー55人が振り返る2018年。来年への抱負や展望も
[質問1]2018年の活動内容について

 今年はTwitchを使っての個人配信や使用キャラクターを変更しての「Capcom Pro Tour」参加など,たくさんの新しいことに挑戦をさせてもらった年でした。どの活動においてものびのびと自分の考えに基づいて行動させてもらったので充実感がありました。

[質問2]2018年に触れたゲームやエンターテイメントコンテンツで最も印象深かった作品

ストリートファイターV アーケードエディション:
 今年は(今年も?)ほぼこのゲームしか遊んでません!

[質問3]2018年に個人的に注目したeスポーツプレイヤー

ガチくん:
 Red Bullのスポンサー獲得と「Capcom Cup 2018」優勝で大きく飛躍した年になったと思います。

[質問4]2019年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

 今年は大会結果が全体的に奮わず,たくさんの課題ができました。その反省をいかして2019年はズバリ「勝つ」年にしたいですね!


ハク

所属:Fudoh
主戦タイトル:ストリートファイターV アーケードエディション

Twitterアカウント
画像(040)プロシーンで活躍する格闘ゲーマー55人が振り返る2018年。来年への抱負や展望も
[質問1]2018年の活動内容について

 今年は初めてプロゲーマーとして活動をした1年間でした。国を越えてゲームをプレイし,とても貴重な経験をできました。百地さんチョコさんを筆頭に,さまざまな人に感謝しています。
 よかった点としては,大会で「最低限,ここまでは行くぞ」という目標を毎回立てていたのですが,これをほとんどの大会で達成できたことです。強豪プレイヤーやこれまで勝てなかった人に大会で勝てたのもよかったですね。
 逆に悪かった点になりますが,大会上位に進出できる境目となる重要な試合で落ち着くことができなかったことですね。この点は,今後経験を積んで解消していこうと思っています。

[質問2]2018年に触れたゲームやエンターテイメントコンテンツで最も印象深かった作品

 「ストリートファイターV アーケードエディション」をメインにプレイしつつ,ほかのゲームも触っていましたが,やはり今年はSFV AEが印象に残りましたね。「EVO」などの大規模大会が世間でも注目されてきていて,自分の周りのゲームをあまり遊ばない人たちにも知られるようになったと感じました。さらに地上波などでもSFV AEが取り上げられていて,時代が来ているのだなと思いましたね。そういったメディアから興味を持ってくださる人もいて,とてもうれしいです。自分も格闘ゲームの競技シーンを知っていただけるように貢献していきたいです。

[質問3]2018年に個人的に注目したeスポーツプレイヤー

 個人的に注目したプレイヤーは梅原大吾さんです。自分は梅原さんと同じキャラを使っているのですが,攻略や戦術面で自分よりも優れたプレイを見せており,すごさを感じました。自分が苦手とする組み合わせで,「これ以上どうしたらいいか分からない」といった状況があったのですが,梅原さんの動きを見てみると,驚きの方法で対策を立てていたりするんです。
 また,攻略面でもそうですが,自分と同じキャラクターで強いプレイヤーがいると,そのレベルまで努力しようとがんばるモチベにもつながっていたので,そういう意味でも助かりました。ただ,今後はそういったプレイヤーが見つからなくても自分で攻略や戦術を組み立てられるようにがんばっていきたいです。

[質問4]2019年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

 2019年の抱負はキャラ対策を満遍なくすることです。今年は対策をするための時間配分が下手でした。大会でよく当たるようなキャラの対策は立てていましたが,使用人口が少ないキャラの対策を怠り,大会での対戦時に戸惑い,負けてしまうといった経験をしました。
 「珍しいキャラだから対策は後回しでいいや」と心のどこかで甘えていたんですね。来年はこの経験を基に次のレベルに進めるように努力していこうと思います。
 ここまで読んでいただきありがとうございました。これからもFudohのハクとしてがんばりますので応援よろしくお願いします。


はつめ

所属:父ノ背中 / スポンサード:COMP
主戦タイトル:ストリートファイターV アーケードエディション

Twitterアカウント
画像(041)プロシーンで活躍する格闘ゲーマー55人が振り返る2018年。来年への抱負や展望も
[質問1]2018年の活動内容について

 2018年は自分をプロゲーマーとして背中を押し出してくれたCOMPに所属しつつ,掛け持ちでプロチーム「父ノ背中」に所属するという新たな一歩を踏み出した年になりました。下半期から精力的に大会に出場しましたが,回数を重ねるにつれて徐々に成績が上がっていきましたね。新たなスポンサー,仲間,そして新しいファンの皆様と一緒に新しいことに挑戦し続ける年になったように思います。

[質問2]2018年に触れたゲームやエンターテイメントコンテンツで最も印象深かった作品

 チームに所属してから,「レインボーシックス シージ」を再びプレイする機会がとても増えたのですが,自分が思っていたより遥かに人口が多く,プロリーグができるなど,とても盛り上がりを見せています。FPSの中では比較的戦略性の高いゲームとなっていて,プロチームからアマチュアチームまでプレイヤー個人の研究量がとても多く,FPSに必要なAIM能力を研究知識量でカバーできる点は,まさに“eスポーツ”だなと感じています。

[質問3]2018年に個人的に注目したeスポーツプレイヤー

 2018年は「ストリートファイターV アーケードエディション」において,キャミィのプレイヤーがとても目立つ年でした。国内ですと,かずのこさん,マゴさん,海外では韓国のNLさん,Verlorenさんなど,さまざまなスタイルのキャミィ使いがいましたが,中でもXiaohaiさんのキャミィは本当に格別でした。
 ほかのプレイヤーから頭1つでた人間性能,海外大会でセーラームーンの格ゲーを初見から少し練習しただけで優勝をかっさらっていくセンス。同じキャミィ使いとして,彼の活躍をもっと見たかったのですが,あまり大会には参加していませんでした。悲しい……。一度お話させていただく機会があったのですが,試合の組み立ての考え方がすごく面白くて(言うとダメな気がするので伏せておきます……),格ゲーにはこんな考え方もあるのだなぁと新たな発見をしました。

[質問4]2019年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

 2019年は今年よりもさらに精力的に海外大会に参加したいと考えています。こうやって,実力をつけながら大会に出れるのもふだん応援してくれているスポンサーやファンの皆様のおかげだと思っています。そのファンの皆様へ,何か恩返しをする年にしたいと考えているのですが,一番の恩返しは自分が大会で成績を残すことだと思っていますので,必死に練習して,皆様に恩返しができればと思います。
 2018年は本当にありがとうございました。常にたくさんの方に支えられて自分はゲームができています。そして,2019年も応援よろしくお願い致します。応援していてよかったと思わせられるプレイヤーになれるよう尽力していきます。


はやお

所属:グローバルセンス PGW(プロゲーマーズワールド)事業部
主戦タイトル:ストリートファイターV アーケードエディション,ストリートファイターIII 3rd STRIKE

Twitterアカウント
画像(042)プロシーンで活躍する格闘ゲーマー55人が振り返る2018年。来年への抱負や展望も
[質問1]2018年の活動内容について

 10月以前は例年通りに「ストリートファイターIII 3rd STRIKE」を主にプレイし,「2回転技術の研鑽・提供」に務めていました。9月に行われた「中四国大会」では,以前より行いたいと考えていたポイズンのコスプレを披露し,一部を震撼させ,「またはやおが何かやっとんな」といった気持ちを提供できたと思っています。
 11月からはグローバルセンスに入社し,PGWメンバーの一員として今まで以上に「回転業務」を行っております。全体を通して変わらず3rdや「ストリートファイターV アーケードエディション」を遊べており,2回転が多く通った豊作の年だったように感じます。

[質問2]2018年に触れたゲームやエンターテイメントコンテンツで最も印象深かった作品

 「ダンジョンメーカー」というアプリゲームです。ダンジョンの構成を考え,魔物や罠を設置し,勇者の突入から守る,というタワーディフェンスのようなゲームなのですが,評判が良く,ちょっとやってみようと購入してみたらとんでもない時間泥棒なゲームでした。何かの合間に遊んでいたら,いつのまにか合間どころかメインで遊んでしまって予定が崩れることが多々ありました。6月から遊んでいるのですが,12月現在も変わらず時間泥棒の地位を築いている覇権アプリですね。ドット絵でキャラクターが描かれているのも懐かしみ〜。
 エンターテイメントコンテンツでは「テクノ法要」ですね。テクノとお経というまったく新しい音楽ジャンルなのですが,4月のニコニコ超会議で初めて触れました。同イベントではお香も焚かれており,やすらぎのひとときを過ごしました。
 あとは実際にまだ未プレイですが,「HADO」というARを使用したタイトルが気になっています。PVを見た時に「こんなん絶対おもろいやん!」と直感で思いました。

[質問3]2018年に個人的に注目したeスポーツプレイヤー

キチパームさん:
 SFV AEのザンギエフの先輩で学ぶところがたくさんありすぎて,いつも参考にさせていただいています。

白黒さん:
 ただひたすら真摯に3rdの攻略を詰めているプレイヤーで,主要都市に積極的に遠征にいく姿勢に感嘆しております。「龍が如く」シリーズが好きな者同士でして,3rdの話より長話をしてしまうこともよくあります。

[質問4]2019年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

 来年の抱負は「龍が如く」シリーズの早脱ぎを実現するための衣装製作です。あの伝統のシーンはほんまカッコいいので自分でもやりたいと思っております。また,ラウカーロンの登場シーンの演舞も詰めて再現も考えております。
 活動としては,プロゲーマーとしてもですが,今まで通りの「はやお」としてさまざまなことを通して,おもろいことを仕掛けていく所存でありますので,応援よろしくお願いします。


ふ〜ど

所属:Cooperstown Entertainment
主戦タイトル:ストリートファイターV アーケードエディション

Twitterアカウント
Instagramアカウント
画像(043)プロシーンで活躍する格闘ゲーマー55人が振り返る2018年。来年への抱負や展望も
[質問1]2018年の活動内容について

 Cygames Beastに新メンバーとして加わり,「ストリートファイターV アーケードエディション」を中心に活動しました。「Capcom Pro Tour」に精力的に参加し,海外遠征のために飛び回るという体力勝負の年でもありましたが,Capcom Pro Tourプレミア大会にも優勝し,プロとしてとても良い1年になりました。

[質問2]2018年に触れたゲームやエンターテイメントコンテンツで最も印象深かった作品

 SFV AEに注力していたので,2018年は新しいゲームをやる暇もなかったのが現実ですが,人気の「Fortnite」は気になりました。

[質問3]2018年に個人的に注目したeスポーツプレイヤー

 SFV AEのProblem Xですね。今年の「EVO」で優勝したのは周知のことですが,プレイヤー人口の少ないイギリスであの強さ,あのネタの豊富さはすさまじかったですね。独自の成長方法がありそうなので解読したいです。

[質問4]2019年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

 引き続きSFV AEをメインに活動していきますが,来年はいろいろなタイトルのゲームをプレイして,幅を広げていきたいなと思っています。また,ウメハラさんと一緒にTwitchで行っているBeasTV配信でも,さらにいろいろなアイディアに挑戦して,面白いコンテンツを視聴者の皆さんに提供していきたいと思います。マルチに活動するふ〜どの応援お願いします!


フェンリっち

所属:CYCLOPS athlete gaming
主戦タイトル:BLAZBLUE CENTRALFICTION,ドラゴンボール ファイターズ,BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE

Twitterアカウント
画像(044)プロシーンで活躍する格闘ゲーマー55人が振り返る2018年。来年への抱負や展望も
[質問1]2018年の活動内容について

 良かった点としては,「EVO2018」において,「BLAZBLUE CENTRALFICTION」で優勝,「ドラゴンボール ファイターズ」は3位,「BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE」は5位と好成績を残せたことです。
 プロになる以前は,BBCFのみに注力してプレイしてきましたが,CYCLOPSに所属してからはマルチゲーマーとしての道を歩むためにDBFZとBBTAGを始めました。複数のゲームをプレイして,初めはボタンの押し間違いやキャラの動かし方にすごく悩まされました。大会の試合は瞬間的な判断力が求められるのですが,長年やっていたBBCFの動きがとっさに出てしまって,BBTAGではとくに悩まされましたね。マルチゲーマーとして活躍している先輩のすごさを身をもって知りました。
 また,反省点は2つありまして,1つはトークです。来年はトーク力の向上を図りたいです。そしてもう1つは,複数タイトルでの優勝です。今年は叶えられなかったので,来年こそは達成できるようがんばります。

[質問2]2018年に触れたゲームやエンターテイメントコンテンツで最も印象深かった作品

 ドラゴンボール ファイターズです。マルチゲーマーとして活動するうえで選んだタイトルなので印象に残りました。キャラや技がかっこよく(自分が好きな技はセルのサイコキネシスクラッシュ),原作の台詞が必殺技の名前になっていたりと,必殺技と名前を見ているだけでもとても楽しいゲームです。
 また,条件を満たして相手をKOすると,原作を忠実に再現した演出やヤムチャがナッパを倒すといったifの演出が見られる特殊KO(ドラマティックフィニッシュ)が起こるのですが,バーダックがフリーザを倒す演出がすごくいいんですよ。バーダックがかっこいいので,見たことないという人はぜひ一度見てほしいです。

[質問3]2018年に個人的に注目したeスポーツプレイヤー

 同チーム内のGO1さんですね。マルチゲーマーとしてどのタイトルでも実力を発揮し,数々の大会ですばらしい結果を残している選手として憧れるとともに,尊敬できる先輩として親しみを感じております。ゲームの飲み込みの早さ,ガードの堅さ,GO1さんの長所を出していくスタイルには言葉も出ません。まだまだ自分は若輩者であり,至らぬ点が多々ありますが,負けずがんばります!

[質問4]2019年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

 来年の目標は4つ掲げています。1つは打倒GO1さん。2つ目は大会で2タイトルで優勝する。3つ目は英語を話せるように学習する。そして最後にトーク力を鍛えることです。来年はこの4つを達成できるようにがんばります。
 ここまで読んでいただきありがとうございました。最後になるのですが,自分はBLAZBLUEシリーズのジンが大好きです。みなさんも一緒にBLAZBLUEシリーズをプレイして,ジンを使いましょう!


藤村

所属:Fudoh
主戦タイトル:ストリートファイターV アーケードエディション

Twitterアカウント
画像(045)プロシーンで活躍する格闘ゲーマー55人が振り返る2018年。来年への抱負や展望も
[質問1]2018年の活動内容について

 チーム不動の一員として「ストリートファイターV アーケードエディション」の練習をメインに,大会やイベントにも参加させていただき,とても忙しい1年となりました。重要な大会にはほとんど参加し,満足のいく結果を残せたので,2018年におけるトッププレイヤーの1人にはなれたと思います。来年こそは最強プレイヤーになるためがんばります。

[質問2]2018年に触れたゲームやエンターテイメントコンテンツで最も印象深かった作品

映画「ボヘミアン・ラプソディ」:
 Queenの史実を基にしたエンターテイメント作品です。自分から映画を観ることはほぼないのですが,Queenが好きなので観に行きました。Queenのすばらしい音楽がたくさん聴けて,ストーリーも感動的に作られており,とてもよかったです。観るのであれば,ぜひ臨場感あふれるドルビーアトモスで!

[質問3]2018年に個人的に注目したeスポーツプレイヤー

Tokido:
 自分は基本的にほかのプレイヤーには興味がなく,マイペースでやってきたつもりでしたが,よくよく考えると彼からはとても大きな影響を受けていることに今気付きました。プレイ内容はもちろんのこと,ゲームに対する姿勢も誰より真剣でとても学ぶことが多く刺激的な人物です。彼がいなければ自分はもっと低いレベルで満足し,さまざまなことを見落とし,気付かないままだったと思います。いつか超えたい大きな壁ですね。

[質問4]2019年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

 2019年は今年以上にゲームに対し,厳しく取り組んでいきます。正直今年の成績はできすぎていると思っていますが,来年はもっといい成績を残し,それを当然の結果だと思えるようにがんばります。来年も応援よろしくお願いします!


ペコス

所属:AKIHABARA ENCOUNT
主戦タイトル:鉄拳7,ドラゴンボール ファイターズ

Twitterアカウント
画像(046)プロシーンで活躍する格闘ゲーマー55人が振り返る2018年。来年への抱負や展望も
[質問1]2018年の活動内容について

 「Tekken World Tour」に途中からですが参加しました。去年とはルールが違ったので,アメリカやヨーロッパのプレイヤーと対戦を含めた交流ができたのがとてもいい経験になりました。

[質問2]2018年に触れたゲームやエンターテイメントコンテンツで最も印象深かった作品

ドラゴンボール ファイターズ:
 原作の人気もあって,ものすごく盛り上がったんじゃないかなと。

[質問3]2018年に個人的に注目したeスポーツプレイヤー

 かずのこさんはずっと尊敬してるプレイヤーなんですが,今年ですと立川君です。若いながらも大会に臨む姿勢や努力は近くで見ていた人からすると,とても応援したくなりました。

[質問4]2019年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

 来年もいろいろなことに挑戦しようと思っています! 応援の程よろしくお願い致します!!


ボンちゃん

スポンサード:Red Bull / HyperX
主戦タイトル:ストリートファイターV アーケードエディション

Twitterアカウント
画像(062)プロシーンで活躍する格闘ゲーマー55人が振り返る2018年。来年への抱負や展望も
[質問1]2018年の活動内容について

 1年を通してトーナメントで優勝することができなかったのは悔やまれます。来年は取り組み方を変えるところからスタートです。

[質問2]2018年に触れたゲームやエンターテイメントコンテンツで最も印象深かった作品

DARK SOULS III,Bloodborne:
 ふだんは対人戦ばかりをやっているので,アクションゲームを遊んだ時の解放感や純粋に楽しむという気持ちを思い出させてくれました! 面白い!

[質問3]2018年に個人的に注目したeスポーツプレイヤー

SonicFox:
 アークシステムワークスが開発する格闘ゲームはアジア圏のプレイヤーばかりが活躍していたということもあって,勝ちづらいのだろうなといった印象があったのでですが,それを払拭してくれました。ほかの海外プレイヤーへの刺激にもなったと思いますし,2018年のベストeスポーツプレイヤーに選ばれたのも納得!

[質問4]2019年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

 年々プレイヤーの全体レベルが上がっているので,今年の結果を反省しつつ来年に生かせればと思ってます。来年もよろしくお願いします!

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月27日〜09月28日
タイトル評価ランキング
93
66
54
VALORANT (PC)
44
VALIANT TACTICS (PC)
2020年03月〜2020年09月