オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
Phenom II公式サイトへ
  • AMD
  • 発表日:2009/01/08
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2010/04/27 13:01

ニュース

AMD,6コアCPU「Phenom II X6」を正式発表。価格は2万円台前半から

Phenom II
 2010年4月27日13:01,AMDは,コンシューマ向けとしては同社初となる6コアCPUで,開発コードネーム「Thuban」(トゥーバンもしくはトゥバン)と呼ばれてきた「Phenom II X6」を正式に発表した。かねてより投入の予告されていたデスクトップPC向けヘキサコアCPUが,12コアOpteronに若干遅れて,いよいよ登場してきたわけだ。
 当初のラインナップは,フラグシップとなる「Phenom II X6 1090T Black Edition/3.2GHz」(以下,X6 1090T)と,その下位に置かれる「Phenom II X6 1055T/2.8GHz」(以下,X6 1055T)の2モデル。4月29日発売予定で,AMDの日本法人・日本AMDの想定売価は前者が3万5000円前後,後者が2万2000円前後となる。

報道関係者向け事前説明会で,Phenom II X6を発表する,日本AMDの宮本啓志代表取締役社長。「いま(自分は)Phenom II X4搭載のマシンを使っているが,ゴールデンウィークを使って,多くの人達といっしょにPhenom II X6へ入れ替えられることを本当にうれしく思う」とのこと
 発表に先立って開催された,報道関係者向けの事前説明会で,日本AMD代表取締役社長の宮本啓志氏は,同じく6コアを搭載する競合他社の製品――要するにIntelの「Core i7-980X Extreme Edition/3.33GHz」(以下,i7-980X)――と比べて,店頭価格はX6 1090Tで3分の1,X6 1050Tなら4分の1以下だとし,コストパフォーマンスでは圧倒するとアピール。重要なのは「スレッド」ではなくリアルな「コア」だとして,「Intel Hyper-Threading Technology」により12スレッド処理の可能なi7-980Xを牽制しつつ,6コアCPUとしてのコストパフォーマンスでは,競合を圧倒するとした。

X6 1090Tは,「Core i7-930/2.66GHz」と同じ価格,X6 1055Tは「Core i5-750/2.66GHz」と同じ価格で,それぞれ2コア多い。また,i7-980X単体を購入する予算があれば,X6 1090T+「ATI Radeon HD 5670」ベースのPCが1台作れてしまうというスライド
Phenom II Phenom II

 また氏は,当初,Phenom II X6の出荷予定時期が5月中旬になっていたというエピソードを披露。日本法人からの強力なプッシュで,大型連休初日の販売開始を実現できたとも述べ,AMDの6コアCPUは,休暇期間中に新しいPCを導入したり,自作したいというニーズに,価格だけでなくタイミング的にも応えられる
存在だとアピールしている。


アーキテクチャ自体はPhenom II X4と変わらずも

新機軸「Turbo CORE」で動作クロックを自動ブースト


Thubanコアのダイイメージ
Phenom II
 Phenom II X6プロセッサは,45nm SOIプロセス技術で製造されるCPUで,1コア当たり容量512KBのL2キャッシュと,6コアで共有する容量6MBのL3キャッシュを搭載。マイクロアーキテクチャは,「Deneb」(デネブ)とも呼ばれる現行のPhenom II X4プロセッサと変わらないため,BIOSの対応次第で,Socket AM3マザーボードのみならず,AM2+パッケージ対応版Socket AM2マザーボードでも動作可能という特徴も踏襲する。

 一つ,従来製品大きく異なるのは,モデルナンバーの末尾にある「T」でその存在が示された「AMD Turbo CORE Technology」(以下,Turbo CORE)だ。Turbo COREはは,消費電力量の目安となるTDP(Thermal Design Power,熱設計消費電力)値125Wの枠内で,一部のコアを自動的にクロックアップ動作させる機能である。

AMD本社からBob Grim氏(Director of Product Marketing, AMD)が来日し,Phenom II X6に関する説明を行った
Phenom II
Turbo COREの概要
Phenom II
Turbo COREの動作イメージ
 米国AMD本社でクライアント向けCPUのプロダクトマーケティングを統括するBob Grim(ボブ・グリム)氏は,このTurbo COREについて,マルチコア(≒マルチスレッド)対応アプリケーションが,1〜3コアを最大限に稼働させる状況になった場合,6コア中3コアを一時的にアイドルモードへ移行させ,その分生まれたTDPの余裕を,アクティブな3コアへ振り分けることで,定格よりも高い動作クロックへ引き上げるものだと説明する。

 「ベンチマークソフトなどを除くと,大半のソフトウェアは2〜3コア(≒スレッド)しか使っていない」と述べた氏は,一般的なオフィスアプリケーションなどで,Turbo COREのメリットは生きてくるという見通しを示していた。もちろん,高度にマルチスレッド化された例の少ないゲームアプリケーションでも,Turbo COREは相応に生きてくるはずだが,ゲームにおいては,実際の“効き”が,タイトルごとに異なってくると氏は見ているようだ。

 「TDPの余裕を見て,一部コアの動作クロックを引き上げる」というアプローチ自体は,競合の「Intel Turbo Boost Technology」(以下,Turbo Boost)と同じ。しかしGrim氏は,「搭載するコア数の半分をアクティブにするTurbo COREのほうが,各コアの伸びしろは大きく,効率がいい」と断言する。
 例えば,「Core i7-860/2.93GHz」の場合,Turbo Boost有効時に,シングルコアの最大動作クロックは3.60GHzへ達する。これに対し,X6 1090Tなら,定格3.2GHzのところ,Turbo COREで3コアが3.6GHzへクロックアップ。X6 1055Tも順に2.8GHz,3.3GHzだ。マルチスレッド性能の伸び率は,Phenom II X6のほうが優れているというわけである。

 一部の「Intel X58 Express」チップセット搭載マザーボードとi7-980Xの組み合わせでは,TDP値を変更することでTurob Boost有効時の動作倍率を変更できるが,「X6 1090T搭載時に,TDP値の変更や,Turbo COREのターゲットクロック変更ができるかは分からない」(Grim氏)。このあたりは実際のCPUで検証する必要があるだろう。

 なお同氏は,Turbo COREを,4コアモデルにも今後採用すると明らかにしているので,今後は,Phenom II X4にも,末尾にTの付いたTurbo CORE対応製品が投入されるはずだ。
 OEM関係者によると,Turbo CORE対応モデルは開発コードネーム「Zosma」(ゾスマ)と呼ばれており,第一弾としては「Phenom II X4 960T/3.0GHz」が,Turbo CORE有効時に2コアが3.4GHz動作する製品として用意されているようだ。マザーボードベンダーの中には,Phenom II X3などで実現されていた「無効化されたコアをアクティブにする“アンロック”機能」で,Zosmaコアを6コア動作させる方法を探っているところもあり,4コアモデルの登場に当たっては,このあたりも注目を集めそうである。


Phenom II
 話を戻そう。AMDは,Phenom II X6の投入に合わせて,純正のチューニングツール「AMD OverDrive」のバージョンを3.2.1へと引き上げる。新バージョンでは,複数のパラメータを設定することに抵抗を覚えるオーバークロック初心者に向けて,一つのスライダーで包括的なオーバークロック設定を行えるモードも用意されるとのことだ。
 「X6 1090Tでは,これまでの製品以上にオーバークロックの耐性を持っている。バージョン3.2.1のAMD OverDriveと,高性能のCPUクーラーを組み合わせれば,空冷で4.2GHz,液体窒素冷却で6GHzに到達できる」(Grim氏)。


Serial ATA 6Gbpsをサポートした

AMD 8シリーズのフルラインナップも発表


 AMDはまた,Phenom II X6のリリースに合わせ,AMD 8シリーズのフルラインナップを発表した。
 AMD 8シリーズでは,「ATI Radeon HD 4290」グラフィックス機能を統合した「AMD 890GX」が先行発表されていたが,今回は,新世代のフラグシップモデル「AMD 890FX」とその下位モデル「AMD 870」,そしてAMD 890GXの下位モデルとなる「AMD 880G」の3製品が追加されている。

AMD 890FX+SB850の概要とブロックダイアグラム
Phenom II

 AMD 890FXは,AMD 7時代のフラグシップモデルだった「AMD 790FX」を,「A-Link Express III」に対応させたチップセットという位置づけ。ノースブリッジとサウスブリッジ間の帯域幅を,片方向2GT/sへと高めている。また,ノースブリッジ側のPCI Express(以下,PCIe)インタフェースは,グラフィックス用にPCIe 2.0 x16 ×2(または同x8 ×4)のほか,PCIe x1 ×6,PCIe x4×1の合計42レーンを確保。加えて,IOMMU(Input/Output Memory Management Unit)を実装することによって,仮想化環境におけるI/Oの分離などを可能にしている。これは,Intelが一部製品で実装する「VT-d」(Virtualization Technology for Directed I/O)に対応するものだ。

 新しいメインストリーム市場向けチップセットとなるAMD 870は,PCIe 2.0 x16 ×1と同x1 ×6の合計2レーンをサポートする,A-Link Express III対応製品という位置づけだ。基本仕様だとATI CrossFireX(以下,CFX)はサポートされないが,「16レーンをスプリットすることは禁じていない」(AMD)とのことなので,8レーン×2という仕様で2-way CFXをサポートするマザーボードは登場する可能性がある。
 最後にAMD 880Gだが,こちらは,「ATI Radeon HD 4250」と名付けられた,DirectX 10.1世代のグラフィックス機能を統合する製品だ。グラフィックス機能のコアクロックは560MHzで,置き換え対象となる「AMD 785G」の同500MHzから,若干のスペック向上を実現している。

※1 Socket AM2マザーボードは,AM2+パッケージ対応モデルに限る
※2 マザーボードベンダーによってはx8 ×2によるCFX構成をサポートする可能性もある

 一方,組み合わせられるサウスブリッジとしては,AMD 890GXと同時発表された「SB850」の下位モデルとして,「SB810」も発表された。ノートPC用サウスブリッジ設計を共用するSB810の位置づけは,SB850から,Serial ATA 6GbpsやRAID 5対応が省かれた廉価版。説明会では,これら新型チップセットを搭載した各社のマザーボードが展示されたので,本稿の最後で,写真を中心に紹介したい。

※エントリー向け製品の一部で採用される

 気になるPhenom II X6の実力については,別途掲載しているレビュー記事を併せてチェックしてもらえれば幸いだ。


Phenom II X6 1090T Black Edition/3.2GHzレビュー



説明会場にあったAMD 890FX/870/880Gマザーボード


●ASUSTeK Computer

AMD 890FX搭載の一般ユーザー向けモデル「M4A89TD PRO」(左,予想実売価格2万2000円前後)と,AMD 880GベースのATXモデルで,USB 3.0コントローラを搭載した「M4A88TD-V EVO/USB3」(右,予想実売価格1万5000円前後)。ASUSTeK Computerは,ゲーマー向けモデル「Crosshair IV Formula」も含め,一挙8製品を市場投入予定という
Phenom II Phenom II

●BIOSTAR MICROTECH

BIOSTAR MICROTECHの販売代理店であるエムヴィケーは,AMD 890FX搭載のフラグシップモデル「TA890FXE」のほか,AMD 870搭載のATXボード「TA870+」,AMD 880G搭載のmircoATXボード「TA880G HD」の3枚を並べていた。TA870+とTA880G HDのポップが逆なので,写真をチェックするときはご注意を
Phenom II Phenom II Phenom II

●ECS(Elitegroup Computer Systems)

ECSは,AMD 880G搭載のATXモデル「A885GM-A2」(左)と,microATXモデル「A885GM-M2」(右)を展示
Phenom II Phenom II

Foxconn Electronics

Foxconn Electronicsからは,AMD 880G搭載のmicroATXボード「A88GM Deluxe」が展示された
Phenom II

●GIGABYTE TECHNOLOGY

Phenom II Phenom II
GIGABYTE TECHNOLOGYは一挙8製品を展示していた。上段左はフラグシップモデルとなるAMD 890GXモデル「GA-890FXA-UD7」で,その右は同製品の下位に位置づけられる「GA-890FXA-UD5」。中段は左と中央は順に,AMD 880G搭載でUSB 3.0対応モデルから,ATXの「GA-880GA-UD3H」とmicroATXの「GA-880GMA-UD2H」となる。右は,同社が独自に「AMD 890X」と位置づけるCFX対応のAMD 870マザーボード「GA-890XA-UD3」だ。下段は左から順に,AMD 870搭載のATXモデル「GA-870A-UD4」,AMD 880GでUSB 3.0対応の廉価モデル「GA-880GM-USB3」,そしてAMD 880G搭載のエントリーモデル「GA-880GM-US2H」
Phenom II Phenom II Phenom II
Phenom II Phenom II Phenom II

●MSI

Phenom II
MSIは,同社独自の品質基準「Military Class」準拠のハイエンドAMD 890FXボード「890FXA-GD70」(上段)のほか,AMD 870搭載のミドルクラス市場向け製品「870A-G54」(下段左),AMD 880G搭載のmicroATXモデル「880GMA-E45」(下段右))を並べていた
Phenom II Phenom II


●おまけ:AMD 890GX搭載マザーボード


説明会場には,AMD 890GX搭載ボードも4枚並んでいた。せっかくなので紹介しておこう。上段左はECS「A890GXM-A(U)」(USB 3.0インタフェースカード付き)で,右はFoxconn Electronicsの「A9DA-S」。下段は左がJetway Information「HA09」,右がMSI「890GXM-G65」だ
Phenom II Phenom II
Phenom II Phenom II
  • 関連タイトル:

    Phenom II

  • 関連タイトル:

    AMD 8

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月23日〜05月24日