オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
TOP
PC
Xbox
PS4
PSV
Switch
3DS
スマホ
女性向け
VR
ハードウェア
ハードウェア
レビュー
テストレポート
インタビュー
ムービー
ドライバ
ベンチマークレギュレーション
AC
アナログ
パッケージ
ATI Radeon HD 5700
  • AMD
  • 発表日:2009/10/13
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2009/10/31 10:30

テストレポート

「ATI Radeon HD 5770」CrossFireXテスト。2万円のカード2枚でHD 5870に迫れるか?

 世界初のDirectX 11対応GPUとして,たいへん順調な滑り出しを見せているATI Radeon HD 5000(以下,HD 5000)シリーズ。その実力パフォーマンスはレビュー記事でお伝えしているとおりだが,価格対性能比,消費電力対性能比に優れるGPUシリーズであることに,疑いの余地はない。2009年10月末日時点での課題は流通量くらいである(※それはそれで,大いに問題だったりするのだが)。

ATI Radeon HD 5870レビュー記事
ATI Radeon HD 5850レビュー記事
ATI Radeon HD 5770&5750レビュー記事

 今回は,そんなHD 5000シリーズのうち,概ね2万円程度から購入可能(※2009年10月31日現在)な「ATI Radeon HD 5770」(以下,HD 5770)搭載グラフィックスカードを2枚使って,2-way ATI CrossFireX(以下,CFX)のパフォーマンスを検証してみたい。Stream Processor数800基のGPUを搭載したグラフィックスカード2枚で,同1600基のシリーズ最上位モデル「ATI Radeon HD 5870」(以下,HD 5870)に迫れるかをチェックしてみよう,というわけだ。


HD 5770 ×2はHD 5870とわたりあえるか?

ATI Radeon上位モデルと横並びで比較


SAPPHIRE HD 5770 1G GDDR5 PCIE DUAL DVI-I/HDMI/DP
メーカー:Sapphire Technology
問い合わせ先:アスク(販売代理店) info@ask-corp.co.jp
実勢価格:1万9000〜2万4000円(※2009年10月31日現在)
ATI Radeon HD 5700
 今回,CFXのテストに用いたのは,レビュー記事でも利用したAMDのリファレンスカードと,Sapphire Technologyの販売代理店であるアスクの協力で入手した,「SAPPHIRE HD 5770 1G GDDR5 PCIE DUAL DVI-I/HDMI/DP」(以下,SAPPHIRE HD 5770)だ。
 SAPPHIRE HD 5770は,リファレンスデザインを踏襲した製品で,動作クロックやグラフィックスメモリ容量はリファレンスカードとまったく同じ。今回,比較対象として用意したのは,HD 5870,「ATI Radeon HD 5850」(以下,HD 5850)リファレンスカード),「ATI Radeon HD 4870 X2」(以下,HD 4870 X2)で,これらの主なスペックをまとめたものが表1になる。


 冒頭で,HD 5770のStream Processor数はHD 5870の半分と述べたが,動作クロックはそのままに,“いろいろと半減”しているHD 5770が,2枚差しでどこまでがんばれるかが,本稿のポイントということになるだろう。

SAPPHIRE HD 5770を別の角度から。紛れもなくリファレンス仕様のカードである
ATI Radeon HD 5700 ATI Radeon HD 5700

HD 5770リファレンスカード。CFXのテストに当たっては,本製品をマスター(プライマリ)とし,SAPPHIRE HD 5770はスレーブ(セカンダリ)で用いた
ATI Radeon HD 5700
 テスト環境は表2のとおり。基本的にはHD 5770レビュー時のままだ。

 HD 5770レビュー記事の掲載後に,AMDは新しいグラフィックスドライバ「ATI Catalyst 9.10」をリリースしているが,HD 5770はサポート対象になっていないため,今回は,先のレビュー時と同様,AMDからレビュワー向けに配布された「8.66.6-091006a-089804E」用ドライバで,バージョンを統一している。


 テスト方法は4Gamerのベンチマークレギュレーション8.2準拠で,「バイオハザード5」については,海外向けとなる「Resident Evil 5」の公式ベンチマークソフトを利用している点もHD 5770のレビューと同じ。そのため,HD 5770レビュー記事から,流用できるスコアは積極的に流用するが,高いグラフィックス負荷環境下でこそ真価を発揮するCFXのテストということもあり,解像度設定は(シングルカードの評価時とは異なり)1680×1050/1920×1200/2560×1600ドットの3パターンとした。

 なお,HD 5770のCFX構成については,以下本文,グラフ中とも「HD 5770 CFX」と表記する。


CFX専用の動作ステートは正常に機能せず?

プライマリカードのPowerPlayにも課題


 さて,HD 5000シリーズの発表時にAMDは,CFXを構成した場合には,「Ultra Low Power State」(以下,ULPS)という特別な動作ステートへ移行することで,セカンダリGPUへの電力供給をカットし,さらなる低消費電力を実現すると説明していた(関連記事)。そこで,まずはこのULPSの実際をチェックしてみることにしたい。

 テストに用いたのは,ログの取得が可能なワットチェッカー,「Watts up? PRO」。OSの起動後,30分間放置した時点を「アイドル時」,レギュレーション8.2で定める各アプリケーションベンチマークを実行したとき,最も高い消費電力値を記録した時点を,各タイトルごとの実行時とし,各時点におけるシステム絵全体の消費電力をまとめたのがグラフ1だ。

 ここでは,アイドル時の消費電力に注目したい。
 HD 5770 CFXは144W,HD 5770は124Wなので,20W高くなっている。アイドル時におけるHD 5770の公称消費電力は18Wなので,カード1枚分高くなっている計算だ。AMDが主張するように,ULPSで消費電力がさらに低下するのであれば,アイドル時におけるHD 5770 CFXの消費電力は,HD 5770のそれにもっと近づいていなければつじつまが合わないのに,そうなっていないのである。

グラフ画像をクリックすると,別ウインドウで拡大版を表示します
ATI Radeon HD 5700

ATI Radeon HD 5700
アイドル時におけるスレーブGPUの動作状況(※サムネイルをクリックすると,別ウインドウで全体を表示します)
ATI Radeon HD 5700
アイドル時におけるマスターGPUの動作状況(※サムネイルをクリックすると,別ウインドウで全体を表示します)
 このとき,アイドル時におけるスレーブGPUの動作クロックをATI Catalyst Control Center(以下,CCC)のATI OverDriveから確認すると,コアクロック,メモリクロックはともに0MHzと表示されていた。ただその一方,搭載するGPUクーラーは20%の設定で回転し続けており,カードへの電力供給が依然として行われ続けていることも推測できる。

 また,CFX環境では,消費電力に関連したもう一つの問題も確認できた。それは,マスターカードにおけるATI PowerPlayの挙動だ。
 マスターカードの動作クロックを同じくCCCから見てみると,アイドル時はコア507MHz,メモリ2GHz相当(実クロック500MHz)。先のレビュー記事で紹介したとおり,シングルカード構成だと,順に157MHz,1.2GHz相当(実クロック300MHz)までアイドル時には下がるので,今回の構成だと,マスターカードにおけるATI PowerPlayの“効き”が悪くなっているというわけである。

 CCCの示す動作クロックを信用する限り,スレーブカードの消費電力は,少なからず下がっているが,それを,マスターカードの制御周りに生じた問題が帳消しにした結果,ULPSの意義を見いだせないスコアになってしまっている可能性が高い。
 このあたりは,HD 5770を正式にサポートするであろう,「ATI Catalyst 9.11」か,それ以降のドライバリリースを待つ必要がありそうだ。

 頭を切り換えて各アプリケーション実行時を見てみると,HD 5770 CFXの消費電力は,HD 5870と比べて30〜50W程度高く,2枚のグラフィックスカードを利用することによる,消費電力面でのデメリットは小さくないことが分かる。まあこれは逆にいうと,それだけHD 5870の消費電力が素晴らしく低い,ということでもあるのだが。

 なお,グラフ2に示したのは,3DMark06を30分間連続実行させた時点を「高負荷時」として,アイドル時ともども,TechPowerUp製のGPU情報表示ツール「GPU-Z」(Version 0.3.5)から取得したGPU温度のデータだ。
 室温は20℃で,システムはPCケースに組み込まない,いわゆるバラック状態でテストしているが,やはりGPU温度でも,HD 5770 CFXはHD 5870と比べて不利といえる。CFX構成を行うに当たって,ケース内のエアフローなど,冷却面への配慮は必須だろう。



シングルカード比で170〜180%の性能を発揮

HD 5870を上回る場面も多く見られる


 消費電力とGPU温度では,2枚のグラフィックスカードを搭載することのデメリットが大きく出てしまったが,パフォーマンス面はどうか。
 グラフ3,4は,「3DMark06」(Build 1.1.0)の総合スコアを比較したものである。HD 5770 CFXは,解像度が高ければ高いほど,グラフィックス描画負荷が高ければ高いほど,HD 5770比でスコアが大きく伸びている。2560×1600ドットでの「高負荷設定」で,HD 5770に対して184%というのは,なかなかインパクトが大きい。
 また,すべてのテスト条件でHD 5870のスコアを上回り,シェーダプロセッサ800基当たり,容量1GBのグラフィックスメモリを確保できるHD 5770 CFXのアドバンテージも見て取れよう。


 極めて描画負荷の高いテスト条件になっている「Crysis Warhead」のテスト結果がグラフ5,6だ。シングルカード構成に対するHD 5770 CFXの“スコア伸び率”は50〜70%程度。Crysis Warheadは,マルチGPUの恩恵を比較的受けにくいタイトルで,それを勘案すればがんばっているスコアだが,HD 5870に届いていないのも確かだ。
 プレイアブル,という観点では,「標準設定」の1920×1200ドット,高負荷設定の1680×1050ドットが限界ラインとなる。


 続いて,グラフ7,8に示した「Left 4 Dead」だと,HD 5770 CFXとHD 5770の関係は,3DMark06に近い。しかし,HD 5870にはあと一歩というところに留まった。


 シェーダプロセッサ数(≒テクスチャユニット数)に応じたスコアが出やすい「Call of Duty 4: Modern Warfare」(以下,Call of Duty 4)では,HD 5770 CFXが多くの解像度で圧倒的なスコアを示している(グラフ9,10)。HD 5770シングルカードに対して,90%以上も高い平均フレームレートを叩き出しており,HD 5870と比べた場合も,スコアは6〜14%ほど上回った。
 まずシェーダプロセッサ数でHD 5870ともども残る3製品を引き離し,さらに,シェーダプロセッサ当たりのメモリ容量で,HD 5870に対しても優位に立ったと見てよさそうだ。


 海外版の公式ベンチマークソフトを用いることで,CFXでもスコアの向上を見込めるようにした「バイオハザード5」のテスト結果がグラフ11,12となる。本タイトルは,マルチGPUに最適化されていることもあって,HD 5770 CFXとHD 4870 X2のスコアが全般的に高い。
 HD 5770に対するスコアの向上率は65〜80%だった。


 グラフ16に示した「ラスト レムナント」では,HD 5770 CFXとHD 5870のスコアが並んでいる。最も分かりやすくCFXの効果が出ているといえるかもしれない。
 ちなみに,HD 5770比でのパフォーマンス向上率は77%程度で,これも十分高いレベル。


 パフォーマンス検証の最後は,「Race Driver: GRID」(以下,GRID)になる(グラフ14,15)。全体的な傾向はLeft 4 Deadに似ているが,高負荷設定でHD 5770 CFXがHD 5870といい勝負を演じている点は押さえておきたい。



最初から2枚買うくらいならHD 5870に行くべき

だが,アップグレードパスとしては面白い


SAPPHIRE HD 5770の製品ボックス
ATI Radeon HD 5700
 バイオハザード5のスコアが参考値である(※実際の日本語製品版だと,今のところ今回示したテスト結果を体感できるわけではない)点は注意してほしいが,HD 5770 CFXの効果は,対応アプリケーションにおいてたいへん良好だ。10月下旬時点の実勢価格が4万円台中後半になっており,流通量も決して多いとはいえないHD 5870と比べると,コストパフォーマンス,入手のしやすさとも,HD 5770 CFXのほうが上である。

 しかし,2枚差しであるがゆえの弊害もHD 5770 CFXには確かにあり,スマートさでは間違いなくHD 5870に軍配が上がる。それを踏まえると,最初からHD 5770 CFXに手を出すくらいなら,HD 5870を探して購入するほうが,正しい選択だろう。
 一方,ひとまずHD 5770を1枚で運用しておいて,今後,ディスプレイを買い換えたり買い足したりした結果,性能面に不満が出たら,もう1枚手に入れて,HD 5870相当のパフォーマンスを手に入れる――そういったロードマップを描ける人にとっては,アップグレードパスとして,悪くない選択肢といえる。

 その頃までに,ATI Catalystの諸問題が解決していることを期待したい。
  • 関連タイトル:

    ATI Radeon HD 5700

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月25日〜09月26日