MENU

ニュース-2021/12/16 10:52

ホラーRPG「OMORI」がNintendo Switch向けに2022年春発売決定。Steam版は日本語への対応がスタート

 OMOCATは本日,Switch向けのインディーズゲームを紹介する動画「Indie World 2021.12.16」にて,「OMORI」日本語版を2022年春に配信すると発表した。本作は,謎を秘めた2つの世界を行き来しながら,真実を巡る旅をするホラーRPGだ。
記事本文を読む
B!
ニュースムービーNintendo SwitchPCPS5Xbox Series XPS4Xbox OneNintendo Switch:OMORIPC:OMORIPS4:OMORIXbox One:OMORIPS5:OMORIXbox Series X:OMORIRPGテーマ:ホラー/オカルト開発元:OMOCAT編集部:だび

 任天堂が本日公開した,Switch向けインディーズゲームを紹介する番組「Indie World 2021.12.16」の発表タイトルの情報をお伝えする。番組では,「チコリー 色とりどりの物語」「OMORI」の情報のほか,配信中のものや,予約受付が始まったタイトルなど,計13タイトルが紹介されている。

 アクティブゲーミングメディアは2021年5月15日,同社によるインディーズゲームを中心としたパブリッシングブランド・PLAYISMの10周年を記念したオンラインイベント「PLAYISM GAME SHOW」を配信した。PLAYISMの水谷俊次氏,配信者のキリン氏とガッチマン氏が出演し,最新情報が発表された。

 アクティブゲーミングメディアは本日,千葉・幕張メッセで明日から開催される東京ゲームショウ2019のPLAYISMブースで出展する新作タイトルの発表会を実施した。今回発表された新作は4タイトルで,すでに発表済みの7タイトルと合わせて計11タイトルがPLAYISMブースに並ぶこととなる。

 アクティブゲーミングメディアは,同社が運営するゲーム配信サービス「PLAYISM」の東京ゲームショウ2019出展に関する最新情報を公開した。新たに「Ministry of Broadcast」「OMORI」「Subnautica」「Bright Memory」という4タイトルが公開されている。既報のものと合わせて全11タイトルが展示されるとのこと。