オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

榎本 涼

このページの最終更新日:2017/03/18 00:00

rss


  • このページのURL:

キーワード

下線

ソニー純正の「プレミアムワイヤレスサラウンドヘッドセット」を試す。「PS4で簡単にバーチャルサラウンド」を実現する製品,その実力は?

ソニー純正の「プレミアムワイヤレスサラウンドヘッドセット」を試す。「PS4で簡単にバーチャルサラウンド」を実現する製品,その実力は?

 PS4で簡単にバーチャルサラウンドサウンドを実現し,対応タイトルでは「3Dオーディオ」も利用できるというSIE純正品「プレミアムワイヤレスサラウンドヘッドセット」(CUHJ-15005)。本機を入手できたので,お馴染み,サウンドデザイナーである榎本 涼氏のレビューをお届けしたい。気になるその実力は,価格に見合ったものなのだろうか。

[2017/03/18 00:00]

SteelSeriesの新型ヘッドセット「Arctis 5」ファーストインプレッション。少なくとも出力品質は同社史上最高だ

SteelSeriesの新型ヘッドセット「Arctis 5」ファーストインプレッション。少なくとも出力品質は同社史上最高だ

 3モデルで入出力音質は変わらず,基本的には接続仕様とバーチャルサラウンドサウンド対応のみで差別化するという,SteelSeriesの新しいヘッドセット製品シリーズ「Arctis」。2017年2月24日の発売に合わせて,USBおよびアナログ接続対応の「Arctis 5」を入手し,短時間ながらテストできたので,まずはファーストインプレッションをお届けしたい。

[2017/02/24 00:00]

「GSX 1000」レビュー。ゼンハイザー初のゲーマー向けUSBサウンドデバイスには,価格以上の価値があった

「GSX 1000」レビュー。ゼンハイザー初のゲーマー向けUSBサウンドデバイスには,価格以上の価値があった

 2017年1月に国内発売となった,ゼンハイザーブランド初のゲーマー向けUSBサウンドデバイス「GSX 1000」。税込で2万円台中後半という,強気な価格設定と,独自バーチャルサラウンドサウンド技術の採用がトピックだが,果たしてその実力は。サウンドデザイナーの榎本 涼氏が,今回も検証する。

[2017/02/15 00:00]

Logicool G「G533」レビュー。1万円台中後半で買えるワイヤレスヘッドセットは,恐ろしく強力な「競合製品キラー」だ

Logicool G「G533」レビュー。1万円台中後半で買えるワイヤレスヘッドセットは,恐ろしく強力な「競合製品キラー」だ

 2017年1月26日,Logicool Gの新作となるゲーマー向けワイヤレスヘッドセット「G533」が発売の日を迎えた。上位モデルと同等以上とされる基本スペックながら,ワイヤレスモデルとしては破格の1万円台中後半で登場した新製品は,この価格帯に嵐を呼ぶことができるのか。榎本 涼氏による評価をお伝えしたい。

[2017/01/26 00:00]

「Razer ManO'War」レビュー。「遅延ゼロ」が謳われるワイヤレスヘッドセット,その総合力を明らかにする

「Razer ManO'War」レビュー。「遅延ゼロ」が謳われるワイヤレスヘッドセット,その総合力を明らかにする

 2016年にRazerからリリースとなったワイヤレス接続型ヘッドセット「Razer ManO’War」「遅延ゼロ」が謳われるワイヤレス技術に,ゲーマーは何をどこまで期待できるだろうか。サウンドデザイナーの榎本 涼氏が,音質,そして遅延状況を明らかにする。

[2017/01/17 00:00]

HW短評:Kingston「HyperX Cloud Stinger」(3)装着感とまとめ

HW短評:Kingston「HyperX Cloud Stinger」(3)装着感とまとめ

 税込6000円前後から購入できる,エントリーゲーマー向けのアナログ接続型ヘッドセット「HyperX Cloud Stinger」の短評第3回。ひとまずの最終回となる今回は,榎本 涼氏による,その装着感や使い勝手に関する評価,そして全体を通じてのまとめをお伝えしたい。

[2016/12/24 00:00]

HW短評:Kingston「HyperX Cloud Stinger」(2)マイク入力特性は良好ながら高周波ノイズが……

HW短評:Kingston「HyperX Cloud Stinger」(2)マイク入力特性は良好ながら高周波ノイズが……

 税込6000円前後から購入できる,HyperXのアナログ接続型ヘッドセット「Cloud Stinger」。短評第2回では,マイク入力特性の検証と,実際の入力品質をチェックしてみたい。安価なゲーマー向けヘッドセットのマイクには,どれだけの信頼が置けるだろうか。

[2016/12/03 00:00]

HW短評:Kingston「HyperX Cloud Stinger」(1)税込6000円前後のアナログ接続型ヘッドセット,その出力音質をチェック

HW短評:Kingston「HyperX Cloud Stinger」(1)税込6000円前後のアナログ接続型ヘッドセット,その出力音質をチェック

 HyperXブランドから,アナログ接続のゲーマー向けワイヤードヘッドセット「Cloud Stinger」が国内発売となったので,取り急ぎ,ダミーヘッドを用いて実施した出力音質傾向テストの結果をお届けしたい。安価なゲーマー向けヘッドセットを探している人は要注目だ。

[2016/11/30 20:52]

Logicool Gの新エントリーヘッドセット「G231」は,本当にマイナーチェンジ前の「G230」と同じ音なのか? 実際に波形で比較してみた

Logicool Gの新エントリーヘッドセット「G231」は,本当にマイナーチェンジ前の「G230」と同じ音なのか? 実際に波形で比較してみた

 Logicool Gの新シリーズ「Prodigy」の1つとして登場したアナログ接続型ヘッドセット「G231 Prodigy Gaming Headset」。メーカーいわく,その音質的な特徴はマイナーチェンジ前の「G230 Gaming Headset」から変わっていないとのことだが,本当に同じなのだろうか? ヘッドフォン出力とマイク入力の両方で波形を比較してみた。

[2016/10/31 00:00]

上から下まで4モデル展開のゲーマー向けヘッドセット「AIR」でHORIは何を狙うのか。開発者に聞く

上から下まで4モデル展開のゲーマー向けヘッドセット「AIR」でHORIは何を狙うのか。開発者に聞く

 HORIがこの秋立ち上げたゲーマー向けヘッドセットの新ブランド「AIR」は,4モデルすべてがアナログ接続型のPS4用で,しかも安価なモデルは税込2000〜3000円台で入手可能と,他社のゲーマー向けモデルとは一線を画した製品展開が特徴だが,HORIはこれで何を狙っているのだろう? 開発者に聞いた。

[2016/10/21 00:00]

ダミーヘッドを用いた計測で明らかにする,ゲーマー向けヘッドセット46製品の音質(5)出力品質で選ぶお勧め製品

ダミーヘッドを用いた計測で明らかにする,ゲーマー向けヘッドセット46製品の音質(5)出力品質で選ぶお勧め製品

 音響測定用のダミーヘッドをついに導入できたので,せっかくなら現行のゲーマー向けヘッドセットを集め,出力波形を横並びで比較してみようという企画の最終回。本稿では,テスト結果を基に,価格帯ごとのオススメ製品を紹介しつつ,全体のまとめを行いたい。

[2016/10/08 00:00]

ダミーヘッドを用いた計測で明らかにする,ゲーマー向けヘッドセット46製品の音質(2)製品検証,ブランド名A〜E

ダミーヘッドを用いた計測で明らかにする,ゲーマー向けヘッドセット46製品の音質(2)製品検証,ブランド名A〜E

 4Gamerでヘッドセットおよびヘッドフォンの出力品質評価用ダミーヘッドを入手したので,せっかくなら一斉検証してみようという企画,性能評価パート第1弾。ここでは,ブランド名の頭文字A〜Eに属する計15台のゲーマー向けヘッドセットが持つ出力特性を計測してみよう。

[2016/10/07 00:00]

ダミーヘッドを用いた計測で明らかにする,ゲーマー向けヘッドセット46製品の音質(4)製品検証,ブランド名Ro〜T

ダミーヘッドを用いた計測で明らかにする,ゲーマー向けヘッドセット46製品の音質(4)製品検証,ブランド名Ro〜T

 4Gamerでヘッドセットおよびヘッドフォンの出力品質評価用ダミーヘッドを入手したので,せっかくなら一斉検証してみようという企画,性能評価パート第3弾。こちらでは,ブランド名の頭文字R(Ro)からTに属する計16台のゲーマー向けヘッドセットが持つ出力特性を明らかにしたい。

[2016/10/07 00:00]

ダミーヘッドを用いた計測で明らかにする,ゲーマー向けヘッドセット46製品の音質(3)製品検証,ブランド名H〜Ra

ダミーヘッドを用いた計測で明らかにする,ゲーマー向けヘッドセット46製品の音質(3)製品検証,ブランド名H〜Ra

 4Gamerでヘッドセットおよびヘッドフォンの出力品質評価用ダミーヘッドを入手したので,せっかくなら一斉検証してみようという企画,こちらは性能評価パート第2弾だ。ここでは,ブランド名の頭文字HからR(Ra)に属する計15台のゲーマー向けヘッドセットが持つ出力特性計測結果をお届けする。

[2016/10/07 00:00]

ダミーヘッドを用いた計測で明らかにする,ゲーマー向けヘッドセット46製品の音質(1)出力品質を計測するということ

ダミーヘッドを用いた計測で明らかにする,ゲーマー向けヘッドセット46製品の音質(1)出力品質を計測するということ

 4Gamerのゲーマー向けヘッドセット評価班が,長年渇望してきたダミーヘッドをついに入手した。これでヘッドセットの「ヘッドフォン出力」を波形で評価できるようになるわけだが,今回はそれを記念して,(ほぼ)現行モデル46製品を一気に測定してみることにした。まずは,波形測定の方法と見方をまとめておきたい。

[2016/10/06 00:00]

[CEDEC 2016]現場で使っているサウンドデザイナーが語る「Wwise」

[CEDEC 2016]現場で使っているサウンドデザイナーが語る「Wwise」

 現在,ゲームサウンドの開発現場でかなりの存在感を見せつつある「Wwise」。本ミドルウェアを実際に使い込んでいるというバンダイナムコスタジオが,CEDEC 2016でその手法を解説した。自社開発のサウンドライブラリと半ば競合するWwiseを使う理由とは何だろうか。

[2016/09/01 00:00]

[CEDEC 2016]目指したのは「五感に訴えるVR」。「VR ZONE」におけるサウンドデザインの秘密

[CEDEC 2016]目指したのは「五感に訴えるVR」。「VR ZONE」におけるサウンドデザインの秘密

 バンダイナムコエンターテインメントとナムコは,2016年10月10日までの期間限定で,VRエンターテインメント研究施設「VR ZONE」を展開中だが,CEDEC 2016では,そこで体験できるVRコンテンツのサウンドデザインにおいて目指すべきものを語るセッションあった。

[2016/08/27 00:00]

AMD,「TrueAudio Next」を正式発表しSDK公開。GPUの演算ユニットでアクセラレーションできる,新世代の音場物理モデリング技術

AMD,「TrueAudio Next」を正式発表しSDK公開。GPUの演算ユニットでアクセラレーションできる,新世代の音場物理モデリング技術

 北米時間2016年8月17日,AMDは「TrueAudio」の新世代バージョンとなる「TrueAudio Next」を正式に発表し,同日付で,「GPUOpen」の公式WebサイトにおいてSDKの公開を開始した。専用プロセッサではなく,GPU側の演算ユニットを使って音場の物理モデリングをリアルタイムに行える時代が幕を開けたわけだ。

[2016/08/18 18:35]

「SteelSeries Siberia 350」レビュー。伝統のデザインを採用しつつDTS Headphone:X対応のワイヤードヘッドセット,その実力に迫る

「SteelSeries Siberia 350」レビュー。伝統のデザインを採用しつつDTS Headphone:X対応のワイヤードヘッドセット,その実力に迫る

 伝統の「Siberiaデザイン」を採用しつつ,「DTS Headphone:X」によってバーチャルサラウンドサウンド出力にも対応するゲーマー向けヘッドセット「Siberia 350」。1万円台前半で購入できる,SteelSeriesの新しいUSB接続型ヘッドセットを,サウンドデザイナーの榎本 涼氏が評価する。結論から言うと,かなりの優等生だ。

[2016/07/23 00:00]

アナログ入力に対応するREALFORCEキーボードの試作機を,4Gamerライター陣がよってたかってテストしてみた

アナログ入力に対応するREALFORCEキーボードの試作機を,4Gamerライター陣がよってたかってテストしてみた

 2015年の初公開後,2016年5月には「年内発売予定」と予告もされた,東プレの「アナログ入力が可能なREALFORCEキーボード」。その開発途上版サンプルを入手することができたので,4Gamerライター陣で,よってたかってテストしてみた結果をお届けしたい。キーボードでアナログ入力が可能になると,ゲームプレイの何が変わるだろうか。

[2016/06/29 00:00]

Razerのカナル型ヘッドセット「Hammerhead V2 Pro」とヘッドフォン「Hammerhead V2」が国内発売。実機の音を聞いてみた

Razerのカナル型ヘッドセット「Hammerhead V2 Pro」とヘッドフォン「Hammerhead V2」が国内発売。実機の音を聞いてみた

 Razerの新しいカナル型インイヤーヘッドセット「Hammerhead V2 Pro」とヘッドフォン「Hammerhead V2」が,2016年5月31日に国内発売となる。予想実売価格は順に9500円前後,6700円前後だ。音を聞いたところ,イヤーチップがハマれば,かなりフラットな音質傾向を得られると分かったので,簡単なテスト結果ともどもお伝えしたい。

[2016/05/13 11:00]

Logicool Gのワイヤレスヘッドセット「G933」レビュー。G633と音が違うフラグシップはさらに魅力的だった

Logicool Gのワイヤレスヘッドセット「G933」レビュー。G633と音が違うフラグシップはさらに魅力的だった

 新開発のスピーカードライバー「Pro-G」や「DTS Headphone:X」対応とトピックの多い,Locgicool Gのワイヤレスヘッドセット「G933」。テストしたところ,ワイヤードモデル「G633」とは音質傾向が異なるという衝撃の事実が明らかとなったので,その内容をお届けしたい。G933は,価格と仕様だけでなく,音質でもG633の上位モデルだったようだ。

[2015/12/19 00:00]

HW短評:Plantronics「RIG Surround」(3)音質傾向の確認とまとめ

HW短評:Plantronics「RIG Surround」(3)音質傾向の確認とまとめ

 Plantronicsのゲーマー向けヘッドセット「RIG Surround」短評第3回。最終回では,ヘッドフォン出力品質とマイク入力品質をチェックのうえ,短評を通じてのまとめ的な評価を下してみたい。機能の割に安価な製品は,実際のところ買いなのか。サウンドデザイナー・榎本 涼氏のジャッジやいかに。

[2015/11/04 05:00]

HW短評:Plantronics「RIG Surround」(2)ユニークな付属サウンドデバイスを見てみる

HW短評:Plantronics「RIG Surround」(2)ユニークな付属サウンドデバイスを見てみる

 業務用ヘッドセット業界の大手であるPlantronicsが立ち上げたゲーマー向け製品ブランドから登場した,バーチャル7.1chサラウンドサウンド出力対応ヘッドセット「RIG Surround」。その短評第2回は,良くも悪くもユニークな付属サウンドデバイスにスポットライトを当ててみよう。もうちょっとちゃんとした説明があればいいのだが……。

[2015/11/02 05:00]

HW短評:Plantronics「RIG Surround」(1)ヘッドセットの巨人によるゲーマー向けモデルの外観をチェック

HW短評:Plantronics「RIG Surround」(1)ヘッドセットの巨人によるゲーマー向けモデルの外観をチェック

 業務用ヘッドセットの大手・Plantronicsが立ち上げた,ゲーマー向け製品ブランド「Plantronics Gaming」。その上位製品シリーズ「RIG」に属するバーチャルサラウンドサウンド出力対応モデル「RIG Surround」を入手したので,チェックしてみよう。1万円強という販売価格に見合った出来映えになっているだろうか。

[2015/10/27 12:00]

Logicool G「G633」レビュー(後編)。「DTS Headphone:X」はゲームプレイに何をもたらすのか

Logicool G「G633」レビュー(後編)。「DTS Headphone:X」はゲームプレイに何をもたらすのか

 Logitech G/Logicool Gの新世代ゲーマー向けヘッドセット「G633」。そのレビュー後編をお届けする。前編から若干間が空いてしまったが,そのときの予告どおり,「DTS Headphone:X」の検証を中心に,バーチャルサラウンドサウンド対応ヘッドセットとしてのG633が持つ価値を,細かくチェックしてみたいと思う。

[2015/10/19 05:00]

Logicool G「G633」レビュー(前編)。ロジクールの新しいゲーマー向けヘッドセット,その完成度は異様なほど高かった

Logicool G「G633」レビュー(前編)。ロジクールの新しいゲーマー向けヘッドセット,その完成度は異様なほど高かった

 Logitech/ロジクールが自信満々で市場投入してきた,ゲーマー向けワイヤードヘッドセット「G633」。開発現場の取材時点で,よさそうな気配は見えていたが,最終製品を入手できたので,まずはその基本性能に迫ってみよう。ステレオ接続のヘッドセットとして評価しただけでも「素晴らしい」と断言できるその実力を,榎本 涼氏が解説する。

[2015/09/28 05:00]

Logicool Gのヘッドセット開発拠点を大人の社会科見学。「億単位のコストを投じて,本気で試行錯誤」のすごさを目の当たりにしてきた

Logicool Gのヘッドセット開発拠点を大人の社会科見学。「億単位のコストを投じて,本気で試行錯誤」のすごさを目の当たりにしてきた

 Logicool Gが,北米にあるサウンド&オーディオ製品開発拠点を公開した。その施設は,億単位のコストが惜しげもなく投下されるという,いかにもグローバルな大企業らしい部分と,エンジニア達が試行錯誤を繰り返すという泥臭さが同居しており,とても見応えのある“社会科見学”になったので,写真多め,解説多めでレポートしてみたい。

[2015/09/14 05:00]

Logicool Gのプロダクトマネージャーに聞く,新型ヘッドセット「G633」「G933」の音づくり

Logicool Gのプロダクトマネージャーに聞く,新型ヘッドセット「G633」「G933」の音づくり

 Logitech G/Logicool Gの新型ヘッドセット「G633」「G933」は,同社独自のスピーカードライバー「Pro-G」の搭載,そして空間を表現できるバーチャルサラウンドサウンド技術「DTS Headphone:X」の採用が特徴だが,果たして両製品は,どのような思想に基づいて開発されたのか。キーマンに話を聞くことができたので,その内容をお届けしたい。

[2015/09/01 05:00]

Logicool G,部屋の広さを表現できるゲーマー向けヘッドセット「G633」「G933」を発表。オリジナルドライバー搭載で10月以降に発売

Logicool G,部屋の広さを表現できるゲーマー向けヘッドセット「G633」「G933」を発表。オリジナルドライバー搭載で10月以降に発売

 2015年8月27日17:00,ロジクールは,ゲーマー向けヘッドセットの新モデルとなるワイヤードモデル「G633」およびワイヤレスモデル「G933」を発表した。新開発のスピーカードライバーを搭載するのと,「DTS Headphone:X」で,広さのある室内をバーチャルサラウンドで表現できるようになったのが特徴だ。【18:30頃,試聴印象レポートを追加】

[2015/08/27 17:00]

実勢価格3万円台後半のゲーム実況向けマイク「Razer Seiren Pro」レビュー。声優・新井里美さんの声で新要素の効果を測定してみる

実勢価格3万円台後半のゲーム実況向けマイク「Razer Seiren Pro」レビュー。声優・新井里美さんの声で新要素の効果を測定してみる

 世界初の「ゲーム実況用マイク」として話題を集めた「Razer Seirēn」。その上位モデルである「Razer Seirēn Pro」が2015年8月26日に国内発売となる。新要素は「XLRアナログ出力」と「ハイパスフィルタ」の搭載のみだが,それで何が変わるのか。声優・新井里美さんに協力してもらいつつ,「Pro」モデルの実力を明らかにしてみたい。

[2015/08/24 05:00]

税込約4万円のゲーム実況向けマイク「Razer Seiren Pro」ファーストインプレッション。“無印”との間にある2つの違いをチェックしてみた

税込約4万円のゲーム実況向けマイク「Razer Seiren Pro」ファーストインプレッション。“無印”との間にある2つの違いをチェックしてみた

 “無印”モデルに,ハイパスフィルタと,XLRアナログ接続を追加して,ざっと1万円増しの約4万円で登場することが判明した,ゲーム実況向け高機能マイク「Razer Seirēn Pro」。発売に先立って,短時間ながらテストする時間が得られたので,サウンドデザイナー・榎本 涼氏によるファーストインプレッションをお届けしたい。

[2015/07/17 12:00]

HW短評:Kingston「HyperX Cloud II」(3)マイク特性検証とまとめ

HW短評:Kingston「HyperX Cloud II」(3)マイク特性検証とまとめ

 アナログ接続型の2chステレオヘッドセットとUSBサウンドデバイスのセット品である,Kington Technologyのゲーマー向けモデル「HyperX Cloud II」。その短評第3回では,マイク入力特性の検証と,ここまでを踏まえた全体のまとめを行ってみたい。いくつか気になるところはあるものの,価格帯性能比は良好とまとめていいようだ。

[2015/05/12 12:00]

HW短評:Kingston「HyperX Cloud II」(2)ゲームにおける音質傾向と,“バーチャルサラウンド”の仕様

HW短評:Kingston「HyperX Cloud II」(2)ゲームにおける音質傾向と,“バーチャルサラウンド”の仕様

 Kingston TechnologyのUSB接続型ヘッドセット「HyperX Cloud II」。その短評第2回は,合皮と布,2種類のイヤーパッドを付け替えながら,ゲーム用途での音質傾向を確認してみよう。新モデルのキモとなるバーチャルサラウンド機能の「仕様」には十分な注意が必要なので,その点を押さえる意味でも,ぜひ一読のほどを。

[2015/04/30 07:00]

HW短評:Kingston「HyperX Cloud II」(1)バーチャルサラウンド出力対応ヘッドセットを2chステレオで聞いてみる

HW短評:Kingston「HyperX Cloud II」(1)バーチャルサラウンド出力対応ヘッドセットを2chステレオで聞いてみる

 メモリモジュールなどで知られる米Kingstonからこの春発売になった「HyperX Cloud II」は,USB接続でバーチャルサラウンドサウンド出力に対応するゲーマー向けヘッドセットだ。今回の短評では,そんな新製品の概要をチェックし,かつ,2chステレオサウンドの音質傾向を確認してみたい。

[2015/04/21 12:00]

HW短評:ROCCAT「Kave XTD Stereo」(3)マイク入力テストと総合評価

HW短評:ROCCAT「Kave XTD Stereo」(3)マイク入力テストと総合評価

 ROCCATから国内発売になったアナログ接続型ヘッドセット「Kave XTD Stereo」の短評,3回め。今回は,マイク入力の音質傾向を波形分析と試聴によって検証しつつ,3回を通しての総合評価を行ってみたい。最近のゲームに「最適化」されたヘッドセットが気になる人は,ぜひ一読のほどを。

[2015/04/06 10:00]

HW短評:ROCCAT「Kave XTD Stereo」(2)ゲームサウンドの聞こえ方をチェック

HW短評:ROCCAT「Kave XTD Stereo」(2)ゲームサウンドの聞こえ方をチェック

 ROCCATのPC用アナログ接続型ヘッドセット「Kave XTD Stereo」の短評第2回。音楽での試聴を行った第1回に引き続き,今回はゲームのサウンドを聞いて,その音質傾向をチェックしてみよう。「いい音」を聞かせるというより,「ゲームのプレイ中に聞き取りやすい音」を出すという特性は,コアゲーマーから評価されそうだ。

[2015/03/31 12:00]

HW短評:ROCCAT「Kave XTD Stereo」(1)まずは出音を聞いてみる

HW短評:ROCCAT「Kave XTD Stereo」(1)まずは出音を聞いてみる

 ROCCATから国内発売になった,アナログ接続型の2chステレオヘッドセット「Kave XTD Stereo」。その短評第1回では,大柄の割に軽いという,面白い仕様のハードウェアを概観しつつ,取り急ぎ音楽の試聴により,その出力音質傾向をチェックしてみたい。

[2015/03/28 12:00]

HW短評:Kingston「HyperX Cloud」(3)マイク入力の音質傾向をチェック

HW短評:Kingston「HyperX Cloud」(3)マイク入力の音質傾向をチェック

 Kingston製のゲーマー向けアナログ接続型ヘッドセット「HyperX Cloud」短評第3回。今回は,波形と録音したサウンドとでマイク特性を計測,評価しつつ,ひとまずの総合評価も行ってみたい。全体としては,いくつか注意事項はあるものの,「面白い伏兵」と評価できる仕上がりになっているとまとめられそうだ。

[2015/03/27 10:00]

HW短評:Kingston「HyperX Cloud」(2)出力音質傾向を確認してみる

HW短評:Kingston「HyperX Cloud」(2)出力音質傾向を確認してみる

 Kingston製でアナログ接続型のゲーマー向けヘッドセット「HyperX Cloud」。本製品の短評第2回では,ヘッドフォン部の出力音質傾向をチェックする。標準で用意される2種類のイヤーパッド,合皮素材と起毛素材のものを付け替えながら出音を確認し,その出力特性を細かく分析してみよう。

[2015/03/26 10:00]

HW短評:Kingston「HyperX Cloud」(1)ハードウェアの完成度をチェックする

HW短評:Kingston「HyperX Cloud」(1)ハードウェアの完成度をチェックする

 メモリモジュールなどで知られる米Kingston Technologyが,ゲーマー&コアPCユーザー向け製品ブランド「HyperX」で展開するヘッドセット「HyperX Cloud」。その短評第1回をお届けしたい。まずは,ゲーマー向け周辺機器メーカー,QPADとの共同開発とされるハードウェアの仕様と完成度をチェックしてみよう。

[2015/03/25 10:00]

HW短評:Razer「Razer Leviathan」(3)

HW短評:Razer「Razer Leviathan」(3)

 サウンドバー型2.1chスピーカーセット「Razer Leviathan」の短評3回め。今回は,前回までの短評で明らかになった試聴印象がなぜ生じたのか,スピーカーの出力特性を測定によって明らかにしてみたい。合わせて,本日発売となるこの新製品が持つ実力に,ひとまずの結論を下してみよう。

[2015/02/27 00:00]

ゲーム実況向けマイク「Razer Seiren」レビュー。PC用としては圧倒的に高価なマイクの実力と使い方を明らかにする

ゲーム実況向けマイク「Razer Seiren」レビュー。PC用としては圧倒的に高価なマイクの実力と使い方を明らかにする

 2015年2月26日に国内発売となる,Razer初の本格的なゲーム実況用マイク「Seirēn」。発売時点での実勢価格は2万円台後半と,「PC用マイク製品」としては圧倒的に高価だが,実際,どこまで実況系ゲーマーの期待に応えてくれるだろうか。榎本 涼氏が徹底検証し,さらに,使いこなすためのヒントもまとめてくれたので,紹介したい。

[2015/02/26 00:00]

HW短評:Razer「Razer Leviathan」(2)

HW短評:Razer「Razer Leviathan」(2)

 Razer初のサウンドバー製品である2.1chスピーカーセット「Razer Leviathan」。その短評2回めは,場所を榎本 涼氏のスタジオに移し,氏が使い慣れた環境における試聴印象をお届けしたい。ゲーマー向けサウンドバーの実力をあらためて,きちんとチェックしているので,まもなく発売の新製品が気になる人は一読のほどを。

[2015/02/23 00:00]

HW短評:Razer「Razer Leviathan」(1)

HW短評:Razer「Razer Leviathan」(1)

 Razer初のサウンドバー製品となる2.1chスピーカーセット「Leviathan」。その国内発売が決定したということで,発売に先駆けてサウンドデザイナーの榎本 涼氏が試聴した印象を短評としてお届けしたい。PC用ディスプレイとマッチする小型のサウンドバーが気になる人は,一度目を通してもらえれば幸いだ。

[2015/02/05 12:00]

Razer初の本格マイク「Razer Seiren」ファーストインプレッション。ゲーム実況者ならこれは買いだ

Razer初の本格マイク「Razer Seiren」ファーストインプレッション。ゲーム実況者ならこれは買いだ

 注目のRazer製単体マイク製品「Razer Seirēn」。その国内版を,発売に先駆けてチェックすることができたので,榎本 涼氏によるファーストインプレッションをお届けしたい。その高いスペックは遺憾なく発揮されており,気になるゲーム実況系プレイヤーなら,レビューを待たずに特攻しても問題ない完成度になっているようだ。

[2015/02/04 12:00]

Klipsch初のゲーマー向けヘッドセット「KG-200」レビュー。アナログ接続と先端技術の組み合わせは何を生んだか

Klipsch初のゲーマー向けヘッドセット「KG-200」レビュー。アナログ接続と先端技術の組み合わせは何を生んだか

 ホームオーディオの世界で確固たる地位を築いており,最近ではカナル型のイヤフォンでも知名度を上げてきているKlipsch。そんな同ブランド初のPC&据え置き型ゲーム機対応ワイヤードヘッドセット「KG-200」を,榎本 涼氏が取り上げる。シンプルなアナログ接続型に見えて,先端技術が採用された新製品の実力やいかに。

[2014/11/26 00:00]

バーチャルサラウンドヘッドフォン技術「DTS Headphone:X」は何を変えるのか。「バイオハザード リベレーションズ2」のデモについてキーマンへ聞く

バーチャルサラウンドヘッドフォン技術「DTS Headphone:X」は何を変えるのか。「バイオハザード リベレーションズ2」のデモについてキーマンへ聞く

 2014年9月に開催されたTGS 2014において,カプコンとDTSが「『バイオハザード リベレーションズ2』体験コーナーの一部で,バーチャルサラウンド技術『DTS Headphone:X』を体験できるようにする」というデモを行っていた。果たしてDTS Headphone:Xとは何か,ゲームにはどういうメリットをもたらしてくれるのか。“仕掛け人”に話を聞いた。

[2014/10/22 00:00]

実際の音を聞いて理解する「TrueAudio」。一部GPUとAPUに統合した新機能で,AMDは何を狙っているのか

実際の音を聞いて理解する「TrueAudio」。一部GPUとAPUに統合した新機能で,AMDは何を狙っているのか

 Radeon R9&R7シリーズの一部と,Kaveri世代のAPUのみがサポートする新機能「TrueAudio」。AMD独自のグラフィックスAPI「Mantle」と比べると地味な印象は拭えないが,果たしてこれは何なのか。今回は,効果の分かる「音」を実際に聞いてもらいつつ,サウンドデザイナーである榎本 涼氏がその正体に迫った結果をお届けしたい。

[2014/08/23 00:00]

ゼンハイザーの白いゲーマー向けヘッドセット「G4ME ZERO」「G4ME ONE」レビュー。大ブランドの製品は何が違うのか

ゼンハイザーの白いゲーマー向けヘッドセット「G4ME ZERO」「G4ME ONE」レビュー。大ブランドの製品は何が違うのか

 Sennheiser(ゼンハイザー)の白いゲーマー向けヘッドセット,密閉型の「G4ME ZERO」と開放型の「G4ME ONE」を入手できたので,そのレビューをお届けしたい。ヘッドフォンとマイクの老舗にして大ブランドが,「ゲーム」の名を冠して市場投入してきた製品には,どれだけの価値があるのだろうか。サウンドデザイナー・榎本 涼氏が評価する。

[2014/05/10 00:00]
さらに記事を探す

トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:03月25日〜03月26日
タイトル評価ランキング
87
82
NieR:Automata (PS4)
70
FINAL FANTASY XV (PS4)
2016年09月〜2017年03月