オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
Smite公式サイトへ
読者の評価
93
投稿数:12
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

  • 概要
  • ニュース(2)
  • 特集(0)
  • レビュー(0)
  • 体験版(0)
  • ムービー(0)
  • 読者レビュー(12)

Smite

Smite
公式サイト http://www.smitegame.com/
発売元
開発元 Hi-Rez Studios
発売日 2014/03/25
価格
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
93
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 近年まれに見る神ゲーでした。 95
    • 投稿者:sappy(男性/40代)
    • 投稿日:2015/10/21
    良い点
    最初に、私はこのゲームを知り合いの方から誘われてはじめました。
    それまでにも、何度かこのゲームの紹介を見かけて、どうしようかな〜と悩んでいたんですが。いざ、誘われて初めてみると「なぜ!自分はもっとはやくこのゲームをはじめなかったんだ!!」と思わされてしまいました。
     今、少しでもこのゲームの事が気になっているのなら、今すぐにでもはじめてみるべきです。!!

    良い点。これはやはり最近では珍しい無課金でもガッツリ遊べるところ、ですかね。
    そして運営のフットワークが軽いのもいいですね。
    スキンがなかなかユニークでついつい課金してしまい、廃課金勢の仲間入りをしてしまうのも魅力の一つだと思います。
    まだまだはじまったばかりのゲームなので、これからが楽しみです。

    悪い点
    悪い点。
    やはり海外のゲームなのでサーバーもあちらに有ります。ラグいです。
    最初はコレになれなくて「攻撃がなかなか当たらない!!」ということがありました。
    でも直ぐになれます。
    私からすれば悪い点はこれくらいです。
    総評
    総評です。

    第一に 神ゲー
    第二  無課金でもガッツリ遊べる。
    第三  でも、ツイツイ課金してしまうほど魅力的なスキン
    第四  これからが楽しみ!!
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 5 5
  • ゲームモード アリーナのみ 95
    • 投稿者:(男性/30代)
    • 投稿日:2015/03/13
    良い点
    ・GODパックさえ買えば何不自由ない課金システム
    ・全GOD60体以上で数キャラ以外はバランスがとれている
    ・マッチングにかかる時間が20秒〜長くても2分半ほど
    ・英語がわからなくてもwikiで1キャラ4個のスキルとアイテムの効果を把握しておけば問題なし
    ・1000戦して勝率が53%とマッチングがいい?
    ・ボイスチャット機能で英語が出来なくても意思疎通が可能
    ・新GODの追加が比較的早いので使い慣れた頃には次のGODが出るので飽きが来ない
     1〜2ヶ月?頻度で増えているはず
    ・弱キャラでもPSで意外となんとかなる。強キャラ使えば無双モード
    悪い点
    ・日本の神がいない
    ・5対5のため1人でも回線落ちするとかなり不利
    ・1人でも極端に弱いと大体負ける
    ・ISISというキャラを見るたび残念な気持ちになる
    ・アリーナ以外は覚えることが多そうでなかなか手が出せない
    総評
    英語なんか気にせずとりあえずやってほしい
    FPS、TPS好きなら絶対ハマります
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 4 5 5
  • 最初は乗り気じゃなかったけど・・・ 90
    • 投稿者:marumoti(男性/30代)
    • 投稿日:2014/09/16
    良い点
    ・WASDでプレイできるので、FPSプレイヤーなどが取っ付きやすくなっている。

    ・オートアタックがなく、個人がマウスで狙うことにより、通常攻撃やスキルなどを自分で当てないといけないので、うまく動けば、敵の攻撃をひらりひらりと避けることができるので、起死回生のプレイが出たりして、とてもやりがいがある。

    ・マップが他のMOBA系のゲームより狭く、奇襲がしやすくされやすい、そしてTPS(三人称視点)により後ろが見にくいため、より緊張感が生まれてドキドキハラハラできて楽しい。

    ・一応、非公式ではあるが、ゲームの運営が進めているボイスチャットシステムにより、同じゲームでマッチングされたチームメイトと連携しやすくなっている。

    ・すべてのキャラクターが使用できるようになる、パッケージを30ドルで購入ができる、運営側は、正式サービス開始時点で販売を停止すると言っていたが、今のところ販売中、初心者にとても気を使う運営であり、チュートリアルなど、かなりしっかりと説明されている。

    ・運営がE-sportにも興味を持っているため、これからもっともっと伸びそうなタイトルのゲームである。

    ・某MOBAゲームにいるキャラクターとスキルが似ているものが多く、他のMOBAゲームをプレイしているプレイヤーでも、やりやすくなっている。

    ・無料、そして無課金でプレイができる、ゲーム内マネーも試合を重ね、そしてレベルが上がるたびに、もらえるようになっている、そのゲーム内マネーで、キャラクターを開放することもできるため、楽しみが十二分にも増える。

    ・メンテナンスがこまめにあるため、キャラクターのバランスがとても上手くとられている、個人的な意見ではあるが、他のMOBAゲームより、バランスが良いと思われる。

    ・ゲームモードが豊富で、日替わりのゲームモードも存在するため、いろいろなモードを楽しめる。
    ゲームモードは短時間で終われるゲームモード(20分程)と、長時間できるゲームモード(30分〜1時間)があるので選択するのも楽しい。

    ・課金用キャラクタースキンになると、スキルのエフェクトや、声が変わったり、面白いスキンが多いため、集めるコレクターもいる(自分のことでもある)
    悪い点
    ・北米のサーバーで今のところはプレイするしかないため、常時0.5秒から0.7秒ほどのラグがあるため、少し敵の動きを読んで攻撃を当てないといけない。(近々、オセアニアや、中国のサーバーが追加されるとの噂がある)

    ・ゲーム中にDisconnectするプレイヤーがためにいるため、劣勢になってしまう試合がある。

    ・完全に英語な為、不慣れになりがち(日本語のwikiとパッチなど紹介してくれているサイトもある。)

    ・非公式ボイスチャットに入っても英語の会話のため、わかりにくい。(日本人の使用するTS3サーバーや、Skypeのグループなどはある)

    ・たまに、明らかに実力が違うマッチングが行われることがある、(最近人口が増えてきたため解消されつつある?)

    総評
    他MOBAゲームをしている人や、WASDでの操作のためFPSプレイヤーがとっつき易く、始めたばかりの初心者だったとしても、勇気を出して日本人プレイヤーに声をかければ、丁寧に教えてくれるため、プレイしやすい。


    そしてラグの問題などあるため、慣れるまでには多少時間がかかる、また、自由に購入アイテムも選択できるため、そのアイテムも覚えるのにも多少時間がかかる。

    がしかし、アイテムやキャラのスキルなどを覚えてしまえさえすれば、一人前のプレイヤーとなれて、より上のプレイを目指すことができる、まだプレイヤー数が少ないとはいえ、ヨーロッパなどでは、かなりのブームが来ているとのこと、徐々にプレイヤーも増えていき、より一層運営のサポートが向上していくのが楽しみなゲームである。


    これからぐいぐい伸びていきそうなゲームなので、やってみて損はないと思われます。
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 5 5 5
  • 気楽に始められるオススメMOBA 95
    良い点
    ◎TPS視点でMOBAが出来る
    ◎課金でプレイヤー間に実力の差が全く付かない
    〇ボイスチャットキーがあり、英語が話せなくてもキーを押すだけで簡単に意思疎通ができる
    ◎キャラクターが多く、自分の好みのキャラクターが複数見つかる(ハズ)
    ◎チュートリアル・トレーニング・動画など、入門のためのコンテンツが充実している
    ◎運営への不満が他ゲームより少ない
    ◎プレイヤーの数が非常に多い(どんどん増えているようです)
    悪い点
    △日本語対応でない(日本語wiki有り)
    △アメリカサーバーに接続する場合、ごく若干のラグによってハンター職の難易度が高い

    総評
    他MOBA経験者です。最近になって始めました。このゲームのウリはやはりTPSでMOBAがプレイできることでしょう。
    WASDとマウスで自由に視点を動かせ、直感的に操作ができるため他MOBAよりもよりド派手な演出を近い距離で体験できます。

    無課金でも少しずつキャラクターを解放できますが、お勧めは30ドル(約3000円)支払ってすべてのキャラクター(今後追加される新キャラクターも全て対象)を解放することです。

    これで、他には全く課金することなくずーっと全キャラを楽しむことが出来ます。

    苦手な英語も、日本語wikiやボイスチャットキーで意思疎通なら楽にこなせるようになります。

    今からMOBAをやってみようと思っている方、ほんとにお勧めです。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 5 5 5
  • TPS対人ゲーム。完成度は高い。 95
    • 投稿者:にゅお(男性/20代)
    • 投稿日:2014/06/28
    良い点
    ・無課金・簡単な登録で開始できる。
    ・練習や、各キャラクター(GOD)の試用ができるモードがある。
    ・wsad移動と簡単なキー操作。4つのスキルとシンプル。
    ・各対人モードで、1日1回ボーナスポイントがもらえたり、LVアップでまとまったポイントがもらえる。これにより、無課金でも気に入ったGODを購入する事が可能。
    ・クレカがなくてもPaypal経由で銀行振り込み課金可能。
    ・ゲーム内会話が用意されている簡易ボイスチャットでほぼ全てできる。
    ・課金による強弱がない。連携と操作の熟練度と、アイテム構成で決まる。
    ・実況配信が活発に行われており、見る側でも楽しめる。
    悪い点
    ・最大でも5vs5の戦闘のため、途中でログアウトや切断した人がいる場合、戦力差がかなりついてしまう。
    ・一般モードでのマッチングが始めたての人も2000戦やってるようなベテランが一緒になる事がある。
    ・全部英語。
    ・通信速度が200〜350ping前後。ハンターや、通常攻撃主体になるGODの活用が難しい。
    ・1試合1時間近くになる場合もあり、拘束される時間が長くなったりする。
    総評
    他の方のレビューを見て開始しました。個人的にはこれはDAoC以来のワクワク感です。

    メインコンテンツのコンクエストは、細かいセオリーや、動き方やら構成なんか意識しないとおもしろさ半減で、味方のベテランから英会話のレッスンを受ける事になります。
    そのあたりは後で覚えるとして、アリーナ戦や、3vs3。コンピュータ相手の戦闘から何も考えず開始しても全然問題なしです。
    各GODのスキルもわかりやすく、各種アイテムもおすすめが用意されてるので、とりあえずやってみて、慣れてきて強さを意識してからでも自然と調べて把握できます。
    わかりやすく解説してる日本語の情報サイトもあります。

    現状、55種類のGODがありますが、3000円ちょい課金すると、全てのGODとこれから追加されるGODが使用できるようになります。
    課金した時点で、GOD購入に使ったゲーム内ポイントが返還されるのも嬉しいです。
    無課金でも、毎日5戦ほどやってると1ヶ月に2〜3体はアンロックできます。序盤はレベルの上がりも早いので、お買い得なGODを重点的に購入するともう少し揃えられると思います。

    若干高めのpingくらいしか現状では気になる点はないです。
    日本語化されていない、萌え要素がない、点も自分としては高評価です。
    課金や複数アカウント、同時起動などで優劣が決まらず、純粋にゲームとして楽しめるこの作品は非常に貴重で出会えた事に感謝してます。レビューを書いてくださった方々、ありがとうございました。

    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 5 3
  • 普通に面白かった。 95
    • 投稿者:senkasenka20(男性/20代)
    • 投稿日:2014/06/17
    良い点
    ゲームするに当たって私は札束ゲーではない系統を良くやってるんですが、このゲームは今まで自分がやってきた中で最上位なんじゃないかと思います。
    最初の取っ付き辛さ(英語の為)と装備の効果が全く分からなかった事が難点でしたが、日本語wiki等で効果を知った瞬間世界が広がったような気がしました。
    チームワークを重視する展開になってくると必要にされてる感(逆も然り)が適度にあって飽きがこない(今のところは)
    悪い点
    やり込んでもたま〜にリーバー(離脱者)が存在すること。
    最初にコンクエに行くと結構怖い目に会うので、出来ればアリーナ辺りで練習するのが良いかも。
    ボイスギルドシステムというのがあるんですが、これがあるのが分かっててもどうやって使うんだ?と悩んでました(戦闘中にVから繋がる英語を入れる事で音声で喋ってもらえる)
    口の悪い人がたまにいる。カース、ファック、リタード等etc
    ピングが高いといわれています(どういう意味か私は分からん)
     
    総評
    悪い所もありますがそれを補って楽しい要素や、自分を試せる要素の高い戦略的な良いゲームだと思いました。
    こんなゲームが日本でも出てきてくれたらなぁ〜となんとなく思います。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 3 5 5 4
  • めちゃくちゃ面白いです、久しぶりにハマりました!!! 95
    良い点
    ・アクション要素が強く、自分の腕次第で面白い事ができる。
    ・ボイスシステムが良く作られていて、英語を話せなくてもある程度覚えればコミュニュケーションが取れる(みんなテンション高いので楽しいです。)
    ・モードがいくつかあり、サクッっとできたりもする。
    ・キャラクターが個性的なのが多い、聞いた事のある名前でワクワクしました。
    ・キャラクターのグラフィックバリエーションが凝っている
    ・無課金でも十二分に遊べる
    ・対戦が面白い
    悪い点
    ・海外のサーバーだからなのかゲームのダウンロードに時間がかかります。
    ・英語なので少し慣れが必要
    ・攻撃のHIT音が解り難いので、乱戦時は通常攻撃がHITしているかわかりにくいです。
    総評
    英語だからと思って手を出さないのはもったいない!
    PvP好きには最高のゲームだと思います。
    キャラクターの操作性、戦略性、ボイスシステムによるコミュニュエーションなどやっていてとても楽しく、ついついやりすぎてしまうゲームです。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 4 5 5
  • 爽快!アクション!次世代MOBA系ゲームです! 90
    • 投稿者:arosama(男性/30代)
    • 投稿日:2014/05/22
    良い点
     WASD移動、TPS視点を取り入れてるのでMOBA系ですが
      アクション性や爽快感を楽しめる!
      
      *ちなみにスペースキーでジャンプする事も出来ます!が
      ゲームを進行する上で利便性は全くなくジェスチャーの類です。

    ◆.押璽爛癲璽匹コンクエストをはじめ8種類もあるので、
      コンテンツが充実しており、長く遊べます。
      またmobaに触れた事のない方でも気軽に遊べる
      コンテンツ、アリーナやアサルト等もあるので、
      とにかく気軽に始める事が出来ると思います。
      かくいう私もmoba系未経験でした!

     VGSコマンド(ゲーム内音声ツール)が充実してるので
      ゲーム進行上でテキストを打つ必要が殆どないです!
      これは便利!
      ちなみに、お遊び的なVGSコマンドも沢山あるのでVGSを覚えれば
      覚えるほど英語が出来なくても外国人と楽しいコミュニケーション
      が図れると思います!
      VGSの種類は約120コマンド程あります。

    ぁ。Dキャラクターのクオリティーが高いのでキャラクターに対し、
      感情移入がしやすいです。
      また最近ではskinのデザインも凝った物が
      多く実装されていて、skinを集める楽しみも充実してます!
      イベントskinなど無料で入手できるskinがあるのも良い所です。
      
      *skinは無料で入手できる物と課金で入手できる物があります。

    ァ.押璽狷眥眠Favorも貯まりやすく、また課金通貨gemもイベントなどで
      プレゼントする事もあるので無課金でも十分楽しめる課金システムです。
    悪い点
     ‘本からのプレイですと北米の2倍近い数値の約200pingで
      プレイしなければいけないのでADC(アタックダメージキャリー)
      smiteで言う所のhunterと言うクラスの難易度が非常に高くなって
      しまっている所。
      他のスキル主体のクラスはさほど気にならないです。 
      稀に150ping程度のserverに接続する事がありますが
      まず接続する事はないです。
      これに関してはserverの増強を願っています。

    ◆.灰鵐謄鵐弔多いが故の問題ですが、例えばアリーナモードを専門に
      プレイしてレベルカンストしてしまった場合に未経験でコンクエスト
      を始めると、いきなり強敵を相手にする事になるので注意が必要です。
      各コンテンツを低レベルのうちから満遍なくプレイする事をお勧めします。

     LEAGUEを除いて、leaver(ゲーム放棄者)が多く4VS5など理不尽な状況が
      発生しやすいです。
      leaverに対する罰則を強化して欲しい所です。

    ぁ‘本のgod実装がかなり遅れていて、いつ実装なのか?もはっきりして
      いない所。
    総評
    TPS視点のMOBA系はsmiteに始まったわけではなく、
    今までもありましたが
    完成度、運営の力の入れ具合、コンテンツの多さが圧倒的に違います。
    pingやleaverの問題もありますが、それを差し引いても十分楽しい
    ゲームだと自信をもってお勧めします!
    また大金をかけたトーナメントイベント開催や
    キャラクターリメイクを惜しまず手がけたり、無料ユーザーにも
    快適に遊んでもらえるようなgemやイベントskinの配布など
    素晴らしい運営の配慮が見て取れます。
    すでにsmiteは北米、EUではポピュラーなタイトルのようです。
    因みに3月に開催された賞金20万ドルを賭けたトーナメント大会は
    EUのプロゲーマーチームが優勝しました。
    今後は中国でのローカライズもする模様です。
    まだまだ十分伸びしろのあるゲームですので、今からでも全然
    出遅れると言う事はないので是非一度体験して欲しいタイトルです。
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 5 5
  • TPS視点のアクション操作重視MOBA 85
    • 投稿者:Azura(男性/40代)
    • 投稿日:2014/05/19
    良い点
    基本的に、WASDでの移動、スキル3つと超必殺技Ult、これだけの操作なので非常に簡単な点。

    間合い、スキルを使うタイミング、仲間との連携など、基本操作以外の部分で、判断力と行動力が求められ、それによって実力に差が出る点。

    Godによる強さの差があまりなく(相性の差はある)、使い方や連携のうまさでカバー出来る点。自分が対峙した相手に押されていても、総合的にチームが勝てばOK、連携重視のゲームです。

    20分程度で気軽に出来るアリーナモードがある点。

    チュートリアルがあり、プラクティスモードも充実しているので、操作に慣れるまでさほど時間がかからない点。

    課金は、Godを開放したり、コスチュームを変えるものだけで、Godの性能が変わることがない点。課金したものが強いということは一切ない。全God開放パックが非常に安いのもGood。

    時間があれば課金しなくても十分楽しめる点。その日1勝ボーナスを獲得したり、プレイヤーレベルを上げたり、コツコツ試合をこなしたりすることで、ゲーム内マネーであるFavorが溜まっていき、新しいGodが買えるようになる。

    ノーマルモードの場合は、マッチングがスムーズで、かみ合わずに何回も待たされるということが無い点。Leageモードは、時間帯によって若干待ち時間がある。

    味方との連携や、押し上げるタイミングの妙で、大逆転勝利が多々ある点。非常に興奮度が高く、ゲームにはまってしまう要因だと思う。
    悪い点
    日本の市場を意識していないので、完全に英語版である点。ゲーム内のチャットも英語、たまにスペイン語。
    しかしながら、Smite in Japan、Smite in Japan Wikiにて、詳しく解説してくれているので、ゲーム内容やGodの特性、基本的な使い方は非常に理解しやすい。

    5vs5の対人ゲームであるが故に、一人が足をひっぱると、即負けに繋がってしまうことが多い点。特に何度も死んでしまい、相手のLvを極端に上げてしまうような味方がいると、ほぼ勝てなくなってしまう。ま〜逆もしかりなんですけどね。
    野良で組むよりも、フレンドパーティーで組んだ方が、勝率は明らかに高くなる。

    マッチングは、ノーマルモードだと、総合的なプレイヤーレベルのみで判断されるみたいなので、強さが全く未知数で組まされる。そのため、あまりにも理解度が低い味方に当たると、それだけでほぼ負けが確定してしまう点。
    同じぐらいの強さを求めるなら、対戦成績でランクが変動していくLeageモードがあるので、こちらでプレイしていけば多少改善される。

    途中でゲームを落ちるプレイヤーが居て、5vs4になって負けに繋がることがある点。途中落ちにはペナルティーがあるが、なかなか減らないので非常に困った存在である。
    しかしながら、残った4人の連携がうまくいけば、5vs4でも勝つこともある。

    日本にサーバーが無いため、アメリカ西海岸に接続することになる点。そのため、Ping200前後が標準。ラグは正式稼動してから殆どないが、やはり現地の方々と比べると、通常攻撃、スキルやアイテムの始動に極些細な時間差が発生する。瞬時の判断でそれらを使っても当たらない(間に合わない)ことがある。
    多少先読みで当てる技術が必要になってくるが、基本的にはゲームプレイに支障が無い。

    ゲームモードが少ないので、飽きやすいといえば飽きやすい点。
    総評
    日本で盛り上がりに欠けてしまっているのが、非常に残念な良ゲー。アメリカと欧州で賞金トーナメントがあるぐらい盛り上がっているが、日本市場は意識していないので、宣伝も薄く、認知度が低いようである。

    MOBA系は初めてですが、非常にシンプルでありつつ、対戦としての駆け引きが毎回違うので、とても楽しい。
    TPS視点なので、他のMOBA系のように上から視点で敵の行動が見える訳ではないので、視野外から攻めること、味方からの敵位置情報の重要度が増しているように思う。味方といかに協力出来るか、という面白さが十二分に味わえるゲームだと思います。

    個人的には、判断力とタイミングの妙があり、逆転要素が多いコンクエストが好きです。ただ、チャンスを逃しちゃうと時間が伸びて1時間とかなちゃうのがねぇ(笑)
    ま〜大逆転の爽快感を味わったら、一日一試合だけでも気持ちいいです。

    このゲーム気になった方は、とりあえずやってみましょう。はまること間違いなし。
    Smite in Japanに、日本人クランありますので、そちらに入ればさらにチャットを通じて楽しめるようになるんじゃないかと思います。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 5 4 4
  • 今まで遊んだPVPゲームの中で、一番楽しい。 95
    • 投稿者:wildrose(女性/30代)
    • 投稿日:2014/05/17
    良い点
    ・非課金でも十分楽しめる。
    ・使えるキャラ(神様)が豊富。
    ・装備が自由に選べて柔軟性が高い。
    ・試合形式が複数ある。短時間(15分程度)で終わるものから、
     やや長時間(1時間弱?)まで。全てPvP。
    ・レベル上げの必要なし。1試合の中で最大Lv.20まであがる。
     アカウントに対するレベルはあるが、同程度の経験者と当てるための数値で
     ゲーム中に意識することはほぼ無い。
    悪い点
    ・洋ゲー(海外サーバ)のためか、レスポンスで負ける事がある。
    ・完全非課金で遊ぶ場合、使えるキャラが限られる。
     (基本キャラか、週代わりで無料で使えるキャラのみ)
     Practiceモードでは、全キャラ使えればいいなと思う。

    総評
    PvEよりもPvPが楽しみたい!っていう人には、お勧めだと思います。
    忙しくて沢山時間が取れない人でも楽しみやすいです。

    また、敵の心理を読んだ行動が必要になるので
    単純な勝負でないところが面白いかも。

    プレイ相手が(当然ではあるが)海外の方が多いので、
    日本人で遊び相手が増えたらいいなと思います。

    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 2 5 5
  • 始めたその日から楽しめるPvP 90
    • 投稿者:Wild(男性/30代)
    • 投稿日:2014/05/03
    良い点
    【準備がいらない】
    キャラのレベルや装備は全て1試合ごとにリセットされるので全員平等な状態で戦える。
    今までのプレイ回数が近い相手をマッチングしてくれるので始めた初日から楽しめる。

    【日本人に馴染み深いTPS視点】
    DOTAやDiabloみたいな見下ろし固定視点でもなくFPS視点でもない。
    日本でプレイされているゲームに多いTPS視点でアクション性の高いゲームを楽しめる。

    【明らかな地雷職がいない】
    プレイできるキャラに明らかなハズレ職がいない。
    ちゃんと使えばどのキャラもそれぞれ長所を持っている。

    【キャラが魅力的】
    一度動かしてみればすぐにわかると思います。
    プレイアできるキャラクター(GOD)はどれもかっこかわいい感じに仕上がっています。

    【課金が強さに関係しない】
    使えるキャラが増える、もしくはキャラのスキンを購入できるということ以外に課金要素なし。



    悪い点
    無料ゲーなので世界のお子様が暴言を言ってくることがある。
    ただし簡単に特定の相手のチャットを聞こえなくする機能があるので問題ないかも。
    総評

    〖まとめ〗
    自分としてはなんの文句も無い久々の良ゲーです。
    気軽に、快適に、爽快感のあるPvPを楽しめます。
    現在進行形でゲームモードは追加されており様々な試合形式からその日の気分で対戦できます。
    高額賞金のかかった世界大会が行われていたりプロゲーマーによる生放送が随時行われていたりと盛り上がりも上々。
    なぜか日本では情報が出回っていないようですが、凄く面白いです。
    今までMMOなどでPvPを楽しんできた人なら絶対はまると思いますよ(自分がそうでした)。
    基本無料なので是非一度プレイしてみてください。
    気に入ったら約3000円払うだけで全てのキャラを自由に使えるようになります。
    プレイして貰えるゲーム内通貨でもいずれ全てのキャラを選択できるようになりますので必須ではないですけれど!
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 4 5 5
  • TPS型League of Legends 85
    • 投稿者:jiji(男性/20代)
    • 投稿日:2014/04/25
    良い点
    一般的な良い点悪い点と、このジャンル(moba、dota系)の代表かつ私もplay経験があるLeague of Legends(以下LOL)との比較をした場合の良い点悪い点の2部構成にしました。一般的な良い点悪い点は、LOLレビューを見ていただければほぼ一緒ですので詳しく書きません。それくらいLOLと似たゲームです。


    ・課金で強さが一切決まらない
    ・他のゲームに比べると課金が優しい(国内ガチャゲームと比べると差が目立つ)
    ・奥深さ
    ・連携感


    LOLと比較時の良い点
    ・mobaをTPS視点でできる。
     私は、これがこのゲームの大きな利点だと思います。私自身見下ろし型の旧来のmoba系の操作は苦手です。こちらは直感的に操作ができるので、それが大きな利点だと思います。
    また、実際に目の前で爆発したりジャンプしたりするので、迫力はこちらが勝ちです。

    ・課金がLOLより優しい。
     smiteは、ヒーローすべてをアンロックできるバンドルのようなものが売られています。29.99ドルです。これを買うとすべてアンロックされ、更に将来追加されるヒーローも自動的にアンロックされるようです。なのでこれから例えば100体ヒーローが追加されようが、一切の投資は必要ありません。(現在は発売中だが、発売は期間があるようで、いつまで売られるかは不明。本来はベータ時の特典。)

    ・サービス開始からの経過時間が短く、現在ヒーロー数がLOLに比べ少ないため学習時間が少なくてすむ。
     自分が使ってるヒーロだけではなく、相手がどういうスキルを使ってくるのか、知っておく必要があります。mobaはヒーロー数が多く覚えることが多いのが難点の一つです。
     LOLに比べ単純にヒーロー数が少なく、学習時間が少なくてすみます。現在すでにsmiteをplayしている人に知識という意味で追いつくのがより容易です。(新ヒーローは定期的に追加中。)

    ・ルーンやマスタリーという初期状態を変える要素がなく、Lv1アカウントでも、MAXアカウントでも完全に公平。
     違いは、持ってるヒーロー数だけです。

    ・LOLのような厳密なラストヒットがないなど、ライト層への配慮がLOL以上にされている
     minionを殺して近くにいれば自動的に金が集まります。ラストヒットすることにより、お金がより多くたまります。
     これ以外にもより初心者、ライト層に優しい設計が施されています。

    ・LOLでいうサポートの役割はsmiteにもあるが、より装備を整えやすく楽しい
     上記通りminionの近くにいたら、お金が入る仕組みなので、duoレーンの場合両方のヒーローにお金が入ります。
     そのためsmiteサポートは装備を整えやすいです。
     ヒーローにもよりますが、LOLで言うところのtankとしての役割が担えます。
    悪い点
    ・一試合が30分、40分、ヒーローピックなどを含めると1時間は覚悟しておく必要があり長い
    ・煽り、罵倒、あたりまえ
    ・leave、AFKが試合に与える影響が大きい
    ・覚えることが多い


    LOLと比較時の悪い点
    ・pingが200前後ある。
     一番の難点がこれでしょう。やはりアクションゲームでpingが高いのはダメです。
     低pingを体験したことがないので違いはわかりませんが、200もあるとたぶん違うんだと思います。
     安定はしているので、いわゆるラグい感じはありません。LOLをNAサーバーでplayしている感覚とは何も変わりません。
     LOLより高い理由は、サーバーの位置がアメリカ東海岸側のようです。
     アジア(中国)サーバーの開設が決まっているので、pingによりますが、開設されればそちらがよいでしょう。

    ・日本人が少ない。
     これは仕方ないでしょうね。
     これから増えると嬉しいですね。
     マッチングが当たらないということは無いです。
    総評
    さらにライトゲーマーに優しい方向にふったTPS型LOLといえば説明の90%が終わるぐらい似ています。
    dota2とLOLの違いよりsmiteとLOLの違いは少ないです。
    他のLOLのレビューに書いてある、良い悪いの多くはsmiteにも当てはまります。
    TPS視点での対人もしくはアクションゲームの経験がある人は、LOLより親和性があります。(国内で言うとFEZ、ドラゴンネストなど)
    上記ジャンルのゲームをしたことがある人で、mobaをしてみたいという方は、まずsmiteをおすすめします。

    mobaが好きな方は、smiteも好きになるかもしれません。
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 4 5 4
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月17日〜09月18日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
2019年03月〜2019年09月