オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ DX

ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ DX
公式サイト http://www.gamecity.ne.jp/zelda-sw/
発売元 任天堂
開発元 コーエーテクモゲームス
発売日 2018/03/22
価格 6800円(税別)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
85
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • せっかく買うならこっち 85
    • 投稿者:くろたけ(女性/30代)
    • 投稿日:2019/02/01
    良い点
    ■ゼルダの伝説と無双のアクションをしっかり融合させた抜群の操作性
    ゼルダと無双のキーコンフィグのどちらかを選べるので、どっちかしか遊んだことがない人でも入り込みやすいのがポイントです。
    どちらに傾けても成立しないなら選んでもらおうという親切心は任天堂のエッセンスを強く感じる点です。
    ■無双シリーズにほしい「Z注目」
    中ボス・ボスクラスの敵を所謂Z注目でターゲット指定出来るゼルダの特色が遺憾なくマッチしています。無双シリーズに欲しいぐらいです。
    一応後続の作品で似たようなシステムは搭載されましたが、そもそもZ注目は任天堂が特許を取得しているシステムらしいのでそこは本家といったところです。
    ■コーエーとテクモのいいとこどりグラフィック
    こちらはω-ForceとTeam NINJAの共同制作のタイトルです。男性キャラの鎧は明確にωの技術ですが、女性の体つきやモーションはTeam NINJAの色がはっきりと見えると思います。
    両チームの長所がしっかり反映されたグラフィックは必見です。
    ■違和感のない解釈で挑む様々な武器
    武器種のバリエーションが豊富です。思わず「どこで出てきたっけ?」と確認したくなるようなところから引っ張ってきた武器には驚きます。
    属性が振られているので要所要所で飽きのないプレイが出来ます。
    ■本編を極限までリスペクトしたキャラ設定
    所謂クロスオーバータイトルになりますが、「本編で何をしていたのか」「本編と別人のリンクにどう対応するのか」を違和感なく差し込んでいます。
    無双OROCHIのノウハウが発揮された良い部分です。
    武器やキャラの別カラーに至るまで元々の作品を意識した細かいリスペクト要素は感動モノです。
    悪い点
    ■難易度が跳ね上がるアドベンチャーモード
    キャラや武器、衣装バリエーションを解禁出来るアドベンチャーモードですがWiiU、3DSよりもグレードアップしましたが、ボリュームが有りすぎて対処が出来ないレベルになっています。
    特にマップによっては難易度が跳ね上がるケースもあり、ソロでのクリアが難しいステージがあります。
    最高難易度マップで解禁されるキャラもいるため、全要素解禁は相当の覚悟が必要です。
    クリア出来なかった回数がかさんだ場合の救済措置が欲しかったです。
    ■キャラ性能・武器性能の格差
    特に顕著だったのが元の姿に戻ったミドナの圧倒的な性能です。元々WiiU版の有料DLCだった元の姿のミドナですが他キャラに比べると強さにかなりの開きがあります。
    有料だけあってやっぱり強いのですが、ミドナの強さを前提にしたアドベンチャーモードのマップもあるためミドナありきになってしまうと単調に感じられる部分が強くなります。
    ■ちょっとがっかりな衣装変更
    ボスキャラとして登場するシアの衣装がWiiU版から一部露出の抑えられたものに差し替えられています。
    3DSへの移植に際し差し替えが入ったのですが、所謂「闇落ち系ヒロイン」に見られる秀逸なデザインの衣装だっただけに非常に残念です。
    違和感がない訳ではないんですが、若干ダサく見えます。
    総評
    元々無双シリーズのプレイヤーをしていましたが、せっかくなのでと買ったWiiU版が面白くこちらも購入しました。
    両方の魅力を損なうことなくミックスさせた優秀なコラボ作品です。
    リンクとゼルダの関係性、リンクの衣装、武器の名前など随所に新しい要素を折り込みつつ、リンクがマスターソードを引き抜く瞬間の効果音にまで気を使う細かさは必見です。
    またこの作品オリジナルで登場したラナなど、ゼルダの伝説本編に逆輸入してほしいと思えるデザインや違和感のない設定も魅力でした。
    どこでも遊べたり解像度も向上しているので、Switchをお持ちでしたらこちらの購入がオススメです。
    (シアのセクシーな旧衣装目当ての方はWiiU版も遊んで下さい)
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 4 5
  • このやりこみ要素の多さはヤバイ 85
    • 投稿者:シアル(男性/30代)
    • 投稿日:2018/04/01
    良い点
    WiiU版と3DS版は未プレイです。
    ゼルダシリーズは64の2作しかやったことが無いのでキャラは知らないものばかりでしたが、逆に新鮮な感じで良かった。世界観がファンタジーなので魔法などあり、本来の無双よりより爽快感が増していると思います
    レジェンドモード(所謂ストーリーモード)はそれなりに長くて良く出来てるシナリオだと思います。戦闘中はやることが多くどれからやればいいか迷うことがあるくらいなので、いつもの無双のようにとりあえず目の前の敵を倒せばいいという風にはなりません。支援救援や味方の有利になるイベント、敵の弱体化イベントなどをちゃんとやらないと簡単にゲームオーバーです。ので、頭空っぽにしてプレイしたいという人には向きません

    複数の武器を選択出来るキャラが複数おり、それらすべてが専用のモーションなので同じキャラでも使い勝手、運用法が全く違うので飽きにくい。
    アドベンチャーモードの内容が濃すぎる、これがもはやメインコンテンツ状態。全部クリアするのに何十時間かかるんだろう。50時間ほどやっているが最初のマップの25%を過ぎたばかりです。好きなキャラの新武器を取るのに後どれくらいかかるのか楽しみです
    悪い点
    良い点にもサラッと記したが、味方がとにかく弱い。戦闘開始1分もしないうちに苦戦表示とか当たり前です。せっかく取った拠点も敵にかかればものの数分で取り返される
    そして味方の増援なんて殆どないのに敵は1戦で何十体も出てくる。

    最近の無双によくあるキャラを切り替えながら戦うシステムだが、操作しているキャラいがいは指示を毎回出さないと本当に何もしない。指示しても動かないこともかなりある。苦戦表示が出たから向かってみたら棒立ちで攻撃を喰らい続け、近くに行ってやっと銭湯を開始する無能っぷり。
    アイテムドロップを自分で毎回取らないといけないのもとても面倒。吸い込みなどもないし一々回収する手間はなんとかならなかったのか
    アドベンチャーモードのキャラ表示の2Dドット絵が誰なのかが分かりにくい。下に名前くらい表示してくれても良かったのでは?
    総評
    久しぶりに熱中できるアクションゲームだと思った。悪いところはアップデートでなんとかしてもらえれば個人的には嬉しいが、移植ということもありこのままで行く可能性が高いのが残念な所。もし次回作が出るのであれば迷わず購入することでしょう
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 3 5 5
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月22日〜05月23日