オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
マッドマックス公式サイトへ
読者の評価
55
投稿数:1
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

マッドマックス

マッドマックス
公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/game/madmaxgame/
発売元 Warner Bros. Interactive Entertainment
開発元
発売日 2015/10/01
価格 パッケージ版:7600円(税別)
ダウンロード版:7100円(税別)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
55
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 完成された戦闘システムと怒りのお使いロード 55
    良い点
    「バットマン・アーカムアサイラム」で作られたWBゲームズの戦闘システムは、のちの「バットマン」シリーズや「指輪物語シャドウオブモルドール」そして本作でも導入された、もはや完成されたシステムであり難癖のつけようがない。

    むしろバットマンやシャドウオブモルドールではコマンドが多彩になりすぎてややこしくなっていたところを、(前述シリーズの主役に比べ)マックスが常人であることからごくシンプルにまとめており扱いやすく好感が持てる。

    世界観が見渡す限り荒野なのは、原作の世界観がこうなのだから手抜きとは言えまい。逆に道路に沿わず荒野や砂漠を走れる点においては爽快感すらある。また搭乗する車両にはシステム的にジャイロバランスがあり横転しない。これは常に多対一という激しいカーアクションへの救済措置であろう。映画は好きだけどドライブテクニックに不安のある人間にとってはありがたいシステムだった。

    映画シリーズとは特に最新作「怒りのデスロード」との多少関係あるが、半パラレルワールドという扱い。ただしいくつかのアイテムにヒューマンガス、ウォズ、ジャイロキャプテンといった人気キャラの名前が冠されているなど、ファンがニヤリとする趣向も凝らされている。
    悪い点
    とにかく全編においてお使いゲーと化している。

    バットマンやシャドウオブモルドールが、ストーリーにそってガジェットや能力が解放されたあとは、経験値さえ貯めれば最強状態へパワーアップできるのに対し、本作ではサブクエストを攻略しないとマックスも、そしてマグナムオプス(新しい愛車)もパワーアップできない。しかもパワーアップしなければ、肝心のメインストーリーの攻略もほぼ不可能という仕様になっている。

    そのサブクエ自体が面白く多彩であればいいのだが、異様に広いマップを走り回ってやることは「かかしを倒す」「スナイパーを倒す」「拠点を攻略する」「地雷を除去する」「輸送部隊を撃破する」の五種類だけ。拠点攻略には多少の自由度があるものの、各地の敵ボスはみんな同じキャラの使いまわしで芸が無く、その辺のザコ集団に囲まれた方が苦戦するという始末。

    これらの中でも地雷撤去はめんどうで、わざわざ戦闘力の低いバギーに乗り、犬の感覚頼りに地雷を探してマップをうろつかなければならない。その最中にも敵の偵察部隊がやってきて、こちらにガンガン攻撃してくるのだからたまったものではない。なぜ犬をマグナムオプスに乗せられなかったのか理解に苦しむ。
    総評
    全編にわたって強制させられるお使いサブクエがゲームのテンポを落としている。ボスがワンパターンなのもマイナス。バットマンや指輪物語ほどには原作の幅がないという理由があるにせよ2、3パターンくらいのボスは欲しかったところ。

    敵車両が常にリンチ同然に襲いかかってくるので、すぐにマグナムオプスがボロボロにされてしまい、むしろ車から降りて敵の降車を誘って殴り合った方が効率がいい、というのもちょっと残念。映画通りといえばそうだけど、パワーアップした後半になっても敵も固くなってるのでさほど状況が変わらないというのは……。

    とはいえバットマン伝来の戦闘システムはやはり面白く優れているし、映画の世界観もそこそこ再現されており、結局のところファンが買って得か損かと聞かれれば「怒りのお使いロードに耐えられるなら」買いか。
    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 3 2 3 4
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月17日〜06月18日