MENU

ニュース-2020/12/23 12:41

「サイバーパンク2077」は返金要請分を差し引いても推定1300万本以上を販売

 ポーランドのCD PROJEKTは現地時間2020年12月22日,「サイバーパンク2077」の推定販売本数が,現地時間12月20日時点で1300万本以上となっていることを投資家向けに発表した。これは,同社にメールで送付された返金要請分を差し引いたセルスルーの数字であるという。
記事本文を読む
B!
ニュースPCPS4Xbox OnePC:サイバーパンク2077PS4:サイバーパンク2077Xbox One:サイバーパンク2077RPGテーマ:SF開発元:CD PROJEKTライター:奥谷海人

 「サイバーパンク2077」がリリースされたことで,改めて注目を集めるサイバーパンクジャンルだが,その発祥は1980年代に遡る。コンピュータ・テクノロジーの発展と共に歩んできたフィクションとしてのサイバーパンクだが,ときに現実の側にも影響を与えてきた。今回は,そんな作品の代表作ともいえる1992年の小説「スノウ・クラッシュ」を紹介する。

 Valveは,オンライン配信サービス「Steam」で恒例の「オータムセール」を開催しており,数千本もの新旧タイトルを最大94%で販売中だ。また,「Steamアワード 2022」のノミネート作品を選ぶユーザー投票も開始。今年は新たに「外出先でのベストゲーム賞」というカテゴリーも増えている。

 ホビージャパンが展開中のテーブルトークRPG「サイバーパンクRED」の公式サイトにて入門用ルール「イージー・モード」の無料公開が本日(2022年10月11日),スタートした。基本ルールやシナリオのほか,基礎的な世界設定が書かれたPDFとなっているので,気になる人はお見逃しなく。

 ポーランドのCD PROJEKTが長期戦略を発表し,進行中のプロジェクトを紹介した。「サイバーパンク2077」の新作や,「ウィッチャー」シリーズの最新作およびスピンオフ作品,さらに,新たなフランチャイズの確立を目指す,まったく新しいIPの存在などが明かされている。

 CD PROJEKT REDとTRIGGER(トリガー)のタッグによるアニメ「サイバーパンク エッジランナーズ」先行試写のレポートを,プロデューサーインタビューとともにお届けしよう。「サイバーパンク2077」のスピンオフアニメは,どういう経緯で制作されたのか。作品の魅力ともに紹介したい。

 CD PROJEKT REDは本日(2022年9月7日),「サイバーパンク2077」の拡張パック「PHANTOM LIBERTY」(邦題:仮初めの自由)を2023年内にリリースすると発表した。アニメ「サイバーパンク エッジランナーズ」に関するコンテンツを含むパッチ1.6が本日中に配信されることも明かされている。※9月7日11:50頃,プレスリリースを追加しました。

 CD PROJEKT REDは,アニメ「サイバーパンク エッジランナーズ」「サイバーパンク2077」の“今後”について紹介する「Night City Wire」特別エピソードを,2022年9月7日0:00より配信する。また,サイバーパンク2077の次回アップデートを開発者たちが紹介する番組も続けて配信される予定だ。

 CD PROJEKT REDとTRIGGER,Netflixは本日,アニメ「サイバーパンク エッジランナーズ」2022年9月13日より配信すると発表し,合わせて新たなポスター予告編を公開した。新ポスターはヒロインのルーシーを描いたもの,予告編は“大人の視聴者のみを対象”とした,血まみれでハイテンションな作りだ。

 CD PROJEKT RED,TRIGGER,Netflixの3社は本日,2022年9月にNetflixで配信が予定されている,「サイバーパンク 2077」の世界観に基づいて制作されるオリジナルアニメシリーズ「サイバーパンク エッジランナーズ」の,新キービジュアル新予告編映像舞台裏特集映像第2弾を公開した。