オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3

ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3
公式サイト http://www.capcom.co.jp/mvsc3/
発売元 カプコン
開発元
発売日 2011/11/17
価格 4990円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
85
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • これを最初に出してほしかった 85
    • 投稿者:calra(男性/40代)
    • 投稿日:2012/02/06
    良い点
    ・キャラがとても多い
     こんなにたくさんのキャラが使える格闘ゲームを他に知りません。
    ・必殺技コマンドが簡単
     大半の必殺技が波動拳コマンドや昇竜拳コマンドで出せるため、
     私のように不器用なプレイヤーでも安心です。
    ・テンポがいい
     ハイパーコンボも演出も長すぎず、攻守がめまぐるしく入れ替わります。
     非常にテンポの良い

    以下、無印MVC3と比較して。
    ・シングルやトレーニングの待ち受けが改善
     無印では待ち受け中に「切断されたため検索を終了します」的な
     メッセージとともに待ち受けを放棄してしまうことがよくあり、
     待ち受け再開のためには一度終了する必要がありました。
     それが今作では改善されて、エラーが出ることはなくなりました。

     また、対戦後の選択肢で「直前の状態で再開」が選べるようになりました。
     無印では対戦するたびにキャラ選択する必要があったのでかなり楽になりました。

    ・バランス調整
     技の追加や性能の変化などによって無印では弱かったキャラもけっこう
     戦えるようになりました。
     強キャラにも凶悪な技が追加されて手がつけられなくなったりもしてますが。

    ・奇抜なキャラが追加
     最初なるほどくん(弁護士)が出ると知ったときは開発陣の正気を疑いましたが、
     いざ使ってみるとちゃんと格闘ゲームキャラになってるので驚きました。
     このデキなら今後もいろんな多彩なキャラを出してほしいと思いました。
    悪い点
    以下はすべて、新モードである HEROES & HERALDS についての不満です。

    サポートカードによって様々な効果が得られますが、この効果がはちゃめちゃすぎる。
    Xファクターが何度でも使えたり、体力があり得ない勢いで回復したり。
    極めつけに、組み合わせによっては常時相手をスロー状態にできます。
    うち消すようなカードが用意できればまだいいですが、そうでなければ
    やられた方はコンボがつながらなくなるので無力化されたも同然です。

    体力回復など、自分を強化するカードはまだいいですが、相手をスローにするとか
    攻撃を食らっていてもサポートが呼べるとか、攻撃の機会そのものを潰すような
    効果のカードはなくすべきだと思う。

    以下、HEROES & HERALDS のマッチングについて。

    日本国内でも住む地域によって条件が異なるのかはわかりませんが、
    対戦するとなぜか同じ人とばかり当たります。
    19時くらいという人の多い時間帯に、同じ人と20回連続で当たったことがあります。
    マッチングのサイクルが重なっているのかと思い、途中から数分置いてから
    マッチングしたりしましたが、ずっと同じ人でした。

    深夜など人が少ない時間帯だとマッチングをしても「相手が見つかりませんでした」的な
    メッセージを表示してマッチングが中断されます。
    見つかるまで黙ってリトライしろよ、と思わずにいられません。
    この点はランクマッチやプレイヤーマッチでは改善されたのに、もったいない。

    また、シングルやトレモの待ち受けでなぜHEROES & HERALDSの待ち受けを
    できるようにしなかったのか?その意味がわかりません。
    属する勢力を選択済みかをチェックする必要があるのはわかりますが、
    それだけですよね。そんなに難しいことだったのでしょうか。

    マッチングで対戦相手が見つかったときには何かしらの効果音を
    鳴らすべきだったと思います。
    相手が見つかっても音も鳴らなければBGMも切り替わらないので、画面をずっと
    見ていなくてはなりません。
    (自分がホストになって、対戦準備完了状態にしておけば一応回避はできますが)

    なまじ従来モードが快適になった分、こういった細かい不便さが目立って
    正直HEROES & HERALDSをやる気がしません。
    総評
    HEROES & HERALDS には多くの不満を抱きましたが、
    それ以外の格闘ゲームとしての基本的な部分には非常に満足しています。
    たぶん対戦相手が見つからなくなるまで今後もずっとプレイし続けると思います。

    このボリュームが4000円程度で遊べるわけですから、コストパフォーマンスは
    非常に高いと思います。
    でもそれだけに、6〜7000円で無印MVC3を買った私は複雑な気持ちになるわけですが。
    無印MVC3を持ってる人への何らかの優遇措置があったらよかったのに。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 3 4 4 5
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月24日〜05月25日