オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

ダウンタウン乱闘行進曲 かちぬきかくとうSP

ダウンタウン乱闘行進曲 かちぬきかくとうSP
公式サイト http://kuniokun.jp/rantokoshinkyoku/
発売元 アークシステムワークス
開発元
発売日 2016/12/26
価格 1500円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
55
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 流行らせることはできない 55
    • 投稿者:災厄狼(男性/30代)
    • 投稿日:2019/08/23
    良い点
    ファミコン版ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会の、かちぬき格闘大会のみをゲームにしたという感じの対戦格闘ゲーム。
    チームごとのストーリーモードを搭載。
    オンラインバトルも搭載。

    必殺技が追加!ねっけつ高校のくにお(主人公)なら、マッハキックに加え武器投げ技のナッツシュート、投げ技の火の玉スパイクを使えます。
    ねっけつ高校は他にも、すがた・ななせ・たかみね、もりもと、いちじょうという選手がいて、それぞれ個性的な必殺技があります。
    コマンドはかんたん。

    参加チームが多い。ファミコン版の大運動会では4チームでしたが25チームでてきます。

    キャラクターごとにパラメーターが大きく違い、これはちょっと勝てないだろう・・みたいなキャラで強いキャラクターにいどまなくてはならないケースもでてきます。
    せんりゃくも大事。

    勝つには「得点」がものをいうので、ただ敵をたおせばいいという感じではなく、「がんばらないといけない」。

    ボタンの設定が変えられる。ファミコン版ではA・B同時押しでジャンプでしたが、一つのボタンでジャンプ可能!!

    ステージごとに仕掛けがあるので、工夫のしがいがある。

    音楽は結構がんばってる気がする。ファミコン版にもあった「緊張の出場準備」、「馬車馬のように(クシコス・ポストのアレンジ?)」など良い曲がまんさい!

    4人対戦まで可能。
    悪い点
    音がデカすぎる。最初はBGM・SEともに8になっているのでそれぞれ3か4にした方が良い。

    オンラインバトルに人はいません。このゲームのためにPSプラス(オンライン対戦に必要。一か月850円)に入るのはオススメできません。

    ジャンプボタンが変わってしまったので、強いプレイヤーと弱いプレイヤーの差が出てきてしまう。
    場外(一撃死)もなく、体力減少のペナルティーに変わってしまったので、一番の魅力であった「勝敗のランダム性」がゲーム性として大きく減少。
    ちょっと残念な感じにはなっている。
    ルール設定によっては変更も可能ではあります。

    ねっけつ高校と、はなぞの高校をプレイしてみたんですが、ストーリーがワンパターン。
    もっとプレイしたいとは思いませんでした。
    連続ではできない。1週間ごとに1チームのストーリーをプレイするなどのプレイヤー側の工夫がいるかと。

    グラフィックはドットで自分のキャラを見失いがち。とくに倒れている時。ドットが悪いわけではなく、みわけがつきにくい表現をしている。
    総評
    オフラインで対戦ゲームとして楽しめる環境(友達が多いとか)にいる方にはけっこうオススメだったり。でも、次にもしこういったゲームを出すのなら、ゲーム内の公式の大会(数種類)を数年単位でヤる必要があります。もちろん他の方法も必要。いまのままでは飽きが早く、対戦相手もいないので数日でプレイを終える方が多いと思います。
    ずっと楽しんでもらうには、なにかしらの努力がいるのかと。「だれかと戦わないとおもしろくない」ですし、それはおそらく(現代では)流行らせる以外の方法。

    チームごとのコマンド表(シンプルでしっかりまとまっているもの)をダウンロードして印刷できると良いと思った。
    アイテムの効果などもパッと見ではわかりにくいので、それも。

    このゲームのプレイ・プレイ動画視聴でもっと知りたいという方は、PS4くにおくん ザ・ワールド クラシックスコレクションというのもあるらしいので、調べてみてください。

    個人的にはこういうゲーム上の世界観は好きなので、色々な続編を期待したいです。
    しかし、この作品は55点です。あまりオススメではありません。
    プレイ時間
    5時間以下
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 3 2 2
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月23日〜09月24日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
47
マジカミ (BROWSER)
2019年03月〜2019年09月