― 連載 ―


大典太光世(おおでんたみつよ)
 前田利家と肝試し 

 日本刀は,武器としての切れ味はもちろん,美術品としての価値も高く,いにしえの昔から多くの権力者達に愛されたてきた。なかでも,時の天下人などに愛されたとして有名な業物に,“天下五剣”と呼ばれる五振りの日本刀がある。
 鬼の悪夢にうなされる北条時政を救った「鬼丸国綱」,伝説の名工,三条宗近が稲荷明神と共に鍛えたとされる「三日月宗近」,日蓮宗の開祖である日蓮上人が破邪顕正の刀として使った「数珠丸恒次」,源頼光が鬼退治に使った「童子切安綱」,加賀前田家に伝わり,病魔や物の怪を払った(祓った)「大典太光世」。どれも優れた道具/美術品で,興味深い逸話も伝わっている。これまでに「三日月宗近」と「童子切安綱」は紹介しているが,今回は加賀前田家に伝わる「大典太光世」(おおてんたみつよ)を紹介しよう。

Illustration by つるみとしゆき
 大典太光世は,筑後の典太光世の作である。光世は平安後期の刀工であるらしい。大典太光世はもともと室町幕府の将軍であった足利家の家宝だったが,足利家の没落とともに流出して豊臣秀吉のものとなった。豊臣秀吉から前田利家の手に渡った経緯については,次のような興味深い逸話がある。
 あるとき,大名達の間に「伏見城の千畳敷を深夜に歩いていると,背後から刀の鞘をつかまれ,身動きができなくなってしまう」という不吉な噂が広まり始めた。この話を聞いた前田利家は,そんな臆病風に吹かれていて大名が務まるかと,自ら肝試しをすると宣言。加藤清正に軍扇を借りると,それを千畳敷の奥に置いてこようと話した。これを聞いた豊臣秀吉は,前田利家を呼ぶと魔除け代わりに大典太光世を持たせて肝試しに行かせた。こうして前田利家が肝試しを行うと,とくになにも起こらなくなり,以後不吉な噂が出るようなことはなくなったという。そしてこの行動の褒美として,大典太光世は豊臣秀吉から前田利家に贈られた。

 病魔を払う大典太光世 

 大典太光世が豊臣秀吉から前田利家に贈られた経緯については,上記の説以外に異説もある。
 前田利家の四女豪姫が原因不明の病気にかかったとき,大典太光世を借りて枕元に置いたところ,不思議なことに病気は治癒した。だが,大典太光世を返すとなぜか病気は再発してしまう。太刀を借りては返し,借りては返しを繰り返していたが,結局豊臣秀吉は大典太光世を前田家に贈り,やがて豪姫の病気も完治したという。
 またこれとは別に,大典太光世は豊臣秀吉から前田家へではなく,徳川家康に贈られ,二代将軍秀忠のときに前田家三代目の利常の長女鶴亀の病気治療のために貸し出され,前述した豪姫の逸話と同様に前田家のものになったという説もある。
 ほかにも,大典太光世は前田利家の三女麻阿の病気治療に使われたという記録があるなど(残念ながら麻阿は死去した),大典太光世は病魔を退ける太刀として見られていたようだ。古来日本では守り刀という考えがあるが,大典太光世はその最高峰であったといってもよいだろう。

 武器としての大典太光世 

 大典太光世は刃長66.1センチ,反りは2.7センチ,普段は唐櫃(からびつ)に納めてしめ縄で封印され,前田家の当主以外には触ることが許されなかったという。そんな大典太光世であるが,実際の切れ味や武勇伝についてはあまり残されていないのが残念だ。……と思っていたが,いくつかの資料を調べたところ,寛政四年(1792年)8月19日に行われた試し切りで素晴らしい成績を残していることが判明した。
 寛政四年8月19日,江戸千住の小塚原で行われた試し切りにおいて,幕府の御様御用首斬り役,山田浅右衛門吉睦が大典太光世を使った試し切りを行ったとの記録がある。この試し切りは,一刀のもとにどれだけの死体を斬れるかというモノで,何度か死体を斬ったそうだが,人間の身体の中でも切断しにくいとされる骨盤を一刀両断したばかりか,積み重ねた死体に大典太光世を振り下ろしたところ,二つの胴体を切断して3体めの死体の背骨で止まったという。伝説的な業物というと,日本刀としての切れ味は二の次で,名前や逸話だけが走りすぎてしまう傾向が強いが,大典太光世は日本刀としても優れものであったことが証明されたというわけだ。さすが天下五剣に称されるだけのことはあるといえよう。

 大典太光世は1957年に国宝指定を受け,現在は前田育徳会が所有/展示している。ちなみに「大典太」の表記は文化庁が決めたもので,前田家では「大伝太」としているそうだ。

 

薄緑

■■Murayama(ライター)■■
Murayamaがアブサンで世にも恐ろしい事件を起こしたという話の続き。まぁ,きっと何か取り返しの付かないことをやらかしているだろうと思って前回のようなヒキにしたのだが,「ある日,新宿でアブサンを飲んでいるうちに記憶が飛び,店で奇声を上げたり道ばたで吐いたりの大泥酔。同席していた仲間達が心配して介抱しようとしたところ,仲間の手をすり抜けて歌舞伎町の奥へと走り去った」という,普通に酔っぱらった話しか聞けなかった。そんなことではガッカリなので,今年の抱負は「アブサンで事件を起こす」でお願いします。

【この記事へのリンクはこちら】

http://www.4gamer.net/weekly/sandm/043/sandm_043.shtml