― 連載 ―


天之麻迦古弓(あめのまかこゆみ)
 天若日子(あめのわかひこ) 

Illustration by つるみとしゆき
 葦原中国(下界)を統治するため,高天原(天界)から日向国の高千穂峰に降り立った邇邇芸命(ににぎのみこと)は,八咫鏡(やたのかがみ),八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま),天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)を用いて葦原中国を平定,大和朝廷を興し,神武天皇となった。これを日本神話では「天孫降臨」と呼んでいるが,実はそれよりも早く,葦原中国の平定に向かった神が二人いた。
 まず最初に降り立ったのは,天照大神の第二子である天穂日命(あめのほひのみこと)。彼は土着の神々を説得するために出雲の大国主神(おおくにぬしのかみ)のもとへと向かったが,説得するどころか信服して家来になってしまい,高天原との連絡を三年も断ってしまった。
 そして次に遣わされたのが天若日子(あめのわかひこ)である。降臨に際しては高御産巣日神(たかみむすびのかみ)から天之麻迦古弓と天羽々矢(あまのはばや)を授かっており,もしも天若日子が葦原中国を平定していれば,最初の天皇は天若日子となり,現在の三種の神器の構成も,今とはまったく違うものになっていたはうだ。しかし,彼はなぜ葦原中国の平定に失敗してしまったのだろうか。今回は,天若日子と天之麻迦古弓にスポットを当てて紹介しよう。

 天若日子と下照姫 

 葦原中国を平定するために降り立った天若日子は,天穂日命と同様に大国主神のもとへと向かったが,そこで下照姫(シタテルヒメ)と出会ってしまう。下照姫は非常に美しく,また天若日子も美男子であったことから二人は惹かれ合い,恋仲になってしまったのである。結局,天若日子は下照姫と結婚し,下界の暮らしに馴染んでいった。
 天若日子が下界に降り立って8年。まったく連絡がないことに天界はいらだっていた。そこで天照大神は鳴女(なきめ)という名を持つキジを派遣して下界の様子を探らせようとした。しかし,下界には天界の動向に敏感な天探女(あめのさぐめ)という神がいて,鳴女の行動を察知すると,天若日子に「不吉なキジの鳴き声が聞こえるので,それを射殺してほしい」と話した。そこで天若日子は,天から降りてきたときに授かった神器,天之麻迦古弓に天羽々矢をつがえると,キジを射たのである。
 神器の威力はすさまじく,一撃で鳴女を射殺してしまったばかりか,放たれた天羽々矢は高天原の高御産巣日神のもとまで届いたのである。血塗られた天羽々矢に気づいた高御産巣日神はすべてを察し,「天若日子に邪心があるならば死を!」と祈ると,天羽々矢を下界に向かって放り投げた。すると天羽々矢は下界で寝ていた天若日子の胸に刺さり,天若日子は絶命してしまった。
 夫を失った下照姫が悲しみに暮れて泣いていると,その悲しみは天界に届き,天若日子の父神である天津国玉神とその妻が降臨し,喪屋を作って8日にわたって弔った。また天から天若日子を弔うために阿遅志貴高日子根神(あぢしきたかひこね)も喪屋を訪れたのだが,天若日子にあまりに似ていたので,天若日子が生き返ったと勘違いされ,これに気を悪くした阿遅志貴高日子根神は,汚らわしい死人と一緒にするなと喪屋を破壊して飛び去ったという。なお,崩れた喪屋が現在の岐阜県の喪山になったといわれている。

 巡る季節と天若日子 

 この逸話はそれほど有名ではないが,なかなか興味深い点も多い。一説によれば天若日子と阿遅志貴高日子根神は同一神で,穀物/植物が秋に枯れ,春になると再び芽生えることを示しているという。また,「あめのわかひこ」の最初に二文字に着目すると「あまのじゃく」と読めるため,天の邪鬼(人の意に逆らうひねくれもの)の語源になったともいわれている。ただし,天の邪鬼の語源に関しては,同逸話に登場する天探女に由来するという説もあるようだ。
 さらに高天原からの使命を果たすことなく死んでしまった鳴女というキジについては,キジの使いは行ったきり帰らないという意味で「雉の頓使」(きざしのひたつかい)ということわざが生まれ,それが省略されて「頓使」となった。頓使はほとんど使われることはなく,現在では同義語として「梨のつぶて」を使う方が一般的だ。
 またクライマックスで,高天原に届いた天羽々矢を高御産巣日神が投げ返すシーンがあるが,ここから生まれた「返し矢」という俗信もある。これは飛んできた矢を打ち返せば,持ち主に命中するというもので,壇ノ浦の戦いでも,相手の打ち込んできた矢を拾って撃ち返すことが頻繁に行われたという。

 

カウディモルダクス

■■Murayama(ライター)■■
前回,Murayamaとその友人が共同で,青山に事務所用の物件を借りることになりそうだという話を紹介したが,どうやらその件は,ほぼ確定の模様。一応,友人がビルのオーナーと知り合いらしいので,賃料をまけてもらう交渉は可能らしい。月々いくらの賃料を払うことになるのか,今から非常に楽しみだ。「1週間間隔で著者紹介用のネタなんか作れないよ。4Gamer編集部は,そのちっこいカコミに力入れすぎ!」とぼやくMurayamaだが,酒さえあればネタが自動的に降ってくるのだから,便利な人である。

【この記事へのリンクはこちら】

http://www.4gamer.net/weekly/sandm/046/sandm_046.shtml