オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ATI Radeon HD 4600
  • AMD
  • 発表日:2008/09/10
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2008/09/10 13:01

レビュー

79ドルの最新GPUは,2008年秋のエントリーミドルクラス本命となるか

ATI Radeon HD 4670リファレンスカード

Text by 宮崎真一

»  AMDからリリースされた新世代のエントリーミドルクラスGPUは,低い価格と取り回しやすさが魅力的だが,肝心要のゲームパフォーマンスはどうなのか。AMDから入手したリファレンスカードを宮崎真一氏がさっそく評価する。AMDの勢いを感じる,その実力は要注目だ。


ATI Radeon HD 4670リファレンスカード
ATI Radeon HD 4600
 日本時間2008年9月10日1:01PM,AMDはATI Radeon HD 4000シリーズのエントリーミドルクラスGPUで,「ATI Radeon HD 4850」の下位に位置づけられる「ATI Radeon HD 4670」「ATI Radeon HD 4650」を発表した。その概要は別途掲載しているニュース記事をぜひ参考にしてほしいと思うが,本稿では,製品発表に合わせてAMDから借用したATI Radeon HD 4670リファレンスカードを用いて,新世代の低価格GPUが持つ実力に迫ってみたいと思う。


コンパクトで外部給電コネクタのない

これぞエントリーミドル向けというデザイン


 ATI Radeon HD 4670リファレンスカードのカード長は実測で約167mm(※突起部除く)。200mmを軽く超えるミドルクラスグラフィックスカードが当たり前になりつつある昨今,このコンパクトさは印象的だ。AMDは本カードの消費電力を75W以下と謳っているが,それを裏付けるように,PCI Express用の補助電源コネクタは用意されていない。

左はHightech Information Systems製の「ATI Radeon HD 3650」搭載カード(写真中央)およびASUSTeK Computer製の「GeForce 9600 GT」搭載カード(写真右)と,カード長を比べたところ。ATI Radeon HD 4670リファレンスカードは,ATI Radeon HD 3650カードよりもわずかながら短い。右はカードを別の角度から撮影したもの。ご覧のとおり,PCI Express補助電源コネクタは用意されていない
ATI Radeon HD 4600 ATI Radeon HD 4600

ATI Radeon HD 4600
出力インタフェースはDVI-Iが1系統,DisplayPortが2系統。この仕様で各社の搭載カードが発売されるわけではないが,トピックとはいえる
ATI Radeon HD 4600
GPUクーラーは小型だが,銅製フィンを採用しているため重い。そのため,GPU周囲の4点以外にも,数か所でネジ留めされている
 GPUクーラーは1スロット仕様のアクティブクーリングタイプ。TechPowerUp製のBIOSユーティリティ「Radeon BIOS editor」(Version 1.14)ではファン回転数を確認できなかったものの,筆者の耳で聞いた限り,動作音はそれほど大きくない。「静音タイプ」とまでは言えないが,「うるさい」まではいかないレベル,と述べれば,イメージは伝わるだろうか。

 GPUクーラーを外すと,GPUとグラフィックスメモリチップが姿を表す。開発コードネーム「RV730」と呼ばれていたGPUのダイサイズは実測で約12.3×12.3mmで,同16×16mmだった,開発コードネーム「RV770」ことATI Radeon HD 4850(や「ATI Radeon HD 4870」)と比べると一回り小さい。

 搭載するメモリチップはHynix Semiconductor製のGDDR3,「H5RS5223CFR-N0C」(1.0ns品)で,カードの両面に4個ずつ搭載することで,512MBというグラフィックスメモリ容量を実現している。

ATI Radeon HD 4600 ATI Radeon HD 4600
GPUクーラーを取り外したところ。基本的に,グラフィックスカードベンダー保証外の行為となるので注意してほしい
ATI Radeon HD 4600 ATI Radeon HD 4600
ATI Radeon HD 4670 GPU(左)と,リファレンスカードが搭載していたGDDR3メモリチップ(右)

ATI Catalyst Control Centerから「ATI OverDrive」で動作クロックをチェックしたところ
ATI Radeon HD 4600
 なお,「ATI Catalyst Control Center」によると,動作クロックはリファレンスどおりとなるGPUコア750MHz,メモリ2GHz相当(実クロック1GHz)。ATI Radeon HD 4670は,上位モデルと同様に省電力機能である「ATI PowerPlay」をサポートするが,アイドル時の動作クロックはコア165MHz,メモリ500MHz相当(実クロック250MHz)まで下がるのを確認できた。
 なお,前出のRadeon BIOS editorでチェックする限り,アイドル時はGPUコア電圧が標準の1.25Vから0.90Vへ引き下げられるようだ。

ATI Radeon HD 4600
Radeon BIOS editor実行結果。これによると,アイドル時にはATI PowerPlayによってGPUコア電圧が引き下げられている
ATI Radeon HD 4600
こちらは「GPU-Z」(Version 0.2.7)実行結果。「GPU Clock」が異常であるなど,スペックを正しく認識できていない


価格帯で競合する3製品と比較

“HD 4650”相当のスコアも計測


 今回,ATI Radeon HD 4670リファレンスカードのテストに当たっては,GPUスペックが比較的似ている前世代のミドルクラスGPU「ATI Radeon HD 3850」,そして,価格帯で完全に競合すると推測される「GeForce 9600 GT」「GeForce 9500 GT」を用意。また,搭載するメモリチップがDDR2とGDDR3で異なるため,厳密な意味での比較には適さないが,ATI Radeon HD 4670リファレンスカードの動作クロックをATI Radeon HD 4650相当に下げた状態でも,参考までにテストを行うことにした。
 各GPUの主なスペックは表1のとおり。

※1 本文にあるとおり,ATI Radeon HD 4670の動作クロック変更を行っているため,今回のテストではGDDR3となる
※2 ATI Radeon HD 4670/4650は,AMDによる搭載グラフィックスカードの想定売価。残る3製品は9月10日時点の実勢価格

 テスト環境は表2のとおり。テスト方法は4Gamerのベンチマークレギュレーション5.2準拠だ。
 なお,ATI Radeon用のグラフィックスドライバは,AMDからレビュワー向けに配布された「8.53-080805a-067864E-ATI」を利用した。原稿執筆時点における月例アップデートの最新版「ATI Catalyst 8.8」だと「Display Driver」のバージョンは8.522だったので,レビュワー向けバージョンは,“ATI Catalyst 8.9”のβ版か,それに近いものだろう。


 なお今回は(今回も?),貸し出しスケジュールがタイトだったため,スケジュールの都合上,GeForce 9600 GTとGeForce 9500 GTのスコアは,一部を後者のレビュー記事から流用している。そのため,

  1. マザーボードのBIOSバージョンは最新版の0407ではなく0403となっている
  2. GeForceシリーズのグラフィックスドライバが「GeForce Driver 177.72 Beta」となっている
  3. GeForce 9600 GTのスコアは「標準設定」の1024×768/1280×1024ドットがAlbatron Technology製「9600GT-512X」,それ以外は今回新たに用意したLeadtek Research製「PX9600GT S-FANPIPE」のものになっている

以上の点に注意してほしい。3.については,どちらもリファレンスクロックで動作する製品なので,パフォーマンスに大きな違いは生じないと考えられるが,念のためお断りしておきたい。
 このほか,ZOTAC International製「ZOTAC GeForce 9500 GT AMP! Edition」はクロックアップ版なので,「NVIDIA System Tool」から動作クロックをリファレンスにまで落としている。

 というわけで前置きが長くなったが,以下,「文中とグラフ中のいずれでも『ATI Radeon』『GeForce』の名を省略したGPU名で表記する」と宣言して,テスト結果を見ていくことにしよう。


ゲームによっては

9600 GTに迫るパフォーマンスを発揮


 グラフ1,2は「3DMark06 Build 1.1.0」(以下,3DMark06)の結果である。HD 4670は標準設定ではHD 3850に今一歩およばない。その一方で,9500 GTには大差を付けており,PCI Express用補助電源コネクタを要しないカードとしては最高性能を誇るGPUになりそうだ。
 また,高負荷設定では1600×1200ドット以上でHD 3850のスコアを上回っている点も興味深い。HD 4870やHD 4850で見られた高負荷に強い傾向は,HD 4670も変わらず踏襲している。


 続いて,解像度1280×1024ドット,標準設定という,3DMark06のデフォルト状態におけるFeature Testの結果をグラフ3〜5に示したが,ここでは後二者に注目したい。
 頂点シェーダテストの「Complex」こそHD 3850に置いて行かれるHD 4670だが,同テストの「Simple」およびピクセルシェーダテストでは,シェーダプロセッサ数が同じHD 3850のスコアを上回った事実からは,HD 4000シリーズで施されたアーキテクチャの改良が,HD 4670にもきちんと生かされていることが見て取れる。


 では,実際のゲームをプレイできるほどのパフォーマンスを備えているのか,まずはグラフ6,7,FPS「Crysis」の結果から見ていこう。
 ここではGPUの性能差が顕著に表われる「Benchmark_GPU」を実行しているが,
描画負荷が高まれば高まるほど,HD 4670のスコアがHD 3850のそれを大きく引き離す。高負荷な状況に強いHD 4000シリーズの実力が遺憾なく発揮できている印象だ。
 PCI Express補助電源のないカード同士の比較となる対9500 GTでは,ほぼダブルスコア。9600 GTに届きそうなスコアを叩き出しているのには,ただ驚くほかない。


 続いて,同じFPSから「Unreal Tournament 3」(以下,UT3)の結果をまとめたものがグラフ8である。UT3はCrysisと比べると描画負荷はぐっと低くなるが,そんな状況下でもHD 4670はHD 3850と互角以上に立ち回っており,対9600 GTでもいい勝負に持ち込んでいる。HD 4800シリーズでも見られた,レンダーバックエンド(=ROP)の改良による奏功だろう。


 さらに,グラフ9,10はFPS「Half-Life 2: Episode Two」(以下,HL2EP2)のテスト結果だが,ここでも傾向は同じ。HL2EP2の描画負荷はUT3よりもさらに低いため,HD 4670の優位性は見えづらくなるが,それでも9500 GTに大差を付けているのは十分に確認できる。


 一方で,グラフ11,12に示した,TPS「ロスト プラネット エクストリーム コンディション」(以下,ロスト プラネット)の結果はいま一つ。ロスト プラネットはメモリ周りの負荷が高いこともあって,メモリバス幅が128bitに留まるHD 4670は不利だが,ものの見事にその不利が顕在化してしまった格好だ。


 RTS「Company of Heroes」の結果がグラフ13,14である。
 Company of Heroesではロスト プラネットと同様の傾向が見られ,HD 3850との差は依然として大きい。また,9600 GTとの差も顕著だ。ドライバアップデートで,今後,差がどの程度縮まるか注目といえるが,メモリインタフェースの制限が存在することは,同時に憶えておきたい。



消費電力の低さは想像どおり

冷却能力に多少不安が


 補助電源コネクタを有していないことから,消費電力が低いのは容易に想像できるが,実際にはどの程度なのか。いつものように,OS起動後30分間放置した時点を「アイドル時」,各アプリケーションベンチマークを実行したとき,最も高い消費電力値を記録した時点を,各タイトルごとの実行時とし,数値をログとして残せるワットチェッカーの「Watts up? PRO」で,システム全体の消費電力を測定したものがグラフ15である。
 なお,HD 4650については前述のとおり,HD 4670からダウンクロックしたもので,搭載するメモリチップも仕様どおりではないため,テスト対象から外している。

 さて,まずアイドル時から見ていくと,HD 4670は92Wと,ATI PowerPlayの恩恵を受けて最も低い値を示している。また,負荷が掛かる状態では総じて170W程度で,さすがに9500 GTと比べると10Wほど大きいが,HD 3850や9600 GTとは20Wほど低い。表1に示した公称消費電力の違いが,ほぼそのままグラフに表われている点も興味深いところだ。


 さらに,3DMark06を30分間連続実行した時点を「高負荷時」としてGPUの温度を測定したものがグラフ16である。測定に用いたのは,GPU温度表示機能を持つソフトウェアツール「HWMonitor Pro」(Version 1.02)。テスト環境は,室温24℃の室内に,バラックで設置してある。

 GPUクーラーが異なるため,横並びの評価にあまり意味はないが,それでもHD 4670の高負荷時の温度は少々高い。80℃台前半なので,それほど気にする必要はないと思われるが,もう少し低い温度で運用したい場合は,さほど間を置かずにリリースされるであろう,グラフィックスカードベンダー独自のクーラー採用したモデルを待つのも手だ。



ケースや電源ユニットを選ばない点が魅力で

ライトゲーマーには最適な解


ATI Radeon HD 4600
 以上のテスト結果からして,1万円台の投資でより高い3D性能を求めるのであれば,あと数千円追加して9600 GT搭載カードを購入するのが得策だ。また,コストパフォーマンスという点では,(格安に設定されている)HD 3850カードを探すという選択肢もあるだろう。

 HD 4670が持つ最大の魅力は,消費電力が低く,カードサイズが小さく,そして補助電源が不要な点にある。それは言い換えれば,PCケースや電源ユニットを選ばないということ。さらに,HD 3850に近い――ゲームによっては上回る――スコアを発揮できており,消費電力あたりの性能は秀逸といっていい。グラフィックスカードをアップグレードしたいが,PCケースのサイズや,電源ユニットのスペックに懸念があるという人にとって,まさにHD 4670は待望のGPUだ。

 さすがに,高解像度や高負荷設定でのゲームプレイは厳しいが,そもそもそんなものを1万円台前半で購入できるGPUに期待するほうが無理な話。低解像度ならば,最新世代の3Dゲームでもかなり快適にプレイ可能ということを踏まえるに,ライトゲーマーには打ってつけといえるだろう。
  • 関連タイトル:

    ATI Radeon HD 4600

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月28日〜04月29日
タイトル評価ランキング
87
82
NieR:Automata (PS4)
70
FINAL FANTASY XV (PS4)
69
2016年10月〜2017年04月