オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
TOP
PC
Xbox
PS4
PSV
Switch
3DS
スマホ
女性向け
VR
ハードウェア
ハードウェア
レビュー
テストレポート
インタビュー
ムービー
ドライバ
ベンチマークレギュレーション
AC
アナログ
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2010/05/28 13:00

レビュー

LGA1156で倍率ロックフリー。「K」型番の存在意義を確認する

Core i7-875K/2.93GHz
Core i5-655K/3.20GHz

Text by 宮崎真一


 Intelはまもなく,プロセッサナンバーの末尾に「K」が付いたLGA1156パッケージのCPU,「Core i7-875K/2.93GHz」(以下,i7-875K)「Core i5-655K/3.20GHz」(以下,i5-655K)を投入予定だ。
 「K」の意味するところはズバリ,倍率ロックフリー。「Core」ブランドのプロセッサで,Extreme Editionではない――要するに,1000個ロット時価格が999ドルかそれ以上ではない――製品としては初めて,倍率固定が外れているというのが,最大の特徴となっている。

i7-875K(左)とi5-655K(右)の性能評価用エンジニアリングサンプル。仕様は製品版と完全に同一とされる一方,刻印は異なる
Core i7&i5(LGA1156,クアッドコア) Core i7&i5(LGA1156,クアッドコア)

 AMDの「Black Edition」対抗という気配が濃厚な2モデルだが,実際のところ,これらはゲーマーにとってメリットがあるのか。4Gamerでは性能評価用サンプルを独自に入手できたので,さっそく検証してみたい。


「従来製品ベースで,倍率ロックフリー化」

価格は通常モデルより数十ドル高めに


上はi7-875K,下はi5-655K搭載時に「CPU-Z」(Version 1.54)を実行したところ。i5-655KはリビジョンがK0になった(※いずれもサムネイルをクリックすると別ウインドウで全体を表示します)
Core i7&i5(LGA1156,クアッドコア)
Core i7&i5(LGA1156,クアッドコア)
 2製品を概観しておくと,まずi7-875Kは,Lynnfieldコアを採用したLGA1156パッケージのクアッドコアCPU。i5-655Kは,Clarkdaleコアを採用したデュアルコアCPUと,「Intel HD Graphics」ブランドのグラフィックス機能を統合したGMCH(Graphics Media Control Hub,ノースブリッジ)を一つのLGA1156パッケージに封入したCPU(+GPU)だ。

 従来製品,そして4コアのExtreme Editionである「Core i7-975 Extreme Edition/3.33GHz」(以下,i7-975)とのスペック比較は表1にまとめたとおりだが,i7-875Kとi5-655Kの基本仕様は,それぞれ「Core i7-870/2.93GHz」(以下,i7-870),「Core i5-650/3.20GHz」(以下,i5-650)とまったく同じ。入手した個体でチェックしたところ,i5-655Kはリビジョンが異なっていたが,基本的には「倍率固定が解除されただけ」という理解で問題ない。

※i7-875Kとi5-655KはIntelからOEMとなるPCメーカーなどに示されている1000個ロット時単価。それ以外は4Gamer調べによる2010年5月28日現在の実勢価格

上はi7-875K,下はi5-655Kのパッケージ底面
Core i7&i5(LGA1156,クアッドコア)
Core i7&i5(LGA1156,クアッドコア)
 製品名にExtreme Editionが与えられなかったのは,200〜300ドル台の製品を最上位ということにはしたくなかったからではないかと思われるが,ここで,i7-875Kの1000個ロット時価格が,i7-870の実勢価格より安いことに気がついたかもしれない。これについて流通関係者によれば,Intelはi7-875K&i5-655Kのリリースに合わせて,i7-870の1000個ロット時価格を,現在の562ドルから,「Core i7-860/2.80GHz」と同等の価格(※284ドル前後)へ引き下げる計画を持っているとのことだ。

 その情報が正しいとすると,i7-875Kはi7-870比で60ドル弱,i5-655Kはi5-650(※1000個ロット時価格176ドル)比で40ドルほど,“倍率ロックフリー費”が上乗せされることになる。換言すれば,i7-875Kとi5-655Kは,倍率ロックフリーという点に数十ドル分の価値を認められるような,オーバークロックを前提でCPUを選ぶ人向けということになるだろう。

i7-875Kの比較対象がCore i7-860になっている,意味深なスライド。動作クロックも異なるため,基本的には比較する必要がないはずなので,価格を見ろということなのかもしれない。また,5月上旬に“神様”がLynnfieldやClarkdaleにおけるコアとアンコアの相関について語っていたが,それを受けてかこのスライドでは「どこの倍率固定がアンロックされているか」という説明が行われている
Core i7&i5(LGA1156,クアッドコア)

i7-875Kとi5-655Kの製品ボックスについて言及するスライド
Core i7&i5(LGA1156,クアッドコア)
 なお,今回4Gamerで入手したi7-875Kとi7-655KはCPU単品だったが,実際の製品ボックスにもCPUクーラーは付属しない。右に示したのは,両製品の製品ボックスイメージを含んだスライドだが,ノートPC用CPUの製品ボックスに似た,薄めのものになっている。
 オーバークロックで遊ぶに当たっては,サードパーティ製のクーラー製品を使うのが半ば常識化しているだけに,不要なモノが増えないという意味ではアリかもしれない。

 ちなみにIntelは,「Core i7-980X Extreme Edition/3.33GHz」に付属する大型のサイドフロー型CPUクーラー「DBX-B」をベースに,LGA1156に合わせて小型化した「DHX-B」を,PCパーツショップなどで単体販売する計画を持っている。


どちらもラクに空冷4GHz超えを達成

利用には対応BIOSが必要な点は要注意


編集部で独自に用意したMegahalems Rev.BとKAZE-JYUNI
Core i7&i5(LGA1156,クアッドコア)
 概要を押さえたところで,実際にオーバークロック耐性を検証してみたい。今回用意したのは表2の構成。クーラーには,できればDHX-Bを利用したかったのだが,スケジュール的に難しかったため,今回はProlimatech製のサイドフロー型ファンレスクーラー「Megahalems Rev.B」にサイズ製の120mm角ファン「KAZE-JYUNI」(型番:SY1225SL12H,回転数1600rpm)を組み合わせて用いることにした。


Maximus III Formula
ゲーマー&OCer向けのP55マザー
メーカー:ASUSTeK Computer
問い合わせ先:ユニティ(販売代理店) news@unitycorp.co.jp
実勢価格:2万6000〜2万9000円(※2010年5月28日現在)
Core i7&i5(LGA1156,クアッドコア)
 オーバークロックの検証は,「BIOSから動作倍率を上げていき,必要に応じてCPUコア電圧も高めていく」という手法で行うのだが,ここで一つ問題に当たった。というのも,テストに用いたASUSTeK Computer製マザーボード「Maximus III Formula」では,原稿執筆時点の最新バージョンとなる1607版BIOSだと,i7-875Kの倍率設定を変更しても,24倍までしか反映されなかったのだ。そこで今回は,まもなく正式版としてリリースされる予定という1801β版のBIOSを同社から提供してもらい,それで倍率変更を有効化することにしている。
 Kシリーズはイレギュラーな存在だけに,倍率変更によるオーバークロックを行うに当たって,BIOSのアップデートが必須になる可能性が高いことは覚えておく必要があるだろう。

 さて,オーバークロックテストでは,具体名は後述する3Dベンチマークテストが問題なく動作し,かつ,ストレスツールの「OCCT」(Version 3.1.0)が6時間完走したことを持って「安定動作」したと見ることにした。

オーバークロック試行結果。コア電圧設定をAutoとしたi5-655Kだが,“CPU-Z読み”だとコア電圧は約1.35Vだった
Core i7&i5(LGA1156,クアッドコア)
Core i7&i5(LGA1156,クアッドコア)
 結果は,i7-875Kが,CPUコア電圧を1.4Vまで引き上げた状態で,ベースクロック133MHzの32倍設定となる4.28GHzで安定動作。CPUコア電圧を1.45Vまで引き上げ,さらに「Intel Hyper-Threading Technology」(以下,HTT)を無効化しても,33倍設定では安定動作しなかった。
 ちなみに,4Gamerで以前,ベースクロックを引き上げる手法でi7-870のオーバークロックを試みたときの安定動作クロックは4.19GHzだった。もちろん,CPUクーラーをはじめとする諸条件が異なるので,横並びの比較はできないのだが,ベースクロックを上げることで,そのほかのコンポーネントに負荷をかける方式よりも,オーバークロック設定を試みやすくなったとはいえそうだ。

 一方,i5-655Kだと,電圧設定「Auto」のまま,33倍の4.40GHzで安定動作。34倍だと,コア電圧を1.45Vまで引き上げたり,HTTを無効化したりしても安定動作はかなわなかった。ただ,BIOSまでなら,37倍の4.92GHzまで立ち上がってきたことは付記しておきたいと思う。

 いずれにしても個体差があるので,その点はくれぐれも注意してほしいが,4GHz超えくらいまでなら空冷で“普通に”行けそうな手応えはあった。
 なお以下,オーバークロック状態は「i7-875K@4.28GHz」「i5-655K@4.40GHz」と明記して,規定クロックと区別する。

※注意
CPUのオーバークロック動作は,CPUやマザーボードメーカーの保証外となる行為です。最悪の場合,CPUやメモリモジュール,マザーボードなど構成部品の“寿命”を著しく縮めたり,壊してしまったりする危険がありますので,本稿の記載内容を試してみる場合には,あくまで読者自身の責任で行ってください。本稿を参考にしてオーバークロック動作を試みた結果,何か問題が発生したとしても,メーカー各社や販売代理店,販売店はもちろん,筆者,4Gamer 編集部も一切の責任を負いません。



定格動作時のパフォーマンスは従来製品と同じ

オーバークロック動作では一部i7-975を圧倒する場面も


 オーバークロック設定の可能性が見えたところで,実際のゲームアプリケーションにおける性能検証に移ろう。
 テスト方法は4Gamerのベンチマークレギュレーション9.2準拠だが,スケジュールの都合上,今回は「Crysis Warhead」「Left 4 Dead 2」を省略。また,グラフィックス描画負荷が大きくなりすぎるとCPUの性能差が見えづらくなるため,「高負荷設定」は省略し,「標準設定」のみでテストを行う。

 テストに当たって,HTTはすべて有効化。TDP(Thermal Design Power,熱設計消費電力)の枠内で自動的に動作クロックを引き上げる「Intel Turbo Boost Technology」(以下,Turbo Boost)は基本的に有効化しているが,Maximus III FormulaのBIOS 1801βはその仕様上,倍率設定を変更すると,自動的にTurbo Boostが無効化されるため,いきおい,i7-875K@4.28GHzとi5-655K@4.4GHzでは,Turbo Boostは無効ということになる。

BIOSのオーバークロック関連メニュー「Extreme Tweaker」を撮影したもの。通常時はTurbo Boostの設定項目が表示されるが,倍率設定を変更するとそれが消える
Core i7&i5(LGA1156,クアッドコア) Core i7&i5(LGA1156,クアッドコア)

 というわけで,まずグラフ1は「3DMark06」(Build 1.2.0)の総合スコアをまとめたものになる。
 当然の話ではあるのだが,定格動作クロックで比較する限り,i7-875Kはi7-870と,i5-655Kはi5-650と,ほとんど同じスコアにまとまっている。オーバークロック設定を行わない限り,“K付き”と“Kなし”で違いはないわけだ。

 一方,オーバークロックの効果は大きく,2コア4スレッド処理のi5-655K@4.4GHzが,4コア8スレッド処理のExtreme Editionであるi7-975を上回るスコアを示す。同じ4コア8スレッドCPUであるi7-875K@4.28GHzだと,i7-975の定格動作時に対して16〜18%高いスコアを示している。


 グラフ2は,3DMark06のデフォルト設定となる解像度1280×1024ドット時のCPU Scoreをまとめたものだが,マルチスレッド処理能力が問われるCPU Scoreだと,i5-655K@4.40GHzは少々苦しい。


 続いて,「Call of Duty 4: Modern Warfare」(以下,Call of Duty 4)の結果をグラフ3にまとめた。1680×1050ドット設定でも200fps超えというスコアを示してGPUボトルネックが生じ,スコアの差はほとんど出ていないが,i7-875K@4.28GHzがスコアを落としたのは気になった。もっとも,β版BIOSであることが理由か,CPUに無理をさせすぎたのが理由かは,さすがにこれだけだとはっきりしない。


 高いレベルでマルチスレッド処理に最適化された「バイオハザード5」だと,動作クロックよりもコアの数がフレームレートを規定していることがはっきりと分かる(グラフ4)。i5-655Kだとオーバークロックは有効で,定格比20%程度のスコア向上を示しているが,それでもi7-870の定格動作時から19〜27%引き離された。
 一方,i7-875K@4.28GHzはi7-975のスコアを低解像度で順当に上回るが,体感できる差かというと少々疑問も残る。


 「ラスト レムナント」のテスト結果は,数字こそ高めであるものの,全体的にはバイオハザード5と同じ傾向を示した(グラフ5


 ゲームアプリケーションを用いたテストの最後は「Colin McRae: DiRT 2」(以下,DiRT 2)だが,グラフ6も全体的な傾向はバイオハザード5などと同じ。ただ,オーバークロック設定を行ったi7-875K@4.28GHzが何らかの理由でスコアを落とすという,Call of Duty 4と同じポイントも見られた。



定格動作時の消費電力は従来製品と同じ

i5-655KのOCは消費電力面で魅力に


 i5-655Kでリビジョンチェンジが生じている以外,規定スペックに違いはないKシリーズと従来製品だが,実際のところ,消費電力面に違いは生じているだろうか。また,4GHzオーバーのオーバークロックが,どれだけ消費電力面に数字的なインパクトを与えているのかも気になるところだ。
 そこで,OSの起動後30分間放置した時点を「アイドル時」。OCCTのCPUテストを30分連続実行した時点を「高負荷時」とし,ログの取得が可能なワットチェッカー,「Watts up? PRO」からシステム全体の消費電力を測定することにした。アイドル時に関しては,省電力機能であるEnhanced Intel SpeedStep Technology(以下,EIST)の有効時と無効時,両方でスコアを取得している。

 その結果はグラフに示したとおり。i7-875Kとi7-870のスコアはまったくといっていいほど変わっておらず,i5-655Kとi5-650も同じだ。
 面白いのは,i7-875K@4.28GHzが高負荷時に312Wというスコアを記録し,i7-975を“子供扱い”するかのごとく高くなってしまっているのに対し,i5-655K@4.40GHzは173Wとあまり高くないこと。もちろんi5-655K@4.40GHzには,電圧設定を手動で引き上げたりしていないという「スコアが上がらない理由」があるのだが,それでも「4.40GHz動作でこの値」というのは,なかなかにインパクトのある結果だ。


 続けて,アイドル時と高負荷時におけるCPUコア温度を,「HWMonitor Pro」(Version 1.08)で測定することにした。
 測定に当たっては,室温21℃の環境に,テストシステムをバラックで置いて行うことにしている。用いたCPUクーラーは,オーバークロック状態の2製品が前述のMegahalems Rev.B+KAZE JYUNIで,i7-975は同製品のリファレンスクーラー,それ以外はi7-870のリファレンスクーラーだ。

 その結果がグラフ8で,定格動作時のCPU温度は,やはり“K付き”“Kなし”で同じ。i7-875K@4.28GHzは,CPUコア電圧を引き上げたこともあって,高性能なCPUクーラーを用いているにもかかわらず,高負荷時に80℃を超えてしまっている。



どこからどう見ても

「オーバークロック用」のCPU


 冒頭から何度か述べてきていることを,最後にも繰り返すことになるのだが,i7-875Kとi5-655Kは,オーバークロックを行いたい人向けのCPUである。

 i7-875Kは60ドル,i5-655Kは40ドル。このプレミアム(≒価格の上乗せ)をどう判断するかは意見の分かれるところだが,ベースクロックをちまちまと弄っていくしか術のない従来モデルにはない自由度に,これだけの価値を見いだせるかどうか。この一点で評価は完全に分かれると思われる。
 見いだせる人にとっては,Extreme Editionにはないコストパフォーマンスを持った,十二分に魅力的な選択肢だとまとめられるだろう。一方,そうでない大多数の読者には,「素直に従来製品を選んで,浮いたコストをグラフィックスカードのグレードアップにつぎ込んだほうが幸せになれるはず」と述べておきたい。
  • 関連タイトル:

    Core i7&i5(LGA1156,クアッドコア)

  • 関連タイトル:

    Core i5&i3(LGA1156,デュアルコア)

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月23日〜11月24日
タイトル評価ランキング
82
ARMS (Nintendo Switch)
76
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
2017年05月〜2017年11月