― 特集 ―

4Gamer

E3雑感を掲載

NCsoft

インタビューを追加

Heavy Duty

ニュースを追加

PARAWORLD

ニュースを追加

The Witcher

ニュースを追加

Time Shift

ニュースを追加

Caesar IV

ニュースを追加

Gothic 3

ムービーを追加

Dead Island

ニュースを追加

Razer

ニュースを追加

Cars

ニュースを追加

Prey

ニュースを追加

Elveon

ムービーを追加

ParaWorld

ムービーを追加

Elveon

ニュースを追加

Stranglehold

ニュースを追加

Anno 1701

ムービーを追加

Anno 1701

ニュースを追加

Officers

ニュースを追加

Titan Quest

ムービーを追加

NCsoft

ニュースを追加

Shadowrun

ムービーを追加

Soccer Fury

ムービーを追加

Sabotage

ニュースを追加

Wild Summer

ニュースを追加

Mass Effect

ニュースを追加

Darkstar One

ニュースを追加

Wiki

ムービーを追加

Tabula Rasa

ニュースを追加

Webzen

ニュースを追加

Huxley

ニュースを追加

DUSK-12

ニュースを追加

FlatOut 2

ニュースを追加

Tabula Rasa

ムービーを追加

Gothic 3

ニュースを追加

Wiki

ニュースを追加

Eragon

ニュースを追加

Sam & Max

ニュースを追加

Crysis

ムービーを追加

The Witcher

ムービーを追加

Soccer Fury

ニュースを追加

Lucas Arts

ニュースを追加

Shadowrun

ニュースを追加

Just Cause

ニュースを追加

SiN Episodes

ムービーを追加

Infernal

ニュースを追加

HAZE

ニュースを追加

Jade Empire

ニュースを追加

Bio Shock

ニュースを追加

Caesar IV

ムービーを追加

TimeShift

ムービーを追加

Titan Quest

ニュースを追加

Huxley

ムービーを追加

Crysis

ニュースを追加

Spore

ムービーを追加

Spore

ニュースを追加

 現地時間で5月10日から12日までの3日間,ゲーム業界とゲーマーたちにとっては最も重要なゲームイベント,Electronic Entertainment Expo(以下,E3 2006)が開催されている。
 E3 2006の会場となっているのは,カリフォルニア州ロサンゼルス市にあるロサンゼルス・コンベンション・センター。恒例のE3も今年で11回目を数え,多くの読者にとってもおなじみのはず。まさしく,ゲームの祭典と形容するに相応しい一大イベントなのである。

 

 東京ゲームショーとは異なり,E3 2006は業界関係者のみが参加できるトレードショーであり,アメリカや日本などゲームの本場からの参加者はもとより,90か国を超える国々から5万人を超える参加者が集まる。コンベンションセンター内は広大で,主催者であるESA(Electronic Software Association)によると,400社におよぶソフトウェア,ハードウェアのベンダーが,5万平方メートルの敷地で自社の製品を紹介する。なんと,オリンピックサイズの競泳プール40個分の広さに,5800台というディスプレイが並んでいるということになるらしい。

 


 さて,今年の目玉を「ゲーム業界」というマクロな視点で眺めてみると,やはり昨年末に発売されてアメリカでは大きな話題を呼んでいるXbox 360に,後発となるプレイステーション 3やNintendo Wiiが,どのように対抗していくかという“次世代ゲーム機戦争”に尽きると思われる。
 しかしその陰では,日本のNintendo DSを代表とする“携帯機ブーム”も押し寄せており,携帯電話用のゲームソフトなどを含めて,2000作に近いと思われる出展作品のうち半数近くが,ハンドヘルド用ゲームソフトであるという予想もある。

 そんな中,我々にとって非常に気になるのはもちろん,マイクロソフトが来年早々にもリリースする(とされている)Windows Vistaを旗印にした,PC用ゲームの動向である。
 現在(現地時間5月9日)までのところ,大作らしさのある未発表作品の公開予定情報は少ない。昨年からの話題を引きずったタイトルが多く,やはり次世代ゲーム機の比重が高い,もしくは現在をWindows Vistaへの転換期と見て,プロジェクトの進行を控えているとも見受けられる。しかし,いざフタを開けてみると,ビックリするような話題が出てくるのがE3の面白いところでもある。
 今年も,「日本一の情報量」と言われる当サイトのE3特集を,ぜひお楽しみいただきたい。

 

AGEIA Technologies

ニュース

韓国ブース

ニュース

Electronic Arts

ムービー

Lucas Arts

ニュース

マイクロソフト

ニュース

Lionhead Studios

インタビュー

Webzen

ムービー

Razer

ニュース

World Series of Poker: Tournament of Champions

ニュース

【この記事へのリンクはこちら】

http://www.4gamer.net/specials/e3_2006/e3_2006.shtml