オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
剣と魔法と学園モノ。3D公式サイトへ
読者の評価
75
投稿数:2
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

剣と魔法と学園モノ。3D

剣と魔法と学園モノ。3D
公式サイト http://totomono.jp/
発売元 アクワイア
開発元 ゼロディブ
発売日 2011/07/07
価格 5880円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
75
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • シリーズ最高ではあるが… 65
    • 投稿者:だいめい(男性/30代)
    • 投稿日:2011/08/07
    良い点
    ・序盤〜中盤の戦闘バランス
     いろいろ考えなければならないが、しかし自由度がないわけではないのが楽しい。
     最効率を求める人も、そうでない人も楽しめるようになっている。

    ・かわいいキャラクター
     キャラクターが個性的でかわいい。

    ・3Dで楽しめるダンジョン
     ダンジョンRPGならではの楽しみです。
     3D表示については調節すれば疲れないので、巷で言われている弊害は全く感じませんでした。
    悪い点
    ・単調になる後半のバランス
     道中の敵のほとんどが全体魔法をうってくるため、対処の仕方が限られる。
     Wizでいえば敵全員がティルトウェイト持ちといったところか。
     趣味PTはここらへんで解散になってしまいます;;
     これがプレイ時間にして10時間以上続くため、さすがに飽きがくる。

    ・不親切なUI
     魔法とステータスが別だったり、錬金で使うアイテムの表示や合成に必要なものの表示は不親切。
    総評
    ととモノシリーズも4作目くらいですが、シリーズの中では一番良い出来だと思います。
    しかしいままでより良いものの、戦闘バランスは×
    趣味PTが生きていけないどころか、死にジョブや必須ジョブがあるせいでせっかくの「妄想」部分が台無しです。

    不満な点やありえない仕様もありますが、それなりに楽しいと思います。
    これなら人に勧めてもいいかな…と考えてます。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 3 3 4 4
  • シリーズ初プレイながら楽しんでいます 85
    • 投稿者:なおきち(男性/40代)
    • 投稿日:2011/07/13
    良い点
    ・3Dダンジョンと立体視の相性の良さ
    ・キャラの科目や相性などで自分なりの設定を楽しむことができる
    ・軽快な戦闘などライトで遊びやすいゲーム性
    ・ウィザードリィライクで高い中毒性
    悪い点
    ・アイテムの売買や錬金などで所持数が表示されない
    ・1度の戦闘でモンスターが10体以上出現することがけっこうあり、全体魔法などを連発されるとあっと言う間に全滅することがある
    ・キャラクターエディットで使える画像のパターンが少ない
    ・ダンジョン攻略中の下画面にダメージ床などの情報が表示されない
    総評
    ととモノシリーズは未プレイですが、3Dダンジョンを立体視で遊んでみたかったので購入しました。

    予想通り、立体視との相性は良く、ダンジョンの画面を初めて見たときは感動しました。
    それはただ単純に3Dダンジョンものを立体視にしただけではなく、開発者側がしっかりと意識して作ったからだと思います。
    ブレる物体もなく、奥行き感も素晴らしい。
    ダンジョンを進んでいる感じがたまらなくいいです。
    ただ、立体視に慣れてくると、壁にくっつくくらいが行き止まり、という従来の表現では近づきすぎてるように感じました。

    ゲーム自体は、ウィザードリィをライトにした感じで遊びやすく、さらにキャラを特徴づける独特な科目(ツンデレや弟など)に相性の設定で、ウィザードリィでは脳内設定だったものをゲーム上で表現してくれるのは嬉しいです。
    (アイドルで妹、執事でツンデレなどツボな設定も思いのままです)
    相性によるボーナスやスキルなどもあるので、設定で終わっていないところも評価できます。

    キャラエディットで使える画像が少なくて、同じ種族なら5体以上でもうグラフィックがかぶってしまうのは残念でした。
    (ただ、男キャラの女装、女キャラの男装という設定もアリなところがこのゲームの良いところでもあります)

    ダンジョン内にはダメージ床などのトラップがあるのですが、下画面に表示されるAUTOMAPには表示されず、いちいちMAP画面に切り替えなければならないのが、手間に感じます。
    せっかく下画面に表示してるのに、わざわざ切り替える必要性がわからないです。

    不満点も少なからずありますが価値を落とすほどではなく、まだソフトの少ない3DSでは貴重な良ゲーであると言えます。
    3DSの良さを感じられる作品としても強くおススメできます。

    グラフィックは文句なしの5、サウンドは標準くらいで3、快適さはマーキングなど若干の不満で4、熱中度は自分は文句なしの5、ボリュームについては評価できるほどではないので3

    グラフィックは一見の価値アリで100点なのですが、名作!と言われるとう〜ん・・・なので85点としました。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 3 4 5 3
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月09日〜12月10日