オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/12/27 23:18

企画記事

ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載



ガンホー・オンライン・エンターテイメント
執行役員  第1企画開発本部長
市川彰彦

代表作:Dokuro

画像(085)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
<質問1>2012年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動
ハード:PlayStation Vita

断トツで「GRAVITY DAZE」ですね。
オープンワールドの中で「重力」をキーにした操作に新しい経験をさせてもらいました。完成度が高い新機軸のタイトルだと思います。
もともと注目していたタイトルだったのですが、プレイし始めて重力操作に慣れてきたら本当に自由と爽快感が得られて触ってて楽しく感じられるって久々に思ったタイトルです。
世界感やサウンドでもタイトル自体を際立させていて同じようなゲームが世の中に沢山出てくる中で、本当の意味で素晴らしいチャレンジだと思います。

<質問2>2012年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

プラットフォームですが「Google Play」。Android Marketから突然改名して驚きましたが(笑)
今年はプラットフォームとして非常に活性化して各社から良作アプリも登場してきているので、メーカーとしては勝負できるマーケットになってきたと思ってます。国内におけるAndroid端末普及を見ると来年も楽しみです。

<質問3>2012年に,個人的に注目した(している)人物

身内ですけど、パズドラの山本大介。純粋なゲーム大好き人間で、沢山のスマホタイトルに研究熱心で頭が下がります。
非常にバランスが取れていて柔軟性のある人間なのですが、まぁ風呂敷を広げるのが大好き(笑)プロデューサーとディレクター両面があって見てて面白いです。
パズドラに続く新しいタイトルを今から楽しみにしてます!(作れる暇あるのかねぇ 笑)

<質問4>2013年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

Dokuroを遊んで下さった皆様ありがとうございました。
派手さはないですが、絵本というコンセプトを題材に丁寧に創りあげたタイトルですので、手に取ってプレイしてくれると嬉しいです。
今年はパズドラを含むスマホゲームのヒットに恵まれましたが、2013年も引き続き波に乗ってユーザーの皆さんが面白くて斬新なネイティブに特化した新しいスマホゲームを出して行きますので、皆さん期待して待ってて下さい!

「Dokuro」(PS Vita
(C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
画像(086)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 画像(087)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載



ガンホー・オンライン・エンターテイメント
顧問
田中弘道

代表作:FINAL FANTASY I〜III, XI, 聖剣伝説2〜3, Chrono Cross, Xenogears, SaGa 2 他

Twitterアカウント:tanakahiromichi
画像(095)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
<質問1>2012年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:とびだせ どうぶつの森
ハード:ニンテンドー3DS

圧倒的な物量と深いゲーム性。任天堂さんの本気が見える作品。
また以前のオンラインに対する任天堂のコンセプトが変化し、インターネットを介した不特定多数のプレーヤー同士のオンラインコミュニケーションにも踏み出したことは大きな意味があると思います。

<質問2>2012年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

PUZZLE & DRAGONS
非カード系ソーシャルゲームでもモバイル機で十分戦えることを示した金字塔的作品。

<質問3>2012年に,個人的に注目した(している)人物

中島かずき
劇団☆新感線の舞台脚本は毎回とてもすばらしいです。

<質問4>2013年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

ガンホーに移籍して5か月、これまでと違う環境の中で自身の企画を進めつつ、いろんなタイトルをお手伝いさせてもらっていますが、来年もガンホーからは様々な本気のゲームがリリースされると思います。お楽しみに。



ガンホー・オンライン・エンターテイメント
代表取締役社長CEO兼 エグゼクティブプロデューサー
森下一喜

代表作:ラグナロクオンライン、ラグナロクオデッセイ、パズル&ドラゴンズ

画像(090)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
<質問1>2012年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:とびだせ どうぶつの森
ハード:ニンテンドー3DS

世間ではソーシャルソーシャルと呪文のように言われている中、しっかり任天堂さんの血の通った作品創りで、多くのユーザーの支持を得ている点と、細部までこだわって創られている点は、さすが任天堂さんだと思いました。

<質問2>2012年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「GRAVITY DAZE」
世界観、音楽、キャラクター、革新的なゲームデザイン、総合的なゲームエンターテインメントとして非常に感銘を受けました。また余談ですがスマートフォンゲーム「クレイジータワー」の音楽はGRAVITY DAZEのサウンドにインスパイアを受けました。

<質問3>2012年に,個人的に注目した(している)人物

特にいません。が、しいて言うなら、当社の山本大介です。パズドラはテーマコンセプトの企画立ち上げを最初彼と2人で始めましたが、ノリノリで非常に楽しかったですね。モノ創りのポリシーを共有出来る、素直で謙虚な男です。

<質問4>2013年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

2013年に向け、コンシューマ及びスマートフォンゲームを現在開発中です。これからも「おもしろ果汁100%」で一本一本こだわりを持って開発していきたいです。

画像(091)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
「ラグナロクオンライン」(PC
(C)Gravity Co., Ltd. & Lee MyoungJin(studio DTDS). All rights reserved.
(C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
画像(092)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
「パズル&ドラゴンズ」(iOS / Android
(C) GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
「ラグナロク オデッセイ」(PS Vita
(C)Gravity Co., Ltd. & Lee MyoungJin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
画像(093)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 画像(094)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載



ガンホー・オンライン・エンターテイメント
執行役員 第3企画開発本部長 パズドラスタジオ プロデューサー
山本大介

代表作:パズル&ドラゴンズ、エレメンタルモンスターシリーズ

Twitterアカウント:@DaikeYamamoto
画像(125)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
<質問1>2012年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:とびだせ どうぶつの森
ハード:ニンテンドー3DS

<質問2>2012年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

コンテンツ:なめこ栽培のキャラクターグッズ
理由:販促向けに作られた無料ゲームがこんなブームになるなんて!久しぶりにここまでヒットしたキャラクターを見ました。

<質問3>2012年に,個人的に注目した(している)人物

人物:スクエニ安藤さんカプコン伊津野さん
理由:ゲームに対しての情熱と新しいものにチャレンジする姿勢!同世代として尊敬します。

<質問4>2013年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

来年も人生を賭けて力の限りゲームを作ります!

「パズル&ドラゴンズ」(iOS / Android
(C) GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
画像(126)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 画像(127)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載



グラスホッパー・マニファクチュア
ゲーム作家/ディレクター
飯田和敏

代表作:「アクアノートの休日」「太陽のしっぽ」「巨人のドシン」「ディシプリン*帝国の誕生」「ヱヴァンゲリヲン新劇場版 -サウンドインパクト-」「アナグラのうた」

Twitterアカウント:@iidakazutoshi
画像(106)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
<質問1>2012年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:ぐんまのやぼう
ハード:iOS

<質問2>2012年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

若松孝二監督の逝去。『11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち』にエキストラ出演することが出来た。現場での若松監督の演出術に「!!!」となった。

<質問3>2012年に,個人的に注目した(している)人物

坂口恭平。あたらしいゲームをクリエイションしているひとりだと思います。

<質問4>2013年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

2013年の早い時期に『イージーダイバー』をリリースします。はじめてのスマートフォン、オンライン、フリーミアムのゲームです。「みんなで遊ぶ海底散策」をぜひ体験してください!

「イージーダイバー」(iOS / Android
(c) NHN Japan Corp.
(c) 2012 GRASSHOPPER MANUFACTURE INC.
画像(107)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 画像(108)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載



グラスホッパー・マニファクチュア
CEO/ゲームデザイナー
須田剛一

代表作:ロリポップチェーンソー、解放少女、シャドウ オブ ザ ダムド、ノーモア★ヒーローズシリーズ、killer7他

Twitterアカウント:@suda_51
画像(101)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
<質問1>2012年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:パズル&ドラゴンズ
ハード:iOS

<質問2>2012年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

リーガル・ハイ

<質問3>2012年に,個人的に注目した(している)人物

川勝正幸さん
僕にとっての、ミスター・ツインピークス。
川勝正幸は永遠に。

<質問4>2013年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

4Gamerでの連載、キネマ51がスタートした1年であり、2012年は、合計8本の作品をグラスホッパー・マニファクチュアでリリースしました。
ファンの皆さんの応援で、ロリポップチェーンソーが全世界(週間)第一位になりました。
2013年は、多作から連作への年になります。
新作、KILLER is DEADから新しいグラスホッパーの年となります!
来年も、極上のゲーム作りをしていきます。
宜しくお願いします!
来年のキネマ51は、もっと映画紹介します!
2013年一発目は、ヱヴァQからスタートします、読んでください!

「LOLLIPOP CHAINSAW」(PS3 / Xbox 360
(C)KADOKAWA GAMES/GRASSHOPPER MANUFACTURE
画像(102)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 画像(103)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
画像(104)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
「KILLER is DEAD」(PS3 / Xbox 360
(C) GRASSHOPPER MANUFACTURE INC.
画像(105)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
「解放少女」(3DS
(C)2012 LEVEL-5 Inc.
(C)2012 GRASSHOPPER MANUFACTURE INC.



グラスホッパー・マニファクチュア
株式会社グラスホッパー・マニファクチュアCCO/株式会社グラスホッパー・ユニバース 取締役
山岡 晃

代表作:『サイレントヒル』シリーズ、『シャドウ オブ ザ ダムド』、『ロリポップチェーンソー』

Twitterアカウント:@AkiraYamaoka
画像(098)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
<質問1>2012年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:DEADLIGHT
ハード:Xbox 360

<質問2>2012年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

美木良介のロングブレスダイエット
美木さんのパフォーマンスと内容にエンタメ感をとても感じ、このコンテンツに自分の時間を使いたいと思わせる形があったと思います。それこそが、エンターテインメントだと思いました。

<質問3>2012年に,個人的に注目した(している)人物

PSY以外にないと思います。
自国の言葉で歌い上げ魅せる形。そして世界中で話題を作れる力を日本からも出したいと思いました。

<質問4>2013年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

2013年は全く異なる分野で活動を挑みたく思っています。
2012年12月31日までの経験を、その日まで踏んでいなかった地で活かせる事をしたいです。

画像(099)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
「LOLLIPOP CHAINSAW」(PS3 / Xbox 360
(C)KADOKAWA GAMES/GRASSHOPPER MANUFACTURE
画像(100)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
「KILLER is DEAD」(PS3 / Xbox 360
(C) GRASSHOPPER MANUFACTURE INC.



クラップハンズ
プロデューサー&ゲームデザイナー
村守将志

代表作:『みんなのGOLF』シリーズ

画像(252)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
<質問1>2012年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル
<質問2>2012年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

今年は自社タイトルの制作に追われておりなかなか他社様のタイトルをプレイできてないので恐縮ですが、最近のタイトルで選びますと「龍が如く5 夢、叶えし者」でしょうか。
単に個人的に好きというものありますがビジュアル、そしてボリュームといいとにかく感心してしまいました。
今後の展開も楽しみにしております。

<質問3>2012年に,個人的に注目した(している)人物

業界を超えたところでいいますと、安倍総理がどこまで日本をデフレから脱却させ景気をよくしてくれるのかとても気になっております。
そしてコンシューマーゲーム業界全体の景気回復に期待しております!

<質問4>2013年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

つい先日PS3版『みんなのGOLF 6』をリリースしたばかりですので若干宣伝にはなってしまうのですが、今作はゴルフというスポーツの面白さを見直してさらに奥深い駆け引きが楽しめる内容となっております。ゴルフはちょっとなあ〜と思っている方も是非実際に触って体験してみてくださいませ。

「みんなのGOLF 6」(PS3
(C)2012 Sony Computer Entertainment Inc.
画像(248)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 画像(249)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
画像(250)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 画像(251)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載



クリスピーズ
TOKYO JUNGLEディレクター 株式会社クリスピーズ 代表取締役
片岡陽平

代表作:TOKYO JUNGLE

Twitterアカウント:@KATAOKA_Yohei
※写真は2012年6月に掲載したインタビュー時のものです
画像(400)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
<質問1>2012年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:風ノ旅ビト
ハード:PlayStation 3

今まで自分が最も影響を受けたゲームを3つ挙げます。

・ダックハント(NES)
・MOTHER2(SFC)
・鉄騎(XBOX)

ダックハントは、コンピューターゲームとの出会いとなったタイトルです。
小さい頃ボストンに住んでいた自分は、たまたま遊びにいった家にあったNESのダックハントに感動しました。それまで言葉が通じず、友達となかなか親しくなれずにいたのですが、飛んでいく鴨と笑う犬は人種を分け隔てる事なく心を通わせてくれました。このタイトルと出会い、僕はゲームが大好きになりました。
MOTHER2は、言葉の力だけで、匂いまでも感じさせてくれる唯一無二のゲーム、鉄騎は、夢の中にあったロボットの操縦を、有無を言わさぬ手段で実現化した狂ったゲームでした。また、死んだらセーブデータまで消えてしまう非情なシステムはTOKYO JUNGLEのコンセプトにも影響を与えている気がします。
どれも自分の人生を変え、ゲームの開発者を志すきっかけとなったタイトルです。

風ノ旅ビトをプレイした時、ゲームの新たな可能性に触れたような、上記の3つのタイトルに触れた時と同じような感動を、久しぶりに思い出す事ができました。こんなゲームに出会えて良かった!
“経験”を作り出すって、こういう事なんですよね。

<質問2>2012年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

ポルシェ ボクスター

2012年にフルモデルチェンジしました。
車かよって感じですが、2人しか乗れない、積載量も少ないスポーツカーってエンターテインメントコンテンツだと思うので。

クオリティの高いスタイリング、エクステリアの充実度と、もはや完全に911を越えた操縦性と楽しさ。
それでいてベースグレードは500万円台。
それでも高い!と思われるかもしれませんが、乗って体感すれば吹っ飛びます。
与えてもらう“経験”の対価として、物にお金を払うのだとしたら、今現在、この車の費用対効果はかなり高いレベルにあると思います。(でもお金がないので買えません)

仕方ないのでForza Horizonで夢のスポーツカーを操る毎日ですが、ポルシェは収録されていません・・・
DLCでもなんでもいいので運転させてください。

<質問3>2012年に,個人的に注目した(している)人物

漫画家の市川春子さん
こんなコンテンツを自らの手で作り出せたら・・・。
そんな憧れから物作りは始まると思いますが、そういう感情がこの歳になっても再出する漫画家さんで、刺激をもらっています。

<質問4>2013年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

小さなものから大きなものまで、頑張って色々と仕込んでいますので、ご期待ください!

「TOKYO JUNGLE」(PS3
(C)2012 Sony Computer Entertainment inc.
画像(401)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 画像(402)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
画像(403)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 画像(404)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載



コーエーテクモゲームス
プロデューサー
小笠原賢一

代表作:真・三國無双 NEXT 真・三國無双 VS

画像(264)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
<質問1>2012年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:The Elder Scrolls V: スカイリム(日本語版)
ハード:PlayStation 3

発売自体は昨年ですが、プレイしたのが今年ということで…。
あのスケールのゲームをしっかり作りきる気宇の大きさに、開発者として素直に驚嘆しました。

<質問2>2012年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「孤独のグルメ」(TV番組:テレ東)
色々やり尽くされた感のあるグルメ番組の構成に対して、新しい形をズパッと提示してみせましたね。
見ていてこんなにお腹が空く番組は初めてです。
人を惹きつけるアイデアに限りはないと再認識させられました。

<質問3>2012年に,個人的に注目した(している)人物

岩田聡さん(任天堂社長)
今年に限らずご活躍していることは皆さんご存じとは思いますが、ゲーム業界が大きな分岐点に差し掛かっている現在、新しい価値や楽しさを多くのユーザーに広める先導者としての姿は非常に頼もしく映りました。

<質問4>2013年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

PS Vita/PSP『討鬼伝』絶賛開発中です。まもなく詳細な情報を発表できると思いますので、是非ご期待ください。
また、2013年は「信長の野望」30周年の年になりますので、信長関連についても要チェックですよ!

「討鬼伝」(PS Vita / PSP
(C)コーエーテクモゲームス
画像(265)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 画像(266)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載



コーエーテクモゲームス
プロデューサー
北見 健

代表作:三國志12、信長の野望・天道、維新の嵐 疾風龍馬伝、太閤立志伝IV

※写真は2012年4月に掲載したイベント時のものです
画像(130)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
<質問1>2012年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:なし
ハード:Wii U

全く個人的な思い込みなのですが、あの任天堂さんがまさか、スペックが違う機種を同時にリリースするとは夢にも思わず、衝撃的な出来事でした。「欲しい→買う→遊ぶ」というプロセスから、「欲しい→選ぶ→買う→遊ぶ」というようにプロセスが一つ増えたわけですが、この「選ぶ」というプロセスがあるからこそ、そのモノとの関わり方が多様化したり、使い方に幅ができたりします。子供からゲームに取り込む印象が強い任天堂さんがここでその選択肢を提供したことは、これからの業界を占う試金石になることを予感しました。

<質問2>2012年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「ワーキング・ホリデー」という映画で、原作は坂木司氏のミステリーです。他にもドラマ化された「青空の卵」や「先生と僕」といった著書もあるのですが、氏のミステリーでは人が死なないんです。最近はこういったものも多いようですが、人が死ななくてもミステリーとして充分読み応えがあるというのは衝撃でした。さらにこの「ワーキング・ホリデー」という映画はミステリーという枠からも飛び出し、人間ドラマに焦点を当てた作品になっていました。表現としては当然賛否があるかと思われますが、一つの世界を料理する上でジャンルの枠をも越えるということを深く考えさせられた一本でした。

<質問3>2012年に,個人的に注目した(している)人物

2012年、個人的に最も注目していたのはスティーブン シノフスキー氏、つまりWindows 8の動向です。PCに対してもゲームを提供している身としては、大いに注目していました。今までは会社で開発用に使用しているPCも自宅で使用しているPCもどちらもMicrosoftOSでしたが、タブレット端末の登場によって状況は変化していきそうです。Windows8の登場によって、これまでの「(OSを含む)ソフトを販売する」というビジネスと、「サービスを提供する」という新しいビジネスの共存がさらに加速すると思われますので、今後も動向から眼が離せません。

<質問4>2013年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

この12月、ついにHD対応ハードとしてはシリーズ初となるPS3とWii Uから『三國志12』が発売になりました。この作品はWindows版からPS3版、Wii U版、さらに2013年2月にはPS Vita版と、様々なスペックのプラットフォームに展開していますので、是非ご自分のお好みのスタイルでゲームをお楽しみください。2013年もスマートフォンやタブレット端末の台頭など、新しい波はどんどん広がっていきます。我々ゲームを提供する側もこの波に乗り遅れることなく、様々なプラットフォームへとゲームを展開していきますので、これからもご期待ください。

「三國志12」(PC / PS3 / Wii U /PS Vita
(C)2012 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像(131)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 画像(132)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載



コーエーテクモゲームス
プロデューサー
竹田智一

代表作:大航海時代 Online のぶニャがの野望

※写真は2012年7月に掲載したインタビュー時のものです
画像(133)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
<質問1>2012年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:パズル&ドラゴンズ
ハード:iOS、Android

過不足のない洗練されたゲームデザインと、徹底してユーザーフレンドリーな運営に感銘を受けました。
何よりもAndroid版発売以降のDL数の爆発が驚異的!

<質問2>2012年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン(Wii)
あのドラクエがそのままの姿でオンラインゲームになって、しかもWiiで運営されるとは・・・
その経営的判断も含めて、すべてが衝撃でした。

<質問3>2012年に,個人的に注目した(している)人物

ラダメル・ファルカオ
今期はアトレティコ・マドリーにがんばってほしいです。

<質問4>2013年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

2013年はあらゆる端末でオンライン市場の拡大が飛躍的に加速するのは間違いありません。
個人的にまだまだ実現できていないことがたくさんあると思うので、もっとプレイヤーのみなさんに心から楽しんでいただけるコンテンツの製作に邁進したいと思います。

「大航海時代 Online 2nd Age」(PC / PS3
(C)2005-2012 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像(134)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 画像(135)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載



コーエーテクモゲームス
Team NINJA プロデューサー
早矢仕洋介

代表作:NINJA GAIDEN 3:Razor's Edge
DEAD OR ALIVE5


Twitterアカウント:TeamNINJAStudio
※写真は2012年12月に掲載したイベント時のものです
画像(267)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
<質問1>2012年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:コール オブ デューティ ブラックオプスII

今世代ハードの初期にブレイクしたこのシリーズ。
ハード熟成のタイミングで、その熟成を体現するようなゲーム体験となってリリースされたのは印象的でした。

<質問2>2012年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「Facebook」

このサービス自体はエンターテイメントコンテンツではないです。

それが皆さんの投稿によってまぎれもなく「エンターテイメント」になります。
「ネットワーク」でつながるということは開発側からコンテンツを提供するだけでなく、それを利用する方自身がコンテンツを発信できるという事なんだと再認識しました。

<質問4>2013年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

「DEAD OR ALIVE 5 PLUS」(PS Vita
(C)コーエーテクモゲームス Team NINJA All rights reserved. Akira, Sarah, Pai characters (C)SEGA. Virtua Fighter is either a registered trademark or trademark of SEGA Corporation.
画像(285)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
2013年は2月にPS Vita「NINJA GAIDEN Σ2」、3月に同じくPS Vita「DEAD OR ALIVE 5 PLUS」と、冒頭から我々のチームのタイトルラッシュです。

そして発表していない2013年発売予定のタイトルも控えています。
2013年は一年中様々な話題をお届けしていきます。




コーエーテクモゲームス
プロデューサー
山口英久

代表作:Winning Post 7 2010、Winning Post 7 2012、Champion Jockey: Gallop Racer & GI Jockey、TECMO SUPER BOWL、Gallop Racer 3

※写真は2008年11月に掲載したインタビュー時のものです
画像(270)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
<質問1>2012年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン
ハード:Wii

発売前の私の周囲では、従来通りのオフライン型を希望する声が多く、正直なところ、少々不安を感じていましたが、いざ発売されると、彼らはこちらが心配になるくらい、楽しんでプレイをしています。ビッグタイトルでありながら、時代の変革に合わせてチャレンジし、見事ユーザーを満足させるゲームに仕上げた姿勢は、ぜひ見習いたいと思います。

<質問2>2012年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

2012年公開ということではないのですが、東京ディズニーランドです。恥ずかしながら、今年、オープン直後以来、久しぶりに訪れたのですが、エンターテインメントコンテンツとしての完成度にあらためて感動しました。アトラクションというハードウェアはもちろんのこと、キャスト一人一人のテキパキとした動きや笑顔というソフトウェア含め、トータルパッケージとして細部まで気配りがなされており、非常に素晴らしいと思いました。ゲーム制作もこのような気持ちで望みたいと思います。

<質問3>2012年に,個人的に注目した(している)人物

読売ジャイアンツのキャプテン、阿部慎之助選手です。見事なまでの個人成績もさることながら、満身創痍の体でありながら、チームを1つにまとめあげ、シーズン完全制覇を達成させた姿に感心しました。
リーダーとはこうあるべきという姿を見せられたような気がします。

<質問4>2013年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

2013年春には、最新作「Winning Post 7 2013」を発売いたします。
2012年は、オルフェーヴルの凱旋門賞惜しくも2着や、ジェンティルドンナの牝馬三冠+JC制覇など、例年以上に強力な競走馬が現れ、競馬界を盛り上げてくれました。そういった馬達の収録はもちろんのこと、最新作で初搭載の新要素もありますので、ぜひ楽しみにしてください。

「Winning Post 7 2013」(PC / PS3 / PSP
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像(271)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 画像(272)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
画像(273)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 画像(274)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載



コーエーテクモゲームス
「信長の野望 Online」プロデューサー
渡辺知宏

代表作:信長の野望 Online

Twitterアカウント:@watom15
※写真は2012年9月に掲載したイベント時のものです
画像(136)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
<質問1>2012年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

自社が開発した作品で恐縮ですが、「ワンピース 海賊無双」です。
身近にいる仲間がこれだけのクオリティのものを開発しているというところは、衝撃を超えて、プレッシャーになっています(笑)。
コラボでお互いの良さを引き出し、こんな凄いものを創りだすとは…身内ながら尊敬します。

<質問2>2012年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

映画「のぼうの城」です。このヒットにより、戦国コンテンツのパワーがますます強くなっており、日本人のファンタジーは戦国だ!ということを再認識しました。
原作小説を初めて読んだときから、ビジュアライズを意識しているというだけあって、読んでいるだけで映画のようなビジュアルが脳裏に展開されるのはさすがです。
戦国エンターテインメントに携わるものとしては、負けていられませんね。
『信長の野望 Online』では、映画ではできないインタラクティブな戦国体験ができますので、ぜひプレイしてみてください。

<質問3>2012年に,個人的に注目した(している)人物

gumiの「國光宏尚」さんです。個人的にお会いしたことのある方のうち、最もインパクトがあった方を選びました。
”世界を獲りにいく”という壮大な野望を明言し、実行に移していることを単純に尊敬します。
日本のゲームを海外に誇れる強い産業にしていくことが、同じネットワークエンターテインメントを作っている私としても使命と感じています。

<質問4>2013年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

おかげ様で『信長の野望 Online』は2013年で10周年を迎えます。
ただいま、10周年を記念した拡張パックを鋭意制作中です。
この拡張パックでオンラインゲームをより気楽に楽しめるようになる一大ムーブメントを引き起こし、もっと多くの方にプレイしてもらいたいと思っています。ぜひご期待ください!

「信長の野望 Online 〜鳳凰の章〜」(PC / PS3 / PS2
(C)2003-2012 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像(137)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 画像(138)ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月19日〜10月20日
タイトル評価ランキング
93
72
原神 (PC)
68
58
VALORANT (PC)
50
LOST ARK (PC)
2020年04月〜2020年10月