日本最大級の
総合ゲーム情報サイト

リリース

「アイドリッシュセブン」Re:vale初のグループ単独ライブの公式レポートが公開に

アイドリッシュセブン アイドリッシュセブン
配信元 バンダイナムコフィルムワークス 配信日 2022/10/19

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>


アイドリッシュセブン Re:vale初の
グループ単独ライブ2DAYS完走!
「Re:vale LIVE GATE “Re:flect U”」
大熱狂のうちに幕を閉じた2日間のライブを
振り返るオフィシャルレポート到着!!

この度、2022年10月15日(土)、16日(日)に武蔵野の森総合スポーツプラザメインアリーナにて開催されたRe:vale初のグループ単独ライブ「Re:valeLIVEGATE“Re:flectU”」におきまして、2日間にわたって開催されたライブを振り返るオフィシャルレポートが到着いたしました!

画像集 No.001のサムネイル画像 / 「アイドリッシュセブン」Re:vale初のグループ単独ライブの公式レポートが公開に

≪公演概要≫
【Re:valeLIVEGATE“Re:flectU”】

<日時>
DAY1:2022年10月15日(土)開演18:00
DAY2:2022年10月16日(日)開演16:00

<場所>
武蔵野の森総合スポーツプラザメインアリーナ

<出演>
【Re:vale】保志総一朗(百役)/立花慎之介(千役)

<オフィシャルレポート>
TVアニメが絶賛放送中のスマートフォン向けアプリゲーム『アイドリッシュセブン』。2022年8月に2ndAlbum“Re:flectIn”をリリースしたRe:valeによる初の単独ライブ「Re:valeLIVEGATE“Re:flectU”」が10月15日(土)、16日(日)の2日間、武蔵野の森総合スポーツプラザメインアリーナにて開催された。

Re:valeは百(モモ)と千(ユキ)からなる2人組アイドルグループ。バラエティや映画、ドラマなど多方面で活動しており、老若男女問わず絶大な支持を得ている。国内最大の音楽式典「BLACKORWHITE」で総合優勝する実力も兼ね備え、“絶対王者”として君臨し続けるトップアイドルだ。本記事では、Re:valeが全国のファンを魅了した2日間の単独ライブの模様をお届けする。

画像集 No.002のサムネイル画像 / 「アイドリッシュセブン」Re:vale初のグループ単独ライブの公式レポートが公開に

■「Re:valeLIVEGATE“Re:flectU”」オフィシャルレポート到着!

『アイドリッシュセブン』では初となる全曲フルバンドによる演奏となった本ライブ。堀倉彰(キーボード)率いる「FutureNotesBand」が迫力のある重低音を響かせると、観客はステージを見つめてRe:valeの登場を待ち望んだ。

ファンの熱い期待を受け、扉の向こうから姿を現したのは保志総一朗(百役)と立花慎之介(千役)の2人。キービジュアルそのままの衣装がスポットライトによく映える。一曲目はRe:valeの代表曲のひとつである「NODOUBT」を重厚感のあるロックチューンにリアレンジした「NODOUBT-Re:actLIVEGATEstyle-」から。MVの世界観を再現したアクションや発砲シーンがあり、最初からクライマックスといった展開になった。

続く「PeriodColor」はオンラインゲームの世界観をイメージしたデジロックサウンドが特徴的な楽曲。ダンサーの激しいパフォーマンスを背に、ファンと同じ時間を共有できた喜びを高らかに歌う。歌声から2人もこの時間を心待ちにしていたことが伝わってくるようだ。

MCパートは「また、みんなに会うことができて嬉しいよ」「オレたち2人と、Re:valeのことが大好きなみんなとの空間はサイコーだよ!」というRe:valeらしい呼びかけとともに始まった。話題がキービジュアル衣装に及ぶと、先日アプリに実装されたばかりのURと同じポーズをとってファンサをする、嬉しい一幕も見られた。

画像集 No.003のサムネイル画像 / 「アイドリッシュセブン」Re:vale初のグループ単独ライブの公式レポートが公開に

色鮮やかな映像をバックに披露されたのは、2ndAlbumに新曲として収録された「夢雫」だ。テンポの緩急が激しい楽曲だが、安定感のある伸びやかな歌声には没入するばかり。間奏では拳を突き上げながら会場の熱気を高めていった。

百から「オレたちと一緒にクラップしよう!」と呼びかけられたのは「太陽のEsperanza」。客席が一体感のあるリズムを響かせると、2人はそれに応えるように情熱的な歌声でファンを魅了した。その後、アコースティックギターの独奏から「星屑マジック」につなげると、2ndLIVE「REUNION」で印象的だった演出を再現。

画像集 No.004のサムネイル画像 / 「アイドリッシュセブン」Re:vale初のグループ単独ライブの公式レポートが公開に

一挙手一投足すべてが見どころで息をつく暇を与えない。後奏が終わるとスクリーンに映し出されたカセットデッキが持ち上げられ、都会の街並みが目に飛び込んでくる。実はこの流れは「Re-raise」のMVの再現だ。サックス、トランペット、トロンボーンを加えたビッグバンド編成による演奏でムードたっぷりになった会場に、衣装チェンジしたRe:valeの2人が登場。更には立花はMVの千と同様にギターでのパフォーマンスを見せ、会場のテンションは早くも最高潮に。AR演出では、MVに登場した電車が走り出したり、オリジナルデザインのトランプが宙に舞ったりとこだわりの世界観を展開した。

画像集 No.005のサムネイル画像 / 「アイドリッシュセブン」Re:vale初のグループ単独ライブの公式レポートが公開に

ここからはスローテンポな楽曲で会場の雰囲気をしっとりとまとめ上げる。ともに歩む未来を誓う「t(w)o...」、冬にピッタリな愛らしいラブバラードの「TOMYDEAREST」と続けて披露すると、姿を消すRe:valeの2人。メインステージに熱い視線を向けるファンをよそに、センターステージにサプライズで登場すると、「ココロ、ハレ晴レ」を穏やかな歌声で響かせた。演者いわく“惚気ソング”の3連続でRe:valeの仲の良さを見せつけるセットリストになったと言えるだろう。

画像集 No.006のサムネイル画像 / 「アイドリッシュセブン」Re:vale初のグループ単独ライブの公式レポートが公開に

立て続けに「StartRec」を歌い終えると、『アイドリッシュセブン』のライブでは初となるソロ楽曲のパートにつなげた。百の「100%ハピネス」では、女性ダンサーたちとともにラブリーなダンスでファンを圧倒。一方、千の「千年先もずっと...」はリフターを使い美しい背景を背負いながらしっとりと歌い上げられ、胸が熱くなる一曲となった。どちらもアイドルたちの個性を存分に感じられる。

画像集 No.007のサムネイル画像 / 「アイドリッシュセブン」Re:vale初のグループ単独ライブの公式レポートが公開に

3度目の衣装チェンジでは「SILVERSKY」の衣装を着こなした2人が、1stLIVE「RoadToInfinity」でも印象的だったソファに深く腰をかけたスタイルで登場。ゆったりと立ち上がると伝説のアイドル・ゼロの楽曲をカバーした「Disone.」を熱唱した。華やかなAR映像、炎が上がる特殊効果などステージの熱気はさらに高まっていく。

ここから一気にラストスパートをかける。DAY1では「奇跡」、DAY2では「激情」を披露して会場のボルテージを引き上げると、葉山拓亮が楽曲提供した2ndAlbumの新曲「Storyteller」に続けた。倦怠感のある独特なメロディは一度聞いたら癖になる。コーラスとの特徴的な掛け合いはライブだからこその遊び心がある仕掛けだ。

画像集 No.008のサムネイル画像 / 「アイドリッシュセブン」Re:vale初のグループ単独ライブの公式レポートが公開に

畳み掛けるように、疾走感のあるメロディにのせて「Fly!MoreLiberty」を熱唱。ファンはコールアンドレスポンスの代わりとでも言うように、ペンライトを激しく振ってステージを盛り上げる。本編の最後はRe:valeの2ndAlbum“Re:flectIn”の初回限定盤特典音源として発表された「SILVERSKY-Re:actalternativestyle-」。『アイドリッシュセブンSecondBEAT!』のライブシーンを思い出させる振り付けや演出がステージ上で展開された。

Re:valeを求める声はまだまだ止まない。DAY1のアンコールでは「永遠性理論」、DAY2では「HappyDaysCreation!」をキュートな振り付けとともに歌唱。その後の挨拶では、「FutureNotesBand」のメンバーや、ともにステージを盛り上げたダンサーたちが紹介された。客席からは素敵なパフォーマンスでステージを盛り上げた彼らを称賛する拍手が届けられた。

画像集 No.009のサムネイル画像 / 「アイドリッシュセブン」Re:vale初のグループ単独ライブの公式レポートが公開に

「みんなと一緒に心をひとつにして楽しめるとわかっていたので、ここまで頑張ることができました」と話したのは保志。単独ライブが決まってからはプレッシャーを感じる日もあったそうだが、その一心で駆け抜けてきた。ファンとの絆を再確認できたと話すのは立花だ。「この公演を見てくれたマネージャーのみんなというピースが揃って初めてチーム「FutureNotes」になったんだなと実感しました。本当にありがとうございます!」と感謝の思いを言葉にしてMCパートを締めくくった。

ラストナンバーは『アイドリッシュセブンSecondBEAT!』ED主題歌に起用された「ミライノーツを奏でて」。爽やかなポップチューンを最後まで笑顔で歌い上げる姿はトップアイドルそのものだ。こうして、2日間にも及ぶ“絶対王者”の初の単独ライブは惜しみない
拍手が送られるなかで幕を下ろした。

画像集 No.010のサムネイル画像 / 「アイドリッシュセブン」Re:vale初のグループ単独ライブの公式レポートが公開に

【「Re:valeLIVEGATE“Re:flectU”」セットリスト】
2022.10.15(sat)DAY1
01.NODOUBT-Re:actLIVEGATEstyle02.PeriodColor
03.夢雫
04.太陽のEsperanza
05.星屑マジック
06.Re-raise
07.t(w)o...
08.TOMYDEAREST
09.ココロ、ハレ晴レ
10.StartRec
11.100%ハピネス/百(CV.保志総一朗)
12.千年先もずっと.../千(CV.立花慎之介)
13.Disone.
14.奇跡
15.Storyteller
16.Fly!MoreLiberty
17.SILVERSKY-Re:actalternativestyle-

ENCORE
18.永遠性理論
19.ミライノーツを奏でて
2022.10.15(sat)DAY2
01.NODOUBT-Re:actLIVEGATEstyle-
02.PeriodColor
03.夢雫
04.太陽のEsperanza
05.星屑マジック
06.Re-raise
07.t(w)o...
08.TOMYDEAREST
09.ココロ、ハレ晴レ
10.StartRec
11.100%ハピネス/百(CV.保志総一朗)
12.千年先もずっと.../千(CV.立花慎之介)
13.Disone.
14.激情
15.Storyteller
16.Fly!MoreLiberty
17.SILVERSKY-Re:actalternativestyle-

ENCORE
18.HappyDaysCreation!
19.ミライノーツを奏でて

【Re:vale2ndAlbum"Re:flectIn"商品情報】
2022.8.3onsale
【初回限定盤A】LACA-35002/4,400円(10%税込)/4,000円(税抜)
【初回限定盤B】LACA-35003/4,400円(10%税込)/4,000円(税抜)
【通常盤】LACA-25002/2,750円(10%税込)/2,500円(税抜)

<商品仕様>
【初回限定盤A】CD/ダウンロードカード/オリジナルグッズ(グッズ内容:ペーパーキャンバス(AVer.))
【初回限定盤B】CD/ダウンロードカード/オリジナルグッズ(グッズ内容:ペーパーキャンバス(BVer.))

【通常盤】CD
https://www.lantis.jp/artist/revale/

Re:valeLIVEGATE“Re:flectU”ライブ特設サイト
https://idolish7.com/reflect-u/

Re:valeLIVEGATE“Re:flectU”ライブ公式Twitter
@iD7_ReflectU

「アイドリッシュセブン」公式サイト

「アイドリッシュセブン」ダウンロードページ

「アイドリッシュセブン」ダウンロードページ

注目の記事

1
★★★★★★★
2
★★★★★★
3
★★★★★
4
★★★★★
5
★★★★
6
★★★★
7
★★★★
8
★★★
9
★★★
パッケージ
アイドリッシュセブン公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/声優

タイトル/ワード名(記事数)

全件表示する
最近記事を読んだタイトル/声優

タイトル/ワード名(記事数)

全件表示する