オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
総勢60名以上のゲームクリエイター&声優/4Gamer執筆陣に聞いてみた「2010年の注目タイトル」と「2011年への意気込み/期待」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2010/12/28 23:50

企画記事

総勢60名以上のゲームクリエイター&声優/4Gamer執筆陣に聞いてみた「2010年の注目タイトル」と「2011年への意気込み/期待」

アークシステムワークス

井口屋タクミ(ディレクター/プログラマ)

代表作:「アルカナハート3」(PS3 / Xbox 360,ディレクター),「BLAZBLUE」シリーズ(PS3 / Xbox 360,リードプログラマ)

※写真はTGS 2010ブースイベント時のものです
<質問1>2010年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル
ポケットモンスターブラック / ホワイト
 ポケモンシリーズの凄い所はオフラインゲームにも拘らず「数百万人に遊ばれてるゲームである」という前提のシステムが随所に組み込まれている所だと思います。昔から「ポケルス」等超低確率のシステムがあったりしたんですが、今回はすれちがい通信関連のシステムが強化され、道行く人たちが皆ポケモンを持っていることを踏まえたゲーム性を提示してるんですよね。まさに横綱相撲。スゴイです。地味ですがやり込みの敷居もシリーズを重ねる事に下がってるのも好感が持てました。おかげでクリア後も孵化と厳選を繰り返す日々を送っています。

<質問2>2010年に発売された娯楽作品の中で,個人的に最も印象深い作品
「けいおん!!」
 1期の頃は興味が薄かったんですが、今期は気づくとついつい毎週見てしまいました。アニメ本編の息づかいすら感じさせる丁寧なキャラ描写も印象的なんですが、広い範囲で現象としての「けいおん!!」が印象深いですね。アニメの最終回に被せたコミックの最終回やゲームの発売、畳み掛ける様なCDシングル・アルバムの発売、そして劇場版への誘導……と、メディアミックスの理想形を垣間見ました。

<質問3>ゲームファンや自身の作品のファンに対するメッセージ
 個人的に「女の子だらけの対戦ゲーム」というジャンルが大好きですので、(アルカナハート3の)移植の話を頂いた時は大変光栄でした。元々ゲーム性や対戦バランスに関しては評判の高いアルカナハート3をPS3 / Xbox 360に移植するにあたり、BLAZBLUEで培った「ネットワークモード」や、個人的にやってみたかったキャラ表現の掘り下げである「リンクアニメ」と出来るだけ素材であるゲーム本編の持ち味を変えないように気を付けながら追加させていただきました。新しく興味を持って頂いた方も、ゲームセンターからのシリーズファンの方も、合わせて楽しんでいただければと思います。

「アルカナハート3」
(C) EXAMU Inc. ARC SYSTEM WORKS
総勢60名以上のゲームクリエイター&声優/4Gamer執筆陣に聞いてみた「2010年の注目タイトル」と「2011年への意気込み/期待」 総勢60名以上のゲームクリエイター&声優/4Gamer執筆陣に聞いてみた「2010年の注目タイトル」と「2011年への意気込み/期待」


アークシステムワークス

石渡太輔(ゼネラルディレクター/お茶くみキング)

代表作:「GUILTY GEAR」シリーズ(イラスト,設定,BGMなど),「BLAZBLUE」シリーズ(PS3 / Xbox 360,サウンドディレクター)

※写真は「ぶるらじ 〜ぶるふぇす2010春-SPRING RAID」時のものです
<質問1>2010年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル
海外では、RPG関係全般。とにかく物量が半端ではない。素材や世界観、ワールドの規模、単純なクオリティ、どれも圧巻です。それが直接的な面白さにはつながりませんが、同業者として感服せざるを得ません。国内では「ゴースト トリック」。ゲームの内容やビジュアル的なセンスがとても独創的です。とりわけ僕が心を奪われたのは、各キャラクターのモーションです。演出はゲームの面白さの一側面ですが、見ているだけで楽しいと言わしめる内容だと思いました。

<質問2>2010年に発売された娯楽作品の中で,個人的に最も印象深い作品
洋画は豊作。「第9地区」「パラノーマルアクティビティ」「インセプション」。あくまで個人的な解釈ですが、これらは映画史の相関図に名を残し、発想力の面で後の世代に影響を与える作品だと思いました。邦画は「告白」「SAW」「CUBE」シリーズのようなシチュエーションスリラーに匹敵する緊迫感を味わいつつも、心に傷や感動を残す、深いテーマ性を感じさせてくれました。あと今更ですが、小説家・西尾維新さんの言葉遊び能力に痺れ、アニメ「機動戦士ガンダムUC」のクオリティの高さにノックアウトされました。そして大概のソーシャルネットワークサービスは、くそ喰らえ。です。利便性や発展性は全て度外視しています。ただ、徐々に曖昧さを欠いていく世界に、魅力を感じないのです。

<質問3>ゲームファンや自身の作品のファンに対するメッセージ
いよいよ3Dゲーム元年を迎え、手元のゲームも更なる進化を迎えることでしょう。僕としては単なる表現力で、今以上の訴求力を持っていないと考えていますが、ゲーム機や携帯などのメディアデバイスを通じて、新たな人間関係の形が進展する時代は見えてきました。僕は性根が柔軟ではないので、この流れに上手く乗ることは出来そうにありませんが、ゲームとしての伝統的かつ王道的なロジックを見失わないよう精進したいと思います。近年は作曲やキャラクターデザインの仕事に終始していましたが、そろそろプロジェクトを動かして行きたいと考えていますので、暖かく見守ってください。良いお年を!

「BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT」
(C)ARC SYSTEM WORKS
総勢60名以上のゲームクリエイター&声優/4Gamer執筆陣に聞いてみた「2010年の注目タイトル」と「2011年への意気込み/期待」 総勢60名以上のゲームクリエイター&声優/4Gamer執筆陣に聞いてみた「2010年の注目タイトル」と「2011年への意気込み/期待」


アークシステムワークス

森 利道(プロデューサー)

代表作:「BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT」(PS3 / Xbox 360),「BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT II」(アーケード)を含む「BLAZBLUE」シリーズ,「GUILTY GEAR」シリーズ

※写真は7月末に行ったインタビュー時のものです
<質問1>2010年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル
やはり「モンスターハンターポータブル 3rd」でしょうか…2G等の前作はやって無かったのですが、こんなにハマるとは思いませんでした。友達同士で遊ぶのが最高に楽しいですね。ゲームの基本は皆でワイワイ楽しむ事です、それがよく現れた作品だと思います。スタッフからはバイオショック2PS3 / Xbox 360)やRed Dead RedemptionPS3 / Xbox 360)と言う声が上がっています。僕個人、とても面白い作品だと思います。

<質問2>2010年に発売された娯楽作品の中で,個人的に最も印象深い作品
今年面白かった映画では「第九地区」が最高に面白かったです。アニメでは「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」。漫画では今年と言うか最終回を迎えた「鋼の錬金術師」。あとiPadの将棋を死ぬほどやりました・・・スマートフォンやタブレットPCが一般に大きく普及した年だと思います。

<質問3>ゲームファンや自身の作品のファンに対するメッセージ
今年は色々ありました、何だかんで終始「ブレイブルー」を制作していたと思います。ネシカと言う新しい試みにもチャレンジしました、これは結果が出るまで時間のかかるコンテンツなので、皆さんにも暖かく見守って頂けると嬉しいです。自分自身につきましては、来年も色々作って行きたいと思いますので、よろしくお願いします。

12月29日より稼働中の「BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT II」(アーケード)
(C)ARC SYSTEM WORKS
総勢60名以上のゲームクリエイター&声優/4Gamer執筆陣に聞いてみた「2010年の注目タイトル」と「2011年への意気込み/期待」 総勢60名以上のゲームクリエイター&声優/4Gamer執筆陣に聞いてみた「2010年の注目タイトル」と「2011年への意気込み/期待」


アトラス

副島成記(キャラクターデザイン/アートディレクター)

代表作:「ペルソナ3」(PS2 / PSP),「ペルソナ4

副島氏がキャラクターデザインを手がけた「キャサリン」は,2011年2月17日発売(画像はXbox 360版パッケージ)
総勢60名以上のゲームクリエイター&声優/4Gamer執筆陣に聞いてみた「2010年の注目タイトル」と「2011年への意気込み/期待」
<質問1>2010年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル
ヒット作の中で他ジャンルのコンテツを取り入れたタイトルが健闘していたのが印象に残っています。
セガさんの「初音ミク -Project DIVA- 2nd」のようにゲームジャンル外からのコンテンツを元にうまくゲームとしての魅力と結びつけているものや、レベルファイブさんの「イナズマイレブン3 世界への挑戦!! ジ・オーガ」のようにゲームとともに作品を映像作品や多岐のメディアに展開し多くのファンを獲得しているものなど、いくつかのタイトルが印象に残りました。
どれも色々なフィールドで魅力を発揮できる作品の作りこみが素晴らしいですね。
自身もキャラクターデザインや世界観を構築する仕事をしておりますので、ゲームというジャンルに完結しないコンテンツとしての強さを感じさせる作品作りのお手本とさせて頂きたいですね。

<質問2>2010年に発売された娯楽作品の中で,個人的に最も印象深い作品
映画「アリス・イン・ワンダーランド」で3D映画を観たことでしょうか。
映画の内容はディズニー映画ということもあってシンプルでわかり易いものだったですが、映像や美術は3Dに特化したある意味ゲームの空間演出的な魅力がありましたね。
来年はニンテンドー3DSも発売になりますし、それぞれのメーカーがどういった作品を用意してくるか楽しみです。
ハードの面では据え置き機もキネクトやムーブなどで変化をつけてきていますし、遊びの形でも携帯のソーシャルゲームなどライフスタイルに合わせて様々になってきている中、今後何が主流になっていくのか、またはより細分化していくのかわかりませんが、来年も目が放せない年になりそうですね。

<質問3>ゲームファンや自身の作品のファンに対するメッセージ
来年の2月には自社初のHD機作品となる「キャサリン」PS3 / Xbox 360)がいよいよ発売となります。
ペルソナの開発チームが送る意欲作ですのでご期待下さい。
試行錯誤も多くその分今年は苦労も多く大変な1年でしたが、甲斐あって自信を持ってお勧めできる作品に仕上がったと思っております。
是非プレイしてみてください!
2011年もアトラスをよろしくお願い致します!

「キャサリン」
(C)ATLUS CO.,LTD. 2010
総勢60名以上のゲームクリエイター&声優/4Gamer執筆陣に聞いてみた「2010年の注目タイトル」と「2011年への意気込み/期待」 総勢60名以上のゲームクリエイター&声優/4Gamer執筆陣に聞いてみた「2010年の注目タイトル」と「2011年への意気込み/期待」


アトラス

目黒将司(ディレクター/サウンドコンポーザー)

代表作:「真・女神転生」シリーズ,「ペルソナ」シリーズ

※写真は「杉田智和のアニゲラ!ディドゥーーン」ペルソナ特集回収録時のものです
<質問1>2010年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル
肉弾
Playstation Move専用ソフトですが筋肉痛覚悟でプレイしてみました。
Playstation Moveのソフトはモーションコントローラーの反応が良く、遅延少なめでかなり体の動きとシンクロして動くのに感心しました。
「肉弾」は高校生の頃から深夜のテレビ観戦専門ボクシングファンの私としては待ちに待っていたタイトルといった感じで、腕を振り回して殴り合いのまねごとが出来るといった次元ではなく、相手の出てきたところにカウンターパンチを合わせたり、相手の攻撃をウィービングでかわしたりと、それが体の動きにシンクロしてでき、すごく衝撃を受けました。
もちろん筋肉痛で今も腕が上がりません…

<質問2>2010年に発売された娯楽作品の中で,個人的に最も印象深い作品
「ハート・ロッカー」
「アバター」を抑えアカデミー賞6部門を受賞し色々と物議を醸し出したこの映画ですが、アメリカの政治的背景などそんなことは置いておいて、純粋に戦争映画として楽しめました。
個人的に戦争映画が好きで多くの作品を見ているのですが、ここ最近の戦争映画不作において娯楽性と奥深いテーマを両立したとてもバランスのとれた映画だと思います。
戦闘シーンに見せ場を持ってくるのではなく爆弾処理にスポットをあて、十分に楽しめる映像に感心させられました。
ゲーム作りにおいても物事を新しい切り口で見せ、過去の作品と同等以上にプレイヤーを惹き付けられるような作品が出来るのではないかという勇気がもらえた気がします。

<質問3>ゲームファンや自身の作品のファンに対するメッセージ
来春には早々にサウンドとして携わった『キャサリン』PS3 / Xbox 360)、ディレクターとして携わった『ペルソナ2 罪』(PSP)を発売できると思います。
どちらもかなりの時間をかけた力作となっておりますのでぜひ皆様にプレイしていただければと思っております。
特に『キャサリン』はペルソナチームが制作したブランニュータイトルで、ペルソナとはまた違ったオトナなゲームとなっております。
恋愛ホラーアクションアドベンチャーという新しい試みでサウンド面でも色々と新しい試みをしておりますので、タイトルでピピッ!と来た方はぜひお手に取っていただければと思います。

「ペルソナ2 罪」
(c) Index Corporation 1996,2010 Published by ATLUS
総勢60名以上のゲームクリエイター&声優/4Gamer執筆陣に聞いてみた「2010年の注目タイトル」と「2011年への意気込み/期待」 総勢60名以上のゲームクリエイター&声優/4Gamer執筆陣に聞いてみた「2010年の注目タイトル」と「2011年への意気込み/期待」


アルヴィオン

平木是会(ディレクター/プランナー)

代表作:「マリシアス」(PS3)

※写真は10月末に行ったインタビュー時のものです
<質問1>2010年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル
2010年も素晴らしいタイトルが沢山あって、どれを選んだら良いのか悩みましたが 一番印象に残ったのは「HEAVY RAIN -心の軋むとき-」です。
じつはこういったジャンルのタイトルは普段はあまり遊ばなかったりするのですが、 ドラマを遊ぶようなプレイ感覚、ストーリー、ビジュアルの美しさ、自然な演出など 全体的なクオリティの高さに本当に驚きました。 いや、ほんとっ凄いです。 がっつり引き込まれました!

<質問2>2010年に発売された娯楽作品の中で,個人的に最も印象深い作品
仮にもエンターテインメントに携わっている人間としては本当にありえないことなのですが、今年はあまり遊ぶことができていなかったりしまして…あ、iphone4、ipadは触っていて楽しいです。ただ、スタッフのを触らしてもらっている状態なので... 早く自分の物がほしいです(笑

<質問3>ゲームファンや自身の作品のファンに対するメッセージ
10月にリリースさせていただいた「マリシアス」は、自分としてはかなりの意欲作のつもりでいましたので、どんな反応がいただけるか本当にハラハラしていたのですが…、幸いにしてよい反応もたくさんいただけましたので、心底ほっとしています(笑)

応援して下さる皆様の御意見、御指摘を参考に これからもユーザーの皆様に楽しんでいただける タイトルを作っていきたいと思います。

2011年は新しいハードも登場するので、 どのような遊びを持ったタイトルが出てくるのか非常に楽しみですね。

「マリシアス」
(C)2010 ALVION Inc.
総勢60名以上のゲームクリエイター&声優/4Gamer執筆陣に聞いてみた「2010年の注目タイトル」と「2011年への意気込み/期待」 総勢60名以上のゲームクリエイター&声優/4Gamer執筆陣に聞いてみた「2010年の注目タイトル」と「2011年への意気込み/期待」


アルケミスト

浦野重信(代表取締役社長)

代表作:「nicola監修 モデル☆おしゃれオーディション」(NDS)

※写真はCEDEC 2006での講演時のものです
<質問1>2010年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル
グリーやモバゲーなのどの携帯ソーシャルゲーム。
ちょっと悔しいですが、いい意味でも悪い意味でもゲームづくりの概念が広がりました。
制作物の中にも徹底的なマーケティングを行なっていき、”面白さ”とは違った物差しで作り込んでいく感覚は感心しました。

<質問2>2010年に発売された娯楽作品の中で,個人的に最も印象深い作品
海外ドラマ「THE MENTALIST/メンタリスト」「Lie to Me(ライトゥミー)」
この二つの作品は「人のウソを見抜くとこで、事件を解決していく」という同じ題材ながら「THE MENTALIST/メンタリスト」と「Lie to Me(ライトゥミー)」は、料理マンガで言うところの、「ザ・シェフ」と「美味しんぼ」のような違いを感じさせます。(伝わらない人はゴメン)
味付けのしかたで同じような素材でも、いろいろに物語は広げられるものだと感じた印象深いドラマです。
弊社のつくるアドベンチャーゲームにおいても物語が一番のキーポイントなので、物語の切り口の重要性を再確認させていただきました。

<質問3>ゲームファンや自身の作品のファンに対するメッセージ
アルケミストは、これからも色々な人達に様々なエンターテインメントを提供していきたいと考えています。
『面白く、楽しく、そして、売れるもの』 自己満足に陥らず、お客様の目線で開発をしていきます。
既存のゲームメーカーには厳しい時代ですが、たくさんの笑顔を創造できるようなコンテンツを生み出していけるように2011年もイイかげんにやって行きます!


アルケミスト

中川 滋(プロデューサー)

代表作:「うみねこのなく頃に 〜魔女と推理の輪舞曲〜」(PS3)

<質問1>2010年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル
PS3『HEAVY RAIN -心の軋むとき-』に驚きました。
コントローラをうまく使った仕掛けの数々に
アドベンチャーゲームの新しい形を見た気がします。

<質問2>2010年に発売された娯楽作品の中で,個人的に最も印象深い作品
今年一番遊んだゲームはWii『ゼノブレイド』だと思います。
ストーリーや戦闘も楽しく、ボリュームもかなりありましたので、
途中から「このゲームは本当に終わるんだろうか……」と疑ってしまいました(笑)。

<質問3>ゲームファンや自身の作品のファンに対するメッセージ
2011年はXbox360『ぎゃる☆がん』からのスタートです。
全世界100万本を目指したいと思います!
とりあえず、願掛けのため新年早々に空飛んできます。
ゲーム業界初のプロモーションになるのでは!?

「ぎゃる☆がん」
(c)INTI CREATES CO., LTD./Alchemist
総勢60名以上のゲームクリエイター&声優/4Gamer執筆陣に聞いてみた「2010年の注目タイトル」と「2011年への意気込み/期待」 総勢60名以上のゲームクリエイター&声優/4Gamer執筆陣に聞いてみた「2010年の注目タイトル」と「2011年への意気込み/期待」



  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月15日〜09月16日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
2019年03月〜2019年09月