日本最大級の
総合ゲーム情報サイト

企画記事

都市伝説や妖,怪談話を題材としたオトメイト最新作「9 R.I.P.」の連載企画がスタート! 第1回はホラー度高めな“学校の怪談編”

 アイディアファクトリーの女性向けゲームブランド「オトメイト」から,2023年6月29日に発売予定のNintendo Switch専用ソフト9 R.I.P.(ないん りっぷ)」の魅力を紹介する連載企画(全4回)がスタート! 第1回は,本作の世界観やストーリーを紹介するとともに,4つの世界線のうちの1つ「学校の怪談編」をフィーチャーしてお届けする。

「9 R.I.P.」はどんなゲーム?
4つの世界線で変わる奇妙な恋の物語

画像集 No.006のサムネイル画像 / 都市伝説や妖,怪談話を題材としたオトメイト最新作「9 R.I.P.」の連載企画がスタート! 第1回はホラー度高めな“学校の怪談編”

 「9 R.I.P.」は,有名な都市伝説や妖,怪談話に登場する怪異が攻略キャラクターという,一風変わった作品。9人の攻略キャラクターはいずれも人外で,人間である主人公と普通ではない彼との奇妙な恋が楽しめる。原画は「華ヤカ哉、我ガ一族」「幻奏喫茶アンシャンテ」「キューピット・パラサイト」などを手掛けるユウヤ氏が担当している。


 物語の舞台は“神隠し”が多いと噂されるとある街……だが,物語はそこからさらに4つの世界線に分かれている。世界線ごとに題材となる怪談や都市伝説,妖が異なるのが特徴だ。それぞれでどんな話を題材としているのかは以下のとおり。

【学校の怪談編】
怖さ ★★★ 糖度 ★☆☆
攻略対象 紅華(CV:増田俊樹)/響(CV:土岐隼一)
題材 「鏡の世界」「本作オリジナルの怪談話」
【都市伝説編】
怖さ ★☆☆ 糖度 ★★☆
攻略対象 香羊(CV:鈴木崚汰)/星絆(CV:柿原徹也)
題材 「星を見る少女」「メリーさん」
【異世界編】
怖さ ★★☆ 糖度 ★★★
攻略対象 魅ナミ(CV:岡本信彦)/聖ヤ(CV:立花慎之介)
題材 「きさらぎ駅」「異世界エレベーター」
【妖編】
怖さ ☆☆☆ 糖度 ★★☆
攻略対象 幸麿(CV:KENN)/狐春(CV:阿座上洋平)
題材 「座敷わらし」「こっくりさん」「天狗」

 4つの世界に分岐することで,主人公の立ち位置や,攻略対象キャラクターも異なるため,まったく別のシナリオを味わえるオムニバス形式となっている。


画像集 No.001のサムネイル画像 / 都市伝説や妖,怪談話を題材としたオトメイト最新作「9 R.I.P.」の連載企画がスタート! 第1回はホラー度高めな“学校の怪談編”
「昨日の声、なんだったんだろう。確かにあった出来事だった……よね?」
 主人公は,成海ヶ浜高校に通う2年生の「逸色 珠沙」(読み:いっしき みさ。※名前のみ変更可)。
 明るくて優しい性格だが,気を遣いすぎるところがある。子供のころから不幸体質で,ついていない出来事に見舞われてきた。母親が希望する大学へ進学したくないが,それを言い出せずにいる。ある夜,奇妙な声を聞いてから日常が狂い始めていく――。



 では,それぞれの世界線はどんな人におすすめなのか? 本連載では「学校の怪談編」「都市伝説編」「異世界編」「妖編」を全4回に分けて紹介するとともに,世界線ごとのキーワード見どころ,どんな人におすすめなのかなどを聞いた開発スタッフのコメントをお届けしよう。


「学校の怪談編」の世界観を紹介
学校の七不思議にまつわる仄暗い物語


 「学校の怪談編」の舞台は,主人公の通う成海ヶ浜高校。現実世界の現世(うつしよ)でも,死者の世の隠世(かくりよ)でもない異界に学校ごと飲み込まれ,閉じ込められてしまうところから物語が始まる。

「隠世」の世界の教室
画像集 No.007のサムネイル画像 / 都市伝説や妖,怪談話を題材としたオトメイト最新作「9 R.I.P.」の連載企画がスタート! 第1回はホラー度高めな“学校の怪談編”


――「学校の怪談編」がどんな物語か教えて!
その名の通り「学校の七不思議」に関わっていく物語が展開されます。
様々な怪談話が出てきますので4つの世界の中でもいちばんホラー度が高い世界観かもしれません。
七不思議に隠された物語の中で攻略対象キャラクターの【紅華】、【響】のいずれかとどのように恋に落ち七不思議の謎を解明していくのか…是非プレイして確かめてみてください。


 コメントにあるように,「学校の怪談編」では,いろいろな「学校の七不思議」を題材とした物語が楽しめるようだ。4つある世界のうち一番ホラー度が高いとのことで,ホラー好きな人や,恋愛のどきどきだけじゃ物足りなくなった人におすすめしたい。


「学校の怪談編」攻略キャラクター
怪異な彼――紅華と響を中心にくり広げられる


 「学校の怪談編」の攻略対象キャラクターは,紅華(CV:増田俊樹)と(CV:土岐隼一)。紅華は,からからと音を立てながら近づいてきて質問に答えられないと殺されるという噂話「殺人鬼のからからさん」,響は,中央階段の1階と2階の踊り場にある姿見を触ると引きずりこまれるという噂話「引きずり鏡」に登場する幽霊だ。

噂話「殺人鬼のからからさん」

放課後の学校、夕暮れに染まる校舎の中で
からからと鉄を引きずるような音が聞こえてきたら、
振り返えらないで。

振り向いてしまったら、質問をされてしまうから。

それに答えられなかったり、間違った答えを返したりしたら
殺されちゃうんだって。



「今ここは生者であるお前がいていい空間ではない。早く帰れ。怖いのであれば出口まで送る」
画像集 No.002のサムネイル画像 / 都市伝説や妖,怪談話を題材としたオトメイト最新作「9 R.I.P.」の連載企画がスタート! 第1回はホラー度高めな“学校の怪談編”

紅華(CV:増田俊樹)
物騒な噂話とは違い、穏やかな性格。
真っ直ぐで素直な彼だが、ややずれている天然な面も。
主人公に惹かれているような様子を見せるが……。


――「紅華」の魅力と見どころを教えて!
【キーワード】見た目と中身のギャップ
紅華は見た目からして「幽霊」「怪談」の怖い雰囲気になるようにしていますが、中身は穏やかで優しい性格をしています。
【キーワード】痣
腹部にある血の色をした痣のようなものが、物語の核心に絡んできます。

――どんな人におすすめ?
【キーワード】怪談話の王道
恋愛物語、怪談話ともに王道をいくストーリー。だからこそ全キャラクターの中でも1番こわい描写が多いかもしれません。
恋愛も怪談も楽しみたい方におすすめです。


 学校の校舎内のいたるところで出現する「からからさん」。返り血を浴びた服は真っ赤に染まり,手には刀を持っている。その刀を引きずる音が「からから」と聞こえることから「からからさん」と呼ばれているようだ。「からからさんに会ったら、首を切られて死んじゃうんだって」というのが成海ヶ原高校の怪談だが,主人公が出会った紅華は少し違っているようで……。

画像集 No.004のサムネイル画像 / 都市伝説や妖,怪談話を題材としたオトメイト最新作「9 R.I.P.」の連載企画がスタート! 第1回はホラー度高めな“学校の怪談編”
からからさんの怪談話を聞いた後、教室を出て帰ろうとしたところで……


(ダメ、振り返ったら……!
 だって咲耶果の言う通りここでもし振り返ったりしたら――)

やがて、長く感じた時間の果てに。

???
「……………………」

微かな吐息が頬を撫でると同時に、まるで嘘みたいに背後の気配が消えていく。

そして、恐る恐る振り返ると――。


噂話「引きずり鏡」

中央階段の1階と2階の踊り場、
そこの壁に姿見がかけてあるでしょ?

あれに触ったらダメだよ。

鏡の中にいる幽霊に引きずられて、
あの世に連れていかれちゃうから。



「ご、ごご、ごめんなさい! 欲望のまま動いてしまって……また、あなたを怖がらせてしまいました」
画像集 No.003のサムネイル画像 / 都市伝説や妖,怪談話を題材としたオトメイト最新作「9 R.I.P.」の連載企画がスタート! 第1回はホラー度高めな“学校の怪談編”

(CV:土岐隼一)
どこか怯えていて他者との触れ合いを恐れている。
主人公にだけは積極的な姿勢で明るい表情を見せる。
たまに仄暗い面をのぞかせることも……。


――「響」の魅力と見どころを教えて!
【キーワード】何色にも染まる未熟な青年
響は心が揺らぎやすく周りの影響を受けやすいところがあり、良く言えば素直・悪く言えば情緒不安定です。

――どんな人におすすめ?
【キーワード】成長の物語
抱えているものに向き合い、前を向いていく響の成長の物語になります。
不安定な彼を傍で支えたい人におすすめです。


 成海ヶ浜高校の階段の踊り場にある大きな鏡。それには見る者を惹きつける力があると言われ,鏡に魅了されたら最後,そこから延びてくる手によって鏡に引きずり込まれてしまうという。「それでね、鏡の中に入った人は二度と戻ってこないんだって」,その噂を信じていなかった主人公。しかし,転んだ拍子に踊り場の鏡に触れてしまう。すると目の前に響が現れて……。

画像集 No.005のサムネイル画像 / 都市伝説や妖,怪談話を題材としたオトメイト最新作「9 R.I.P.」の連載企画がスタート! 第1回はホラー度高めな“学校の怪談編”
自分の状況に絶望し、廊下で転んだまま泣いていると……


引きずり鏡
「う……うそ、どうして? 手に……生者の手に、触れられるなんて……」

引きずり鏡
「も、もも、もしかして、僕のこと、見えてるんですか?」

逸色 珠沙
「…………」

恐怖で喉が引きつって返す言葉が出てこない。

引きずり鏡
「……見えてない、かな? まあ、どっちでもいいや……」

引きずり鏡
「はあ……この温もり……。あたたかくて、気持ちがいい」


 学校の七不思議にまつわる怪異な彼――紅華,響を中心に繰り広げられる仄暗い物語「学校の怪談編」はお気に召しただろうか。あわせて4Gamer限定の「学校の怪談編」プレイムービーも掲載するのでぜひチェックしてもらいたい。


 なお,本作には2つのエンディングが用意されている。どちらのエンディングも悲恋ではないとのことだが,どのような結ばれ方をするのか。別れる選択肢はなくても個別ルートの随所にはバッドエンディングが多数用意されているらしく,プレイヤー自身がとる選択1つで奇妙な結末を迎えてしまうこともあるようだ。

 次回は「都市伝説編」をお届けするので,お楽しみに!

「9 R.I.P.」公式サイト

注目の記事

1
★★★★★
2
★★★★
3
★★★★
4
★★★
5
★★★
6
★★★
7
★★
8
★
9
★
パッケージ
9 R.I.P.公式サイトへ
レビューを書く
準備中
9 R.I.P.
お気に入りタイトル/声優

タイトル/ワード名(記事数)

全件表示する
最近記事を読んだタイトル/声優

タイトル/ワード名(記事数)

全件表示する