オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
チェインクロニクルV公式サイトへ
  • セガネットワークス
  • 発売日:2014/07/15
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
    パッケージ版:3980円(税抜)※9月11日発売
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
55
投稿数:3
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

チェインクロニクルV

チェインクロニクルV
公式サイト http://chroniclev.sega-net.com/
発売元 セガネットワークス
開発元
発売日 2014/07/15
価格 基本プレイ無料+アイテム課金
パッケージ版:3980円(税抜)※9月11日発売
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
55
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 良くも悪くも長距離走 90
    • 投稿者:雑音(男性/30代)
    • 投稿日:2015/05/15
    良い点
     嵋賃腓淵ャラ数による圧倒的なストーリーの豊富さ」
     キャラ毎のサイドストーリーは、程度の差はあれ
     ちゃんとキャラ立てがされており見ていて飽きない。
     しかもそれらは、メインストーリーにどこかしらで絡んでくるので、
     プレイ量がそのままストーリーの深みになるため、
     キャラ集めが非常に楽しい。
     コラボキャラも原作に沿ったオリジナルストーリーが作られており、
     違和感が無いのも高評価。


    ◆屮轡鵐廛襪任い独鷯錣鳳深い戦術システム」
     一見すると、シンプルなディフェンスゲームだが、
     自由に配置を変えれるリアルタイム戦闘に加え、
     職業5種、武器が第2部で増えて9種、
     これに各キャラ固有の必殺技(スキル)と固有能力(アビ)2種、
     レア度によるコストの違い、などによる差別化で、
     300人を超えるキャラが居るにもかかわらず、
     似た性能のキャラが1人も居ないのは、
     素直にすごいとしか言いようが無い。
     その中からスタメン4人+サブ2人+助っ人1人の計7人で組む
     戦術の奥深さは中々のもの。

     大抵この手のゲームは、レア度の高いキャラで固めれば強くなれるが、
     威力に比例して増えるスキルの消費マナの差や
    (最大3の消費にもかかわらず蓄積上限は8)、
     スキルを連携すると倍率が跳ね上がるチェインコンボシステム、
     デッキのコスト制限などもあって、
     一概に高レアキャラで固めれば強いと言う訳ではないのが、
     戦術に深みを増している。

     特にキャラのLVUPに経験値システムを採用しているため、
     「レア度が高くても育ってなければ弱い」と言う状況が間々あるので、
     課金すれば強いと言う訳ではない。
     (経験値を多量に手に入れる課金アイテムは無い)

     また高難度で出現する
     ドッペルゲンガー(最初に攻撃した者の能力をコピーする)の存在や、
     レア度制限のクエストなどもあり、
     容易に手に入る低レアキャラが無駄にならないというのも素晴らしい。 


    「配布アイテムが豪華&無課金ガチャも豊富」
     毎月何かしらあるイベントクエスト報酬やログインボーナスで、
     何だかんだでマメにログインしてクエストを消化していれば
     毎月20個前後の精霊石(約1500円分)が無料でもらう事ができる。

     キャラガチャは1回5個、10連で45個の石が必要なので、
     実質2〜3ヶ月に1回、
     無課金でも10連ガチャ(☆4以上1枚確定)に挑戦でき、
     イベントクエスト報酬でのみ回せるイベントガチャや、配布キャラ、
     不要なキャラを破棄すると手に入る
     リングとの交換でしか手に入らない☆5キャラなどもあり、
     余ったキャラカードが無駄にならず、
     入手方法が多岐にある仕様が地味にうれしい。
    悪い点
     崛蟇の運とプレイ時間が必要」
     本格的に楽しむためには、
     相応数のキャラ数と各キャラのレベルが必要になる。

     戦術の幅が本格的になるのは持ちキャラ数が50を越えた辺りからで、
     キャラの強さの本領が発揮されるのはLV40辺りからとなるので、
     本当の意味での面白さに到達するまでで最短でも10時間前後、
     場合によっては20時間以上のプレイが必要と考えた方がいい。

     特にキャラのLVは経験値システムを採用しているのが裏目になり、
     相応の手間がかかる。
     また、一部の外伝的ストーリークエストの開放条件が
     『特定のキャラの入手』なため、
     クリアが必須ではないとはいえ、それらを引き当てるには、
     相応の運が必要になる。
     

    ◆峺続ζ庸砲砲脇韻献ードが必要」
     キャラのステータス上限を最大値まで開放するには、
     <同じカードが4枚必要>であり、
     最大値まで育てるには同じカードを実質5枚入手する必要がある。
     同じキャラを5枚用意すること自体がそもそも大変なのだが、
     コラボなどイベント限定入手キャラは、
     《その機会を逃すと2度と入手ができなくなる》ので、
     それらで上限を目指すには相応の課金が必要になってしまう。


    「プレイヤー間の交流がほとんどできない」
     グループチャットが一部イベントで開放される以外、
     他のプレイヤーと交流する方法が皆無に近い。
     そのため、フレンド登録が
     《助っ人登録キャラの性能に大きく依存する》ので、
     フレンドを使い捨てるプレイヤーが少なからず存在している。
    (イベントで有利なキャラのみ登録し、イベントが終わると解除する)
     その辺りを気にする人には不愉快と言われても仕方ない。
    総評
    良くも悪くもマラソンのように、
    根気よく走り続けて遊べる人でないと面白くないと思う作品。

    反面、フルマラソンのごとく、
    各イベントやクエストを走破したときの達成感は一塩なので、
    走り続けることが苦にならない人には、
    間違いなく名作の1本に数えれると思う。

    特に増え続ける圧倒的なキャラストーリーのボリュームや、
    二重に考える必要のある戦術
    (「デッキ組みの戦術」と「リアルタイム戦況指揮の戦術」)の
    奥深さは圧巻としか言えない。


    また、2015年4月22日より開放された「第2部」の実装により
    不満点がいくつか解消され、
    (装備武器が最大3種で持ち替え可能に、職業特色の強化、
     ミッションシステムの追加、武器種類の増設、
     属性ダメージ計算式変更、など)
    一段と面白さが増しています。

    完走(サービス終了)するその日まで、走り続けたいと思える1本です。
    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 4 5 5
  • どこまでも微妙 40
    • 投稿者:森丼(男性/30代)
    • 投稿日:2014/08/07
    良い点
    世界観
    ストーリーを謳うだけあってイベントやストーリー、醸し出される雰囲気もこの手のゲームにしては力を入れていると感じる。
    悪い点
    ガチャ
    ガチャそのものが問題というよりガチャをして手に入るキャラがいないと見られないイベントやストーリーがある。見るのに最高難度のレアキャラが必要とかは・・流石にどうだろうか。

    バランス
    前半はいいが後半はどうにも課金ガチャに頼った戦力補強が必要になってくる、課金をさせるためのバランスとしてはいいのだろうか、それ以下のキャラが紙屑になってしまうのは如何なものか。
    総評
    PSNでオススメされていたので何とはなく遊んでみたゲームだが…序盤は楽しめたものの中盤以降課金課金でうんざりして辞めてしまった。

    これから遊ぶ人は中盤、人によっては序盤から(多額の)課金の必要性に迫られる事に留意された上で遊ぶのといいのでは。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 3 1 1 1
  • DDQのノンビリ版 35
    良い点
    ■基本プレイ無料
    基本無料で始めやすい事と、序盤はランクアップ(カードでは無くプレイヤーのレベルアップ)時のAP(行動するためのポイント)全回復があるためゲームを進めやすい。
    課金要素であるAP回復や強カードガチャの検討を、ある程度進んだところで自然に出来るバランスはとてもよく出来ていると思う。
    ■システム
    カードや武器の強化はシンプルで、戦闘も簡単だがテクニックが必要な場面もあり仕組み自体は面白い。
    悪い点
    ■操作性
    レビュータイトルにDDQ(ドラゴンズドグマクエスト)を使った一番の理由は操作性です。
    タッチ操作のみ、ラグ頻発の誤操作、各メニューの仕様にDDQをプレイしていた時のイライラを思い出しました。
    戦闘時のラグはタッチ操作を受け付けない事がありタゲ取れない、スキル発動遅れる、スキル発動に必要なマナ(MPの様なもの)を獲得するスロットも本来目押し出来るはずがラグのため出来ないなど勝敗を左右する程致命的です。8月5日に動作改善のアップデートがありましたが、ラグやタッチ操作を受け付けないケースは完全には排除されていませんでした。
    戦闘の勝敗は行動ポイントの回復速度の遅さもあり早めに改善ではなく修正して欲しい点です。

    メニューの操作性も悪く、フリックしてスクロール中ラグが発生し意図しないカードやアイテムを選択してしまう事が頻発するうえ、単純な「戻る」ボタンが無いのでトップまで戻った方が早かったり、意図しないタッチにより「はい」「いいえ」の確認操作を誤ったり、ボタン同士の間隔が短く誤操作してしまったり色々です。ラグとボタン操作が無いことに加えボタン位置などのデザインの悪さが相乗効果?となっていると思います。

    ■デザイン
    マップやメニューなどの見た目としてのデザイン、メニューや画面遷移など機能としてのデザインともに。ここもDDQに似ています。

    ■運営
    ベータテストを実施せず前述のような状態ですのでユーザーの使用感を頓着する気が無い、という印象。アップデート案内も新要素ばかりで、ユーザーからどんな要望があり対応するしないを案内する訳でもありません。
    今回のアップデートはメンテナンスを伴うものでしたが、アップデート告知内にメンテナンス時間がさらっと表記されているだけでした。メンテナンス前にあらためて告知したりアクティビティや公式ツイッターでの案内もなく、起動してから「メンテナンス中です」という姿勢です。
    総評
    ※意見には個人差があります(ここ大事)
    レビューが無かったので投稿しましたが、レビューが少ない理由は
    ·もう少し様子見てから
    ·レビュー書くほど良くも悪くも感じなかった
    ·そもそもプレイ人口が少ない
    など色々あると思いますが、一発目のアップデート後ということで投稿しました。

    戦闘に必要なAPの回復が他のF2Pタイトルより遅く感じますが、課金アイテムの安さもあり課金要素としてあまり不満には感じませんでした。ただし操作性の悪さから戦闘に負け、80分や160分の回復時間が課せられるのは楽しくはありませんが。
    APを自然回復に任せると、15分ほど遊んで5〜7時間放置というサイクルになるかと思います。課金アイテムを使わないとガッツリは遊べませんが、ボリュームが無いのでノンビリ遊ぶほうが飽きずに遊べると思います。メインコンテンツはノンビリ、気になったイベントだけ課金アイテム、がオススメです。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    1 3 1 3 2
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月24日〜05月25日