お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
映画「ボルテスV レガシー」,10月18日に劇場公開決定。日本のロボットアニメを原作として,フィリピンで実写化された作品
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2024/06/04 12:50

ニュース

映画「ボルテスV レガシー」,10月18日に劇場公開決定。日本のロボットアニメを原作として,フィリピンで実写化された作品

 東映は本日(2024年6月4日),TVアニメ「超電磁マシーン ボルテスV」を原作として,フィリピンで実写化された映画「ボルテスV レガシー」を,10月18日に日本で劇場公開すると発表した。あわせて,スペシャルムービー外部リンク)も公開された。

画像集 No.002のサムネイル画像 / 映画「ボルテスV レガシー」,10月18日に劇場公開決定。日本のロボットアニメを原作として,フィリピンで実写化された作品

 超電磁マシーン ボルテスVは,ちょうど47年前,1977年6月4日に第1話が放送された日本のロボットアニメだ。海外向けにも展開され,とくにフィリピンでは94%の人が認知しているほど,熱狂的に支持されているという。そして,フィリピンの人々の愛は実写化につながり,現地で1本の映画と90話のTVシリーズが制作された。

 日本での劇場公開にあたり,フィリピン制作陣が用意した「超電磁編集版」には,フィリピン版の映画には含まれないシーンが追加され,リマスター作業によってCGシーンのクオリティもアップしているとのこと。字幕版だけではなく,吹替版も展開される。

 このほか,フィリピン版のTVシリーズの日本における放送情報や,フィギュア化リマスターBlu-rayなどの情報も届いている。詳細は,以下のリリース文を参照してほしい。

「ボルテスV レガシー」スペシャルムービー

「ボルテスV レガシー」公式サイト

「ボルテスV レガシー」公式X


1977年6月4日の放送開始から47年!
テレビアニメ「超電磁マシーン ボルテスV」
フィリピンからの大きすぎる愛で実写化!


映画『ボルテスV レガシー』
10月18日(金) 劇場公開決定!!
日本公開のための“超電磁編集版”が到着!!

公開決定記念スペシャルムービーを解禁!
さらに、TV放送等の展開も決まり、約半世紀を経て“ボルテスV”熱が再来!?

画像集 No.001のサムネイル画像 / 映画「ボルテスV レガシー」,10月18日に劇場公開決定。日本のロボットアニメを原作として,フィリピンで実写化された作品

公開決定記念スペシャルムービーURL:
https://youtu.be/r9jBbGiaerQ

テレビアニメ「超電磁マシーン ボルテスV」が、約半世紀の時を経て、熱狂的な支持を受けているフィリピンで「Voltes V: Legacy」(原題)として実写化されました。その作品が、遂に生まれ故郷の日本に凱旋し、『ボルテスV レガシー』(ヨミ:ボルテスファイブ レガシー)として、10月18日(金)に劇場公開されることが決定し、テレビアニメの第1話の放送日・1977年6月4日からちょうど47年となる本日、発表いたします。

約半世紀前の日本のロボットアニメが、フィリピンで原作リスペクトたっぷりの実写化!
映画1本+テレビシリーズ全90話の超大作に!!

原作となるアニメ「超電磁マシーン ボルテスV」は、「超電磁ロボ コン・バトラーV」に続く長浜ロマンロボの第2弾として制作されました。“ロマン”という言葉がつくように、敵を倒すロボットアニメの爽快感に、監督・長浜忠夫はストーリー性を追加し、敵味方双方の人間ドラマや、普遍的なテーマである“家族”に焦点を当てたことが、現代に繋がる大人も楽しめるアニメの流れを作ったともいえる作品です。アニメーション制作に日本サンライズ(現:サンライズ)、キャラクター原案に聖悠紀、メカニック設計にメカマン(中村光毅、大河原邦男ら)、スタジオぬえ、アニメーションキャラクターに佐々門信芳、金山明博、仕上げにシャフト、ディーン(現:スタジオディーン)、各話の演出にとみの喜幸(富野由悠季)、横山裕一朗、寺田和男、山崎和男らと、その後アニメーション業界のトップを走ることになったスタジオ/クリエイターが参加していたことも、この作品のもたらした影響の大きさを物語っています。
日本の放送からすぐに海外での展開も始まり、その中でも特に熱狂的に受け入れられたのがフィリピンです。親子の離別、主人公をめぐる衝撃的な展開、異母兄弟との対決、圧政への抵抗と革命、そして解放というストーリーや、“角のある者が貴族階級として君臨し、角のない者たちを支配する”という敵・ボアザン星の設定を通じて差別問題に踏み込んだ長浜作品ならではの重厚感が、当時のフィリピンの人々の心情とリンクしました。再放送も繰り返され、とある調査ではフィリピンの実に94%の人がアニメを知っており、第2の国歌と呼ばれるまでになった主題歌「ボルテスVの歌」を日本語で歌える人が多いなど圧倒的な人気を得ています。そんなフィリピンの人々の熱烈な愛が実写化を決意させ、1本の映画と90話(1話25分前後)にもおよぶテレビシリーズという形で結実しました。

日本の観客のためにフィリピン制作陣が用意した“超電磁編集版”!吹替版も決定!監督の熱いコメントも!

待望の日本公開となり、「ボルテスV」の熱心なファンだったことから監督に選ばれたマーク A. レイエス Vは、「『ボルテスV レガシー』の日本公開決定、おめでとうございます!「ボルテスV」への私たちの愛と情熱を感じて、楽しんでください!」と喜びのコメントを寄せています。
その喜びを裏付けるように、日本の劇場公開用に特別な映画を届けてくれました。フィリピン版の映画には含まれないシーンの追加を含む再編集を実施。さらに、オリジナルでも申し分なかったCGシーンのクオリティも、全編に及ぶリマスター作業を敢行して大幅にアップさせ、映像の迫力が増した“超電磁編集版”。まさに、フィリピンから原作そして日本へのリスペクトが溢れる特別な映画となりました。
そして、字幕版に加え、吹替版での公開も決定しています。

レトロさと新しさを感じさせる公開決定記念スペシャルムービー、戦闘中の場面写真を解禁!

そんなフィリピンからの熱い思いに応えるべく、日本ではこの度公開決定記念スペシャルムービーを解禁いたします。
原作アニメを見ていた方なら必ず懐かしいと感じる、主題歌「ボルテスVの歌」と共に始まるスペシャルムービーでは、原作アニメから今回の実写に受け継がれていくものと、4:3画角のアナログ放送からの進化、さらにCGになったことにより金属の重さを感じさせながらも、スクリーンを縦横無尽に動くボルテスVの大迫力のアクションを感じていただける内容になっています。
合わせて、戦闘中のボルテスVをとらえた場面写真を1点解禁。攻撃を受け地面に片膝をつきながらも、敵に立ち向かおうとするボルテスVの臨場感あふれるカットです。

ボルテスVの勢いはまだまだ止まらない、テレビ放送・フィギュア化・リマスターBlu-rayと大盛り上がり!

さらに、今回の日本公開をきっかけに、“ボルテスV”の展開が加速していきます。まずは、フィリピンで放送されたテレビシリーズを、日本のために特別編集されたテレビシリーズが、今秋にTOKYO MXにて放送されることが決定。また、フィリピンオリジナル版90話の日本展開についても着々と準備が進められており、今後順次発表いたします。
そして、東京・秋葉原にある「TAMASHII NATIONS」のフラッグシップショップ「TAMASHII NATIONS STORE TOKYO」にて開催されている、「超合金」生誕50周年のアニバーサリーイベント(〜7月1日(月)まで)にて、『ボルテスV レガシー』の最新試作品を展示中です。
(詳細はこちら
展開は実写版関連に留まらず、原作のアニメ「超電磁マシーン ボルテスV」の待望のネガスキャンHDリマスターBlu-rayが9月11日(水)に発売決定。東映ビデオオンラインショップ販売の《限定予約版》にはこれまでなかなか見ることのできなかった設定資料集や復刻版台本が付属しています。(詳細はこちら
この他にも『ボルテスV レガシー』、「超電磁マシーン ボルテスV」の展開が多数予定されており、半世紀ぶりの、もしくは史上最大の“ボルテスV”熱がやってきます。
盛り上がりを見せる『ボルテスV レガシー』の続報にもぜひご注目ください!

監督・マーク A. レイエス V コメント全文

日本のみなさん、こんにちは。監督のマーク・レイエスです。
『ボルテスV レガシー』の日本公開決定、おめでとうございます!
「ボルテスV」への私たちの愛と情熱を感じて、楽しんでください!レッツ・ボルトイン!

作品情報(映画)

『ボルテスV レガシー』
10月18日(金)公開
監督:マーク A. レイエス V
脚本:スゼッテ・ドクトレーロ
シニア・エグゼクティブ・プロデューサー:ヘレン・ローズ・セセ、ラーソン・チャン
エクゼクティブ・プロデューサー:ダーリング・プリドトレス、ティージェイ・デル・ロザリオ、白倉伸一郎
キャスト:
ミゲル・タンフェリックス、ラドソン・フローレス、マット・ロザノ、ラファエル・ランディコ、イザベル・オルテガ
マーティン・デル・ロザリオ、リーゼル・ロペス、カルロ・ゴンザレス、エピ・クウィゾン
アルバート・マルティネス、ガビー・エイゲンマン、デニス・トリロ、カーラ・アベラナ
コピーライト:(C)TOEI Co. Ltd, Telesuccess All Rights Reserved
製作国:フィリピン
原題:Voltes V: Legacy
製作年:2024年
日本配給:東映
『ボルテスV レガシー』ポータルサイト:https://voltes-v-legacy.jp/
『ボルテスV レガシー』オフィシャルX:@voltesv_legacy https://x.com/voltesv_legacy

ストーリー

ある日地球は“ボアザン星”からやってきたプリンス・ザルドス率いる 軍隊からの攻撃を受ける。通常の兵器が全く通じない中、スティーヴ、ビッグ・バート、リトル・ジョンのアームストロング3兄弟とマーク・ゴードン、ジェイミー・ロビンソンの5人は、密かに製造されていた5機のマシンに乗り込み戦いに挑む。
敵側は勝利を確実なものとするため、より強大な獣型ロボット“ビースト・ファイター”を繰り出してきた。5人はそれに対抗するため「レッツ・ボルトイン!」のかけ声とともにマシンを合体させ、巨大な人型ロボット“ボルテスV”となる。
果たしてボルテス・チームの5人は、地球を守ることができるのか――
  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月22日〜07月23日