オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
総勢60名以上のゲームクリエイター&声優/4Gamer執筆陣に聞いてみた「2010年の注目タイトル」と「2011年への意気込み/期待」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2010/12/28 23:50

企画記事

総勢60名以上のゲームクリエイター&声優/4Gamer執筆陣に聞いてみた「2010年の注目タイトル」と「2011年への意気込み/期待」

磯村知美(声優,マック・ミック所属)


<質問1>2010年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル
ゴースト トリック
ミステリーアドベンチャーは好きなジャンルで「逆転裁判」シリーズの巧舟さん新作タイトルということで注目していました。
章の終わりに必ず起こる意外な展開、繋がる謎と謎、最後には物語の伏線回収がきちんと全部されるという練られたストーリーに感動!
BGMも耳に残るものが多く、話を彩るキャラクター達の個性と滑らかな動きも可愛らしかったです。(主にミサイルたんが)
移動方法も最初に見た時は、やられた!って思いましたしね。
少年漫画のスポ根モノだと日本が苦戦するロシアあたりの選手みたいな作品なんですよ!あ、総合点が高いって言えば良かったですかそうですか。
まだプレイしていない方にはオススメしたい1本です。

<質問2>2010年に発売された娯楽作品の中で,個人的に最も印象深い作品
映画「RED LINE」
2010年は劇場版アニメを沢山観たのですが「劇場で観て良かった」と思える作品NO1がこの作品です。
冒頭のレースシーンとBGMが凄くマッチしていて、そこから直ぐに引き込まれました。
観終わって売店でサントラ即買いした映画なんて初めてかも!
当初予定していた時期に公開されていたらもっと話題になっただろうになぁ!と思うと残念ですが「良いものはいつ観ても良い」という事も実感出来ますね。
もう1回劇場で観たかったなぁ・・・。

<質問3>2011年以降に発売予定の注目作/遊んでみたいゲーム
「キャサリン」PS3 / Xbox 360
私のゲーム好きの原点を作ったと言っても過言ではないアトラス作品、しかも大好きな「ペルソナ」シリーズのスタッフ最新作という事で期待しています。
キャサリンの「必殺チーズの糸ひくピザ食い」はキャラデザの副島さんに一生ついて行こうと決意させるに十分のエロスッ!
PS3版買おうと思ってたらXbox360版のメガネキャサリンの尻の方が好みで未だにどちらを予約しようか悩んでいます・・・。Wキャサリン罪な女。

あとエロス抜きでは
ヒラメキパズル マックスウェルの不思議なノート」も気になります。
文字で入力したアイテムが実際に画面に現れるというシステムが良いですね。
これは出るのかな〜?とか考えながらプレイするのが楽しそうですし、親子で遊んだら盛り上がるタイトルだと思うので、世のお父さんお母さんはチェックですよ!


岡本信彦(声優,プロ・フィット所属)


<質問1>2010年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル
ゴースト トリック」です。
このゲームのすごいところは誰でも楽しめる所で、普段ゲームをやらない方にもオススメです!張り巡らされた伏線は、まるで一本の映画を見てるようなワクワクがありました。

<質問2>2010年に発売された娯楽作品の中で,個人的に最も印象深い作品
ポケットモンスターブラック / ホワイト」です。
Wi-Fi通信対戦や新システム、新ポケモンによる戦略の広がり方にテンションがあがった方は多いはずです。ライトユーザーは全クリまで、ヘビーユーザーの方は厳選からの努力値振り分けまでと、本当に素晴らしい作品だと思います。

<質問3>2011年以降に発売予定の注目作/遊んでみたいゲーム
DISSIDIA 012[duodecim] FINAL FANTASY」と「ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2 プロフェッショナル」ですね。
続編に期待してしまいます。疾風づきからのラウンドゼロの対策や、みがわりメタキンの対策等、さらなる戦略アップがあればいいなと思います。
ちなみにボンバーマンオンラインポトリスといったサービス停止したゲームが復活してほしいなと思います。


切込隊長(アルファブロガー/ゲーマー/投資家)


<質問1>2010年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル
FINAL FANTASY XIV

ありえない規模で、空前の物議を醸してくれた超大作。作品そのものの発展途上ぶりもさることながら、β解禁にいたった事情、垣間見える社内の混乱振り、良く分からない人事、さらには証券会社にまで驚きを提供した超絶下方修正など、そもそもナンバリングタイトルとは何だったのかということを考えずにはいられない衝撃的なタイトルでした。ここから青天井の回復をして、作品そのものよりも環境全体がアートだと言わしめるような流れにして欲しいと思います。

<質問2>2010年に発売された娯楽作品の中で,個人的に最も印象深い作品
JACKASS

10年以上続いている馬鹿系が、3D時代になっても生き残って、より迫力ある馬鹿映像のオンパレードになっていったのは衝撃的だった。その一方で、アメリカのコメディでは異彩を放っていたレスリーニールセンが亡くなったり、コンテクストが散漫になるなかで、ただ純粋に馬鹿馬鹿しいアクションを突き詰め続ける姿勢と、またそれを支えるアメリカの馬鹿カルチャーの大きさ、懐の広さが驚きです。

<質問3>2011年以降に発売予定の注目作/遊んでみたいゲーム
 2011年はソーシャルゲームが勢いを止める年だと思っておりまして、その集大成といえるようなケータイ向けタイトルが出ることを期待します。超大人気でみんな話題にしているんだけど、課金ポイントが少なすぎて話題の割に儲かりませんでした的な。同様に、シヴィライゼーションもバニラ5が超絶クソだったので、早いところ大型パッチを充てて必勝の騎乗ルート以外でもゲームが成立するようにして欲しいです。


島国大和(不景気の波にもがく,正体はそっとしておいて欲しいゲーム開発者)


<質問1>2010年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル
携帯電話の釣りゲー(特定タイトルではないです)

費用対効果という意味でアレ以上の物はなかなか出てこないでしょう。
かたや「コンシュマ並みのiphoneアプリが1コ200円」の所を、「折れる釣り竿2000円」です。カッコイイ。
動かない魚の一枚絵の為に、2000円の竿ポキポキですよ。うっひゃーお見事です。

これに限らず、ソーシャル系携帯電話ゲームというのは、今までゲームをしてこなかった人達をゲームに巻き込み、市場を拡大しました。
そして、彼らの方が、ゲーマーよりゲームにお金を使う事を白日の下に晒しました。
更に言っちゃえば「ゲームの仕組みはパクリでいいや」という空気を作りました。
「お、このタイトル売れてるなー」という話をすると、「ああ、それの元ネタは**でね」という話になること超高頻度なわけです。
だって相手はゲーマーじゃないから他のゲームなんか知りゃしません。
パクリの方が安い。パクリの方が解り易い。凹みますよこれ。
目新しくてゲーマーも納得のゲーム作りたいのに、世の中がそんなもの求めてないんですもん!
求めようぜ!求めてくれよ!コンチクショー!

<質問2>2010年に発売された娯楽作品の中で,個人的に最も印象深い作品
Twitter

2006年からありますが、政治家やタレントが使った事からマスメディアでも取り上げられて、今年あたりは一般人的にピークを迎えたんじゃないかと思います。
4Gamerの読者の方はもうご存じだと思いますが、140文字適当につぶやくだけというシステムなので、物凄く書くことのハードルが低いんですよね。

その結果、何が印象に残るかと言って、人間の本性がボロボロ溢れ出ている所。

「誰に向かって話しているか」が曖昧(つぶやきだし)な為にグズグズになってますね。
政治家のtwitterとか凄いですよ。支持者に向けて喋るつもりで、反対者にもダダモレですから。
書く事、表現する事のハードルを極限まで下げれば、こういう効果もあるわけですね。思ったより皆ガード甘いので噴いちゃう。「いいの?そんな事書いちゃって!」みたいな。
同様に、結構名のある人が嘘情報をRTしてたりしてこれも驚いちゃう。「あらら思ったより思慮深くない!」みたいな。

<質問3>2011年以降に発売予定の注目作/遊んでみたいゲーム
特定タイトルは無いのですが、今後のネットワークゲームに大変興味が有ります
ネットじゃ無いゲームはもう無くなってしまうと思いますが。

ぶっちゃけて言ってしまえば、以外と、もう手が無いのですよ。ゲームって。

大作MMORPGプレイヤーの感想には以下のようなものもあります。
「ゲームは全部似たようなもの。ならば一番金がかかってるのをやればいい。そうすれば他のプレイヤーも多い。」
ネットゲームはそのプレイヤー人数、課金人数のよって開発運営が支えられていますから、人気の無いものに価値が有りません。
そもそも莫大な時間を必要とするゲームですから一生懸命やった成果を分かち合える他のプレイヤーの人数というのは重要です。

そうすると100億近くかけた大作で根こそぎプレイヤーを持ってくか、諦めるかという戦いになります。凶悪なチキンレースですね。
中規模、小規模のゲームは、如何に独自性を持って、確固たる地位を確保するかという戦いです。
ケタの違うゲームと真っ向勝負はなかなかできませんから。
でも利益率で考えると、開発難度が高い為、決して美味しい訳ではありません。

そうこうしてる間に、数千万で作ったソーシャルゲーが、とんでもない単価を稼ぎだす訳です。
シェアで言えばジンガですが、GREEやモバゲーはジンガより全然稼いでると言います。

じゃあソーシャルゲームはこの世の春かと言えば、それも違うんですよ。
簡単に作れるゲームは簡単に真似出来ちゃう。パクられる。
パクリ合いの焼き畑農業ならば、ガソリンぶっかけてでも燃やしつくした奴の勝ちです。
市場を大事にする気が無いプレイヤーが1人でも混じってると、ロクな事にならないんですよ。

ネットゲームの今後は、ゲームの今後を占うと思います。
ヘタすると日本の今後も占いかねないですよ。

恐ろしいっす。


鈴木謙介(社会学者)


<質問1>2010年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル
タイトル「セカンドノベル 〜彼女の夏、15分の記憶〜
連載でも書かせていただきましたが、今年一番の傑作だと思います。ストーリー的なところで言えば、思春期から大人になる入り口くらいの時期の微妙な心理を描いた作品が、どの分野でもぱっとしない印象があって、そこにばちっとはまってきた作品だと思いました。舞台設定は夏ですが、冬の場面も出てくるので、年末年始のお休みプレイするのもお勧めだと思います。

<質問2>2010年に発売された娯楽作品の中で,個人的に最も印象深い作品
江波光則『ストレンジボイス』
ライトノベルですが、内容的にはシリアスな作品です。いじめや不登校といった問題を抱える少年少女が主人公で、しかもオチは決して明るいものではありません。似たような設定の作品に、川上未映子『ヘヴン』や湊かなえ『告白』がありますが、これらの作品よりもさらに後味の悪い印象を持つ人もいるかも。でも、それだけ深い作品だということだと思います。

<質問3>2011年以降に発売予定の注目作/遊んでみたいゲーム
タイトル「キャサリン」PS3 / Xbox 360
『ペルソナ』を手がけたアトラスの新作ですが、設定そのものが少し大人向けなので、ストーリーにどういうオチをつけてくるのかが気になっています。具体的な作品以外では、最近イノベーションの少ない音ゲーの分野で何か起きないかなと思っています。


男色ディーノ(プロレスラー)


<質問1>2010年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル
今まで『映画的のような』という表現を多くのゲイムがされてきたが、初めて『映画を超えた』という表現が当てはまるゲイムが2010年に生まれたように思うわ。それが「HEAVY RAIN -心の軋むとき-」。このタイトルには映画的な表現の全てが揃っている。その上で映画にはないゲイムならではの視点、感情移入度、結末がプレイヤーを多重に驚かせることに成功した。ちょっとした操作の煩わしさすら、むしろ味と言えるでしょうね。ゲイムファンはこのゲイムをもっと誇っていいんじゃないかしら。今後も、この作品のような意味で『ゲイムが映画を超えて』ほしいと心から思うわね。

<質問2>2010年に発売された娯楽作品の中で,個人的に最も印象深い作品
2011年のアナログ放送終了、という世の中の状況を踏まえた上で発売された「トルネ」がまさに今年を象徴してるんじゃないかしら。厳密に言えば、今年にしか話題になりえなかった、ということだけど。意外と、というと失礼だけど意外と扱いやすく、PS3用コントローラーで簡単に録画までできてしまう。ただのゲイム機用の地デジソフトっていう位置づけ以上に実用的なのが個人的には印象深いわね。

<質問3>2011年以降に発売予定の注目作/遊んでみたいゲーム
かつてNINTENDO DSが発売された時、ロンチタイトルは全てある種の驚きを与えてくれたわ。そういった意味で、3DSで発売されるロンチタイトルにはどれも期待したい。どういった驚きを与えてくれるのか。3DSを買うことによってユーザーにどのような新しい遊びがもたらされるのか。ゲイムをプレイして楽しみたい――そういったゲイムファンのシンプルな欲求を新しいゲイム機が満たしてくれることを願っているわ。


徳岡正肇(アトリエサード所属ライター/翻訳者)


<質問1>2010年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル
PCゲームからは選び難かったので、アナログのゲームから。「Hearts and Minds」(GMT)「Labyrinth」(GMT)かで悩むところですが後者の実物をこの原稿の締切りまでに見れなかったので前者に。ゲームというものの全部がこうである必要はないと思いますが、「opposing force」との戦争にはいささかの疑問を感じます。

<質問2>2010年に発売された娯楽作品の中で,個人的に最も印象深い作品
「まおゆう」。2009年の作品であり、2010年の作品は「ログ・ホライズン」ではありますが、桝田省治氏とのタッグで商業出版に乗るのが今年ということでここでとりあげることにします。連載時は、深夜に更新がはじまって、気がつけばほとんど朝ということもしばしばでした。

<質問3>2011年以降に発売予定の注目作/遊んでみたいゲーム
作品としては「Homefront」PC / PS3 / Xbox 360)。ゲームとしては「Red Orchestra 2: Heroes of Stalingrad」と「Portal 2」に強く期待します。ところでなんだかFPSばっかりなんですが、最近妙に3D酔いに弱くなったんですよね……。


マフィア梶田(ライター)


<質問1>2010年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル
4月にスクウェア・エニックスから発売された「ニーア レプリカント」です。2010年は良いゲームが沢山出たので,正直どれかひとつを選ぶというのは非常に難しいのですが……「衝撃を受けたタイトル」と聞いて真っ先に浮かんだのが本作だったんですよね。
世界観,シナリオ,演出,ゲーム性,どれをとっても他のRPGに類を見ない独創性……もとい,良い意味での“変態性”があり,「こういうゲームを作りたいんだ!」というクリエイター魂を感じられる作品でした。ちょっとダークな雰囲気が肌に合う人なら,もう没入感がハンパないです。3周以上プレイしたRPGなんて,本作が初めてですよ俺。
あと,インタビューでディレクターの横尾さんが話していた「ニーア レプリカント 〜宇宙戦争編〜」を是非ゲーム化してほしいです。お願いしますよ!

<質問2>2010年に発売された娯楽作品の中で,個人的に最も印象深い作品
6月にKONAMIから発売された「ラブプラス+」ですね,衝撃を受けたタイトルで本作を挙げようかとも思いましたが,あくまで2009年に発売された前作の拡張版ですし,それはちょっと違うかなと。ゲームとしての評価はもちろん,様々な展開を全てひっくるめて印象深いタイトルでした。
「現実を浸食する」というコンセプトのもとで行われた世界初の二次元記者会見や,熱海市とのコラボレーション,ARを積極的に使ったイベントの数々には,一生忘れられないくらい大きなインパクトを受けましたよ。二次元を愛する全ての男達に希望の未来を感じさせてくれた,歴史的作品だと思います。

<質問3>2011年以降に発売予定の注目作/遊んでみたいゲーム
もちろん「Project ラブプラス for Nintendo 3DS」です。恋愛ゲームの新たな可能性を切り開いてくれた「ラブプラス」ですが,猛スピードでネクストステージ突入ですよ。早くも3Dに進出ですよ。完全新作ということで,どのような進化を遂げているのか,今からワクワクでキン●マが空を飛びそうだぜ! ……おっと,こんな下品な言い方したら凛子に怒られちゃいますね。それに来年は紳士的かつ知的に,ジェントル梶田で行くつもりですから。言い直します。
 まっこと待ち遠しくてコ●ガンが飛行しそうでありおりはべり,いまそかり!



  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月18日〜04月19日