オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
[GDC 2015]Khronos,新世代グラフィックスAPI「Vulkan」でAMDの「Mantle」を採用
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2015/03/04 10:57

イベント

[GDC 2015]Khronos,新世代グラフィックスAPI「Vulkan」でAMDの「Mantle」を採用

 「Mantle“1.0”」に関する事実上の終了宣言を行ったAMDだが,Mantleそのものは死んでいなかった

Vulkan
 バージョン1.0と位置づけた従来版Mantleに関するBlogポストの翌日となる北米時間2015年3月3日,AMDでグローバルテクニカルマーケティング部門を率いるRobert Hallock(ロバート・ハロック)氏は,AMD公式Blogにおいて,Khronos Group(クロノスグループ)の新世代グラフィックスAPI「Vulkan」(ヴァルカン)が,その重要な要素技術の1つとしてMantleを採用すると発表した。つまり,ローレベルなグラフィックスAPIとしてのMantleは終息するのではなく,名前を変えて,業界標準の一部となるわけである。

 先の記事で4Gamerは,現行版Mantleの抱える問題点として,ゲームデベロッパが個別対応しなければならないことを挙げたが,この問題のかなりの部分は,Vulkanの登場によって解決する可能性が高い。AMDの競合であるNVIDIA製GPUでも利用可能になるという“分かりやすい”話だけではなく,今後,PlayStation 4でVulkanのサポートが始まれば,ゲームデベロッパは現行版Mantleで培った経験を活かせるようになる可能性もある(※Xbox OneはDirectXをグラフィックスAPIとして採用しているため,Vulkanは無関係)。

 昨日の時点で予告されていた次世代版Mantleにおける方向性の1つが,「Vulkanの一部としてのMantle」というのは,どうやら間違いなさそうだ。そのほかにどういう可能性があるのか,俄然楽しみになってきたが,いずれにせよ,現地時間5日のセッションを待ちたい。

Robert Hallock氏によるポスト「One of Mantle's Futures: Vulkan」

GDC公式Webサイト

4GamerのGDC 2015関連記事一覧

  • 関連タイトル:

    Vulkan

  • 関連タイトル:

    OpenGL

  • 関連タイトル:

    Mantle

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月19日〜08月20日
タイトル評価ランキング
92
82
ARMS (Nintendo Switch)
82
NieR:Automata (PS4)
78
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
2017年02月〜2017年08月