日本最大級の
総合ゲーム情報サイト

ニュース

「Perfumer 〜私の調香師〜 PerfumerIV.朝霧ヒナタ」キャストインタビューを公開。土岐隼一さんが演じるのはインフルエンサー系調香師

画像集#001のサムネイル/「Perfumer 〜私の調香師〜 PerfumerIV.朝霧ヒナタ」キャストインタビューを公開。土岐隼一さんが演じるのはインフルエンサー系調香師
 サイバードは本日(2022年8月17日),8月24日に発売する予定のCD「Perfumer 〜私の調香師〜 PerfumerIV.朝霧ヒナタ」キャストインタビューを公開した。

 本作は,高級香水専門店「Juste pour toi(ジュスト・プゥフ・トワ)」を舞台に,調香師と一緒に,世界に1つだけの香水を完成させるまでの物語が楽しめるシチュエーションCDの4作目。
 朝霧ヒナタ(CV:土岐隼一)は,YouTuberとして活動するインフルエンサー系調香師。Juste pour toiとのコラボ企画で,新作香水の制作に取り組むことになったヒナタは,TV番組の取材で訪れた1人の女性ディレクターと出会い,彼女に対し,意外な素顔を見せることになる。

 今回のキャストインタビューでは,ヒナタを演じる土岐隼一さんにインタビューを行っている。収録後に,作品の感想ヒナタに対する印象などを語っているので,チェックしてほしい。

画像集#002のサムネイル/「Perfumer 〜私の調香師〜 PerfumerIV.朝霧ヒナタ」キャストインタビューを公開。土岐隼一さんが演じるのはインフルエンサー系調香師

関連記事

「乙女チック4Gamer」第353回:「Perfumer 〜私の調香師〜」を特集。オリジナル香水と一緒に楽しめるシチュエーションCD

「乙女チック4Gamer」第353回:「Perfumer 〜私の調香師〜」を特集。オリジナル香水と一緒に楽しめるシチュエーションCD

 「乙女チック4Gamer」第353回は,サイバードが展開しているCDシリーズ「Perfumer 〜私の調香師〜」を特集します。全編にダミーヘッドマイクを使用して収録している本シリーズは,高級香水専門店を舞台にした物語が楽しめるシチュエーションCD。それぞれのCDに合わせたオリジナル香水も用意されています。

[2022/08/01 10:30]
「Perfumer 〜私の調香師〜 PerfumerIV.朝霧ヒナタ」
収録後インタビュー

朝霧ヒナタ役/土岐隼一様

Q1:本日はご収録、ありがとうございました。 はじめに、本作に出演することが決定した際、作品や物語につきましてどう感じたかをお聞かせください。

 もともと調香師という職業は知っていましたが、調香師をテーマにしたシチュエーションCD作品は経験したことがなかったので、ヒロインも含めどう物語と絡んでいくのだろうと思っていました。僕の演じさせていただいたヒナタくんは、調香師兼YouTuberということで、彼自身も珍しい職業についている人なんです。キャラクターの資料や設定、台本をいただくまで、この作品が一体どんなストーリーになるのかは未知数で、不安と期待と楽しみが綯い交ぜになっているような感覚でした。

Q2:台本をお読みになり、ヒナタに対しどんな印象を持ったかお聞かせください。

 台本を頂いてからのヒナタくんは、イメージがしやすかったです。
 僕自身、役者の仲間でYouTubeをやっている人や、YouTuberの知り合いもいたりするので、彼らがユーザーのコメントや視聴回数、評価をとても大事にしている職業ということも知っていました。良い意味で人の目を気にするお仕事だと思います。
 なのでヒナタくんのストーリーを拝見したときに、彼のような人は多いんだろうなと感じました。やりすぎているとは全然思わなくて、ヒナタくんのYouTuberや調香師としてのプロ意識がとても高いところにあるのだと思いました。

Q3:ヒロインとはディレクターと取材対象という少し変わった関係性でしたが、そんな2人が結ばれるまでが描かれました。ふたりの恋模様はいかがでしたか?

 ヒロインが、とても可愛かったですね。台本には、彼女の台詞やリアクションも書いてあるので、こんなことを言う人なんだなぁと思いながら読んでいました。僕はディレクターと呼ばれるポジションの人と、ヒナタくんのような長期間の密着取材などの経験はしたことがないのですが、今回のヒロインは、人との距離感をとるのがとても上手だなと感じました。冒頭、ヒナタくんとヒロインが互いにプロとして仕事を全うしているからこそ、衝突するシーンがあったんですが、そこから少しずつヒロインが気持ちをぶつけて、ヒナタくんとの距離を縮めていくんです。お話が進むにつれ、徐々に変わっていくふたりの関係性を見て、とても良いお話だと感じました。

Q4:収録している中で、最も心に残ったシーンはございましたか?

 共感できるなと思ったのは、自分を出すのが怖いと思っているシーンですね。それは僕自身も経験したことがあって。
 例えば近年、アーティスト活動もやらせていただいているのですが、僕のライブに来てくださるお客さんは、(キャラクターではなく)僕自身を応援してくださっている方々だと思っています。そういった皆さんに対して、自分が何をしたら喜んでもらえるのか、わからず悩んだことがありました。自分の演じている作品のキャラクターだったら、こういうパフォーマンスをするだろうなとか、どんな台詞を言うだろうとか自然に思いつくんですが、土岐隼一としてパフォーマンスをしてほしいと言われたときに、自分の魅力ってなんだろう?と迷ってしまった時期もあって。なので、ヒナタくんが抱える「本当の自分を見せて、受け入れてもらえるのか」という気持ちにはすごく共感できました。疲労で倒れたヒナタくんが、ヒロインに対して初めて弱みを言うシーンは僕の中でも印象的でした。

Q5:最後に、本作の聴きどころを含めつつ 発売楽しみにお待ちいただいているお客様にメッセージをお願い致します。

 この作品は、香水と紐付いたお話ということで、演じたヒナタくんが、調香師としてもひとりの人間としても、すごく素敵に表現されていると感じました。
 YouTuberや調香師という職業は、少し縁が遠いお仕事に感じるかもしれないですが、彼の抱えている思いや葛藤は、絶対にみなさんの中にもあると思います。本当の自分を出すというのは誰しも難しいことだと思うんですが、ヒナタくんは人一倍それが強い人でした。そんな中、ヒロインと出会って心の扉が開いていきます。誰が見ていても応援したくなるキャラクターだと思うので、ヒナタくんが作った香水とあわせて、CDを聴きながら、ぜひ彼のことを応援してもらえたら嬉しいです。ストーリー自体も、とても良いお話なので、たくさん楽しんでください!よろしくお願いします。

「Perfumer 〜私の調香師〜」公式サイト

注目の記事

1
★★★★★★★★★
2
★★★★★★★★★
3
★★★★
4
★★★
5
★★★
6
★★★
7
★★★
8
★★★
9
★★
お気に入りタイトル/声優

タイトル/ワード名(記事数)

全件表示する
最近記事を読んだタイトル/声優

タイトル/ワード名(記事数)

全件表示する