オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2公式サイトへ
読者の評価
85
投稿数:1
レビューを投稿する
海外での評価
76
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2

ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2
公式サイト http://www.dqm-j2.com/
http://www.dragonquest.jp/
発売元 スクウェア・エニックス
開発元
発売日 2010/04/28
価格 2800円(税抜)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
85
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • ドラクエの世界を満喫できる 85
    良い点
    ●3Dの移動画面
     前作やDQ8からの3Dによる移動画面は健在です。完全3Dではありませんが(エリア切り替えあり)、密林、草原、遺跡といった各フィールドを、3人称視点で動き回れます。
     スクエニお得意のトゥーンレンダリングにより、DQの世界がより広がりを見せているのも見逃せません。

    ●シンボルエンカウントの挙動
     戦闘も前作同様シンボルエンカウントによる遭遇から始ります。シンボルエンカウントは、実際の敵がそこに生きていることにより世界観の表現を高めることができることや、敵と戦いたくない時は戦闘を避けることが可能となるなどのメリットがあります。
     しかし後者においては、シンボルエンカウントにも関わらず、例えば一本道で敵を避けることが実質不可能であったり、異常に高い感知力により逃げることが不可能といった要因でせっかくのシステムの利点が失われていることも多くあります。
     本作のエンカウントは非常に優れており、当然逃げることも可能ですし、弱い敵などはこちらの強さに応じて、反対に逃げていくといった挙動を持っています。当たり前といえば当たり前のことですが、こうした当然あるべききことも出来ていないゲームが多い中で、本作のシステムはとても目を引きます。

    ●巨大モンスター
     30代以上のプレイヤーは、DQ2で最後のエリアに出てくるギガントスなどの巨大モンスターを見て、当時「うわーでけぇー!」と驚愕した思い出があると思います。本作では、前項の3Dフィールドにまさにその時感じた驚愕するほどの巨大モンスターが闊歩しており、DQの世界観をより高めています。「これこそDQ!」といった印象を持つことが可能です。

    ●飽きさせない工夫
     スタッフロールが流れる一般のエンディングまで20時間強位ですが、その後もやり込むことが可能です。
     単純にクリア後というよりも、クリア後でありながら、クリア前のように目的がいくつかありプレイヤーを飽きさせません。50時間強は作業感も無く遊べると思います。

    悪い点
    ●モンスター合成
     ゲームに慣れ配合を繰り返すことにより誰もが気付くことがあります。それは、例えばAとBでCというモンスターを作る場合、配合前のAとBの数値がより高いほど、出来上がるCの初期数値が高くなります。よってある程度成長させてから合成し、初期能力が高いモンスターを作り育て上げた方が、より強いモンスターになります(その他にもスキルや、レベル上限は配合数により変わるなどの要素もあります)。
     私の場合、そうした合成の特徴を理解した後、レアなモンスターを最終的に作り上げようと思い選んだのが「竜王」でした。余談ですが、私のように古参のプレイヤーにとってやっぱりDQ=竜王なんですよね。
     配合配合を繰り返し、最終的に「竜王」を合成した時の初期数値ですが、全て500近い数値をレベル1で持つ「竜王」が出来上がりました。配合数もレベル最高まで育てることが可能なSS+10以上であったため、後はじっくり強い「竜王」に成長させようと意気込んでいました。
     しかし順調にレベルが上がり強くなっていった「竜王」ですが、レベル40台中盤くらいで全く能力数値が上がらなくなりました。苦労して作った割りに、結果的にその前に合成していた「はくりゅうおう」と大して変わらない数値で止まってしまい、「なんだ大して強くないな。こんなんだったらその前のゴールデンスライムの方が強いんじゃないか」などと思いガッカリ感を強く持ちました。また、レベルが上がっても、どの数値も0しか上がらなくなるということは、各モンスター毎に成長限界が設定されていることも分りました。
     ネットやすれちがいによる対戦もあるため、ある程度の歯止めを効かしているのでしょうが、この瞬間に私の本作への熱は急激に冷めたのも事実です。とはいえ、ここまで50時間強は本作にのめり込んでおり、十分楽しめたことは補足しておきます。
     
     
    総評
     前作ジョーカー1を上手くマイナーチェンジした秀作です。いくつか気になる点もありますが、時間を忘れて楽しめるモンスター合成の中毒性は健在です。
     
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 5 5 5
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月17日〜08月18日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
55
DEAD OR ALIVE 6 (PS4)
53
Anthem (PC)
2019年02月〜2019年08月