オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
METAL GEAR SURVIVE公式サイトへ
  • KONAMI
  • 発売日:2018/02/21
  • 価格:パッケージ版/ダウンロード版:4980円(税別)/デジタル・デラックス版 6980円(税別)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
63
投稿数:3
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

METAL GEAR SURVIVE

METAL GEAR SURVIVE
公式サイト https://www.konami.com/mg/survive/
発売元 KONAMI
開発元
発売日 2018/02/21
価格 パッケージ版/ダウンロード版:4980円(税別)/デジタル・デラックス版 6980円(税別)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
63
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 値段相応の良作 85
    • 投稿者:(男性/20代)
    • 投稿日:2018/03/03
    良い点
    塩梅の良い難易度
    サバイバル要素によってより挑戦的になったステルス
    連帯感を感じられるマルチプレイ
    それなりの面白さがあるストーリー
    悪い点
    シングルのクリア後の要素のランダム性が無駄に高い
    メタルギア要素が薄い
    総評
    ベータ版でプレイしたマルチのタワーディフェンスがなかなか面白かったので購入しました。
    マルチプレイが主な内容になるだろうと思っていたのですが、思っていたよりもシングルプレイのボリュームが多く、むしろマルチのボリュームが少なかったように思います。

    まずシングルについての感想なのですが、今作はサバイバルということで「空腹度」と「乾き」が設定されていて、空腹度はHP上限に比例して、乾きはスタミナ上限に比例するのですが、序盤のうちは食料が手に入りにくく、常にHPが半減状態で行動することになりました。
    さらにシングルプレイの大半は「塵の海」と呼ばれる地帯で活動することになるのですが、行動時間が限られており、さらにスタミナ消費が倍増するというデメリットが設けられています。
    HPもスタミナも十分でなく、素早く行動しないと窒息死してしまうような状況の中では、周囲を徘徊する敵と正面から戦闘を繰り広げる訳にもいかず、必然的にステルス行動を取ることを強いられます。
    この、ジリ貧状態に陥りながら敵に見つからないように隠れ潜んで目標移動する、という独特の感覚が、ステルス潜入とサバイバルを融合させた未知の体験を可能にしています。
    ストーリーにおいてもSF小説のような設定や、思いも寄らない伏線などが隠されており、そこそこ出来の良い物でした

    一方で、マルチのタワーディフェンスではシングルプレイにおける「塵の海」の制約は無いので、自身のスキルと武器の性能を存分に発揮して戦うことができ、協力者それぞれが防衛網の構築や物資の収集、支援要請などを行いながらお互いに協力して目標を守り抜く事で、大きな達成感を得ることが出来ます。

    ここまで述べたのは良い点なのですが、悪い点もいくつか存在します。

    シングルでは、クリア後は拠点のメンバーから依頼されるサブクエストを消化したり、タワーディフェンス形式での拠点防衛を行ったり、各マップに出現するらしいボスを倒すのがいわゆるエンドコンテンツなのですが、依頼されるサブクエストの内容が隔たっているうえに依頼されるタイミングがよく分からなかったり、ボスがいつ出現するか分からなかったり(クリア後も数時間やりましたが結局遭遇できてません)、ランダム要素の面での不満点が多いです。
    また、ストーリーもメタルギアの組織や兵器などがいくつか登場することはするのですが、それに関しての言及が少なく、もう少しメタルギアの世界観を活かしても良かったのではと思いました。

    マルチはタワーディフェンスしかやることが無いので飽きそうなのですが、三月中に新モードが追加されるとの事なので、今から始める分にはその点では問題なくなると思います。

    あとMGSVから多くのアセットを流用しているので、グラフィックが少し低く感じます。ゲームプレイに支障が出るほどでは無いのですが、もう少し綺麗だと良かったなと。

    総評としては、5000円というミドルプライスにも関わらず、それなりの質とボリュームがあり、マルチのリプレイ性も高く、コンセプトもしっかりとしていて、それなりによく出来たゲームだと思います。
    しかしメタルギアの外伝であるべきかと言うとそうでも無く、新規IPとしてフルプライスのクオリティで発売しても良かったのではとも思いました。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 3 4 5 4
  • 惜しいゲーム 65
    • 投稿者:かわうそ(男性/30代)
    • 投稿日:2018/02/27
    良い点
    ■グラフィック

    ■シナリオ

    ■ボイスやジェスチャー、装備が凝っていてアバターのカスタマイズが優秀
    悪い点
    ■タワーディフェンスゲーム面
    クリア後拠点を防衛するイベントを発生させられるのですが拠点に置けるオブジェクト上限が少なすぎる。そのせいで防衛前に敵勢力に合った構造になるよう逐一改造しないといけない。これが非常に面倒くさい。操作性も悪いにもかかわらずリアルタイム12時間後と留守中に襲われるので手を抜くことができない。タワーディフェンスゲームとしてみると非常に微妙。
    この手のものに慣れてる人にはオススメしません。

    ■サバイバルゲーム面
    拠点で畑や家畜など生産できるのですがこれがリアルタイム依存。リアル数時間毎に一つできるだけ。1日1時間しかしない人には有り余ってしまうし、数時間するような人ならいつまでも自分で狩りに行き水をビンに詰め込む作業を強いられます。
    難易度調整をするつもりのないなんちゃってサバイバルなのでこの手のものに慣れてる人にはオススメしません。
    個人的にサバイバルゲームの難易度がリアルタイムで変動するなんてナシです。スマホゲーでも作っててください。

    ■マルチトレハンゲーム面
    マルチはmodの付いた武器や防具を集めたりシングルでも使える素材を集めることができます。が、
    ・マルチで便利なサブクラスがストーリークリア後
    ・シングルから持ってたものはマルチで使うと消耗する仕様のせいで手抜きをする人もいる
    この仕様があるのでマルチだけを楽しみたいという人にはオススメできません。
    総評
    ・タワーディフェンスゲームが好き
    ・サバイバルゲームが好き
    ・トレハンが好き

    この3つ「すべて当てはまる」人はそこそこ楽しめると思います。私は楽しめました。
    しかしいろんな要素が噛み合っておらずどの層に向けたゲームなのかわからないものになっており、一つに特化したインディーズゲームの方が出来がいいです。
    酷評しましたがどれも問題点は調整不足な点に尽き、それ次第では神ゲーになり得るキャパはあるので今後があるのであれば期待したいです。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 2 3 2
  • 不便、理不尽、そして只管のタワーディフェンス 40
    • 投稿者:IA(男性/20代)
    • 投稿日:2018/02/25
    良い点
    ・値段が安い

    ・ちょっとだけサバイバル感を味わえる
    悪い点
    ・全ての挙動において不便

    ・餓えと渇きゲージの減りが早い

    ・設定やストーリーが陳腐

    ・移動が遅く、車両なども使ってるとすぐに壊れるため常に徒歩

    ・近接攻撃の挙動が遅く不自然

    ・前作の使い回しが多い

    ・決められたステージでしか協力プレイが出来ない

    ・拠点に仲間がたくさんいるのになぜか主人公しか探索に行かない

    ・塵の中での制約がキツすぎる

    ・敵が理不尽なほど多い

    ・ゲームの大半がタワーディフェンス

    ・弾の確保がシビア

    ・もうメタギアじゃない
    総評
    このゲームは利便性というものは皆無で常に不便さと理不尽さに苛まれながらプレイする作品。

    まず、餓えと渇きについて、サバイバル感を出すためにこういったシステムにしたことは良いがいかんせんゲージの減りが早すぎて常に何かを食べていなければいけない状態だった。さらに武器の作成中やマップを見ている時も容赦なく減るので常に時間に追われている感じがして不快。
    これと同様に塵の中での酸素量もすぐになくなるため探索を楽しむ余裕がなく、目的を達成して早く帰らねばという思いの方が強かった。

    そして、武器に関してだが、弾の確保が難しい事はサバイバルなので百歩譲って良いとしても、近接攻撃時の挙動が武器を装備⇒構える⇒攻撃と遅すぎる。すぐに攻撃が出来ずとてもストレスが溜まる。今回は近接がメインになってくるだけにこの仕様は無い、PS2の頃のゲームじゃないんだから…

    あと、メタギアと言えばスニーキングが醍醐味だが、ストーリーの大半で行うのはタワーディフェンス。バリケードやら地雷を設置して、ただ敵を撃ったり斬ったりするという作業。そして過去作であったボス戦などもほぼなく只管ザコを倒していくだけ。

    そして一番、不満に思ったのがCOOPプレイがストーリーで出来ない事。大量に湧いてくる敵に対し、こちらは自分一人だけ。決まったステージでしかCOOPは出来ず、自分で何とかするしかない。拠点にいる奴らは当然ついて来てくれるわけがなく、その上、病気になった奴をプレイヤーが治さなければいけないという謎仕様。もう殺意しか湧いてこない。

    『今回はサバイバルだから不便なんです!』
    という言い訳も成り立たないほどヒドイ有様。マップのテクスチャや近接攻撃の仕様などただ前作のをそのまま持ってきただけであり怠惰の極み。

    唯一、通常のソフトより安かったため40という点数を付けたが内容だけみたら20点以下が妥当に思える。自分は別に小島信者ではないがあの人が抜けただけでこんな事になるとはやはり影響力は凄かったんだなと思った。

    正直オススメはしないが超絶ドMの人ならば楽しめるかもしれない。



    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 2 1 2 2
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
AD(最終更新日:2018/05/17)
METAL GEAR SURVIVE 【Amazon限定特典】DLC「ゴールドハンマーパック」(配信) 付
Video Games
発売日:2018-02-21
価格:5378円(Amazon) / 2680円(Yahoo)
amazonで買う
Yahoo!で買う
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月19日〜09月20日
タイトル評価ランキング
83
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
55
51
2018年03月〜2018年09月