オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
任天堂の第2四半期決算説明会が開催。スマホ向けアプリ提供は2016年3月に延期,コミュニケーションアプリ「Miitomo」の開発も明らかに
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/10/29 15:57

ニュース

任天堂の第2四半期決算説明会が開催。スマホ向けアプリ提供は2016年3月に延期,コミュニケーションアプリ「Miitomo」の開発も明らかに

 任天堂は本日(2015年10月29日),28日に発表した2015年度第2四半期(中間)決算と,今後の経営方針に関する説明会を開催した。
 2015年4月〜9月の営業損益は約89億円の黒字(前年同期は2億円の赤字)で,中間期としては5年ぶりの黒字を記録するなど,明るい兆しが見え始めた今回の決算。社長の君島 達己氏から,クラブニンテンドーに代わる新会員サービス「My Nintendo」や,注目のスマートデバイス向け事業の展開などが語られた説明会の内容をお伝えしていこう。


ニンテンドー3DS/Wii Uタイトルや関連商品の販売推移


 国内でのニンテンドー3DS本体とソフトの販売は,「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」や「妖怪ウォッチ2 元祖/本家」などの大ヒットタイトルが出た昨年ほどではないが,堅調だ。海外では,2月にNew ニンテンドー3DSが発売された影響もあって,ハードの売り上げは昨年を上回るペースとなっているものの,ソフトは国内同様,若干下回っている。

任天堂の第2四半期決算説明会が開催。スマホ向けアプリ提供は2016年3月に延期,コミュニケーションアプリ「Miitomo」の開発も明らかに 任天堂の第2四半期決算説明会が開催。スマホ向けアプリ提供は2016年3月に延期,コミュニケーションアプリ「Miitomo」の開発も明らかに
任天堂の第2四半期決算説明会が開催。スマホ向けアプリ提供は2016年3月に延期,コミュニケーションアプリ「Miitomo」の開発も明らかに 任天堂の第2四半期決算説明会が開催。スマホ向けアプリ提供は2016年3月に延期,コミュニケーションアプリ「Miitomo」の開発も明らかに

 昨年には及ばないとはいえ,今期も「妖怪ウォッチバスターズ 赤猫団/白犬隊」「どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー」などが国内でミリオンヒットを記録し,アメリカやオーストラリアで「妖怪ウォッチ」がホリデーシーズンに発売されるなど,好材料は多い。特に「どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー」は,国内での女性のプレイヤー層拡大,カード型amiiboの普及という点で成功しており,発売されたばかりの欧米でも順調に売り上げを伸ばしているとのことだ。

 ここ数年の業績不調の象徴とされてしまっていたWii Uも,「Splatoon」「スーパーマリオメーカー」というヒットタイトルの出現で勢いが生まれている。国内では,今期の前半こそハードの売り上げが昨年を下回っていたものの,年末商戦に向けて販売ペースが急激に上昇中。ソフトは一貫して昨年を上回っている。海外でもソフト/ハードともに好調だ。

任天堂の第2四半期決算説明会が開催。スマホ向けアプリ提供は2016年3月に延期,コミュニケーションアプリ「Miitomo」の開発も明らかに 任天堂の第2四半期決算説明会が開催。スマホ向けアプリ提供は2016年3月に延期,コミュニケーションアプリ「Miitomo」の開発も明らかに
任天堂の第2四半期決算説明会が開催。スマホ向けアプリ提供は2016年3月に延期,コミュニケーションアプリ「Miitomo」の開発も明らかに 任天堂の第2四半期決算説明会が開催。スマホ向けアプリ提供は2016年3月に延期,コミュニケーションアプリ「Miitomo」の開発も明らかに

 ダウンロードによる売り上げも前年同期比で倍増と好調で,これには「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U / Nintendo 3DS」「マリオカート8」のDLCが貢献しているとのことだ。

任天堂の第2四半期決算説明会が開催。スマホ向けアプリ提供は2016年3月に延期,コミュニケーションアプリ「Miitomo」の開発も明らかに
任天堂の第2四半期決算説明会が開催。スマホ向けアプリ提供は2016年3月に延期,コミュニケーションアプリ「Miitomo」の開発も明らかに

 2014年末に発売されたamiiboも順調に売り上げを伸ばしており,フィギュア型の累計出荷数は2110万体,うち今期分は1060万体となっている。カード型amiiboの出荷も860万枚と,想定を大きく上回るペースだったとのこと。説明会では,年末商戦以外の時期も安定して売り上げが伸びている点がアピールされた。

任天堂の第2四半期決算説明会が開催。スマホ向けアプリ提供は2016年3月に延期,コミュニケーションアプリ「Miitomo」の開発も明らかに

任天堂の第2四半期決算説明会が開催。スマホ向けアプリ提供は2016年3月に延期,コミュニケーションアプリ「Miitomo」の開発も明らかに
地域別のamiibo売り上げランキングも紹介された。黄色でハイライトされているのは今期発売されたもの
任天堂の第2四半期決算説明会が開催。スマホ向けアプリ提供は2016年3月に延期,コミュニケーションアプリ「Miitomo」の開発も明らかに
amiiboの新商品では「どうぶつの森シリーズ」第1弾が11月中旬,「あみぐるみヨッシー ビッグ」が12月10日に発売予定


新会員サービス「My Nintendo」


 任天堂IPに触れる人口を増やし,更なるゲーム人口拡大を目指すという任天堂の基本戦略を推し進めるため,新しいアカウント「Nintendo Account」を導入し,9月いっぱいで終了したクラブニンテンドーに代わって新会員サービス「My Nintendo」を開始することも紹介された。

任天堂の第2四半期決算説明会が開催。スマホ向けアプリ提供は2016年3月に延期,コミュニケーションアプリ「Miitomo」の開発も明らかに

 Nintendo Accountはニンテンドー3DSやWii Uだけでなく,PC,スマートフォン,タブレット端末など,プラットフォームを越えて“ニンテンドー体験”を提供するもので,登録しやすく,忘れにくいものとするため,FacebookやTwitter,Googleアカウントなどでのログインも可能にするとのこと。また,現在プレイヤーが所持しているニンテンドーネットワークIDもそのまま利用可能とのことだ。

任天堂の第2四半期決算説明会が開催。スマホ向けアプリ提供は2016年3月に延期,コミュニケーションアプリ「Miitomo」の開発も明らかに

 Nintendo Accountをベースにした会員サービスであるMy Nintendoの内容としては,「任天堂公式サイトでのWii U/ニンテンドー3DSダウンロードソフト購入」「プレイヤーのプロフィールやプレイ状況に応じてのお知らせやプレゼント提供」「新ポイントプログラム」「フレンド関係」といったものが紹介され,将来的にはクラウドを利用したゲーム機とスマートデバイス間のデータ連携のほか,テーマパークや映画館といった施設での特典提供といった構想があることも明かされた。

 新ポイントサービスはゲーム機に加えてスマートフォンやタブレット端末も対象になり,ソフトの購入以外に,ゲームを遊ぶことでもポイントが付与されるとのこと。溜めたポイントは,ゲームの追加コンテンツやオリジナルグッズ,ソフトの割引クーポンなどと交換できるという。

My Nintendoのサービス内容。フレンド関係は安全性を重視し,すでに知っているプレイヤー同士がお互いの承認を経て成立する仕組みで,もちろんゲーム機だけでなくスマートデバイスでも利用可能だ
任天堂の第2四半期決算説明会が開催。スマホ向けアプリ提供は2016年3月に延期,コミュニケーションアプリ「Miitomo」の開発も明らかに 任天堂の第2四半期決算説明会が開催。スマホ向けアプリ提供は2016年3月に延期,コミュニケーションアプリ「Miitomo」の開発も明らかに
任天堂の第2四半期決算説明会が開催。スマホ向けアプリ提供は2016年3月に延期,コミュニケーションアプリ「Miitomo」の開発も明らかに 任天堂の第2四半期決算説明会が開催。スマホ向けアプリ提供は2016年3月に延期,コミュニケーションアプリ「Miitomo」の開発も明らかに

 そして,My Nintendoの開始と同時にリリースされる無料のコミュニケーションアプリ「Miitomo」が紹介された。
 Miitomoは,自分が作ったMiiを介してフレンドとのコミュニケーションを楽しむもの。Miiが投げかけてくる質問に答えると,その回答をフレンドとシェアする形でMiiがフレンドとのコミュニケーションを行うという。説明会では,このコミュニケーションの形が「ネタふりコミュニケーション」という名称で紹介され,自分からの発信には消極的な人も参加しやすく,自分からは言わないけれど聞かれたら話したいというような,潜在的な話題も掘り起こせるという利点がアピールされた。

任天堂の第2四半期決算説明会が開催。スマホ向けアプリ提供は2016年3月に延期,コミュニケーションアプリ「Miitomo」の開発も明らかに 任天堂の第2四半期決算説明会が開催。スマホ向けアプリ提供は2016年3月に延期,コミュニケーションアプリ「Miitomo」の開発も明らかに
任天堂の第2四半期決算説明会が開催。スマホ向けアプリ提供は2016年3月に延期,コミュニケーションアプリ「Miitomo」の開発も明らかに


スマートデバイス事業


 注目のスマートデバイス事業については「任天堂IP接触人口の最大化」「スマートデバイス事業の収益化」「ゲーム専用機事業との相乗効果」という3つの目的が紹介されたうえで,IPに制限は設けず,スマートデバイスの特性を生かした任天堂らしいアプリを提供するといった基本方針が示された。当初2015年内とされていた第1弾アプリのリリースは2016年3月に延期となり,その後2017年3月末までに5タイトルを投入予定だという。
 なお,提供地域はグローバルを基本とするものの,IPによって総合的に判断されるとのことだ。

任天堂の第2四半期決算説明会が開催。スマホ向けアプリ提供は2016年3月に延期,コミュニケーションアプリ「Miitomo」の開発も明らかに

 業績も上向き,先行きが今ひとつ不明だった新会員サービスやスマートデバイス事業についても方向性が明かされた今回の説明会。「Miitomo」の「ネタふりコミュニケーション」に任天堂らしさが感じられて,スマートフォン向けアプリへの期待がさらに高まった人も多いのではないだろうか。リリース時期は延期となったが,楽しみにしたいところだ。

任天堂公式サイト

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月26日〜05月27日