オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

ガンダムタクティクスオンライン

ガンダムタクティクスオンライン
公式サイト http://www.gundam-gto.jp/
発売元 バンダイナムコエンターテインメント
開発元 ヴァンガード
発売日 2008/01/24
価格 サービス終了
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
51
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 本腰いれて数年持つものを作ったほうがいいと思う。 35
    • 投稿者:地球(男性/40代)
    • 投稿日:2009/01/26
    良い点
    ガンダム。それにつきる。じゃなければやらなかっただろうし。
    悪い点
    モビルスーツやパイロット以外に戦闘用の命令もカードのため金かけないと戦略が組めない。戦闘指示まで金でそろえない限りまともな命令が組めない。つまり課金以外のものは戦略で勝つのも無理・・・終わってると思いませんか?このシステム。課金者を楽しめるためには無課金者が多くないと・・・おろか杉です製作者・・アドバイスしてあげたいくらいですw
    総評
    日本製のオンラインゲーム特有の低コストで製作、月額課金の致命的な設定。制作会社はいつになったら気がつくのでしょうか・・・
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 1 1 1 1
  • コアなガンダムファンであればそれなりに… 40
    良い点
    時間の無いサラリーマンでも楽しめる、短時間プレイでのランキングシステム。賛否両論ではあるが、グラフィックも及第点でガンダムファンであれば、その世界観を満喫出来る筈。
    以前はチャットシステムが最悪であったが、最近では改善され、ユーザー同士のコミュも取りやすくなている。
    悪い点
    追加のアイテム戦術カードが、新たなデッキや可能性を模索する為ではなく、ただ単純に以前よりも強いカードを追加して、旧デッキを潰す為だけに(つまり新しいカードを買わせる為だけに)リリースされている点。
    また、陣営同士の勝率等がストーリーに全く反映されている様子が無い点もマイナス要素。
    運営の誠意の感じられないユーザーへの応対も×。
    総評
    ガンダムファンでお金の有り余ってる方であれば、それなりに楽しめると思う。ただし、戦術的な要素は薄めなので、そういった部分に期待はしない方が良い。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 3 1 1 3
  • お手軽にプレイできますが勝つのは大変(金銭的にw) 60
    良い点
    30戦の平均スコアでランキングを争いますが、内訳がPC戦10戦NPC戦20戦
    期間が2週間。1ゲームあたり3分程度なので、忙しい時でも楽しめる印象です。

    協力プレイはチームに所属してれば、比較的プレイ回数をこなせます。鹵獲機ゲット
    や戦功も上がるので、こちらメインでプレーしても楽しめます。
    悪い点
    とにかくカードの種類が多いのですが、月額プレイで貰える補給チケット20枚では
    強いデッキを作るのは無理だと思います。

    強化システムの導入で、フル強化したMSやパイロットを使用したデッキが増え、
    とてもノーマルでは太刀打ちできません。それに追いつくには、
    かなりのカードが必要で、追加に補給チケットを買う必要があります。
    総評
    当たり前のことかもしれませんが強くなるためには、かなり出費が必要ですね。
    現状、やや過疎気味なんで弱くても、そこそこ戦功は、はいってくるので、極端な
    負けず嫌いじゃなければ、あまりランキングには拘る必要は無いと思います。
    協力プレイがありますが、余り仲間とワイワイってかんじのゲームじゃないので
    注意が必要です。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 3 1 4 3
  • ガンダム好きであれば 40
    • 投稿者:さぶゐぼ(男性/30代)
    • 投稿日:2008/10/09
    良い点
    ガンダムのオンラインゲームだという所
    PCのスペックが3D表示に及ばない人の為に2Dモードがある
    悪い点
    ゲームが単調で底が浅い
    リアルマネーを積めば積むほど有利な仕様
    総評
    簡単に言うとMSとパイロットのカードを集めてデッキを組んでタイミングを見て特殊能力のカードを使う、ただそれだけのゲーム
    ガンダムファンなら遊べるが、ガンダムをあまり知らない人にとっては退屈で面白みの無いゲームだと思う
    月額課金+アイテム課金のハイブリット課金、ゲームの質だけ見るとそこまでお金を出せるクオリティではありません
    ダメなキャラゲーの典型のようなゲームです
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 3 2 1 1
  • カードゲームではない。MMO「シミュレーション」ゲームである。 80
    • 投稿者:ジュラン(男性/50代)
    • 投稿日:2008/10/07
    良い点
    ・全てはカードで決まる。

     パイロット、MS、そして行動パターンまでもカード形式で選べるというユニークで斬新なシステム。パイロットもスキルアイテム(一人二つまで。勿論カード)を持つ事が出来、使い所さえ間違えなければ、ピンチになった時には逆転出来る事も(たまには)ある。パイロットにも独自のスキルが存在しており、アイテムと複合使用も可能。(それでも負けるときは負ける)

     更に行動パターンの豊富さ。「〜m回避」を指定すれば敵に遭遇してもその距離を保ったままビームライフルやバズーカで応戦するし、万が一懐に飛び込まれても(装備している機体ならば)ビームサーベルで闘ってくれる。
     こういった行動ロジックを「プログラムで」指示するゲームは過去にPCやコンシューマでもあったが、どの作品も「細かい所をプログラムしなければ楽しめない」等の理由で人によっては敬遠されがちな点もあった。

     だがこのゲームシステムは「強いMSを25m回避しながら攻撃。もし副官機がやられたら150m全力回避しがら攻撃」の行動ロジックをたった4枚のカードで実現しているのだ。(PSで「森○君」をプレイした人ならこの凄さはきっと解るだろう)
     それがリアルタイムで闘うのを見れば、・・・もう鳥肌物。

    ・間違いなく「ガンダムゲー」

     このゲームはれっきとした「ガンダムゲー」である。むしろ「ガンダム」というビックタイトルを前提にかつ理解して造ったネットゲームだからこそ、この独自のゲームシステムが立っているのだ。

     対戦フェーズでは相手に向かってチャットは使えない。だがそれがいい。原作となる1作目の初半では敵同士の会話は全くと言っていいほど皆無である。(アムロがNTとして覚醒した後や「Z」以降のシリーズでは演出を高める効果として敵同士の会話はあるけれど)それを考慮すればゲーム内の暗黙の設定としては当然の事であるし、マウス操作に没頭できるこれ以上の仕様はない。

    「寡黙に近い戦場」
     このプレイ中の状況が1年戦争「らしさ」を十分引き立たせているのだ。

     更に付け加えるならパイロットの多さ。オリジナルに加え、ZZまでのキャラが登場している所。彼等にも独自の「使える」スキルが備わっている。マイ部隊のヨワヨワぶりについつい有名キャラに手が伸びてしまうのはご愛嬌。
     コレクションも兼ねて「08小隊」や「三連星」のパイロットやMSを集めて一人でニヤニヤするのも別の楽しみに違いない。

     しかしこれがもし「ガンダム」でなく他の冨野作品だったらこれだけの人気を集めただろうか? そう、「ガンダム」だったからこそ成し得たネットゲームだろう。

    ・カードゲームの皮を被った「シミュレーション」ゲーム

     ユニットからスキル、行動に至るまでカードで構成されているこのゲームシステムは
    見た目から「普通のカードゲーム」と錯覚するのは間違いない。
     しかし違う。最初に述べた事と同じ事を書くが、「部隊の行動を指示(=プログラム)する」時点でこれは「シミュレーション・ゲーム」なのだ。

     では「シミュレーション」としてはどのジャンルになるのか?
     あえて言うならば「部隊運営シミュレーション」であろうと私は思う。

     自分がベストと思える部隊を編成し、作戦行動を伝えミッションを行う(あるいは対戦する)。敗れれば何処が悪かったのかと考え、作戦行動を変え、場合によっては部隊を再編成する。エクスチェンジは例えればトレードである。これを「部隊運営」と呼ばすして何と言うだろう。

     これといった正解もない。ベストに見えるようで何処か穴がある。そんなマイ部隊のカスタマイズ。
     単純な様で奥が深い。これがこのゲームの魅力である。
    悪い点
    ・カード監理に苦労

     GTOではカードの種類や機体(パイロットも含む)の数が半端ではない。(TECの増加によっては消えるカードもあるが)それだけでも大変なのにヒストリモード時に平然とZ以降のMSやパイロットが表示されている始末。アンリミデッドモードなら話は解るんだけど。改善を求むところです。

    ・通信環境を選ぶゲーム

     このゲームはどうも通信環境を選ぶようで、当初ルータの設定画面にて公式で指定されたポートを開いたのにも関わらず「通信ポート(UDP29834)が使用できないため〜」のメッセが出た。ユーザーもそれなりに多いだろうNEC製を使っているのに解決方法はバッファロー製およびその他向け。
     仕方なくそれらをヒントにルータのポートを設定するも、結局解決出来じまい。
     公式のFAQを見てみると・・・プロパイダによってはポートを蹴る所もあるんだね。そういう事も「チェック機能」の欄にも書いておけばいいのに。
     ついでにNEC製のサーバーや他のセキュリティソフトでの対処法も書いて欲しかったですね。

    ・カード購入時の不親切ぶり

     購入手順が簡素化されているせいでチケット枚数を消費しても買えたかどうかも解らない。その上「所持ユニット表示」では現状のTECに合わせた表示をしているのか、買ったカードの確認が出来ない。ページの下に「TEC制限を外す」チェック欄をつけて欲しい所です。
    総評
     色々書きましたが、特にお勧めは戦闘時のMS同士の大乱戦。ガンダム好きならハマル事確実です。しかし使用ポートや公式HPの件を含めると100点満点は無理。
    これからの期待を込めて80点とさせていただきます。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 5 5
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
AD(最終更新日:2018/03/27)
機動戦士ガンダム00 2 (Blu-ray Disc)
amazon価格:978円
DVD
発売日:2008-08-22
機動戦士ガンダム00 1 (Blu-ray Disc)
amazon価格:1980円
DVD
発売日:2008-08-22

スーパーロボット大戦Z 特典 スーパーロボット大戦Z Premium Z Disc付き
amazon価格:2620円
Video Games
発売日:2008-09-25
機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威
amazon価格:1087円
Video Games
発売日:2008-02-07


トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月20日〜01月21日