オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
黄金の太陽 漆黒なる夜明け公式サイトへ
  • 任天堂
  • 発売日:2010/10/28
  • 価格:4800円(税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
55
投稿数:3
レビューを投稿する
海外での評価
77
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

黄金の太陽 漆黒なる夜明け

黄金の太陽 漆黒なる夜明け
公式サイト http://www.nintendo.co.jp/ds/bo5j/
発売元 任天堂
開発元
発売日 2010/10/28
価格 4800円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
55
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 8年待った結果 20
    良い点
    感情表現の選択

    武器の熟練度

    ジン個々のグラフィック

    用語辞典

    絵本で過去のあらすじ
    悪い点
    エナジーの貧弱

    闘技場の廃止

    ジンの入手頻度

    似通った用語

    キャラクターが希薄

    全体的な簡素化
    総評
    黄金の太陽 開かれし封印
    黄金の太陽 失われし時代
    を経て、幼い頃より待ち望んだ今作品ですが
    大分期待外れだったと感じています。

    まずDSという性質上、万人受けのゲームという事が前提にありますので
    ボリュームの少なさ・難易度の低さが目に付きます。
    これは私が大人になった事と前作の思い出が、大きく影響しているかもしれません。

    ストーリーを進める上でメインである
    エナジーを使った謎解きには工夫や頭を使うと感じた部分が一切無く
    面白いと感じていた以前とは違い、今作では作業という煩わしさに変っていました。

    この事は私には非常にショックであり、8年が余りに大きな障害となっていました。
    前作の補完として8年経った今、続編を出して頂いた事には大変感謝しておりますが
    その反面、もうプレイ年齢層から外れてしまったという事実が胸に突き刺さります。



    戦闘に関して
    今作はモーションが大分追加されており、待ちの部分が多くストレスを感じました。
    ドラクエ8に感じた違和感と言えば分かり易いかも知れません。

    敵・BOSS共に苦戦する事は無く余りに優しすぎました。
    武器固有技を熟練度で制限しようとしたのは評価しますが
    発動が複数になったせいで通常攻撃と発動のバランスが不釣り合いであり
    作品通して高確率だった発動を熟練度で制限し切れてません。

    これではエナジーと召喚の優位性は薄れて、攻撃メインのお粗末なバトルになります。
    発動がラッキーではなく、通常攻撃が「何で通常攻撃なんだよ。」と感じる程でした。
    とてもじゃないですが戦略的な戦闘は望めません。

    戦闘BGMも8年の経過の為か、作曲家が他ゲームよりにシフトしたかのように感じ
    黄金の太陽らしさは無く、量産ゲームに落ちぶれたと感じました。



    ストーリーは目的が2転3転して定まっておらず場当たり的。
    ボリュームが少ない為ジンの入手頻度が高く
    工夫も無いに等しいので有難味・入手に至る喜びは殆ど感じませんでした。
    キーキャラクターとの関わりも薄い為、殆ど記憶に残りません。

    プレイしていて非常に疑問に思ったのは、キーアイテムの無意味さです。
    若干進む順番を選べるのですが、先回りした場合に入手出来なくなったり
    必要無くなったり何の為にあるのか分かりませんでした。
    そんな曖昧なキーアイテムをストーリーに組み込まないで頂きたかった。
    会話に上がっても何の事やらと非常に煮え切らなかったです。
    変に付け加えた自由度は誰も望んでいません。

    今作は用語辞典を用いて理解の幅を広げるようされていますが
    似通った名前ばかりで、これがないと逆に理解は難しいかと思います。
    例えるなら
    パルスのファルシをルシにしてコクーンのファルシをパージ状態でしょうか。


    最後にこれが一番の不満である"闘技場の廃止"です。

    クリア後の召喚獣集めが全くの意味を成しません。

    闘技場の存在はファンにとって重要な楽しみでした。

    既存のファンをターゲットにしていないのが良く分かります。




    良い点としては
    マスコットキャラクターと言っても過言ではないジンに
    一匹ずつ個性的グラフィクを付け加えたこと。
    可愛らしいものや愛嬌の有るもの、愛が感じられて非常に良かったです。

    パーティーのグラフィックは少々荒いですが
    挙動や感情表現で十分愛らしく感じられますので特に気になりません。

    個人的にムートがロビンとジャスミンの子供だったのは嬉しかったです。


    こうみるとキャラゲーに成り変ってるように思えます。
    この作品を支持しているのがどの層なのか考えなおして
    次回作には本来の良さを取り戻して頂きたいです。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 1 2 1 2
  • 目新しさがない、物足りない作品。 55
    • 投稿者:perspective(男性/30代)
    • 投稿日:2010/11/06
    良い点
    キャラクターが可愛い。
    プレイキャラだけでなく、召還キャラも前作品をプレイしたことある方なら、懐かしいものもあり、好印象でした。ちょっと変わりすぎたキャラもいましたが。
    戦闘システムはオーソドックスなRPGなので、初めてプレイする方でも比較的入りやすいと思います。
    ジンの種類の多さには見つける楽しみがある。
    ダンジョンの謎解きは、他のゲームと違って1アクセント効いているおもしろさ。
    水を凍らせたり、岩を動かしたり、楽しいです。
    悪い点
    会話テキストの日本語の酷さ。正直無駄な会話が多すぎて、目的が何だったのか忘れてしまうくらい。一つの出来事に一人一言づつとか、テンポが悪い。日本語でおkです。
    無駄なリアクション。喜怒哀楽を選ぶ選択枠があるのですが、どう見ても選べない物などがあり、かなり困ります。正直必要なし。
    一方通行で、取り逃したアイテムや、ジンなどが回収できなくなったりするので、
    もしそうなった場合やり直しになりました。
    元からですが、アイテムボックスなどは無いので、いらないものは即処分。
    アイテムコレクションが趣味の自分はかなりガッカリです。
    謎解きのアクションは楽しいのですが、結局3つ4つと使わないと進めない場所も出てくるので、LRのショートカットを使うよりメニュー開く方が多かったのでLRの無駄さが浮いている気がしました。
    総評
    戦闘は過去作品をやっていたり、RPGをプレイする方なら目新しさは少ない気がします。正直パッとしない。地味。
    ジンシステムは付け替えなどをして、自分で少しスリルなどを求めたり出来るので楽しめました。
    逃亡せず、普通に戦闘してればLvも上がり大して苦労せず進めるようになっています。
    オーソドックス過ぎる気がし、致命的だと思います。
    前作前々作をプレイしている方は、なつかしのキャラなどが出てくるので
    プレイもより楽しめるのではないでしょうか。
    EDについてはちゃんと一つの作品としてのEDを迎えてほしかったです。
    中途半端すぎて、この作品意味無いのでは?と言いたくなりました。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 4 2 2 1
  • 懐かしさに釣られて 90
    良い点
    キャラの感情表現が豊富、かつ判りやすい

    独特のゲーム性

    奥深いストーリー

    ジン(精霊)のシステム
    悪い点
    会話のスキップがない

    敵がやや強めに設定されている

    キャラグラフィックやデザインが若干悪い
    総評
    GBA(ゲームボーイアドバンス)時代から
    独特なストーリとシステムで人気のソフトですが
    今作でもそれは健在、安心した。

    魔法を使い、草を伸ばしてはしごにしたり
    水を凍らせて足場にしたりと
    黄金の太陽らしさと旧作をプレイした人なら
    グっとくるストーリー。

    とはいえ親切にも過去の話を絵本で読ませてくれるので
    知らない人でも十分に面白いと思う。

    悪い点は、とくにレベル上げをしたり
    戦闘しまくったりとかをせずにスイスイ進むと敵が強くて
    困ることがあるとおもう。

    たまには寄り道やジンの組み合わせを変えて調整したりとかしてみると
    ちょうどいい感じになるのかもしれない。

    キャラに関してはPS1時代を思い出させるような
    デザイン、グラフィックなのがちょっぴり残念

    もう少し作りこんでほしかったかなっと感じました。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 4 5 4
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月20日〜11月21日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
73
DEATH STRANDING (PS4)
56
Epic Seven (iPhone)
2019年05月〜2019年11月