オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
TOP
PC
Xbox
PS4
PSV
Switch
3DS
スマホ
女性向け
VR
ハードウェア
ハードウェア
レビュー
テストレポート
インタビュー
ムービー
ドライバ
ベンチマークレギュレーション
AC
アナログ
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
西川善司の3DGE:「RyzenはCore i7よりこれだけ速い」――AMDが披露したベンチマーク結果をチェックする
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2017/02/23 18:11

連載

西川善司の3DGE:「RyzenはCore i7よりこれだけ速い」――AMDが披露したベンチマーク結果をチェックする

Ryzen
 2017年2月22日に掲載した筆者の連載記事で,AMDの新世代CPU「Ryzen 7」が北米時間3月2日(※日本では3月3日)に発売となることはお伝えしたが,それをレポートしたイベントでAMDは,実際にRyzen 7とCore i7でベンチマークを実行し,どちらが優れているか比較するデモを披露している。

 CPUベースのレイトレーシングをマルチスレッドで実行する「CINEBENCH R15」の結果は,プレゼンテーション中のグラフ資料と同じ結果になるだけで面白みがないということで,AMDは,さまざまなベンチマークを実行し,比較するデモを行っていたので,ここでは,そのうち2つを紹介してみたい。

AMDが示す,CINEBENCH R15を基準としたときの,Ryzen 7と競合製品の性能比較。詳細は先の記事を参照してほしい
Ryzen
Ryzen
Ryzen


マルチスレッドのベンチで強みを見せるRyzen 7


 まずは,実用環境レベルでのマルチスレッド性能を測定するためにワンオフで制作されたという,スクリプト制御型のオリジナルベンチマークソフトだ。
Ryzen
 これはCINEBENCH R15と,オープンソースのビデオトランスコーダ「HandBrake」,そしてWebブラウザベースのJavaベンチマーク「Octane」を同時実行させ,終了するまでの時間を測定するというものになっている。要するに「8コア16スレッドを最大限ぶん回すベンチマーク」ということになる。

 ここで比較するCPUは「Ryzen 7 1700X」と,競合の6コア12スレッド対応CPU「Core i7-6800K」。つまり北米市場におけるメーカー想定売価で399ドル(税別)対425ドル(税別)の戦いだ。それ以外のハードウェアはメインメモリ容量が32GB,GPUが「Radeon RX 480」,ストレージが容量240GBのSSDで共通だが,その所要時間はRyzen 7 1700Xが91.3秒なのに対してCore i7-6800Kは112秒と,なんと21秒弱もRyzenのほうが速いという結果になっていた。


 もう1つは,ネット対戦型RTS「Dota 2」のゲームプレイシークエンスをリプレイ再生し,その模様を,リプレイ再生しているPC上の「Open Broadcaster Software」(以下,OBS)で同時にH.264エンコードし,ネットワーク経由で出力するという,かなりCPUヘビーなテストだ。こちらは,スコアや経過時間が最後に出るというものではなく,「出力されたビデオストリームにおけるコマ落ち」の頻度を確認してもらうというものになっている。

Ryzen
Ryzen
 ここで使っているCPUは「Ryzen 7 1700」と「Core i7-7700K」。そのほかのハードウェア構成はメインメモリ容量が16GB,GPUが「Radeon R9 Fury X」で,ストレージは容量240GBのSSDで揃っている。

 下に示したムービーがそのデモの様子で,奥に見える大きなディスプレイのほうが,ゲームアプリケーションとOBSを同時実行しているテスト機の映像だ。手前に見えるノートPCで流れているのが,テスト機から出力されたH.264ビデオストリームである。
 実際に再生してもらうと分かるが,Ryzen 7側もCore i7側もゲームアプリケーションのほうはスムーズだ。ただし,ノートPC側を見てみると,Core i7側から出力された映像がカクつく瞬間を確認できる。これは,デスクトップPC側のCPU処理負荷が高くなりすぎて,CPUベースのH.264エンコーダが処理すべきフレームを落としてしまったことの証しだ。


 普通,OBSを使った配信を行う場合はGPU側のビデオエンコーダを使うはずなので,テスト環境の“現実味”は薄いが,とはいえ,「ここまでの高負荷な処理をさせても,競合の同価格帯モデル以上にマルチスレッド性能があるのだ」ということは,十分に言えるように思う。

 というわけで,筆者がデモを見た限り,Ryzen 7には相当期待できそうな気配だ。気になっている人達には,十分な予算を確保しておくよう勧めたい。
 ちなみに,AMDの日本法人である日本AMDによると,税別価格はRyzen 7 1800Xが5万9800円,Ryzen 7 1700Xが4万6800円,Ryzen 7 1700が3万8800円。なので,単純計算した税込価格は6万4584円,5万544円,4万1904円となる。

西川善司の3DGE:AMDの新世代CPU「Ryzen 7」は北米時間3月2日発売決定。8コア16スレッドの最上位モデル「Ryzen 7 1800X」は499ドルに

AMD公式Webサイト

  • 関連タイトル:

    Ryzen

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月20日〜11月21日
タイトル評価ランキング
82
ARMS (Nintendo Switch)
76
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
2017年05月〜2017年11月