オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
リンクスリングス公式サイトへ
  • サムザップ
  • 発売日:2019/05/30
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
読者の評価
74
投稿数:4
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

リンクスリングス

リンクスリングス
公式サイト https://linqsrings.jp/
発売元 サムザップ
開発元
発売日 2019/05/30
価格 基本プレイ無料+アイテム課金
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
74
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • いろいろ大味すぎる 65
    良い点
    ・キャラがゲームマネーアンロック方式
    ・ガチャは良心的 10連で確定1
    ・白猫やドラガのようなデフォルメ3Dグラ
    ・アクションゲームでマルチオンライン対戦
    ・壊れキャラとかは居ない
    ・チャット煽りなどはできない
    悪い点
    ・SPが溜まってるか不明なため、即発動のSP技が突然ぶっぱされる
    ・カメラ回転できない テクニック(遠距離)は左右から突然強襲される
    ・4vs4のためAIが参加している場合が多く、AIは最後しか分からない
    ・どう活躍してるのかリザルトで良く分からない
    総評
    全体的にまだ作ってる最中だなといったゲームです。
    似たゲームで「#コンパス」に「スプラトゥーン」のナワバリバトルを
    足したようなゲームになってます。

    以下の部分が改善されないとこのままだと多分死にますね

    ・達成感がない
    このゲームは達成感とかが上記2つのゲームと比べ少ない
    ベストプレイヤーとかも全員リザルト★マックスとか言われても
    達成感はキル数くらいしかない


    ・弱いAI
    不快な部分としてはAI率が高い上に
    AIが弱すぎる 味方にAIがいると3分間無駄になります
    マッチング成功時に意図的にAIかどうか伏せてるのも良く分からない
    相手リスポーン付近の拠点にソロ突撃するくらい頭弱いAIです。


    ・歪なマッチング
    SABCとランク昇格戦とかあるけどA1とS2が混じった闇鍋マッチング
    普通はそのランク帯だけでマッチングさせるものだと思うんだけど?



    運営のバランス調整も仕様更新スピードも早いので期待はしています。
    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 3 2 3
  • 通信エラーが多過ぎて遊べる水準ではない。ゲームは序盤は面白いが大味。惜しい 50
    • 投稿者:tnp(男性/20代)
    • 投稿日:2019/07/19
    良い点
    ・「より多く塗った方の勝ち」というシンプルでわかりやすいルール。
    ・隙間時間に手軽に遊べるのが良い。
    ・キャラクターが可愛らしく、世界観も平和なので親しみやすい。キャラのフレーバーテキストなどもっと親しみやすさを増す要素があればなお良し
    ・マップの形状の違いやキャラの構成により取るべき戦略も異なる。いわゆる「ガチプレイ」が実現可能ならば、奥が深いゲームになれたと思う。
    悪い点
    ・通信エラーが多すぎてまともに遊べない。マッチング成立後の、プレイに移行する前のタイミングでエラーが発生して、「プレイすらしていないのに敗戦扱い」という理不尽な状況が頻発する。
    ・パーティを組む対戦ゲームにも関わらず「復帰」という仕様がないのが致命的。画面の淵に触れて通知バーを少しでも動かすと通信エラー扱いとなり強制退場となる。
    ・パーティメンバーに通信エラーが発生した場合は、CPU操作に切り替わる。この現象はタイミングを問わず、マッチング中のエラーでもCPUに切り替わる。CPUの性能は非常に低く、CPUが味方に加わったチームはほぼ確実に敗北する。
    ・塗り面積が劣勢なチームには高頻度で必殺技ゲージがMAXになるアイテムが配られる。この仕様のため、劣勢チームが必殺技を乱発して強引に逆転するという非常に大味なプレイになってしまいがち。また、これの対策の為「序盤は塗らない」という戦略が有効に働くという本末転倒な状態に陥っている。
    ・上記の通り、序盤に塗っても意味がないのにプレイ時間が3分では長すぎる。90秒くらいで良い。
    ・D1〜S3まで全部で15段階のグレード分割があるのに、グレード間でのマッチング幅が広すぎる。A2とS2のマッチングなどは日常茶飯事であり、実力に如実な差があるにも拘らず対等な条件で戦わせられる。
    ・キャラ、武器、アクセサリーの強化に、時間を含めてコストがかかりすぎる。アクセサリーはプレイ限定の報酬として低確率での入手となるため、新規プレイヤーはいくらお金をかけたとしてもアクセサリーが揃わず一方的な不利を強いられる。
    ・ランクマッチ以外のモードが存在しない。このため、常に通信エラーとランクダウンのリスクを負い続けるストレスにさいなまれる。同じことの繰り返しで飽きる。
    総評
    お手軽な反面奥が深い…と思いきや、必殺技を連発して相手が復帰するまでの間に塗り面積を広げるだけの実に大味なゲーム。

    また、3分間で発揮されるプレイの実力以外の要素に左右されることが非常に多い為、実力でのし上がりたいゲーマー層にとってはつまらなく感じるかもしれない。
    キャラと武器とスキルが最大まで強化されていて、最適なアクセサリが揃っていて、かつ強化も終わっていて、自分にも味方にも通信エラーが運よく発生しなかった場合に、初めて理不尽を強いられることなくプレイできる。

    勝敗を気にせず、ちょっとした対戦ゲームとして遊ぶ分には面白いかもしれない。
    eスポーツのように、時間とお金をかけて努力して取り組むゲームではない。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 1 3 2
  • スプラトゥーンを彷彿とさせるゲームシステム 90
    良い点
    ・課金と無課金に勝敗を大きく左右するほどの優位性が無い(勿論多少はある)
    ・キャラ毎に特徴がある
    ・グラフィックの割に端末への負荷は左程大きくない(旧端末は発熱します)
    ・何某人気ゲームのシステムと、ワンフィンガーRPGとを上手く融合させている
    ・初期キャラの2キャラが共に優秀
    悪い点
    ・キャラ毎のバランス調整が未だ出来ていない
    ・現状バトルで放置しても放置者の処罰が無い(今後は処罰されていくようです)
    ・対戦結果のスコアが簡素。
     (塗りの数値が大きく表示される為、スピード型以外の型のキャラの働きが判り辛い)
    ・通信不良のユーザーが有利に動けてしまう部分がある。
     (無敵判定になっていたり、動きが飛び飛びになって位置ズレが起きる)
    総評
    スプラトゥーンとコンパスを融合させたようなゲームシステムで、操作自体もシンプル。
    且つ1ゲームが3分と定められている為、移動中にも参戦し易く楽しめる。

    グラフィックは最近のゲームらしくキレイで、BGMも雰囲気が十分あってOFFにしたいとは思わない。

    キャラは様々な特徴があり、好みのタイプを選んで、そのタイプにあった動きをすれば良いが、タイプが定められている以上タイプに沿った動きをする必要がある部分は致し方無し。

    一見シンプルだが、意外と奥深く都度行動に選択肢があるイメージ、その選択によってその後の展開が左右される事もある為、振り返るとアレはこうしておけば良かった等と感じることもある。

    バランスが未だ不完全で、型の枠を超えているキャラもいる。
    現状A帯ではフェイフェイが突出してる感があるが、結局のところ味方との連携やキャラ操作で大きく変化する。
    型の中でやや強い弱いが存在する為、型内のバランス調整が今後求められていくと思います。

    勝率が無い為、負けてもそこまで落ち込む必要はありません。
    ドンドン回して経験値やお金、報酬を貰って強くなっていきましょう。


    p.s.
    初期キャラのリディア、レリウスはどちらも優秀です。
    特にレリウスは万能的な強さがある為、入門用としては男キャラでも良いならパワー型はレリウスをオススメします。
    攻略サイトでは強さでラビットが非常に推されているが、一発は強いが落としきれない相手も多く、逆に落とされることも多いです。
    あくまでもHPの減ったスピード型やテクニック型を屠る為のキャラとなる。真正面から殴り合うと、スピード型にもやられる事もある上に、相手にニコルがいると裏から攻撃することも難しくなります。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 5 5 3
  • サムザップ渾身の陣取りゲー 90
    • 投稿者:仮眠中(男性/40代)
    • 投稿日:2019/06/05
    良い点
    ・開始前にバランス調整に関しての同意を求められる。
    ・美麗なグラフィック。
    ・BGM良好。
    ・リアルタイムでの4vs4の陣取り。
    ・キャラのタイプがスピード、パワー、テクニカルの3タイプあり差別化が図られてる。
    ・上質な声優陣によるフルボイス。
    悪い点
    ・バランス調整必須。
    ・マッチング。
    ・4vs4での対戦結果が均等。
    ・対戦結果の成績表示。
    ・キャラ間、武器間の性能差。
    総評
    まず初めに挙げるのは、バランス調整の同意。
    バランス調整は他のどのゲームよりも必須ですが
    それらを随時行っていくという意思表明は最上の評価をしたい。
    どのゲームもバランス調整はやってるが
    絶えず行うという意思表示とも取れる最初の同意は他に中々に見ない。
    グラフィック、BGM共に申し分なく
    上質な声優陣の演技で良くしゃべる。
    そして、キャラのタイプ分けに加え個々の性能差もあって明確に差別化が図られており
    自分にあったキャラを使い分けることになる。

    対戦は1戦3分という短時間で行われ
    それを限りなくリピートしていくわけだけど
    やれば解る、この中毒性。
    やることは陣取りの為に走り回る事、敵を倒す、妨害する。
    基本的にこんなもんだけど、シンプルゆえに奥深さがある上に
    同PTとの意思疎通はMAP上の動きで予測するという状態ゆえ
    かなり頭を使う事になるのも良い。
    味方の動きを読んで併せるのか?ひたすら陣取りに駆けるのか?
    はたまた敵を狩る事を主体としてやるのか?
    プレイスタイルも一つや二つどころか選択肢はいくらでもある。
    考える事無く果てしない周回を要求されるゲームが量産される中
    このゲームの場合は1戦1戦しっかり考えて動かないと勝てない。
    もちろん、PT戦なので一人では勝てないのが歯がゆい所があるけど
    それは良点でもありうる。

    バランス調整は必須で、各タイプ別にしっかり強みを出さないと
    使われないキャラが出る、マッチング時の編成に偏りが生じる等
    懸念される事態は深刻な物になるのは目に見えてる。
    実際、一強というわけではないがウサギの強さがエゲツナイと個人的には思う。

    対戦結果による増減は均等に行われ
    活躍していようといまいと同一のポイントの増減が行われる。
    また、対戦後の結果の一覧が表示される。
    対戦後の結果は切り取った面積の大きい人から順に上から並ぶ。
    これは個人的には要らないんじゃないかな?と思う。
    タイプごとに役割が違う為、切り取った面積が全てじゃない。
    中には攻撃と占領を高バランスで行う人も居るが
    そういうハイスペックな人は一握りな物で
    陣取りゲーだから面積が全て?な表示は解らなくは無いけど
    戦闘要員だとか妨害等への評価がいまいち目に見えにくいのは難があると思う。
    単純に切り取った面積が少ない人への不当な風当たりがあったりして
    ヨロシクない様な気がするんですよね。
    まぁ、発奮する要素にはなり得ますが難しい所です。

    現状勝ち負けを分けるのはマッチングの要素が大きく
    技量の差等でマッチングは出来ないと思うので
    編成次第では楽勝だったり惨敗だったり。
    勿論、他にも要因はあるにはあるけど大きいのはその辺。
    細かい所で言えば、個々が自分の役割を認識して果たせるかどうか。
    こういう仕様である為に

    上手い具合に噛み合った時の爽快感は尋常じゃなく大きい。

    対戦中の意思疎通はスタンプがあるけど
    挨拶程度な物でそれで完璧に意思疎通とかは不可能。
    意思疎通の為の手段が無いに等しいのは賛否両論あるかもしれないけど
    個人的には無いのもアリ。
    味方の動きに完璧に併せる事が出来て勝てると先述の通り爽快であるから。
    あった方が良いのはそうなんだけど対戦中に頻繁にやり取りは難があるかなと思うので
    無くても困らないという結論。


    最後に。
    1回クリアしたら後は考えずにひたすら周回、ではないゲームは
    個人的には大いに歓迎したい。
    マッチング仲間による所も大いにあるのでそこがストレスになる事は
    間違い無く存在するわけではあるけどそういう楽しさもあります。
    もう待ちに待ったという感じで感謝すらしたい。
    立ち上がりでまだまだ荒い所があるのは否定しないけど
    今後、どう発展していくのか要注目なゲームです。
    是非一度手に取ってみて欲しい、他のどんなゲームよりもオススメです。
    文句無しの名作足り得る一作です。

    余談。
    初期配布のキャラはスピードタイプのリディアですが
    配布キャラという今までのイメージと違いかなり使える子です。
    どのキャラも使い方次第ではありますが
    足を活かしてフィールドを駆け巡り
    バッサバッサ陣を刈り取るのはすごく楽しい。
    パワータイプで敵を叩きまくるのが性に合ってる方も居るでしょうけど
    個人的には推したいのはリディアです。

    それと、陣取りゲーゆえに切り取った面積による貢献度が大きいのは間違い無い。
    ですが結果の数値が少ないからと言って何もしてないなコイツ!とはならない。
    動作による駆け引きで相手を引き付け拘束状態にしてるケースもある。
    一人で二人相手に立ち回るのが成功するとこれまた爽快です。
    ※推奨はしませんw
    PTとの噛み合いの要素もあるので不当にこいつのせいで!はしない様に。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 5 3
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年04月〜2019年10月