オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
The Lord of the Rings: Conquest公式サイトへ
読者の評価
55
投稿数:1
レビューを投稿する
海外での評価
58
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

The Lord of the Rings: Conquest

The Lord of the Rings: Conquest
公式サイト http://pandemicstudios.com/conquest/
発売元 Electronic Arts
開発元 Pandemic Studios
発売日 2009/01/22
価格 オープン
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
55
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • まさに劣化某無双ゲー 55
    • 投稿者:廃人物(男性/30代)
    • 投稿日:2009/02/03
    良い点
    映画ロードオブザリングのキャラクターや一般兵士に扮しての戦闘、ファンならずともゲーム事態はそれなりに楽しめる内容だった。
    同系列にあるスターウォーズ系に似通ったシステムだが兵科+各ヒーローや特殊キャラなどさまざまなキャラクターが使用できる。地味に映画ではほとんど名前の出てこないヒーローも操作できたりする。
    闇の軍勢のストーリーもありむしろ本編よりこっちのほうがゲームとしては楽しい。
    悪い点
    第一に単調さ。同系列のスターウォーズコンクエストと同じことが言えるのだろうが、やることは拠点防御など決まっている。終始それに徹するのでボス戦以外変わった要素があまりない。ボス戦闘もボスの性能云々の問題だけでただタフな敵を相手にしてるだけという感じが否めない。
    第二にNPC。序盤からだがなぜか門の外に防御すべき拠点があるのにもかかわらず、NPCは門からでようとしない、なぜか同じ一般兵科を使うプレイヤーだけが敵の只中に突っ込むという無茶振り。門事態もあいているのになぜか透明の壁で遮られており出られない。よって門の上に上って上から落ちるという方法でしか拠点にいけない謎な仕様。
    第三に劣化感。某無双ゲーを劣化させたかのような戦闘。特殊技も剣が炎に纏われるだけといった地味なものが多くヒーローを除き戦闘は単調。さらに敵の数もPCエンジンであるのにもかかわらずPS2ほどの敵の数も出ない。かといって敵一匹の強さがたいしたことはなく敵と斬るというより空気を切ってるほうが多いのでは?と思った。
    総評
    オンラインは未プレイ。
    映画と原作のファンなのだが正直安っぽい感じのした今作。
    終始盛り上がりに欠けている。コアなファンなら楽しめるかとも思ったがむしろコアなファンは怒るかもしれない(笑)
    期待しすぎていた半面残念な評価しかできなかった。
    グラフィックは洋ゲーとしてはそれなりに綺麗なほうだったので4。サウンドは映画仕様のオーケストラBGMだったので5を。快適さはNPCの立ち回りの悪さを考慮して3(指示が出せたりすると面白かったのではなかろうか)。熱中度は2。ボリュームは原作にはない闇の軍勢側視点があり実は本編よりこちらのほうが面白かったので4を。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 3 2 4
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ