オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ONE PIECE BURNING BLOOD公式サイトへ
読者の評価
50
投稿数:1
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

ONE PIECE BURNING BLOOD

ONE PIECE BURNING BLOOD
公式サイト http://opbb.bn-ent.net/
発売元 バンダイナムコエンターテインメント
開発元 スパイク・チュンソフト
発売日 2016/04/21
価格 Welcome Price!!版:3800円+税(2017年4月20日発売。ダウンロード版は2017年5月17日まで3420円+税で販売)
パッケージ版:6800円+税
ダウンロード版:6800円+税
特別版:9800円+税
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
50
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • ワンピのゲームとしては面白いが・・・ 50
    • 投稿者:MYTH OF FIST(男性/20代)
    • 投稿日:2016/05/04
    良い点
    ・グラフィック
    原作の絵の表現がよく出来てる。特にキャラクターの多様な表情の再現は見事。

    ・サウンド
    Jスターズに似ているが、まあジャンプ作品なのでこの程度が妥当。ボイスアクトは素晴らしい。

    ・演出
    非常に漫画的。移動する際に「ドドド」と言う文字が出るのは見ていて飽きない。

    ・戦闘(サポート抜きの場合)
    覇気使い、自然系、動物系、非能力者などのそれぞれの違いが分かり易く、キャラクターの技もそれぞれユニークで、ワンピの世界を体感している気分になる。筆者は別にワンピファンでは無く、漫画もアニメもチラッとしか観た事が無いが、この手の派手なバトルはやはりワンピならではのものだと思う。またドライブ系のシステムはチームバトルならではの面白さで、ドライブチェーンとドライブアシストはキャラクターの組み合わせ次第で発動時のキャラクターの台詞も色々変わるのでファンにとっても楽しめる要素だろう。

    ・頂上戦争
    ワンピの物凄く長い話の頂上戦争の部分だけ取り敢えず体験出来るストーリーモード。この辺りの話は読んだ事も観た事も無かったが、分かり易く纏まっていて良かった。

    ・WANTEDバーサス
    このモードの特筆事項は殆ど無いのだが、ベリー(ゲーム内通貨)の稼ぎが良くキャラクター解放の近道として便利なのは良い点だろう。

    ・海賊派遣所
    お気に入りのメンバーを登録したり、プレイアブルキャラクターやサポートキャラクターをベリーで解放したりする所。頂上戦争を全編プレイするとある程度のプレイアブルキャラクターと一部のサポートキャラクターが解放されるし、WANTEDバーサスをプレイして行くとある程度サポートキャラクターが解放されるが、ただベリーを貯めて解放して行くのもアリなのは良い部分だ(相当時間がかかると思うが)。

    ・フリーバトル
    本作は基本3対3のチームバトルだが、フリーバトルでは1対1から9対9まで楽しめる。4対4以上は勝ち抜き式のチームバトル(9対9の場合自分と敵双方が3人1組のチームを3組持っている形となる)となる。難易度設定やゲージの設定も出来るので、思う存分本作のバトルを楽しめる。
    悪い点
    ・サポートキャラクター
    電撃文庫FCにしろ本作にしろ、プレイアブルキャラクターで作り切れない分を補う為に、苦し紛れのこのシステムを入れるのは何事なのか。電撃の方は(バランスの悪さはあれど)戦闘を破綻させていない点は良く、プレイアブルと比べて圧倒的にサポートの方がキャラ数が多い点が悪いが、本作はその逆。プレイアブルが40人も居るのでサポートが60以上居てもそこまでバランスが悪いと感じないが、戦闘に介入させるべき存在では無い。様々な効果を持ったサポートキャラが居るがその効果が本当に「様々」過ぎて、色々出来過ぎてしまうのだ。特に2年後ルフィが、(サポートキャラの組み合わせ次第で)1回の戦闘中に3回はギア4に変身出来ると言うのはドン引きだ。またプレイアブルとサポートそれぞれにコストがあり、ランクマなどにおけるコスト上限値は9000である。筆者が気に入った海軍の3大将を組ませると丁度9000になりサポートを付けられない。確かに3大将は強い性能だが、それと渡り合える性能でコストパフォーマンスの良いキャラも当然居る訳で、その手のキャラを使用している人はすべからくサポートも付けているのでそうなるとこちらが不利になり易い。結局本作のサポートキャラクターはオモシロ要素としてはアリだが対戦の道具としては完全に要らない。

    ・スピード&コンボ
    昨今のキャラ格ゲーのあるある。ゲームスピードが速めなコンボゲー。「ガンダムVSシリーズ」みたいなもの。こう言うゲームの特徴は、有名なキャラクターが原作再現のバトルを繰り広げる点、演出が派手で簡単操作で一見取っ付き易そうな点、そして実際には初心者お断りのシビアなスピードとイカれたダメージが来るコンボが待ち構えている点だが、本作は正にその典型と言えるだろう。その上本作は上記の通りサポートによってバランスを崩されている。対戦ツールとしては未熟である。

    ・キーコンフィグ
    まるで意味が無い。非常に限られている。本作のキーコンフィグはどうやらカテゴリ分けされている様で、例えば○×□△のボタンはそのカテゴリ、△+○及び□+×の同時押しコマンドはそのカテゴリと言った感じだ。要するに○×□△に割り当てられた操作は、どう編集しても○×□△ボタンの中でしか操作出来ないと言う事。LRには割り当てられない。この不可解な仕様は何なのだろうか。

    ・頂上戦争以外の各種モード
    頂上戦争のルフィ編をクリアしないと解放されない。その分ルフィ編がチュートリアルを兼ねているのだが、それより普通にチュートリアルモードを実装した方が合理的な筈である。頂上戦争のストーリーなんてもう分かり切ってると言うファンにとっては空虚な時間となるだろう。

    ・キャラクターレベル
    頂上戦争とWANTEDバーサスにはキャラクターにレベルが設けられており、それを上げて行く要素があるが、上がり方が遅い。WANTEDバーサスの難しいミッションをクリアするのにレベル上げは必須であるが、フリーバトルと兼ねてWANTEDバーサスをプレイすれば難しいミッションに挑まなくともキャラクターは全て解放されるのでわざわざ鈍足なレベル上げ作業をやって超反応CPUを相手にしようとは思わない。
    総評
    ワンピの対戦ゲームとしては充実している面もあり、特にフリーバトルは素晴らしい出来だが、普段のキャラ格ゲーとの違いが無く対戦ツールとしての面白味に欠ける。
    またストーリーは頂上戦争のみなので、ワンピのストーリーに惹かれた人にはオススメ出来ない。
    本作は、ワンピのバトルシーンに惹かれた人、ワンピをよく知らないアクションゲームファン、在り来たりなキャラ格ゲーの新作を求めていた人にオススメ出来るタイトルである。
    ワンピならではのバトルの駆け引きを味わえる事が、本作の唯一にして最大の魅力だからだ。
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 3 3 2 2
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月12日〜11月13日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月