オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
大江戸BlackSmith公式サイトへ
  • 日本一ソフトウェア
  • 発売日:2014/11/27
  • 価格:パッケージ版6458円,ダウンロード版5143円(いずれも税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
70
投稿数:1
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

大江戸BlackSmith

大江戸BlackSmith
公式サイト http://nippon1.jp/consumer/oedo_blacksmith/
発売元 日本一ソフトウェア
開発元
発売日 2014/11/27
価格 パッケージ版6458円,ダウンロード版5143円(いずれも税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
70
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 鉄は熱いうちに 70
    • 投稿者:災厄狼(男性/30代)
    • 投稿日:2018/10/01
    良い点
    攻略範囲は、3人のメインヒロインのうち1人とハッピーエンド、2人目途中まで。
    攻略時間は、15時間ほど。

    どんなゲームか?ですが、恋愛・ダンジョンRPG要素のあるシミュレーションゲームかなと。
    とはいえ選択肢がほぼなく、ヒロインの決定後は1本道。1年の制限を体調・運などを考慮にいれながらゲームを進めていきます。
    ゲームとして手ごたえがあるのは、シミュレーション部分、お色気薄めのこすり有のタッチ、鍛冶をするタッチゲーム、ダンジョンRPGの部分。
    どれも初回プレイで飽きてしまう感じではある。

    ダンジョンRPG部分のゲームバランスが良い。ちょっと工夫がいる感じです。自分で鍛えた武器とアクセサリーを用心棒キャラ(全員女性)に装備させ、鉱石をほったり魔物を倒したり。時間(リアルタイムではありません)も重要な要素。

    OP曲が面白いなと。作品にもあっている。音がやたらに大きいですが。

    演技の方は妥当。ほぼボイスがついていますが、耳障りで聞いていられないという人はいませんでした。抑揚のおかしいところ(前後のセリフによる、抑揚のおかしさ・違和感)は少しあります。ゲームのボリュームが少なく、今回演技が良いという方の判別はできませんでした。

    音楽も世界観にあっている。SEも良い。ゲーム画面の見やすさ、昔の日本っぽい描写も良い。
    悪い点
    vitaTV対応のゲームですが、コントローラーではゲームがうまく進まない。PSvitaでプレイすることをオススメします。

    鍛冶のミニゲーム時に、各情報が若干見にくい。武器・グレードなどでゲーム性と難易度は変わらないのでコツをつかめばまったく問題なしではある。(グラフィックではなくボリュームで減点してます)

    モンスターの表記などがむずかしくて読めないものも。昔風なので加須底羅(かすていら。おかしのカステラのこと)というような表記のしかた。イベントなどで読み上げてくれるものは面白いなと感じた。

    画面切り替わり後の文章が一部つながっていない。テキストとテキストのつながり。(恋愛アドベンチャーではないので若干の減点にしてます)

    私だけかもしれませんが、スキップ、オートページ送りが機能しない?操作ミスかもしれないので減点していません。

    鍛冶の販売の欄がもう少しせまければ、一画面に収まったのにな〜と毎回感じる。一枠のみ表示されず、その一枠を見るために十字ボタンを押す必要がある。

    ロードしなおしでイベント発生をコントロールできる。あまり良い仕様とは言えない気がする。

    技巧、名声のパラメーターが中盤には限界値になるので残りのイベントのムダ感が出る。
    総評
    最大の欠点は価格に対してのボリュームの無さかなと。恋愛シミュレーションゲームの悪いところを入れてしまった感じがあります。他のヒロインを狙うにしても、結局イベントやダンジョン(一つは違うらしい)が同じで、ミニゲームも・・最初はいいんですけど、だんだんと飽きてくると思います。

    ゲームとしては面白い部類に入ると思いますので、ゲームの好きな方で、サクッと遊べるシミュレーションゲームをやりたいという方にオススメです。

    キッチリとゲーム部分を完成させ(6000円のゲームを完成させて)、それからお色気要素を入れるというような次回作がでるならプレイしたいと感じました。・・・でも、タッチパネルがあるゲームハードじゃないと次回作はつくれないような・・迷宮塔路レガシスタやZ/X同様、これで終わらせるのはもったいない気もしました。
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 4 4 2
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ